2013-12-09 (Mon) 04:49
9話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  

ほぉほぉ、なるほど。ARX Ⅸ The Last Queen(桐谷美玲)が2013年製というのは、ロイド(木村拓哉)がプリントアウトされるまでの間に、七瀬(大島優子)、というか、レイコ(大島優子)がそのプログラムを読み取ってダウンロードし、造り上げたということだったんですね。

そのロイドをベースにしていると言ってましたが、データは2113年と2066年。で、ロイドにアスラシステムがインストールされたのが2066年。ということは、レイコは一瞬にしてそれをバージョンアップさせたということですね。さすが黎士(木村拓哉)を上回る天才ですねぇ。まぁ、ご都合主義とも言いますが(笑)

にしても、ロイドにも他の敵アンドロイドにもボスはいるのに、何故ARX Ⅸ The Last Queenは、単独行動が可能なんでしょう。既に意志を持つようにプログラミングされていたということでしょうかねぇ…。

しかしまぁ、黎士を始めとして、七瀬、星(桐谷健太)、江戸川斗夢(ジェシー)と、IQの高すぎる人物がイッパイなのには失笑せざるを得ませんねぇ。せめて斗夢くらいはチョットだけ頭がいい程度にしておけばいいのに…。

更に笑えるのは、サプリ(本田翼)の蘇生能力。ロイドは、彼女の能力を侮るなと言ってましたが、あんな能力があるなら、例え麻陽(柴咲コウ)が撃たれても、ロイドの言葉を借りれば、それこそ「問題ない」のではないか!?(笑)
9話_2

さて、ツッコミはこれくらいにして、“魂”“想い”“仲間”というキーワードでロイドが闘う。それらに共通するのは“愛”ということなんですよね。非科学的な事こそ、人間には大切だと。それをSFやアンドロイドというアイテムを使って描きたかったんでしょうかね、このドラマは。

アスラシステムの開発者の「未来に誇れる今を創れ。それが大人の責任だ」というのは、日本の政治家たちにも聞かせてやりたい言葉ですね。奴らを見てると、アスラシステムを使いたくなります(笑)

SFだから、先に挙げたような事以上にツッコミどころは出てくるし、辻褄の合わない事も多々あります。とはいえ、何だかんだで楽しめてるんですよね~私は。

次回の最終回では、黎士の行方や生死と、ポリスグラウンドとの決着、麻陽との恋の行方などが描かれるはずなので、楽しく、そしてカッコよく終われるといいですね~。

ただ現時点での編成だと、近年の木村拓哉のドラマにしては珍しく、視聴率が影響しているのか、時間延長無しの模様。あれこれとまとめなきゃいけないし、ARX Ⅸ The Last Queenとの対決もあるし、ちょこまかと色々あるのに、逆に延長なしで大丈夫かと思っちゃいます。まぁ“緊急”とかいって伸ばす可能性は無くはないですけどね。





2013年10月クールのドラマ投票へGO!

2013年 年間ドラマ投票へGO!

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~ Blu-ray BOX
安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~ Blu-ray BOX

安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック/菅野祐悟

安堂ロイド III (角川文庫)
安堂ロイド Ⅲ/西荻弓絵・ 百瀬しのぶ

安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~OFFICIAL BOOK(仮)
安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~OFFICIAL BOOK(仮)

安堂ロイド II (角川文庫)
安堂ロイド Ⅱ/西荻弓絵・ 百瀬しのぶ

安堂ロイド I (角川文庫)
ノベライス:安堂ロイド I/西荻弓絵・ 百瀬しのぶ

主題歌:Your Eyes/竹内まりや

OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~(通常盤)
主題歌「Your Eyes」の原曲収録アルバム:OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~/山下達郎

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
| 連続ドラマ 2013年 10月クール 安堂ロイド(全10話) | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する