2013-11-19 (Tue) 05:30
その夜の侍

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  

タイトルその夜の侍
出演堺雅人/山田孝之/新井浩文/綾野剛/田口トモロヲ/高橋努
    木南晴夏/谷村美月/山田キヌヲ/坂井真紀/安藤サクラほか
エグゼクティブ・プロデューサー:小西啓介/重村博文/杉田浩光/西田圭吾/中村昌志
プロデューサー:藤村恵子
脚本:赤堀雅秋
音楽:窪田ミナ
主題歌:星影の小径/UA
監督:赤堀雅秋


これはぁ~、何でしょう…。舞台の方を観たとしたら、また別の感想があったのかもしれないけど、この暗さというか重さは変わらないんだろうなぁ、きっと。

とりあえず、メインのキャラたちがちょっとズレてるというか、変わったキャラばかり。主人公の中村健一(堺雅人)の妻が、木島宏(山田孝之)にひき逃げされて死亡したことから物語がスタート。

中村は普段も口数が少ないであろう感じで、セリフはホントに少なかった。それで、木島の出所を待って、妻の復讐のために殺すことを決めるわけだけど、何ていうか、その粘着質的な感じ。若者で言えば、引き篭もりを何年もしている人物のような気持ち悪さがありました。

木島はもう、誰が観ても悪人。“ワル”ではなくて“悪”。その暴力性を前面にだしているものの、狙われていると判ってからは、内心はビビっており、小心な所があるのを露呈。

とにかく、それぞれを演じてる堺雅人山田孝之の芝居が、ものすごくイイんですよね~。っていうか、巧いんですよね~。山田孝之は、最近はワイルドづいた役が多いですし、堺雅人はヘタレ系のが続いてたりしますが、2人とも役の振り幅を持ってますね。

他に、中村の義兄・青木順一(新井浩文)や、木島の友人というか子分というか、小林英明(綾野剛)も、常識は持っていても何かズレてる感があるんですよね。

中村がいよいよ木島を殺しにかかるという段になり、どうなるのかと思ったら、中村は木島を殺さず、「他愛のない話をしたかった」と言うんですよねぇ。

これまでずっと尾行したり、行動を観察していて、確かに殺意はあった。どれくらいの間木島を観察していたのか忘れちゃいましたけど、少なくとも1ヶ月以上はあったはず。そうしている間に、中村の気持ちに変化があったということなんですよね。

正直、消化不良なラストだし、何か救われた感じが、少なくとも私は感じませんでした。ただその分、考えさせられるということも無くはない。ん~、上手く書けませんが、そんな感じな映画でした。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

その夜の侍(初回限定生産版) [Blu-ray]
その夜の侍(初回限定生産版) [Blu-ray]

映画「その夜の侍」オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック(主題歌「星影の小径/UA」収録)/窪田ミナ

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
| MOVIE 邦画 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する