2008年02月26日 (火) | 編集 |
7話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

第1話を観た時にそれをチラっと疑ったけど、観ていく間に払拭されたんだよなぁ。それが“ここにきてかい!”って感じです。となれば、英治(香取慎吾)は何故、雫(八木優希)を引き取ったのかって事ですよね。

彼女(本仮屋ユイカ)の事が好きだったのか、雫の本当の父親とはかなり親しい間柄だったのかってところが、まずは考えられるところ。

美桜(竹内結子)がチンピラに絡まれたときのあの目と、暴力に関しては腕に覚えがありそうな感じからすると、最悪、何らかの形で彼を殺してしまっている可能性も考えられなくは無いです。

一方の安西(三浦友和)は、どうやらある中のようですね。直哉(松田翔太)はそれをネタに強請りそうですが、それよりも雫の父親が英治じゃないことが来週は告げられそうですから、どうするんでしょうね。詫びを入れるとか、自己嫌悪に陥ってしまったりしないんでしょうか。

人を欺くために芝居をして、それがバレていると知っただけじゃなく、乗ったフリをしてくれて自分を責めない英治にたいして、美桜はすんげぇ惨めな気持ちでしょう。それも、ミイラ取りがミイラになったわけだし。

なのに、言い出せないのかタイミングを計ってるのか、英治には真実を自分の口から言いもしなければ謝らないのは何故なんでしょう。父(尾藤イサオ)の手術待ちなんでしょうかね。でも、そんなの待たなくてもいいような気がするんだけどなぁ・・・。

 オリジナルサウンドトラック「薔薇のない花屋」
オリジナルサウンドトラック「薔薇のない花屋」

ずっと一緒さ          未成年 DVD-BOX
ずっと一緒さ/山下達郎          未成年 DVD-BOX

101回目のプロポーズ             愛という名のもとに DVD-BOX
101回目のプロポーズ DVD-BOX    愛という名のもとに DVD-BOX

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
テーマ:薔薇のない花屋
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
ブログパーツ アクセスランキング ワキガ