2013-10-20 (Sun) 09:31
1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  

ハニー・トラップなんで、普通に考えれば女性が怪しい。でもって、小林恭助(高嶋政伸)が美山悠一(AKIRA)に忠告したように、身近な奴が怪しい。となれば、自ずと遠藤なつみ(仲間由紀恵)が一番怪しい。

そんな一番怪しいと思われるなつみを、早くも怪しい人物としてバラしちゃいましたね~。そうなってくると、どういう複雑な構成にしているのかが楽しみになってきます。

悠一になつみの正体をバラすべくメールをしていたのは、まぁ間違いなく大洋国際特許事務所の人物でしょうねぇ。なので、完全とはいかないまでも、悠一の味方側にはなるのかな。

あとはもう、誰が敵でもおかしくないポジションです。まずは、なつみの正体ですよね。日本・中国・韓国のパスポートを持ち、日本のパスポートに記載されている名前はツギハラ アスカ。彼女が隠し持っていた隣の部屋の鍵と、そこにある悠一の部屋の盗聴器。

彼女が国際産業スパイなのか、悠一の味方なのか。そこら辺は引っ張っていくんでしょうね、きっと。彼女、小野寺の研究室を悠一と片付けてた際、見せてもらった実験で、グラフェンを使った漏斗を持ち帰りましたよね。それも怪しいところ。

そういえばメールの送り主は、何故なつみのバッグの中に鍵があると判ったんでしょうね。あとで説明描写が欲しいところです。

メールの送り主が大洋国際特許事務所の人物だとすれば、なつみは既にマークされていたということにもなりそうですが…。裏の裏をかいて、なつみ自身が悠一に送ったとか…。ただなぁ、そうなると目的が判りませんね…。

今のところハッキリしているのは、悠一の父・小野寺正隆(長谷川初範)が研究しているグラフェンを巡ってのデータ。グラフェンって、実際にあるものなんですね。知りませんでした。

そのデータを欲しがっていたのは、ミレ・パシフィックが総和物産の総務部課長・穂積宗広(小澤征悦)。彼は悠一をヘッドハンティングしていたし、韓国からの、何かの実験結果を得ていました。う~ん、まだ何とも…ってところですね。

小野寺の研究データ(技術レポート)は、彼が悠一に渡したアクセスキーが無いと、PCでの閲覧ができない。そのキーは1分毎に変わる。それの存在を敵が知っているかどうか判りません。

とりあえず、疑いを持ちながら自らなつみと結婚式をし、その後に捕まって拷問を受けてる状態ですよね。どういうふうに繋がっていくのか楽しみですね~。正味35分のドラマですから、テンポも良く進みそうなので期待したいです。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

ハニー・トラップ Blu-ray BOX
ハニー・トラップ Blu-ray BOX

ハニー・トラップ オリジナルサウンドトラック(仮)
オリジナルサウンドトラック/横山克

SO RIGHT (初回生産限定盤)
主題歌:SO RIGHT/三代目J Soul Brothers

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
| 連続ドラマ 2013年 10月クール ハニー・トラップ(全10話) | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する