2013-09-23 (Mon) 02:28
最終話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  

「二分の一成人式」っていいですね~。実際にもこういう行事を行ってる学校があるんでしょうか。中々良い企画だと思います。

今回の生徒たちの反乱は、やっぱ小杉(瀬戸康史)が良くないですよね。それが学校側の方針ならば、学校側が良くない。

感動的な演出にしたいという意図は判らないでもないですが、何をもって“不適切”とするかは、最初に言うべきことです。でも今回の子供たちの文章を聞く限り、何も悪いことではないし、寧ろ“子供はこう見ています”という、親に対しての良い教育になるんじゃないかと思います。

子供たちも、大人に抗うにはああいう方法しか無かったと思うから、一概に“悪いこと”として片付けちゃいけないと思んですよね。だって、大人は対等に話してくれませんから。

そこで気になるのが、摩耶(桐谷美玲)が言っていた“あげる”です。この言葉、自分でも割りと使ってる方かもしれませんが、捉えようによっては“上から目線”というか、そういう感じにはなっちゃいますよねぇ。

“すくい取る”という意味になるような場面で、“聞いてあげる”“見てあげる”などを使わないと、印象が違ってきちゃいますから、気をつけないといけませんね。

斉藤さん(観月ありさ)が、以外にもそのあたりを摩耶に気付かされるというのは、ちょっと良かったです。斉藤さんもスーパーマンではないということですから。

でも斉藤さんらしいのは、相手が子供でも、悪いと思えばちゃんと「ごめんなさい」と言える。頭を下げられる。ここですよね。子供に頭を下げたり、謝ったりする大人は中々いませんからね。小杉も斉藤さんに倣って頭を下げて謝罪していました。

こういう大人たちに教育を受けられると、子供も善悪が判ると思うんですよね~。やっぱり、子どもとは“目線を同じ高さにする”事は重要ですね。

2013年7月クールのドラマ投票へGO!

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

斉藤さん2 Blu-ray BOX
斉藤さん2 Blu-ray BOX

「斉藤さん2」オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック/池頼広

季節の風に (CD+DVD)
主題歌:季節の風に/浦江アキコ

斉藤さん DVD-BOX      斉藤さん 14 (オフィスユーコミックス)
斉藤さん DVD-BOX     原作:斉藤さん/小田ゆうあ

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
| 連続ドラマ 2013年 7月クール 斉藤さん 2(全10話) | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する