レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO

ノン・ジャンル

PrisonBreak Season2(14話以降)~Season5のあらすじ、24 Season6のあらすじあります。メインはTVドラマ。他に映画・音楽などのエンターテインメントやTV観戦したボクシングの感想、その他の雑感です。

Archive [2010年01月 ] 記事一覧

新年のご挨拶

寅年

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

新年早々、2日目にしてちょっぴり熱を出しまして、昨日の昼過ぎまで寝込んでおりました。年明けからツイテない私でございます。はい。

昨年があまり良い年ではなかったので、今年はそれ以下にならぬよう祈りたいところですが、そうなるか否かは自分次第なのは判ってるつもりなので、引き締めて行きたい所です。

このブログも開設してから、早6年目に突入しちゃいました。まぁ、最初の1年半は更新数はかなり少なかったんで、実質4年半くらいですけど(笑)

とりあえず今年の更新はの~んびりとやっていこうかと思ってます。そんなブログでもよければ、遊びに来てやってください。

では、今年も宜しくお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

ほぼ騙しに近かった

正月SP

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

昨年のレギュラードラマがイマイチな感じで終わったし、2時間15分もの枠を取ってあるから、どんだけのモンかと期待してたんですが、殆ど騙しに近かったですねぇ。まぁ「ROOKIES」程では無かったですけど(笑)

冒頭、澤井(ユースケ・サンタマリア)と進藤(江口洋介)のシーンから始まり、どう展開して行くのかと思いきや、早速振り返りのシーンに突入。そこから1時間以上やってましたよねぇ。なので、スペシャルというよりは“救命病棟24時 Season4 第8話”って感じでした。

その第8話分では、工藤(石田卓也)が復帰するもののトラウマに苛まれたり、新医局長としての楓(松嶋菜々子)と副院長で外科の日下部(夏八木勲)との確執らしきものがあったりのネタを放り込んである。ところが、描かれる時間が短いもんだから、大して緊張感の無い出来になってしまってました。

相変わらずの忙しい救命救急で、突然の停電と補助電源が作動しないアクシデントはそれなりの緊張感はあったものの、先に書いた工藤と日下部の事があっさりとした感が否めなくて、テンションが落ちちゃいました。なんで回想シーンなんかに無駄な時間を割いたのか、全く意図が判りませんね。

さて、結局は進藤が澤井の依頼を受ける形で海南医科大学を去って、長崎の破綻した病院に赴任することになりました。そうなると、次の救命病棟24時シリーズはどうするんでしょうかね。まぁ、やるとしても2~3年はSPもやらないでしょうから、設定はどうにでもなるんでしょうけど。

個人的にこういうシリーズは、問題提起をしながら継続していって欲しいと思うんですけどねぇ。主演の役者がやりたがらないんであれば、上手く主演を変えつつやっていってもらいたいです。

ただ、そういう“医療ドラマ”という括りでは、フジテレビは「コード・ブルー」に移行しちゃおうとか考えてるのかな。同じ救命を扱ってるんだし、同じ局なんだから、1本でいいからコラボしたドラマを作ってもいいような気がしないでもないと思ったりもしますけど、それは無理か(笑)

救命病棟24時 第4シリーズ (江口洋介、松嶋菜々子 主演) [DVD]
救命病棟24時 第4シリーズ DVD-BOX

救命病棟24時 SEASON
第4シリーズ オリジナル・サウンドトラック/吉俣良

その先へ
主題歌:その先へ/DREAMS COME TRUE

救命病棟24時 第3シリーズ DVD-BOX          救命病棟24時スペシャル2005 [DVD]
第3シリーズ DVD-BOX       救命病棟24時スペシャル2005

フジテレビ系ドラマ「救命病棟24時」オリジナル・サウンドトラックIII
第3シリーズ オリジナル・サウンドトラック/佐橋俊彦

救命病棟24時スペシャル2002 [DVD]           救命病棟24時(第2シリーズ)DVD-BOX
救命病棟24時スペシャル2002   第2シリーズ DVD-BOX

救命病棟24時 オリジナル・サウンドトラック II
第2シリーズ オリジナル・サウンドトラック/佐橋俊彦

THE VOICE OF FATE〜救命病棟24時 オリジナル・ドラマ・トラックス〜
THE VOICE OF FATE〜救命病棟24時 ~オリジナル・ドラマ・トラックス~/中村正人・CALLING OF A MIRACLE

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

今更M-1

M-1_2009.jpg

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

旬なネタではないですが、とりあえず毎年書いてきたので書いてみようかと…。
決勝戦にキングコングが出てくれることを期待していたんですが、敗者復活にも出てこられず残念でした。で、決勝に出てきた9組のうち、個人的には“該当者なし”でした。

笑い飯の1本目のネタはすんげぇ面白かったんで、今年こそはイクのかなと思いましたが、やはり2本目のネタで失敗しちゃいましたね。

ナイツはヤホーネタを封印してましたが、内容は同じでしたから、まぁあんなもんでしょう。モンスターエンジンにも期待はしてたんですが、う~んな感じでしたねぇ。

チュートリアルに続くパーフェクトで優勝したパンクブーブーですが、確かに上手いとは思いますが、ど~も個人的には笑えないんですよねぇ。昔からそうだったなぁ。

漫才での王道パターンなんですが、最近はどーも「俺○○やるから、君○○やって」っていうパターンが多すぎませんかね。

そういう役割に何となぁく入っていって、そういう役柄になってるんじゃなく、導入部分と役柄になる部分をキッチリと分けてやってしまうってのが、なんだかなぁと思っちゃうんですよね。

コンビのネタとしてそういうのもアリってのなら良いんですが、新しいネタを観ても、結局はそうやって分けてしまうネタばかりだと、そのコンビのポテンシャルを疑っちゃったりしちゃいます。安易すぎますよねぇ。

だったらむしろ、ボケの人がそういう人(変な人)って事で進行していった方が断然面白いと思うんですよ。だからこそ、ツッコミも重要になるんだと思うし。

個人的には、漫才はコンビそれぞれのキャラが、普通に話してる中でのボケとツッコミていう方が面白いと思ってるので、そういうネタを観たいですね。例え「俺○○やるから、君○○やって」っていうパターンでも、途中で一瞬でも個人のキャラに戻ったりするとかね。

何にしろ、パンクブーブーは売れそうに無いなぁ。NON STYLEと同じように、フリートークがダメっぽい気がしてます。今年から露出は増えるでしょうから、まぁこの1年をみてみましょうかね。



M-1グランプリ the BEST 2001~2006 DVD BOX
M-1グランプリ the BEST 2001~2006 DVD BOX

M-1グランプリ2007 完全版 敗者復活から頂上へ~波乱の完全記録~ [DVD]        M-1グランプリ 2006完全版 史上初!新たな伝説の誕生~完全優勝への道~
M-1グランプリ2007 完全版    M-1グランプリ 2006完全版

M-1グランプリ 2005 完全版 ~本命なきクリスマス決戦!“新時代の幕開け”~        M-1グランプリ2004完全版
M-1グランプリ2005完全版    M-1グランプリ2004完全版


M-1グランプリ2003      M-1グランプリ2002完全版~その激闘のすべて・伝説の敗者復活戦完全収録~
M-1グランプリ2003     M-1グランプリ2002完全版


M-1グランプリ2001 完全版 ~そして伝説は始まった~          M-1グランプリへの道 ~まっすぐいこおぜ !~ 起承の一
M-1グランプリ2001完全版     M-1グランプリへの道
                     ~まっすぐいこおぜ!~起承の一



M-1グランプリへの道 ~まっすぐいこおぜ !~ 転の二
M-1グランプリへの道 ~まっすぐいこおぜ !~ 転の二

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

今更ドリームマッチ

ドリームマッチ2010

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

これも毎年楽しみにしてきたので・・・。
今回は多かったですねぇ。なので、シャッフルコンビの記載は割愛します。そして、ネタ作りの時間はこれまでの3時間から1週間にまで増えましたから、浜ちゃんの言う通り「さぞかし、面白いものが…」と、私も密かに期待していました。

例年通り、コントが大多数を占めていましたね。やっぱりそっちの方がラクなんでしょう。漫才を選択したのは、友近×若林正恭(オードリー)と徳井義実(チュートリアル)×後藤輝基(フットボールアワー)だけでした。

優勝は千原ジュニア(千原兄弟)×コカドケンタロウ(ロッチ)でしたけど、私が一番笑えたのは、やはり徳井義実×後藤輝基の漫才でした。10何分やっていたと言ってましたが、O.Aは7分くらいでしたから、かなりカットされちゃったんですね。全部観たかったな~。

とにかく、さすがM-1王者の2人だけあってテンポは良いし、ネタも面白かった。即興にしては完璧すぎて優勝できなかったんでしょうかねぇ。残念です。

今回、これまでの優勝コンビのネタをやってましたが、その中ではやっぱり田村淳(ロンドンブーツ1号2号)×浜田雅功(ダウンタウン)のネタがピカイチでした。

淳はリハと違うネタを浜田にやらせ、浜田もそれに応えるというのが一番の見所でしょうかね。無理難題を押し付けられて、キャラを守りながらも反発する浜田に「おお~、おお~、いよいよ限界か、お前」と、誰もが恐れる浜田にあ~いうツッコミをする淳はさすがでしたし、浜田もその辺りを上手く使っていたような気がします。

淳も浜田も、魅せ方をキッチリと判ってるという感じで、司会が出来る芸人は一味違うんでしょうね。ん~、やっぱり浜田にもシャッフルに参加して欲しいなぁと、毎年思っているんですが、もうそれは叶いそうもなさそうですね。

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

まずまずですかね

1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

原作のどの部分がベースになってるのか判らないんですが、とりあえずは金太郎(永井大)が帰国してきてきました。が、ヤマト建設が中央建設と合併し「ヤマト中央建設」になるという自体になってます。副社長に降格となった黒川(古谷一行)から、金太郎は社長室長に任命されました。

新社長である丸山(森本レオ)は、穏やかでイイ人っぽく見えますが、怪しさ満点ですね。金太郎は直感でそれを感じてましたが、そんなところで丸山を襲うヤクザが来ました。これ、自分を疑ってる丸山が金太郎を信じ込ませるために仕掛けた自作自演の可能性が高いですよね。

かつての同僚の桜井(青山倫子)が金太郎と同じ部署に配属されてたり、現在は何をやってるのか判らない鷹司(細川茂樹)も現れたりと、前作の曲者も登場してきてます。“昨日の敵は今日の友”的な感じになるのかならないのかは全く判りません。

このドラマは、真っ直ぐな金太郎の男気と、スカッとする暴れっぷりを楽しみで観てますが、ストーリー的にもとりあえず次回を楽しみにできそうです。

  

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

2009年10月クールのドラマ投票結果

最終話 最終話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

あっはは~。全投票数が前クールよりは増えたものの、相変わらず過疎ってる私のブログです(爆)
そんな中、投票してくださった方々、ありがとうございましたm(__)m
少ない票数で恥ずかしい限りですが、発表したいと思います。

第1位
マイガール 7票
コメント
●最終回でコハルちゃんが正宗くんって叫ぶの泣けた!
 ・私はほぼ毎回泣かされてきました(つд⊂)かわいい子役は卑怯ですよね(笑)

第1位
JIN-仁-  7票
コメント
●サムライハイスクールと迷いますがJINが一番かな
 ・そちらと迷われましたかぁ。最終回を除けば、JIN-仁-は民放では1番面白かったですよね(^-^)

●毎回自然と泣けました。綾瀬と内野、中谷・麻生絶品
 ・内野聖陽と麻生祐未は確かに絶品です(・∀・)

第3位
外事警察 2票

第4位
相棒 Season8(前半) 1票
コメント
●薫ちゃんがいないのは残念でがやっぱりおもしろい
 ・私はSeason1からず~っと観ていないんで、何とも言えません。スミマセン(;´∀`)

第4位
深夜食堂 1票
コメント
●温かさがあってずっと観ていたいなあと思いました。
 ・そうなんですよね~。癒される30分間でした (。^_^。)

第4位
行列48時間 1票
コメント
●最後まで内容がしっかりしてた
 ・面白かったらしいですねぇ。私は完全ノーマークで観ていませんでした。残念です(;´Д`)

第4位
サムライ・ハイスクール 1票


上記以外のドラマは残念ながら0票でした。私は迷った末に、外事警察に1票入れました。今回も投票数は少なかったですが、いつもよりコメントを多くいただけて嬉しかったです。次回の設置は…どうしよっかなぁ…。

では、これは続けようかなぁと思っている、各賞を記載したいと思います。例によって作品賞は↑で投票済みなので、それ以外のを。

【最優秀主演男優賞】
唐沢寿明(不毛地帯)
【最優秀主演女優賞】
該当者なし
【最優秀助演男優賞】
内野聖陽(JIN-仁-)
【最優秀助演女優賞】
石井萌々果(マイガール)
【最優秀脚本賞】
古沢良太(外事警察)
【最優秀主題歌賞】
MISIA/逢いたくていま(JIN-仁-)
【最優秀音楽賞】
澤野弘之・和田貴史(マイガール)

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

全く見当がつきません

サルガドvs内山記者会見 プーンサワットvs細野記者会見

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

明日はWBA世界スーパー・フェザー級タイトルマッチ、王者・ファン・カルロス・サルガドJuanCarlosSalgado) vs 東洋太平洋同級王者(WBA同級3位)・内山高志、WBA世界スーパー・バンタム級タイトルマッチ、プーンサワット・クラティンデーンジムPoonsawatKratingdaenggym) vs 東洋太平洋フェザー級王者・細野悟のW世界戦ですが、全く予想がつきません。

というのも、日本人挑戦者の試合を観た事がないからです。深夜でも毎週のようにあったボクシングの国内中継が1つ無くなり、2つ無くなり、今では月に1度の中継もあるか無いかです。それに伴って、私もあまり観なくなってしまいましたし…。

なので、戦績だけから予想してみたいと思います。サルガドは22戦21勝(15KO)1分、内山は13勝全勝(10KO)という、ハードパンチャー同士の試合です。おそらくKO決着になるでしょうね。サルガドは、あのホルヘ・リナレス(JorgeLinares)を、まさかの1R KOで葬った選手。

それをフェイクとみるか否かですが、引き分けが1試合あるものの負けは無いですし、KOはほぼ前半に集中しています。内山が巧く捌いてKO勝ちすることを望みたいですが、相手がメキシカンなんで、分が悪い気がします。KO負けかなぁ…。

プーンサワットは40戦39勝(28KO)1敗、細野は16戦全勝(12KO)という、こちらもハードパンチャー同士の対決。こちらもKO決着必至という感じです。プーンサワットはかなりの強豪のようですので、キャリアの差が出てしまうんではないかと予想してしまいます。

ただ、どちらの王者も初防衛戦なので、付け入る隙が無いとは思いません。相手がハードパンチャーの場合は特に、冷静に戦って、一発を入れられれば勝てる可能性はあると思いますので、日本人の両選手には頑張ってもらいたいです。

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

薄いな~

最後の約束

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

閉鎖された空間、タイムリミットという骨格は良かったんだけど、中身が粗いというか薄いというか、そんな感じでしたね。

始まって10数分で、益子悟(大野智)が事件に関わってる事はすぐに判っちゃいましたし、30分も過ぎれば、棚田昭(相葉雅紀)、山際修司(二宮和也)、後藤望(松本潤)、富澤友紀夫(櫻井翔)はチームであろう事は想像がつきました。

まぁ、嵐が5人そろって久々にやるドラマですから、それが前半で判明してしまうのは大して問題じゃない。要は展開の仕方ですよね。とにかく彼ら5人のバックボーンが無さすぎた。かつて同じ高校のサッカー部だったっていうだけじゃ薄いですよね。

計画を練った犯罪なんですから、それまでのプロセスがあったはず。修司がどうやって新見(津川雅彦)の会社のセキュリティの職に就けたのかとか、昭はどうやってあのビルのコーヒーショップの店員になれたのかとか、もっと計画の緻密さを描いて欲しかった。

途中、計画には無かった“人質解放”についてもそう。バラバラで行動している5人はかつてのチームメイトだから心が通じてると言ってしまえばそれまでだけど、だったらその絆が固いシーンを入れるべきだったでしょう。予期しない事が起きた時の対処なんですから。

そして開放される際、警察を混乱させる役目の昭は、B-1の扉をわざと地下だと告げました。普段から勤めてるビルだとはいえ、機転が利きすぎです。そういう意味でも、正体をばらした後のシーンに、計画を練ってるシーンが欲しかったですね。

それと、キーマンであったであろう轟冬子(大塚寧々)を調べるのだって、色々と労したはず。その辺りをもっと描いてくれれば、割と面白いモノになったでしょうね。

途中から自分のパートナーが事件に関わっていると気づいてたであろう飯尾晴夫(小堺一機)と岡中進一郎(藤木直人)の描き方も勿体無かった。多分、飯尾の行動は予想外だったと思うんですが、せっかくピッキングというキャラ付けをしてるんですから、もう少し捻って彼らを助けるという方向にして欲しかったです。

因みに、一番不思議に思ったのは、ビルのドアが開かないと知ったあれだけの人数の人質が、なぜ誰一人としてガラスを割ろうとしなかったのか。あの状況だと簡単に割れたでしょうに(笑)

嵐の5人が揃うと、二宮和也の芝居が一番巧いですね。松本潤は思った以上に下手でしたねぇ。他は似たり寄ったりでしたけど、大野智はまだマシかな…。

ヒロインの黒木メイサは、任侠ヘルパーのままでしたね。あ~いうキャラなら、やっぱりバックボーンが欲しかったところですね。社長のお嬢様が何であんなんなのか「?」でしたからねぇ。

それにしても、金子茂樹は割と好きなホン屋さんなんですが、今回は残念な感じでした。サスペンスを入れない、もっとヒューマンな感じの方が得意なんでしょうね、きっと。次回作に期待します。

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


最後の約束 [初回限定版] [DVD]
最後の約束

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

やったぜ!&しゃーない

内山vsサルガド プーンサワットvs細野

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

内山高志の王座奪取は見事でしたね~。ほぼ全ラウンドで優勢に試合を進めて行ってましたから、判定でも勝てると思ってました。が、ラストラウンドでのTKO勝ちってのはスゴイですね。守りに入らず、攻め続けた結果ですね。

少し気になったのは、パンチ力に自信を持ってるせいか、大振りが目立った事と、上半身をあまり使っていなかったように見えたこと。

パンチを放つまでは、体を左右に振ったりしてましたが、ダッキングを殆どしていませんでしたよね。スウェイでパンチを見切ったり、サルガドのフェイントにも対応できていたので、いいパンチを食わなかったから良かったですが。

初防衛戦の相手は、やはりリナレスになるんでしょうかねぇ。それとも他の選手になるのかは判りませんが、どちらにしても簡単な相になるとは思えませんので、頑張ってもらいたいです。兎にも角にも、WBAスーパー・フェザー級チャンピオン獲得、おめでとうございます!

さて、一方の細野悟は残念でした。途中のラウンドは省かれてましたが、放送されたラウンドを観る限り、初回からずっと打ち合いで、予想通りのKO決着かと思ったんですが、細野は頑張りましたね~。とにかくプーンサワットは好戦的で手が出ており、右のアッパーがよく当たってました。

2-0の判定でプーンサワットが勝ちましたが、やっぱりキャリアの差が出ちゃったような印象でした。巧かった。それでも、細野は世界を獲れる器であることは証明できたように思います。次の挑戦に期待したいですね。

解説に長谷川穂積がいましたが、彼が階級を上げるとなると、スーパー・バンタム級かフェザー級になりますけど、プーンサワットと対戦する可能性はどうなんでしょうねぇ。WBCスーパー・バンタム級チャンピオンは西岡利晃なんで、対戦させるには勿体無い感じがしますし。WBAに鞍替えしての挑戦はどうなんだろうなぁ…。まぁ、プーンサワットと戦ったら戦ったで、長谷川は勝てるとは思いますけど。

まぁ何にしろ、今回で日本人チャンピオンが1人増えたわけですから、世界戦の試合が増えることが嬉しいですね。あとはTV中継をしてくれる事を望むだけです。

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

つかみの事件はアレ(笑)

1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

シリーズ2の第1話目の事件は覚醒剤でした(笑)昔からある事件ですけど、やっぱりのりピー事件が記憶に新しいので、何だか安易な選択のような気もしないではないですが…。安積班のメンバーには変更が無く、前作のシーズン2としてすんなりと入って行けましたね。

ゲストは組対五課主任の鳥飼の名取裕子と、その娘・佐和子である林丹丹。聖職と呼ばれる職業に就いている親の子供って、案外悪い奴がいたりするわけですよね。

特に刑事というのは、ある意味24時間体制という特殊な部分があるから、親の愛情が上手く子供に伝わらないのかもしれませんね。覚醒剤取締法違反で我が子に手錠をかけなければならなかった鳥飼は辛かったでしょうが、その道に走らせたのは、佐和子の発言からすれば、鳥飼の責任も大きいと思いました。仕事では敏腕、親としても優秀というわけには中々いかないのが現実なんでしょうかね。

鳥飼のセリフに「自分の娘に足元をすくわれなんて、思ってもみなかった」っていうのがありました。これ、何でホン屋さんも演出家も役者も気づいてないんでしょう?“足元をすくわれる”じゃなくて、“足をすくわれる”が正しいでしょうに。しっかりせーよ(笑)

いや~、それにしても、名取裕子は老けたし太りましたねぇ。昔のヒロインな感じは殆ど残ってないです。気の強そうな感じはそのままですけど。

それから、売れっ子モデル役の子って、もっと美人orかわいい子をキャスティングできなかったんでしょうか。売れっ子の割にはブスだったんで、ちっとも売れっ子な感じがしませんでした。

 

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

相変わらず面白い

1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

前作のテンポの良さが引き継がれているし、内容にも引き込まれるものもあって、前作と同様に目が離せない展開ですね。それに加えて、藍沢(山下智久)の婆ちゃん・絹江(島かおり)の再入院、黒田(柳葉敏郎)の右腕切断の原因を作った過去と決別できずに悩む白石(新垣結衣)、緋山(戸田恵梨香)の怪我の後遺症、相変わらお調子者の藤川(浅利陽介)、恋人・田沢(平山広行)の死を待つしかない冴島(比嘉愛未)。

更に、黒田の替わりに赴任してきた橘啓輔(椎名桔平)も一癖ありそうだし。森本(勝村政信)の恋が実って、轟木(遊井亮子)と婚約状態になっていたとは思いませんでしたけど(笑)

橘は、どうやら三井(りょう)の元ダンナのようですが、それ以上に気になるのは、西条(杉本哲太)に声をかけたときに「あの時の先生の気持ちが、漸く解るようになりました。お蔭様で、医者になれましたよ」って言ってたんで、あのドライさには過去に何かがあった事を伺わせます。三井は「ここを去る者ですから」とも言ってたし。もうこれらだけで掴みは十分だし、前作を観ていた者にとってはワクワクしちゃいますよね。

冒頭の語りにあったように、救命の世界に奇跡は無いのかもしれない。でも、心肺蘇生は30分が限度なのに、心肺停止から50分以上が経ってからの心臓マッサージと治療で、植物状態になったものの、子供の命を助けた。医者はできるだけの事をし、あとは患者の生命力に頼るしかないんでしょうけど、その“できるだけの事”をやってくれる医者には感謝したいですよね。

今回、“奇跡”という意味では、ALSを患っている田沢の「今朝、目が覚めた。今日も生きてた。朝だ」「生きて、はるかに会えた」「今日もこうやって、はるかに会えた」というセリフには、改めて考えさせられるモノがあったと思います。

きっとこれは、死を待つ境遇にならないと本当の意味では感じられない事なのかもしれませんが、毎日の何気ない事や楽しみを感じられる事など、日常そのものが奇跡であると思いながら、1日1日を大切に生きて行かなければいけないんだなと。いいドラマだわ~。今シーズンも期待できそうです。

       

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

ピッタリだ

1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

この企画、佐藤隆太ありきで出来上がったような、殆ど当て書きっぽい感じですね。“まっすぐな男≒熱い男”ってな感じもしないではないですが、彼にとってはROOKIESに続いて失敗の無い役柄でしょう。まぁ、それと視聴率は別でしょうが…。

まっすぐな男・松嶋健一郎(佐藤隆太)が出会った、彼とは正反対の曲がりくねった女・栗田鳴海(深田恭子)の関係ってのは、恋愛ドラマで言えばある意味定番ですね。一見チャランポランな感じの鳴海だけど、そんな中に見せるちょっとした気遣いというか優しさというか、そんな感情が健一郎を翻弄して行くのかもね。

恋愛関連で言えば、そんな健一郎のまっすぐさが好きなんだろうと思われる町田佳乃(貫地谷しほり)、佳乃に惚れてる熊沢志郎(田中圭)という四角関係に、鳴海の元カレと思われる矢部典夫(渡部篤郎)が加わりそうな感じです。

恋愛を中心として観ればいいのか、まっすぐさを観ればいいのかはまだまだ判りませんが、とりあえずは次回も観てみようとは思える第1話でした。

まっすぐさを観るとすれば、サラリーマン金太郎の矢島金太郎から暴力を差し引いた感じのキャラなのかも。ついでに、“まっすぐな男=曲げられない男”という事にもなりそうなので、今日放送の「曲げられない女」とはどう違うのかも注目したいです。どーせなら、せっかくなんだから局を越えて1話くらいはコラボしちゃえばいいのにね(笑)

   

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

こっちの方が筋金入りか!?

1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

どうやらこちらは“女の幸せ”がメインテーマっぽい感じですが、前日の「まっすぐな男」の健一郎(佐藤隆太)よりも荻原早紀(菅野美穂)の方が、“まっすぐ度”は高い感じですね。荻原を“萩原”と間違えられる度に訂正させたりしますし、たまプラザ」と言った上司の増野(西岡徳馬)に「たまプラーザです」と訂正させたりしますから。

でもこの気持ち、私も解ります。っていうか、やります。呼び間違えられるような名前ではありませんが、漢字を異なって書かれたりすれば速攻で訂正させたりします。

早紀は亡くなった父の遺志を継ぐべく、大手法律事務所ビックファームで働きながら司法試験を目指すパラリーガルですが、現在9連敗中。ん~、普通なら諦めてるところだと思いますが、父の遺志を…という理由だけではないような気がします。母・光(朝加真由美)から受け継いだ真っ直ぐさだけなのかなぁ…。

早紀にプロポーズし、「自分の道を真っ直ぐ進め」と言わなかったばっかりにそれを断られた、大学時代の後輩で現在はビックファームの弁護士である坂本正登(塚本高史)でしたけど、早紀のあの断り方は無いですよねぇ。10年も付き合ってるのに、何で話し合わなかったんだろ。正登が爆発するのも解ります。

そんな関係に、チャライ警視正で所轄の警察署長である藍田光輝(谷原章介)が早紀に興味を示していたり、15年振りに会った早紀の同級生でセレブ主婦の長部璃子(永作博美)が付きまとったりして、早紀に何か変化をもたらすというような展開になりそうですね。

それにしても、璃子は家庭が上手く行ってない様な感じなんで、半分はストレス発散的な感じで付きまとってるんでしょうけど、そんなに仲が良くなかったと言っていた早紀がそれを許したり、彼女の言うことを聞いたりする行動がイマイチ理解できませんねぇ…。

ここんとこ、イマイチな作品が続いてる遊川和彦のホンですけど、面白いホンを書ける人だと思ってるんで期待はしたいところです。

  

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

こんなものが…PrisonBreak Season Ⅳ /プリズンブレイク シーズン4 プチ情報 28

Free.jpg

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、もうじきファイナル・ブレイクが発売になるということで、日本のFOXの公式ページにて「マイケルからの最後の挑戦状」という企画がされています。そこにいくと、バックにはファイナル・ブレイクの動画を少しだけ見られます。

そのサイトの上部には「マイケルからの最後の挑戦状」というコンテンツと「予習・復習ムービークイズ」というコンテンツが設置されています。FOXの公式ページへは、当ブログの左カラムの下方にある「リンク」の中の「プリズン・ブレイク Japan 公式サイト」から飛べます。

★マイケルからの最後の挑戦状
非常に簡単な、4択で全4問のクイズです。が、4問目のクイズの選択肢に正解がありません。っていうか、これ、出題者が間違ってます。ネタバレで書いちゃいますが、「コインロッカー」を選べば正解です。PrisonBreakファンなら知ってると思いますが、T-BAGが鳥の本を手に入れたのは車の下なんですけどねぇ…。
でもって、全問正解すると無料で動画を観られる携帯のQRコードが出てきます。私はDLしていないのでどんな動画かは判りません。QRコードが出てるSECRET CODEの数字も埋まるんですが、これが何の役に立つのかも判りません。動画を観ないと役に立たないのかな…。判る方がいらっしゃったら教えてくださいm(__)m

★予習・復習ムービークイズ
これはYouTube上で行う、Season1~4までの、これまた非常に簡単なクイズ。全部で16問あります。クリアできたら、マイケルが折っていた鶴の折り方を覚えられるPDFファイルのURLが表示されます。公式ページから行ってもいいですが、面倒だという方は↓をクリックしてください。埋め込もうと思ったんですが、解答をクリックしても結局はYouTubeに飛んでしまうので、↓をクリックして、直でYouTubeに飛んでください。

クイズ

          

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

そこまで必死かよ

11話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

里井(岸部一徳)の交渉術は、ある意味すごい手腕なのかもしれないけど、ど~も“イイとこ取り”な感を否めないだけに、浅さがチラつきますね。きっと、壹岐(唐沢寿明)が現れるまではそれで通用したんでしょうけど、今となってはそうはいかないようで。

それを自分で判ってるんでしょうね。壹岐に自分の立場である副社長というポジションを奪われまいと必死ですよね。大門(原田芳雄)が評していたように、ものすごく気が小さいんでしょうなぁ。でも、年齢設定が幾つなのかは判りませんが、引退してもよさげな年齢なんじゃないのかなぁ。それとも、まだまだ現場で仕事をしたいという気持ちが大きいんでしょうかね。

さて、気になるのはフォークが送り込んだ調査団ですよね。確かに壹岐が挨拶した時には5名いましたが、1名消えました。迎えに行かせた2人に人数を伝えてなかったなんて、壹岐にしてはケアレスミスですよね。消えた1名が何者でどういう動きをするのか、次回は緊迫しそうです。

           

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

ハイソな世界かぁ・・・

1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

全国に50もの病院を有する「有川会」の御曹司である有川崇(北村一輝)と、民自党の政調会長である白井眞一郎(奥田瑛二)の娘・尚子(上原美佐)の縁談が、色々と何かを巻き起こす発端になるような感じですね。

まずは、崇と10年も付き合い、彼に相応しい女になろうと努力してきて、それなりのキャリアを積んできたにもかかわらず、尚子との縁談でアッサリと捨てられた笹山宣子(小池栄子)の復讐。ある意味、女の情念の怖さが楽しめる(?)のかもしれません。

尚子はドライな子で、あくまでも父のための“政略結婚”であることを認識した上で、崇との縁談を進める。崇は政界進出という野望があるために、尚子からの政略結婚というセリフ聞いても、そのまま縁談を進めていくという展開。

タイトルにある“1969-2010”のうちの1969年に関しては、東京大学安田講堂での事件が少しだけ出てきた感じでした。ってことは、白井と、崇の母である三奈(真野響子)に何かがありそうな感じです。

観ようによっては地味なキャスティングかもしれませんが、北村一輝を主演にしたキャスティングは正解だと思います。 「官僚たちの夏」や「不毛地帯」のような昭和ドラマかと思っていましたが、そうではなく、昭和にあった出来事を発端にした現代のドラマになるような感じですね。

権力だの財力だので描かれる世界はハイソな感じがするから、貧乏人の自分には理解できない部分が多そうですけど、“情”の部分をメインにして描いてもらえれば、面白くなりそうな感じはします。

例によって原作は読んでませんけど、上下巻になってるほどの原作を10話前後で描くのは難しいと思うんで、ホン屋と演出家がよっぽど頑張らないと面白い作品にはならないと思います。今回の1話目は次回を楽しみにさせる感じではありましたから、このままの緊張感を続けて1クールを乗り切ってもらえるとありがたいですね。

   

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

クセ者ですなぁ

2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

丸山(森本レオ)のカバンから出て来た盗聴器、金太郎(永井大)の息子・竜太(庄司龍成)を誘拐するという脅し、美鈴(井上和香)の拉致事件と、丸山が仕組んだかに思えたものでしたが、それらは全く違いましたねぇ。

むしろ、盗聴器を仕掛けられた事に気づいたり、逆恨みをした進藤専務(天現寺竜)が殴りかかってきても、彼を投げ飛ばしたりすることができる丸山でしたから、ただ者ではないようです。

っていうか、上記の事などは眼中に無く、もっと大きな事でヤマト中央建設を潰しにかかってるようです。殆どの社員だけではなく金太郎までも信用させている丸山ですから、クセ者というか、かなりの策士ですよね。帝都建設の平尾(佐々木勝彦)の言うことを聞いてるようにも見えますが、それ以上の事を考えてそうな感じです。

そんな丸山が仕掛けたヤマト中央建設のスキャンダルは、日本中央建設時代に建てた駿河崎温泉ホテルの手抜き工事。もう建ってしまってる建物だけに、金太郎がどう動くのか楽しみですね。

  

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

ヤな仕事だね~

1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

会社に代わってリストラを行うという架空の職業に就いている者が主人公なんですが、こんな所に勤めていたら速攻で胃に穴が開きそうです。

リストラされる者の多くは、きっと家族がいるわけですよね。彼らの生活を考えれば、勤務先じゃない別の会社の者からリストラを宣告されるなんて納得が行かないでしょう。また、そういう作業を別会社に委託する会社って、すんごい卑怯な気がします。会社自体の信用も無くなるんじゃないの?

まぁ架空の職業なので、SFドラマだと思えば面白く観られるかも(笑)それによって何かが見えてくる場合も考えられますし・・・。

そんな会社でトップの成績を誇る村上真介(坂口憲二)ですけど、やっぱりこの仕事自体に悩んでるようですね。真介が2年前に別れた(ふられた?)元カノってのが、順子(麻生祐未)という女性。真介よりはかなり年上で、真介が結婚を申し込んだ夜、忽然と姿を消してる。

まだまだ未練がありそうな真介の前に現れたのが、真介が担当しているリストラ対象者の芹沢陽子(田中美佐子)。彼女もかなりの年上だけど、真介は惚れちゃいそうな感じですね。規則違反をして個人的に会ってしまう位ですから。真介が年上、それもかなり年の離れた女性が好きな事は判りました(笑)

でもなぁ。ルックスだけで比べたら、どう考えても麻生祐未の方が上なんですけどねぇ。まぁ、その辺はストーリー上あんまり関係ないか。田中美佐子も美人だという設定になってるし(笑)

真介たちが持ってるリストラ候補者の書類に、何か特記事項があるみたいですね。平山和明(村田雄浩)の“特○”ってのは何となく判ります。でも、陽子のに記載されていた“GP”って何なんでしょうね。それは今後明らかにされていくのかな。

この不況のご時勢、リストラ自体は現実の問題となるだけに、サラリーマンとっては身につまされるドラマかもしれませんね。

  

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

うるさい

1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

とにかくテロップフォローがうるさい。ドラマを漫画化してどーすんだよ。法律を扱ったドラマだから専門用語を解説するのはいいけど、あ~いうデコテロップはうるさすぎる。そして、劇中に出てくる“クイズ”の画面処理も良くない。っていうか、クイズは要らない。

挙句の果てに、役者のセリフまで取っちゃって。“この2人の芝居ではドラマがもちません”って言ってるようなモンじゃないか。実際そうでも、あれじゃあ役者の役目を奪ってるし、手抜きだってできちゃう。面白く作れるネタなんだから、もっとちゃんと“ドラマ”で勝負してもらいたいもんだわ。

そんな演出があるだけで観たくなくなるんだけど、ネタ自体には興味があるんで仕方なく観るつもりではいますけど。久々に堀北真希が出演するドラマを観る事になるんですが、キャスティングは失敗ですなぁ、やっぱり。

パーマをかけて大人っぽく見せようとしてますが、芝居が幼すぎます。設定をもっと彼女に近いものにしてあげればいいのに。タバコだって普段から吸ってないのは芝居でバレバレなんだから、違う事でキャラ付けをしてあげるとかしないと可愛そうでしょう。以前よりマシになってきた感じはあるけど、まだまだそんなに芝居は上手くないんだから。

櫻井翔は滑舌が悪いし、何だか口先で芝居をやってるような印象だったなぁ。こんな2人がメインを張るわけだから、テロップフォローなんて案を出させちゃうのかね。

さて、そんな2人には目を瞑るとして、法律の豆知識がつきそうですが、同時に法律の厳しさや無情さも知る事になりそうですね。田村勝弘(櫻井翔)のような人情派は、こういう仕事をするには悩みを抱えそうな気がします。今後の面白い展開に期待しつつ観たいところですね。

あ、そうそう。最後にやっていた、視聴者に生電話するコーナー。あれは昔の「ムー一族」の手法を継いだんでしょうかね。唯一の違いは、ムー一族はドラマ自体も生放送だった回にそれをやっていた事ですけど。毎回あのコーナーを生放送でやるんでしょうかねぇ。

ただの視聴率稼ぎのためだけにやってるんでしょうけど、このドラマの趣旨からすれば不要でしょ。ムームー一族みたいに、バラエティに近いコメディなホームドラマだったら延長線上として観られるけどさ。ん~、それを考えると、やっぱり久世光彦ってのはスゴイ人でしたね~。

 


ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

怨恨ってのはねぇ・・・

2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

当たり前ですが、人から怨みは買いたくないですよね~。こっちはそんなつもりは無くても、相手がどう思うかって事にもよりますけど・・・。

まぁ今回の事件は、我が子を殺され、しかも海に捨てられるという凶悪犯罪でしたから、いくら元刑事の小田島(神田正輝)とはいえ、犯人がたった数年でシャバに出てこられたんじゃあ堪ったもんじゃないでしょうね。

でもやっぱり、復讐は復讐を生んでしまいますから、できることならしないのが一番。なんて良い子ぶって書いてる私ですが、当事者になればどうなるやら・・・。殺す事より、もっとネチっこくやるかもね。でも最終的にはやっぱり、目には目をって感じになっちゃうのかなぁ。

それにしても、神田正輝も老けましたなぁ。白髪よりもシミが目立ってて気になっちゃいました。最初に撃たれた梨果を演じていた森田彩華(←ハンチョウのHPでは漢字表記を間違えてますね)を久々に観ましたが、ん~、やっぱり売れそうに無いなぁ。顔立ちも芝居も微妙だったからねぇ・・・。

いつもは割りと大人しめなこのドラマですけど、主役である安積(佐々木蔵之介)が“走る”ってのは、刑事ドラマらしくていいですね。

 

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

試練ですなぁ

2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

橘啓輔(椎名桔平)に褒められた藤川(浅利陽介)は、もっと喜びを体現するというか、調子に乗ったセリフを吐くのかと思いきや、噛み締めていましたね。でもそれも束の間、ヘリで現場に到着しての治療で一気に落ち込んじゃいました。

ビビッてた藤川を藍沢(山下智久)がフォローし、自信を取り戻させて藍沢の指示の下に治療をしていたけど、結局は救えなかった。“救えなかった”という思いは辛いですよね。そう思ってしまうと、医者じゃなくてもかなり落ち込みますから・・・。

藍沢は前回のナレーション通り、「俺もお前と一緒だ。外科医は死を避けて通れない」という励ましの言葉をかけ、藤川は何とか救われたみたいですね。

現場での電話、いつも看護師が医者の耳に当てているけど、Bluetoothのワイヤレスイヤホンマイクは使えないんでしょうかね。そうすりゃ、医者も看護師も両手が空くのに。電磁波の関係なのか、PHSにはBluetoothを使えないのかは判りませんけど・・・。

白石(新垣結衣)は数多く飛べと黒田(柳葉敏郎)に言われたとおり、宿直宿直で頑張っていて、冴島(比嘉愛未)に「温かみが無くなった」と言われても、呪縛を解こうと必死。白石が担当して手術をするように持って行った夫婦のエピソードは、今エピソードでは心温まるシーンでしたね。

夫婦喧嘩で灰皿を頭に投げつけられて病院に運ばれたおかげで、脳腫瘍が発見された夫。手術をすれば記憶が無くなるかもしれないという事でしたが、夫婦で話し合った結果と白石の誘導説明もあって手術を選択。夫の一目惚れで、出会った次の日にプロポーズされたという妻でしたが、術後は記憶喪失に。

でも、術後に目覚めた次の日、夫は妻にプロポーズした。記憶は無くなっても、好みと気持ちは変わらない。もしかすると、新たに愛を育んでいけるという形で丸く収まった感じでした。良かった良かった。

普段は強気の緋山(戸田恵梨香)は、容態を心配した白石が手配した心臓外科の診察をドタキャン。ビビッてたのもあるんでしょうが、それはやはり、心破裂の治療で休んでた間に、フライト数が他のフェローより大幅に足りていないということもあるんでしょうね、きっと。このまま診察を受けないなら、最終回までに不整脈で倒れてしまいそうな予感がします。

そして、今回は特に目立った感じではなかった藍沢でしたが、ラストで絹江(島かおり)のうわ言で言った「殺した・・・。お前がナツミを殺した・・・。殺した・・・」というセリフに衝撃を受けたっぽいですね。

“お前”が藍沢を指しているのか、はたまた藍沢の何かがきっかけで母親であるナツミが死ぬことになり、それを絹江はずっと“殺した”と思ってきたのか判らないところです。鍵は山田一郎(リリー・フランキー)を名乗る男が握ってそうな感じですね。

あ、そういえば、田沢(平山広行)は心臓外科医だったんですね~。初めて見るALSの患者が自分だったなんて、ちょっとショックだったでしょうね。病気の知識はある程度持ってるでしょうから、逆に辛いかもなぁ・・・。

       

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

もう始まってるね

2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

恋愛の進み方は、王道パターンですかね。ゴキブリが出ただけで健一郎(佐藤隆太)を呼び出す鳴海(深田恭子)。口では「別に」とは言うものの、どうでもいいこと・誰でもいいことに健一郎を呼ぶわけですから。

でもって、それに振り回される健一郎は今のところは何とも思ってないでしょうが、人の良さからくる思いやりと、何かと気なってしまってるはずですから、もう恋は始まってるってところでしょう。

な~んだ、そんなもんだよねなんて思っちゃうと面白くない感じもするんですが、佐藤隆太のあの感じは、何故か観たくなっちゃうんですよね。

今回は健一郎の真っ直ぐさが功を奏した新築マンションの説明会でしたが、正直に話した健一郎に感心する住民は判るとしても、“陽当たり”と“新しい家族が入ってくる”ことを比較した場合、陽当たりをそう簡単に手放すとは思えないんですけどねぇ・・・。ま、いっか。

そういえば気になってたことが1つありまして、もしかして自分が見逃しただけかもしれないんですが、健一郎と鳴海が電話番号を交換したシーンってありましたっけ?前回から気なってはいたんですが・・・。

   

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

正義を通せない、われわれ大人

2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

弁護士事務所に限らず、組織が大きくなればなるほど利益を優先せざるを得ないのが実情という社会。良い意味でも悪い意味でも、やはり世の中は金なんですよね。

個人的には、“金は後からついてくる”と思いたいので、目先の利益よりもイメージっていうか、そっちを大事にしたいところ。ただ、そうやるにしてもやっぱりお金は必要。先行投資という意味でね。

増野弁護士事務所ように大きな組織で資金もあるなら尚更だし、ましてや本来は正義を貫かねばならない職業なら、弱者を救うのは当然の事の様に思います。

明らかに“悪”だと判明している会社の肩を持つよりも、弱者を救った方がイメージがアップするに決まってる。っていうか、そうするべきですよね。もし悪の側に付くのであれば、悪行を認めた上での情状酌量を求めるだけに留めるべきであり、それを“正しい”と主張するなどは以ての外です。

増野(西岡徳馬)に「大人になれ」と諭された早紀(菅野美穂)が言った「色々ある。仕方が無い。大人になれ。そんな言葉で子供が納得すると思いますか?私は、子供に説明しても解らないことは、したくありません」というセリフはもっともに感じました。

“大人の事情”なんてのは殆どが言い訳というか、自身にとって都合のいい事だけであり、要は自分勝手な理由を濁す言葉だと思ってます。“大人の情事”はアリですが(笑)

早紀が正義を語った時の理由の1つにあった、自分をイジメから救ってくれた転校生ってのが、きっと璃子(永作博美)なんでしょうね。その璃子は、家事はお手伝いさんがやり、子供は姑に取られ、夫は浮気をしており、かといってセレブな生活を手放せない女性なんですね。

金と時間は有り余ってるけど、生き甲斐のようなものが無さそうです。だから早紀を構ってるんでしょうか。他にも何か理由があったりしないのかな・・・。

  

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

よくやってこれたなぁ

12話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

何て言ったらいいんでしょうかねぇ。里井(岸部一徳)は交渉術には長けてるのかもしれませんが、視野が狭い感じがしますよね。調査団の責任者で、海外企画担当マネージャーのアーリックマン(ブレット・コールマン)が来日していないってのに、フォークの言い分を丸々信じ込むなんてねぇ。

調査団メンバーの経歴だけでも調べておくべきではないかと進言した八束(山崎樹範)に、その必要は無いと言ったりするってのは、壹岐(唐沢寿明)に今の座を奪われたくない思いで必死なんですね。小さい男だわ(笑)

副社長にまでなってる男ですから、それなりの手腕があるんでしょう。っていうか、これまではそれで通用していたから自信を持ってるのかな。

それにしても、フォークも中々やりますなぁ。調査団の中に神戸生まれの者を入れてたりして。それこれも、全ては鮫島(遠藤憲一)との交渉も並行していたからなんでしょうか。あれ?じゃあ鮫島は、フォークと何処を提携させようとしてるんですかね。史実と第7話からするとマツダ(劇中では東和自動車)ってことになるんだけど・・・。

鮫島も中々の策士ですよね~。偶然に壹岐と会った居酒屋でも、船でガバガバ儲けてるから車には興味が無いなんて言っちゃったりしてねぇ。まぁ、戦いなんて“騙し騙され”ってのが定番だし、そうじゃないと面白くないですもんね。壹岐の用心深さもすごいですね。機転も利くし。

さて、里井のせいでピンチに陥った近畿商事を、壹岐は今後どうやって行くんでしょうね。大門(原田芳雄)が田渕幹事長(モデルは田中角栄江守徹)に呼び出され、そのお供をして何かヒントを得たり作戦を思いついたりするんでしょうか。目が離せません。

           

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

設定がやや古めかしいか・・・

2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

尚子(上原美佐)に近づいて自分の存在をアピールした宣子(小池栄子)でしたが、尚子は少し落ち込んだものの、崇(北村一輝)と会って話して強気に出ましたねぇ。あそこまで行動的になれたのは、もう政略結婚じゃなく、尚子が崇に本気で惚れてる証拠ですね。

崇も誤魔化すわけじゃなく、宣子の存在を認めた上で尚子に詫びを入れる潔さがあった。ある意味、自分の野望のためには何でもするという姿勢の表れかもしれませんけど。

そして三奈(真野響子)は白井家を訪ねて、初めて白井眞一郎(奥田瑛二)が嘗ての同志であり恋人だったと判った。婿養子に行ってて、姓が変わっていたから判らなかったんですね~。でもって、崇が眞一郎との間にできた子供である疑惑が浮上してきました。ほぼ100%そうでしょうね、きっと。

いや~、何とも昔ながらのベタな展開(笑)いーんですよ、ベタは。でも、この手のベタは面白く展開させていけるんでしょうかねぇ。“野望”“血縁”“復讐”“愛”というのが絡み合っていく展開なんでしょうが、ベタを巧く活かしながら裏切っていくようじゃないと、面白くないですからねぇ。

とりあえず今のところは、尚子にヘコまされた宣子が、どういう行動をするのかが楽しみですね。あとは、三奈が崇と眞一郎に真実を告げるのかどうか。こっちの方が最初のクライマックスですかね。ただ、1話・2話と、展開がスローなんで、演出を巧くやらないと・・・。

   

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

熱くなきゃね

3話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

丸山(森本レオ)が仕掛けた“手抜き工事の発覚”という罠でしたが、それこそ真っ直ぐな金太郎(永井大)は、手抜き工事がされた温泉ホテルのオーナー・池波(笹野高史)に命を差し出す覚悟を言って、免れそうな感じ。誰にとっても規格外な金太郎ですね。

それでも丸山は、金太郎および大和会長(宇津井健)と黒川副社長(古谷一行)を会社から排除する作戦を変更しなかったところ、大和会長が男を見せました。金太郎にしろ大和会長にしろ、幾つになっても男気を見せてくれるってのはスカッとするもんですよね。男はやっぱ熱くないとイカンですね。

このドラマ、ストーリー展開がどうとかということより、金太郎が真っ直ぐな気持ちからくる暴れっぷりがあれば気持ちがいいという感じです。

金太郎の「裏金掴ませて何も無かった事にしようっていうのかよ? 全部それじゃないっすか! 日本の国も企業も嘘で体裁を繕い、ろくでもない結果ばかり出してる。やめようぜ、そんなことはもう!」っていうセリフ、耳が痛い企業やそのトップ連中、政治家達はかなりの数いるでしょうね(笑)

   

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

前フリがイッパイ

1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

前シーズンのクオリティは落ちていないようで、面白かったですね~。南海かおる(芦名星)の元上司であり、THIRD-iの指揮官として赴任してきた萩原太朗(高嶋政宏)は、仕事はできるけど情は薄そうなので、高木藤丸(三浦春馬)とはかなり対立しそうです。

特に、敵に捕まった朝田あおい(藤井美菜)が、死刑の執行の際にも用いられるKCl(塩化カリウム)を投与されているのに、“保護した”と嘘をつかれて死んでしまいましたからね。

南海は今のところ萩原には逆らえそうにない感じなんで、THIRD-iで藤丸の味方(?)は、加納生馬(松重豊)くらいしかいなさそう。霧島悟郎(吉沢悠)がどう立ち回るかにもよるとは思いますが、THIRD-i内部での対立も面白くなるかもしれません。

冒頭から折原マヤ(吉瀬美智子)と現総理大臣の九条彰彦(竜雷太)の間にやりとりがあり、九条の命でマヤが何かを手に入れた模様で、それを収めてるであろうmicroSDカードを九条音弥(佐藤健)に託したところで撃たれて死亡・・・。

かと思ったら、ラストで藤丸の部屋を訪ねてきましたねぇ。本物のマヤなのか、彼女を名乗ったレディバード(八代みなせ)なのかは不明ですね。藤丸の前に現れるのであれば、わざわざ音弥の前で死んだフリをする意味が無い気がするんですが・・・。やっぱニセモノかな。

今回の敵は「魔弾の射手」なる集団のようで、J/神崎潤(成宮寛貴)も殺そうとしてるような感じです。が、Jの不適な感じが気になりますね。死ぬのを怖いと思ってないのか、魔弾の射手と何らかの繋がりがあるのか・・・。

他に、藤丸のバイト先の仲間で水沢響(黒川智花)も、今の所はただのバイト仲間ですが、怪しい感じがしないでもないです。

てな感じで、怪しい前フリがまだまだ散らばってるんで、今後の展開に期待が持てます。そういえば、THIRD-iのあの作り、特に指揮官の部屋が2階にあるなんてのは、24-TWENTY FOUR-のCTUのパクリですよね。まぁいいけど。

24-TWENTY FOUR-のシーズン8も並行して観ているので、何だかゴチャゴチャになりそうですけど、こっちはこっちで楽しみにしたいと思います。

      

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

そりゃ吐くわ

2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

陽子(田中美佐子)に格付けされているリストラ用語の“GP”の意味が明かされましたね。辞めてもらっても辞めてもらわなくてもどっちでもいい“グレーポジション”の略だったようです。

ついでに、他の用語の解説もしていました。“特○”は、絶対に辞めてもらいたい人、“逆金”は逆金星の略で、絶対に辞めてもらっては困る人だそうです。

でもって、これらの用語の意味もそうでしょうが、それらが誰に付けられているかという事は企業秘密にもかかわらず、リストラ対象者本人である陽子に喋っちゃった真介(坂口憲二)は、よっぽど陽子に惚れてるんでしょうね。建前上では、GPの人に退職の意思を固められては困るとは言ってましたけど・・・。

今回は音楽業界でのリストラでしたが、ホットorクールの選択だった感じでした。企業側としては、冷静に現実の利益を考える石井(田中哲司)を残す方が良かったのかもしれません。

でも真介は、情熱でミュージシャンを育てようとしている黒川(中村育二)を残す決断をしました。それは、彼らがそれぞれ担当しているミュージシャンから収集したアンケート結果に基づいて。

アンケート内容はいくつかの問いがあり、その中の1つ、かつ最重要視していた「あなたがもし、あなたのプロデューサーが同業他社に移籍し、契約条件が今と同等なら彼についていきますか?」という質問。

石井が担当していたアーティスト22名のうち、YESと回答したのが2名に対して、黒川が担当していたアーティスト20名は、全員がYESと回答。

この結果によって真介は黒川を残したわけですが、それに異を唱えなかった社長の大西(伊武雅刀)は良い社長ですね。目先の利益だけを考えず、企業にとって“人が財産”であることを解ってる社長だと思います。

真介と彼の友人の隆志(北村有起哉)との会話で、真介の仕事は自分の人生だけじゃなく、他人の人生にも向かい合わなければならない珍しい仕事だというのがありました。

そうですよねぇ。殆どの人は自分の人生としか向かい合わないでしょうし、それでイッパイイッパイだと思います。他人の人生と向かい合う仕事といえば、教師、医者、弁護士、役者・・・。今思いつくのはこれくらいです。

そんな仕事をしていれば、真介みたいに吐きたくもなりますよね。特に上から目線で行わなければならないリストラの作業なんて、真摯に向かえば向かうほどそうなりそうです。

  

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

法律の逃げ道は知っとかないと損だね

2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

ん~、法律って色々と手があるもんなんですね~。行政書士として、しかも高校卒業と同時に資格を取得した美寿々(堀北真希)の方が、勝弘(櫻井翔)より知識は上でしょう。

となれば、勝弘が勝てる術は、大野(中村雅俊)が用意した精神的に優位に立つ事などの駆け引きと、クライアントを何とかしてあげたいという情熱しかないですよね。

今回はそんなおかげもあって、勝弘は美寿々に勝てましたけど、その美寿々が大野行政書士事務所に勤めだすというのは予想外でした。その直前に弁護士の検備沢京子(浅野ゆう子)と話していましたから、彼女の入れ知恵かスパイなんでしょうかね。

櫻井翔が主演だから当たり前かもしれませんが、高橋克実遠藤憲一をもっとフィーチャーしてほしいですよねぇ。勿体無さすぎるキャスティングにならなきゃいいんですが・・・。

 

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

ホッとしたわ

3話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

ダイイングメッセージからスタートしたので、やや推理系に重きを置いた展開になると思っていましたが、予想通りにそれは偽装であることが前半で明らかになりました。ま、このドラマらしい展開ですよね。

沢村恵(入山法子)を迷惑な娘だと安積(佐々木蔵之介)達に信じ込ませた、彼女の父親である広川隆国(篠田三郎)。広川は結婚も娘も望んでいなかったとし、恵は殺人を犯しかねない人物とまで証言しました。

でも、思った通りの結末で良かった。例えどんな状況であろうと、親は子を思ってるんだ、何かあれば親は子供のために盾になるんだという、良いお話でした。

亀田3兄弟のバカ親父に観せてやりたかったもんだ(笑)っていうか、親が子を、子が親を殺す事件が多くなってきた昨今、彼らにも思い直してもらいたいですよね。

もう一つホッとしたのは、広川の助手(でしたっけ?)の役で出演していたくわばたりえが犯人じゃなかったこと。TBSもそこまでバカじゃないかって感じでした。

 

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

左サイドMenu

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

テレビドラマデータベース

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
116位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
29位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキングパーツ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

バロメーター

メールフォーム

ご意見があればお気軽に♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon検索

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

プロフィール

crescent

Author:crescent
小さい頃からTVっ子の
タダのおっちゃんです^^;

好きな役者
 日本:松田優作 萩原健一
    樹木希林 渡辺謙
    大竹しのぶ など多数
 海外:アル・パチーノ
    メル・ギブソン
    ロバート・デ・ニーロ
          など多数
好きな人たちは↓の記事に列挙してます。「ついでという訳ではないですが」

嫌いな役者
 好きじゃないのはいますが、
 基本的に嫌いなのはいない

好きなミュージシャン
 BON JOVI 長渕剛
 Southern All Stars
 浜田省吾
          など多数

好きな芸人
 明石家さんま 島田紳助
 上岡龍太郎 ダウンタウン
 ビートたけし 島田洋七
          など多数

好きなスポーツ選手
 辰吉丈一郎 清原和博
 イチロー 川島郭志

好きなペット・動物
 犬 海豚

好きなこと
 2度寝

好きなモノ
 煙草(Winston)
 ジンギスカン

嫌いなモノ
 自分の事が大嫌い!


右サイドメニュー

エアカウンターS

スリム軽量タイプの放射線測定器

エアカウンターS
エアカウンターS

スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!

緊急オンライン署名 「スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」 日本全国「お客様の声」

緊急災害募金

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

翻訳Leggero

時計








人気ページランキング


blogranKing.net

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー

ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析 ゲーム