2013-09-12 (Thu) 06:18
井岡V2

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  

WBA世界ライトフライ級王者・井岡一翔の2度目の防衛戦。相手は同級5位のクワンタイ・シッモーセンKwanthaiSithmorseng)。戦績は45戦43勝(22KO)1敗(KO)1分。

勝率95%という触れ込みでしたが、戦績を見て分かる通り、KO率は約50%なので、さほどのハードパンチャーではありません。

なので、たとえ井岡が敗けるとしてもKO負けは無いと思いながら観ていました。1Rからかなり積極的に攻めて行ってたけど、やはり被弾もしていましたよね。フックとかも割りと入れられていましたし。ただ、井岡が打たれ強いのかクワンタイにパンチがないのか判りませんが、そんなに効いていなかったようです。

それにしてもまぁ、井岡のボディがよく入ってました。クワンタイの唯一の敗けが、ボディによるKO敗けなのに、彼は全くそのあたりを学習していなかったんでしょうかね。

あれだけボディを入れられていれば、あとは時間の問題だと思っていましたが、KOラウンドの7R。ボクシングゲームみたいなボディの連打が入り、最終的には左ボディからの左フックでKO勝ち。井岡の場合、やっぱりキーはボディですね。いや~、強かった。

でも勝利者インタビューでの「僕がライトフライ級にいる限り、王座の椅子は僕のスペースしか空いていない。この座は誰にも譲らない」の発言はまずかったですね。

WBAの同級にはローマン・ゴンサレスRománGonzález)というスーパー王座に就いているチャンプがいて、それを避けて統一せずに防衛してきてるわけですから。このまま戦わずに転級するとなると、某3兄弟と同じだと揶揄されても仕方がないですよねぇ。

とはいえ、その某3兄弟よりはキッチリとした勝ちでチャンピオンロードを歩んではいるし、敗けて欲しくはないので、何とも微妙な気持ちです。

でもまぁ、同級世界戦で日本人の3連続KO勝利が、6連続KO防衛した具志堅用高以来35年ぶりという小さな記録の付録も付いてきたことだし、とりあえずは喜んでおかないといけませんね。次戦はフライ級みたいですけど、まさかまた八重樫東とやるんじゃないでしょうねぇ…。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

井岡一翔 激闘 ~井岡伝説2階級制覇への道~ [DVD]
井岡一翔 激闘 ~井岡伝説2階級制覇への道~

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
| BOXING BOXING | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する