レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO

ノン・ジャンル

PrisonBreak Season2(14話以降)~Season5のあらすじ、24 Season6のあらすじあります。メインはTVドラマ。他に映画・音楽などのエンターテインメントやTV観戦したボクシングの感想、その他の雑感です。


向いてなかったのかも

最終話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  

まぁ予想通り、犯人は淳子(石田ゆり子)でしたね。前回のラストから今回の前半で少し捻りを入れて来ましたけど、そんなにショッキングということはなかったですね。

原作の構成もこういう順序なのかもしれませんが、良幸(安田章大)の“作戦”を挿入するなら、もう少し前か、もしくは最終回を1話延ばす位のほうが良かった気がします。でもそうしちゃうと、事件が進まなくダラダラとしちゃうから、こうするしか無かったのかもしれませんね。

さて、結局は淳子自身の精神的な問題で、そんな母親を慎司(中川大志)たちが助けようとしていたという感じでした。そういえば、慎司の身体の痣。作戦を思いついて、自分でつけたんでしょうか。だとしても、そんなシーンありましたっけ?弘幸(田中哲司)に殴られた時に椅子にぶつかりはしたけど、それで後々まで残るような痣なんてできないし、肩口はぶつけてないし…。

結城(高橋克典)は啓介(宮迫博之)を見逃しましたが、真相も判ったことだし、真弓(鈴木京香)のこともあるからなんでしょうか。

まぁ、飛び道具こそ無かったものの、もしかするとこれは映像化するには向いていない作品だったのではないかと思っちゃいました。

先に書いた良幸の作戦も、きっと文字を追ってるのであれば、“何を~~!?”的な驚きを感じられたと思いますし。人間や家族をメインに描けば、事件関連が進まなさ過ぎ。そういう意味で、連ドラ化には向いていなかったように思います。

これまで湊かなえの作品を観た中での感想ですが、コトを起こす(発端)のは全て女性なんですね。本人が女性なので致し方ないかもしれませんけどね。もしまた彼女の原作が映像化されるとしても、ミステリーというカテゴリーにあるなら、やっぱ観ちゃうんだろうなぁ(笑)

2013年1月クールのドラマ投票へGO!

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

夜行観覧車 Blu-ray BOX
夜行観覧車 Blu-ray BOX

夜行観覧車 オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック

VOICE(スペシャル盤)(DVD付)        夜行観覧車
主題歌:VOICE/AI             原作:夜行観覧車/湊かなえ

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ


ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析