2013年10月02日 (水) | 編集 |
SMAP A GO GO

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  

殆どがサプライズ結婚式のVTRに時間を割かれていた生放送でしたが、目的は勿論、「古畑任三郎 vs SMAP」のその後のドラマ。しかも生放送でやるということでしたので、結構楽しみにしてました。

が、観ていても中々始まらず、時間が過ぎるばかり。45分、少なくとも30分はやるだろうと思っていたら、たった15分で終わってしまいました。ちょっとガッカリ…。まぁ忙しい5人だから仕方がないか…。

でもやっぱり、ジャニーズの、SMAPの凄さを痛感です。ホンを貰ったのが2日前。リハーサルが前日と当日。15分のドラマとはいえ、よくもあそこまでやったもんだと思います。

特に草彅剛木村拓哉は今クールの連ドラがあるわけですし、中居正広はレギュラーがいっぱいだし。そういう意味では、レギュラーも少なく連ドラも無く(もしかすると早撮りはあるのかもしれませんが…)、比較的舞台経験が多い、香取慎吾稲垣吾郎は楽だったかも(笑)

タモリが言ってましたね。バラエティでもドラマでも成功したアイドルグループは、SMAPが最初だと。加えれば、歌でも成功してますからねぇ。

まぁ時代の流れもあるでしょうね。漫才ブームと「オレたちひょうきん族」で、ビートたけし明石家さんまが、お笑い芸人の地位を高めたことで、“芸人はカッコイイ”という流れになりました。

そこにアイドルが乗っかってもアイドルが“堕ちた”というようにはならず、元々カッコイイ(もしくはカワイイ)子たちがバラエティをやっても、“カッコよくて面白い”と認められましたからね。

もう1つ。彼らと同等に忙しいであろう、ホンを書いた三谷幸喜。劇的に面白かったわけじゃないですけど、15分とはいえ新作を書き、演出もし、本番直前に仕込みやらセリフを増やしたりという事をして本番を観ているというのもスゴイですね。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブログパーツ アクセスランキング ワキガ