2013年10月10日 (木) | 編集 |
2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  

普通の会社とかでもそうなんでしょうけど、それでもやっぱり、お役所には“管轄外だから”という印象が強いですよね~。

ってなわけで今回は、本来は労働局の管轄であるセクハラ問題を段田凛(竹内結子)が受け、独自調査で依頼者の会社の労基違反を暴いたという展開でした。

段田凛の正義感が労働者を救うという痛快さというのが無くはないんですが、何ていうか、“してやったり!”みたいなのがイマイチなんですよね~。

まだ2話なのでアレですが、労基署の連中が彼女に巻き込まれていく感じや理由が、もう少し面白いといいな~とも思います。このままだと、ガッツリ裏番組にやられそうです。

あ、そういえば、段田凛のあの髪型。裏番組を意識しての横分けなんでしょうか。しかも分け目は逆。原作の表紙だとボブというかオカッパというか、そんな感じですもんね。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

ダンダリン 労働基準監督官 Blu-ray BOX
ダンダリン 労働基準監督官 Blu-ray BOX

「ダンダリン 労働基準監督官」オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック/浅草ジンタ

【Amazon.co.jp 限定】チケットサイズ・クリアファイル付~POP CLASSICO(初回生産限定盤)(DVD付)
主題歌「今だけを きみだけを」収録アルバム:POP CLASSICO/松任谷由実

ダンダリン一〇一 (モーニングKC)
原作:ダンダリン一〇一/田島隆・鈴木マサカズ

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブログパーツ アクセスランキング ワキガ