レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO

ノン・ジャンル

PrisonBreak Season2(14話以降)~Season5のあらすじ、24 Season6のあらすじあります。メインはTVドラマ。他に映画・音楽などのエンターテインメントやTV観戦したボクシングの感想、その他の雑感です。


ながら観できない

5話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 

このドラマは、“犯人だぁ~れ?”よりも、3兄弟の思いの方に興味をそそられてしまいます。「夜行観覧車」よりもそんな感じが大きいですね。あ、原作者を比べるだけ失礼か(笑)

涼(林遣都)の優しさの中にある狂気、勲(市原隼人)の表立った狂気ってのは良く判りました。特に、今回の市原隼人の芝居が良かったからかもしれません。ただ、もう少し滑舌が良ければなぁとは思いました。吉田鋼太郎を見習って欲しいです。

残る満(斎藤工)は、悪いというか、それぶってる感じがします。ラストで昔の事を思い出し、きっと弟達のために嘘の自白でもしそうです。っていう描写があるってことは、満は容疑者から外れますね。

意識を取り戻した小栗晃一(渡辺憲吉)の証言によって、どうなるのかってのが、次回の1番の見どころですよね。

とはいえ、今後も3兄弟が順番に(?)怪しいような描かれ方はするでしょうね。勲は気持ちを小説にしてるし、涼には隠れた狂気があるし。

あと残るとすれば、刑事(滝藤賢一)が言ってたような、3兄弟が共謀してやったという線でしょうか。う~ん、これは無さそうな気がします。

演出にしろBGMにしろ画像処理にしろ、それらのおかげで、完全に別世界に連れてってくれるので、ながら観できないドラマなのは確かですね。







ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

カラマーゾフの兄弟 Blu-ray BOX
カラマーゾフの兄弟 Blu-ray BOX

Paint It Black
挿入歌:Paint It Black/The Rolling Stones

(仮) フジテレビ系土23ドラマ「カラマーゾフの兄弟」オリジナルサウンドトラック
サウンドトラック/羽深由理

カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)
原作:カラマーゾフの兄弟 上巻/フョードル・ドストエフスキー

カラマーゾフの兄弟〈中〉 (新潮文庫)       カラマーゾフの兄弟〈下〉 (新潮文庫)
カラマーゾフの兄弟 中巻   カラマーゾフの兄弟 下巻

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ


ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析