2013-08-18 (Sun) 19:07
6話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  

やはり斉藤さん(観月ありさ)は、潤一(谷端奏人)が自力で脱することを選択肢ましたね。ただ、陰から見守ったり、必要な時はちゃんと手助けをしましたから、ある意味理想的な解決となりました。

が、これは普通だとかなり難しいですよね、きっと。まず、普段からの親子関係がちゃんとできていないといけない。斉藤さんも、摩耶(桐谷美玲)の家庭も、それなりに関係は良好だったから出来たこと。親は、ちゃんと子供を見て、護ってあげないとね。

そして、子供をバカにしちゃいけません。子供は親を見てるし、思ってますからね。そもそも、大和(玉元風海人)が潤一をイジメのターゲットにした発端が、玉井(南果歩)にあるってのがソレに当たりますよね。

イジメる側も、イジメられる側がそこから脱するのも、全ては家庭環境に因るところが大きいってことですね~。こればっかりは、他人がどうこうできないから難しい。だから、永遠に無くならないんですよね。

今はバカ親が多いから、今後は学校や教師の在り方が更に難しくなるでしょうねぇ。教師になりたい人は覚悟しないとね。あ、それ以上に、親になる人はもっともっと覚悟しないといけませんね。

2013年7月クールのドラマ投票へGO!

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

斉藤さん2 Blu-ray BOX
斉藤さん2 Blu-ray BOX

「斉藤さん2」オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック/池頼広

季節の風に (CD+DVD)
主題歌:季節の風に/浦江アキコ

斉藤さん DVD-BOX      斉藤さん 14 (オフィスユーコミックス)
斉藤さん DVD-BOX     原作:斉藤さん/小田ゆうあ

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
| 連続ドラマ 2013年 7月クール 斉藤さん 2(全10話) | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する