2013年03月24日 (日) | 編集 |
最終話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  

いやもう、とにかくイイ感じで終わって良かったです。はらちゃん(長瀬智也)と越前さん(麻生久美子)の恋物語という体でしたが、いっぱいのメッセージが有りましたよね~。

“両想い”とは、自分が相手を好きにならないと両想いになれない。その対象は、人だろうが何だろうが当てはまること。そしてまずは、自分自身を好きになること。それによって自分は変われる。ただもしかすると、それは愛する人の協力が必要かもしれない。

などなど、何をどう書いていいのか判りませんが、とにかく“愛”でした。思いやりも、それによる平和も。この世界で、愛による連鎖が起こるといいんですけどね。

しかしまぁよく考えて見れば、お別れという悲しい感じの場面もありましたが、越前さんたちは、はらちゃんを出し入れする術を知ってるんですから、会いたきゃ呼びゃあいいんですよね(笑)

で、ちょっとしたツッコミを。はらちゃんが戻る時は、ノートを開かなきゃいけませんが、越前さんだけは何故戻らなかったんでしょ。自然に消えちゃったし。

でも、そんなのはスルーしちゃってOKなくらいに、ファンタジックな中に現実のメッセージを込めていたりして、面白いドラマに仕上がっていたんじゃないかと思います。楽しかった~。岡田惠和の次回作に期待しましょう。

2013年1月クールのドラマ投票へGO!

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン





「泣くな、はらちゃん」Blu-ray BOX
泣くな、はらちゃん Blu-ray BOX

泣くな、はらちゃん シナリオBOOK
泣くな、はらちゃん シナリオBOOK

「泣くな、はらちゃん」オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック/井上鑑

TOKIO/タイトル未定(初回限定盤)(DVD付)
主題歌:リリック/TOKIO

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブログパーツ アクセスランキング ワキガ