レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO

ノン・ジャンル

PrisonBreak Season2(14話以降)~Season5のあらすじ、24 Season6のあらすじあります。メインはTVドラマ。他に映画・音楽などのエンターテインメントやTV観戦したボクシングの感想、その他の雑感です。


チーム感が欲しかった

SP_20130104182717.png

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 

レギュラー放送中、瑛太が数話抜けていたためのプレゼントと言わんばかりの、ラッキーセブンならぬラッキーツーという感じでしたよねぇ。

しかも、おそらく仲里依紗は「レジデント」撮影中で時間がなかったろうし、大泉洋も忙しくて同様で、何とかセブンにしてみました感がアリアリだったのが残念でした。

でもまぁその分アクションに関しては、駿太郎(松本潤)と新田(瑛太)の個々のアクションとコンビでのそれを観られて、楽しくはありました。

探偵社側のセブンが描ききれていない上、栗原みづき(石原さとみ)の気持ちの揺れもイマイチ伝わりきらなかった気がします。

天野(及川光博)の悪事にこれまでも心を痛めてきたきたけど、だけど好きな気持もあってそれを言えない。だけど駿太郎の出現で彼にそれを託すも、やっぱり天野に味方する…みたいなのは、みづきのバックボーンが見えなかったんですよね。

暴漢が天野を襲った時、何やら異常に怖がって駿太郎にしがみついていたので、彼女にとって何かあるんじゃないかと思っていたんですが、普通に暴漢が怖かっただけだったんですね。

せめて、湧永(平田満)の自殺未遂を知って、自分の父親も同じ目に遭っていたとかの薄っぺらい過去でもいいから欲しかったなぁと思います。

石原さとみは好きですが、今回のような役どころは、やっぱりイマイチ合っていない気がします。彼女の場合、やっぱり色気が足りないので、「リッチマン、プアウーマン」のような役の方が合ってると思うので、今春のそのSPドラマに期待したいです。

瞳子(松嶋菜々子)の「ラッキー探偵社は7人じゃないとね」という締めの言葉で、無理矢理なラッキーセブンししていましたけど、それを言わせるなら、もっと“チーム力”を前面に押し出した物語を観たかったです。

もう次は無いとは思いますが、駿太郎と新田のアクションはまだまだ観たいとは思うので、15%という視聴率を取れたことだし、何とか辻褄を合わせた井上由美子のホンであれば、もう1回くらいは観たいですね。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

ラッキーセブン スペシャル [Blu-ray]               ラッキーセブン Blu-ray BOX
ラッキーセブン スペシャル Blu-ray   ラッキーセブン Blu-ray BOX

ラッキーセブン
ノベライズ:ラッキーセブン/百瀬しのぶ

フジテレビ系ドラマ「ラッキーセブン」オリジナルサウンドトラック       ワイルド アット ハート【16ページ歌詞ブックレット付】(初回限定盤)(DVD付)
サウンドトラック/ティム・ウィン     主題歌:ワイルド アット ハート/嵐

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ


ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析