2014-08-19 (Tue) 03:02
6話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  

やはり片親でのストーリーとなった今回のエピソード。親父だけでなく、両親の背中を見る時、感じる時ってのは、やはりそういうシチュエーションなんでしょうかね~。その方が物語を作りやすいのかもしれません。

今回は亡き母への思いを通して、吉崎典久(國村隼) ・七海(尾野真千子)親子のお話でした。親にとっては心配な子供の離婚。子供にとっては複雑な親の再婚。デリケートな話だけに、ストレートには言えないし相談もできないですよね、多分。経験がないので解りませんが(笑)

それでも、何かのキッカケで本音を話し、和解できるのは、根底には親子愛があるからこそ。厳しい父親でも、それを築けてきたのは、典久がちゃんとと育ててきたからですよね。

親子で殺し合うような事件が多い昨今ですが、やはり、親がちゃんとしていれば子供もちゃんと育ちます。頭が悪いとか、ニートだとか、例えそうだとしても、人としての根本がちゃんとするよう、親はしっかりして欲しいですね。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

Unforgettable
挿入歌:Unforgettable/Natalie Cole

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
| 連続ドラマ 2014年 7月クール おやじの背中(全10話) | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する