2014年06月25日 (水) | 編集 |
最終話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  

冒頭で青島製作所の団結を見せ、その後に野球部の話に突入。タイトル通りのルーズヴェルト・ゲームで勝利を収めた後にコンペのシーン。

面白かったんですけど、結局締めは野球部の存続に関することになってました。どうしてこういう構成にしちゃったんでしょうねぇ。

企業部分の話しは面白かっただけに、惜しむらくはその構成やバランスですよね。最後の最後まで、メインは野球部だという印象が付いちゃいました。私だけでしょうかねぇ・・・。

まぁその他、キャスティングも、唐沢寿明江口洋介香川照之山崎努などの配役は良かったけど、イツワ電器の社長がもっと巧い人だったらインパクトも多少は違ったような気もします。

池井戸潤の原作は引っ張りだこみたいだし、他の作品を映像化する際にはどうなるのか、それを楽しみにしたいですね。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

ルーズヴェルト・ゲーム <ディレクターズカット版> Blu-ray BOX
ルーズヴェルト・ゲーム <ディレクターズカット版> Blu-ray BOX

ルーズヴェルト・ゲーム オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック/服部隆之

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)
原作:ルーズヴェルト・ゲーム/池井戸潤

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブログパーツ アクセスランキング ワキガ