2015-09-24 (Thu) 04:37
まずはポチッとお願いします→fc2バナー 

先月の25日の事になりますが、やや熱っぽいな~と昼間に感じまして、夜にはもうかなり熱が上がってました。38℃台後半です。タバコも不味い。

翌日の26日は、朝から用があって出かけてて午前中には帰宅したけど、もうフラフラ。喉も少し腫れ気味だったので風邪薬を買って帰宅。夕方に熱を計ったら39.3℃。

早目に就寝するも、朝5:00過ぎに起きて熱を計ったら、何と40.3℃。朝方でこの熱は流石にやばいと思って、病院の受付時間に間に合うように病院に向かう。

が、普段はバスで行くところなんだけど、その気力がなくてタクシーで行きました。いつも(といっても何年かぶり)よりは、喉の腫れ具合が酷くないと感じていたものの、腫れてる以上は耳鼻咽喉科で点滴だなと思って、耳鼻咽喉科へ。

いつもなら横になっての点滴だけど、何故か座らせられたままの点滴開始。でも高熱のため辛くて、「すみません。横にならせてください」と言って横になりました。

血液検査等の結果、医者からは「このまま入院した方がいいですよ」とのセリフ。確かに帰宅するのも辛かったし、診断結果を聞いてもそれしか無いと思って、そのまま入院と相成りました。急性扁桃炎での入院は14,5年ぶり。

前回の入院は、地元からの帰りに発症し、いつも行ってる病院とは違う病院でした。しかも、最初の時点で点滴はしてくれず、医者も生意気でしたし、患者の要望を聞き入れてくれなかった、成田の日赤。今回はいつも行ってる病院での入院でしたから、何気に安心してました。

結局5日間の入院になり、その間、点滴の針は入れっぱなしです。今でも痕が確認できます(笑)医療保険に入っていたものの、最低限のものなので¥25,000ばかり足が出てしまい、痛い出費でした。

で、ここまでならただの“入院しました話”なんですが、退院したのが31日。その週の土曜日の今月5日。友人と、ある寿司屋に行きました。回らない寿司屋です。

快気祝いという名目でもないんですが、大好きな貝類の刺身、他の刺身や握りを食べながら、中ジョッキ弱のビール1杯と、冷酒を半合ほど飲んだところで、いや~な冷や汗をかいてきまして・・・。生欠伸も数回して、何て言えばいいんでしょうか、ちょっとボーっとしてきたんですよね。

“こりゃ吐いちゃうかもな~”と思ったんで、「ちょっとトイレに行くね」と言って、カウンターの席を立ちました。が、もうそこから記憶はないです。

4,5歩歩いて(と、友人が言ってました。既にその歩いた記憶はないです)、そのままスローモーションのように倒れたそうです。幸い、頭は打ってません。

倒れてから1分くらいは意識がなかったようなので、友人が救急車を呼んでくれました。その時、友人曰く、服の上を触っても判るくらいに冷や汗をかいていたそうです。 顔面は真っ青だったそうです。

意識が戻り、普通に話せて立てそうだったんですが、 周りの方々が「横になってた方がいい」と仰るので、横になって救急車を待ち、病院に行きました。

救急車に付き添いで乗ったことは2度ほどありますが、自分がストレッチャーに乗せられて乗り込むなんて初めてでした。繁華街でもあったので、恥ずかしいと思ってずっと眼を瞑ってました(笑)

どうやら急激に血圧が下がったらしく、救急車内で計った血圧は、上が80、下が40と、かなり低かったそうです。運ばれた大学病院でも、暫くはその数値から変化がなく、点滴1本半くらいで正常値に戻ったようで、入院せずに済みました。

実は、似たような事が21~22歳位の時もありました。その時は、滅多に会えない先輩からの連絡で呑むことになったんですが、あいにく風邪をひいていたので、錠剤の風邪薬を飲んでから居酒屋に行き、チョット呑んだら同じように倒れて、2~3分後に意識が回復した事がありました。

とはいえ、かな~り昔の事ですし、今回は抗生物質を含む薬は、その日の2日前には飲み終えていたので、一体何が原因だったのかは未だ判らずじまいです。

友人とお店の人、お客さんには感謝しかありません。2日後にはお詫びに伺いましたが、笑顔で対応してくれ、「まぁ座って」と仰っていただき、とてもありがたかったです。

てなわけで、5日間、急性扁桃炎で入院し、退院した5日後に救急車で運ばれるという“貴重な”体験をしたことにより、「あ~、もう俺も歳だよな~」と、思わざるを得ない夏の終わりでした。

因みに、救急車で運ばれた翌日からは、普通に呑んでます(笑)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
| 雑感 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する