2013年02月25日 (月) | 編集 |
7話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 

レギュラー陣の抱える悩みや事件にゲストを迎えてそれとリンクさせ、そのゲストのことも描くという構成は良くあるベタなパターン。そして主人公が、要所を締めるみたいな…。

今回はまさにその感じの江崎(江口洋介)でした。相変わらず料理にしか興味が無いものの、旧友の黒木春人(東幹久)に刺さったのは、「俺は、お前が死ぬまでボール蹴ってると思ってたけどな」の一言と、互いの下積み時代だった頃のペペロンチーノ。

個人的には、料理人とスポーツ選手では、現役でいられる時間は圧倒的に違うと思いますけどね。まぁ、江崎の“死ぬまでボール蹴ってる”ってのは、観る側になるんじゃなく、コーチなり監督なり、現場にいるということも含まれてるのかもしれませんけど…。

下積みの古田博巳(町田宏器)と現役終了間際の黒木という、両端をメインに、江崎がそれぞれに影響をおよぼすという、主人公の突出した出番はないものの、埋もれずに展開していく見せ方ってイイ感じでした。

このドラマ枠もこの番組で終わりですし、イイ意味で有終の美を飾れるような最終回に向けて、今後の展開を期待したいです。

2013年1月クールのドラマ投票へGO!

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

dinner DVD-BOX
dinner DVD-BOX

(仮) フジテレビ系日9ドラマ「dinner」オリジナルサウンドトラック
サウンドトラック/佐橋俊彦

ミュージック (初回生産限定盤)
主題歌:ミュージック/サカナクション

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブログパーツ アクセスランキング ワキガ