レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO

ノン・ジャンル

PrisonBreak Season2(14話以降)~Season5のあらすじ、24 Season6のあらすじあります。メインはTVドラマ。他に映画・音楽などのエンターテインメントやTV観戦したボクシングの感想、その他の雑感です。


なんかチープ

リバース

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  

チームZのメンバー紹介を、そのメンバーの1人である小早川稔(満島真之介)に紹介させ、冒頭に出て来た相沢(世良公則)が暫く出て来ず、彼が刑事ではなく理科の先生であることから犯人はバレバレ。

でもって、説明ゼリフや「皆秘密を持っている」みたいな余計な台詞も多くて、あまり面白味を感じませんでしたねぇ。

そしてそのチープ感を増していたのは、チームZの部屋の美術。ただ、ビデオじゃなくてフィルムの質感で撮っていれば、少しは払拭できていたかもしれないですね。

皆の秘密を明かさず、佐野希()の父親を殺したのは、警視庁の刑事部長・江上亨(松坂桃李)の父である茂人であり、それを希はチームZの創設者である石崎左門(鶴見辰吾)から知らされるも、江上には告げられない。その江上の父を、石崎と森口一郎(笹野高史)は潰そうとしている。

ラストで、相沢の執念を利用した証拠の捏造や、事件までも石崎と森口で操っていたような捻りはありましたけど、江上の父が顔を出さなかったり、メンバーの秘密を明かさなかったりなので、完全に続編ありきでの製作。もしかすると連ドラ化が前提なのかもしれませんね。だとしたら、掴みは失敗ですかねぇ(笑)

松坂桃李を前面に押したいのは判りますが、彼に合った企画かどうかって感じでしょうか。あとは私の個人的な好みですが、やっぱ刑事モノはワイルド系というか、暴力の匂いがする方が好きですね。特に男が主演の場合は。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

リバース ~警視庁捜査一課チームZ~ [Blu-ray]
リバース ~警視庁捜査一課チームZ~ [Blu-ray]

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ


ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析