2013-08-15 (Thu) 07:45
7話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  

信(小栗旬)の育った環境があんなだったから、彼は家族を大事にしたいと思ったし、小春(満島ひかり)には、紗千(田中裕子)との仲直りを強く望んでいたんですね。

紗千はきっと、小春が結婚したことを嬉しく思っていたんでしょうね。彼が訪ねてきた日の料理、“覚えてない”なんて言いつつ、事細かに憶えてましたから、ある意味、記念日的な日だったんだろうなぁ。

今回は、最近の坂元裕二作品のパターンである、エピソードの殆どをキーマンの1人にスポット当てた回でしたね。静恵(神野三鈴)のような母親、たま~にドラマに出てきますが、やはり現実にいるんでしょうか…。

でもなぁ。信の生い立ちの不幸さは判ったけど、小春みたいに涙は出てきませんでした。亡くなった人が遺した手紙。しかも遺書ではなく、渡せなかった手紙。やっぱ実際に、その境遇に置かれて同じ立場じゃないと、イマイチ感情移入し難いのかもしれません。

そして栞(二階堂ふみ)が直接、小春に自分の罪を告白しましたね。そりゃ足を怪我していようが、興奮しますよね。望海(鈴木梨央)と陸(髙橋來)が来ても、馬乗りを止めませんでしたからねぇ。

次回からまた、小春の病気がメインとなる展開に戻りそうですが、信が亡くなった真実を知ってどうするんでしょうね。栞や紗千、健太郎(小林薫)に対する態度に変化が出てくるんでしょうか。あ、健太郎はまだ知らないのか…。でもまぁ彼なら、ひたすら小春に謝りまくる感じかなぁ。

やっぱりこのドラマ、「Woman」というよりは、続編ではない「Mother 2」みたいな感じですね。ん~、だったら本物の「Mother 2」を観たかった気がしないでもないです。あ、決してこのドラマがつまらない訳じゃないんですけどね(笑)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

Woman Blu-ray BOX
Woman Blu-ray BOX

日本テレビ系水曜ドラマ「Woman」オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック/三宅一徳

Voice(初回盤)
主題歌:Voice/androp

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
| 連続ドラマ 2013年 7月クール Woman(全11話) | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する