2013年03月22日 (金) | 編集 |
最終話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  

結局、雨降って地固まるなオチになっちゃいましたね。まぁこれが“最高の離婚”なのであれば、こういう例もあるよ、ということでしょうか。

タイミングとして、光生(瑛太)と結夏(尾野真千子)の両親も含めて一緒にいたってのは大きかったですね。彼らそれぞれの両親が、くだらない事で喧嘩していたりして。でも、長年夫婦をやってきた。

結夏の父・健彦(ガッツ石松)の「男と女と、夫婦は違う。夫婦と、家族も違う。役所に、紙を出せば夫婦だ。家族は、紙を出しても出来ない。家族は、或る日、ある時…」というセリフが全てですね。

そしてあとは、っていうか、やっぱり、女じゃなくて、男が一歩を踏み出さないと、女は付いてこないってことでしょうか。

灯里(真木よう子)は“愛情はありません”的な感じだったのに、諒(綾野剛)を信じてみる方に変わって来ました。それも“家族”ができるからなんでしょうか…。

う~ん、こういう終わり方だったのは、ちょっと拍子抜けでしたね。出会った頃をなぞるようにして、再スタートを切るんだろうなぁというのは、光生が1人で帰る時点で想像は出来ましたし。

ラストの方の、灯里が金魚カフェの前を通ると、その後ろでは光生が通る。結夏が淳之介(窪田正孝)から荷物を受け取る。その後ろを、諒が自転車で通る。諒が女の子に気を取られてるところに、灯里が諒の耳を引っ張る。その後ろを光生が通る。

光生はその道すがら、海野(芹那)の結婚パーティを見る。光生を見つけた海野は彼にウィンク。しどろもどろの光生は淳之介が運ぶ、荷物を載せた台車にぶつかる。そして、歩いて行くと結夏に会い、すぐに灯里・諒夫婦と合流。これらは、これまでをまとめた感じのシーンでしたね。

まぁハッピーエンドでしたし、光生と結夏はこれからも喧嘩しながらも、長い夫婦生活になるんだろうなぁというのも見えたので、それはそれで良かったですけどね。

ところで、なんで光生は、ジュリーこと沢田研二のソロデビュー曲の「君をのせて」を歌えるんでしょ。1971年の曲だし、さほど売れたわけじゃないのに…。しかもジュリー本人が、最も嫌いな歌である「OH!ギャル」の次に嫌いな曲だと言ってるのに。ま、いっか(笑)

2013年1月クールのドラマ投票へGO!

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン



最高の離婚 ブルーレイBOX [Blu-ray]
最高の離婚 ブルーレイBOX [Blu-ray]

ノベライズ 最高の離婚(上)
ノベライズ:最高の離婚/坂元裕二・百瀬しのぶ(上)

ノベライズ 最高の離婚(下)
最高の離婚(下)

フジテレビ系ドラマ「最高の離婚」オリジナルサウンドトラック
サウンドトラック/瀬川英史

涙をぶっとばせ!!(仮)(通常盤)
主題歌「Yin Yang」収録シングル:涙をぶっとばせ!!/桑田佳祐

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブログパーツ アクセスランキング ワキガ