2014年01月23日 (木) | 編集 |
僕のいた時間3話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 

拓人(三浦春馬)にハッキリと、ALSという病名が告げられました。彼の苦悩がここからスタートですね。恵(多部未華子)が介護の仕事を選択したことで、彼女が拓人を介護することに抵抗は感じないでしょうが、当の拓人がどう思うかですね。

担当医の谷本和志(吹越満)は飄々というか冷静な感じですが、これまで多くのALS患者を診てきたということですから、色々と力になってくれそうです。

私は不治の病にかかったことはないので拓人の気持ちは想像しか出来ませんけど、「皆さん、自分の人生を生きてらっしゃいます」と言われた時の、「それで生きてるって言えるんですか!」と叫んだ拓人の気持ちは解る気がします。多分、盲目になった、耳が聞こえなくなった、喋れなくなったのどれか1つの診断をされても、そう思うと思います。

ましてや拓人の場合、死刑宣告をされたものの、期限を切られていないので生殺しの状態ですから、恐怖と不安は計り知れないでしょうね。

“死”は、スパッと事切れるならまだしも、宣告を受けてるのに、ジワジワと、しかもいつ来るのか判らないってのが一番辛いと思います。拓人の支えは今のところは恵だけですから、最終回までに自殺未遂をする可能性もありそうですよね。

健常者でいることを感謝しつつ(悪く言えば優越感を持ちつつ)、“可哀想だ”という“上から目線”で涙する視聴者や、それを狙ってるこのドラマと、「明日、ママがいない」との違いが、私にはイマイチ判らないでいます…。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

僕のいた時間 [Blu-ray]
僕のいた時間 [Blu-ray]

(仮) フジテレビ系ドラマ水10オリジナルサウンドトラック
オリジナルサウンドトラック/出羽良彰・やまだ豊

新世界(初回限定盤)
応援ソング「よろこびのうた」収録アルバム:新世界/ゆず

春風(初回盤)
主題歌:春風/Rihwa

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブログパーツ アクセスランキング ワキガ