2014-01-01 (Wed) 03:51
井岡V3 内山V8

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 

アルバラードは、これまでのKO勝利が全て3R以内というだけあって、それまでに倒すという意気込み満々の試合展開でした。それを井岡がどうかわしていくかというのが、前半戦の見どころの1つでした。

井岡はこれまでとは違う立ち上がりで、割りとアグレッシブにスタートさせましたが、いやいや巧いのなんの。何発か被弾してましたが、まともなパンチを受けずに進んでいきました。

一方のアルバラードは、パンチに自信のあるボクサーにありがちの“当たればなんとかなる”的な攻めで粗さが目立ち、空振りも多かった。とはいえ、普通なら倒れてるであろうパンチを井岡から何発食らっても倒れないというタフさを持ち合わせてました。


内山は苦戦というか、倒せずの勝利になってしまいましたねぇ。10Rのダウンはビックリでしたけど、本人は苦笑いでした。あそこからと次のラウンドで金子にたたみ込ませない内山というのは、やはり強いボクサーだということなんでしょうね。

金子もアルバラードと同様、中々タフで、結構入ってるパンチを貰ってるはずなのに倒れず、逆にダウンを奪うという健闘を見せました。パンチの正確さを磨けば、次の世界戦では勝てる可能性は大きいと思うので、頑張って欲しいです。

さて、内山は年齢も年齢なので、そろそろビッグマッチの用意をして貰えるといいですよね。それと、年に2回の試合はちょっと少ない気もするので、年に3回はやって欲しいところです。まぁ、拳の調子もあるのでしょうが…。

どちらもKO勝利という訳にはいきませんでしたが、文句のない内容と採点でした。内山の試合で解説についていた畑山の「最近はしょーもない世界戦が多い中~」という発言はグッジョブ!でしたね~。明らかに亀田三兄弟の試合を指していますよね~。ガンガン言ってもらいたいです。

兎にも角にも、防衛を果たした井岡一翔選手、内山高志選手、おめでとうございます!今年も良い内容の試合を期待します!

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
| BOXING BOXING | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する