2014年09月01日 (月) | 編集 |
8話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  

考えてみれば、親父の背中って、見るものだという固定観念がありましたが、見せるものでもあるんですよね。今回は“見ておけ”という感じではありませんでしたが、見せるものの部類かな~なんて思いました。

春部真(大泉洋)は、見せるぞ!というわけでもないけど、自身の夢を追っていて、それを息子の湊(田中奏生)が見ている。真もまた、幼い頃から森造(高橋克実)の背中を見てきた。

そして少しですが、真が再就職を願った会社の社長・ 羽柴(塚本高史)も彼の父の味を受け継ぐという背中を見ていました。

それぞれが背中を見てるんだという意味では悪くはなかったですが、1時間枠としてはちょっと中途半端でしたかねぇ。話自体もベタでしたし・・・。

それにしても、大泉洋はてっきり三谷幸喜のホンでの主演だと思っていたので、ちょっと意外でした。まぁ彼もコメディばっかりやってるわけにもいかないですもんね(笑)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブログパーツ アクセスランキング ワキガ