レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO

ノン・ジャンル

PrisonBreak Season2(14話以降)~Season5のあらすじ、24 Season6のあらすじあります。メインはTVドラマ。他に映画・音楽などのエンターテインメントやTV観戦したボクシングの感想、その他の雑感です。


新しくはない

1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 

刑事だとか探偵だとか、その手の推理モノで主人公が彼らの場合のキャラは、もうある程度出尽くしてるので、これを観ようと思ったのは“実験刑事”だからではなく、三上博史が主演だから。

スタイルは倒叙型ミステリー。主人公の都鳥博士(トトリ ヒロシ/三上博史)は、判りやすく大雑把に分ければ、ワイルド系ではなく、杉下右京(水谷豊)タイプ。ある意味の“変人”という括りでイケると思いますけど、新しい特異なキャラというわけではないです。

さて、そうなってくると、倒叙型で最近のヒット作といえば、言わずと知れた「古畑任三郎」です。それを追い越せるか否かというところですけど、ぶっちゃけ、可もなく不可もなくって感じでしょうか。

古畑ほどの飄々とした感じではありませんが、論理的に詰めていく所は、トトリが新進気鋭の動物学者で高評価を受けていた人物であり、実験を経て結論に結びつけるというキャラは、上手く出せていたと思います。

相方の安永哲平(高橋光臣)は、キャラや役者自体の存在感やインパクトが薄すぎるのは難ですが、まぁ、三上博史1人で十二分にもたせることはできそうです。

トリックとかオチは、普通によくできているとは思うんですが、今回で言えばただ1点、どうしても突っ込みたいところがあります。それは返り血。

結城ゆかり(中越典子)が藤田映子(松本まりか)を刺した時、どう考えても返り血があったはずなのに、ゆかりは勿論のこと、クーラーボックスや床にさえ飛び散っていなかったようです。これはさすがに…ねぇ…。

古畑でもなく杉下でもなく湯川学(福山雅治)でもなく、それらに近いんだけど違うキャラを確立できるであろう三上博史に期待したいですね。あ、これを観たら、平塚平八(香取慎吾)のキャラなんて薄っぺらすぎることがハッキリと判ります(笑)

そういえば、ホンを書いてる西田征史って、元々は芸人なんですね。知りませんでした。最近の日テレ土9枠なんかで活躍していたので、普通に埋もれていたホン屋さんかと思っていました。違う世界を経験してるだけに、イイ意味で面白いホンを書けるかもしれないですね。期待してます。

2012年10月クールのドラマ投票へGO!

2012年 年間ドラマ投票へGO!

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

NHK VIDEO 実験刑事トトリ Blu-ray BOX
実験刑事トトリ Blu-ray BOX

実験刑事トトリ オリジナルサウンドトラック
サウンドトラック/佐橋俊彦

実験刑事トトリ (リンダブックス)
ノベライズ:実験刑事トトリ/西田 征史・吉田恵里香

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ


ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析