2013年02月04日 (月) | 編集 |
4話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 

はづき(関めぐみ)に刑事がへばりついてるのは、もっと後でのエピソードにして、それまで小出しにしていくのかと思いましたが、良い形のエピソードで上手くまとめましたね。

江崎(江口洋介)の“料理人を判断する材料は、作った料理が美味いか不味いか”というブレない信念が貫かれてるのに、厳しいだけじゃなく優しさも持ち合わせてるということも改めて描かれていて、面白かったですよね。まぁ、料理に関係無い所では冷たそうですけど(笑)

それにしても、奥園明美(濱田マリ)が刑事で、張り込みのために通っていたとは、かなりのどんでん返しでした。武藤洋文(北見敏之)が捕まったってことは、もう出演しないんでしょうかね。

そして、今回のエピソードをこういう良い形にできたのは、北見敏之の好演に尽きると思います。彼のセリフは、入店時とオーダー時のみ。

回想シーンも含めて、全てセリフ無しで表現していました。料理が運ばれてきた時、食べる時、そしてはづきに声をかけられても。こういう感情表現ができるのは、さすが巧い役者は違いますね。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

dinner DVD-BOX
dinner DVD-BOX

(仮) フジテレビ系日9ドラマ「dinner」オリジナルサウンドトラック
サウンドトラック/佐橋俊彦

ミュージック (初回生産限定盤)
主題歌:ミュージック/サカナクション

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事
テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブログパーツ アクセスランキング ワキガ