エアカウンターS

スリム軽量タイプの放射線測定器

エアカウンターS
エアカウンターS

スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!

緊急オンライン署名 「スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」 日本全国「お客様の声」

緊急災害募金

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

翻訳Leggero

時計








人気ページランキング


blogranKing.net

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー




8話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

わからんなぁ。何だかんだと言いながら、春子(篠原涼子)は仕事仲間の手助けを自ら行うんだよね。完全に時間外労働でも。

今回は東海林(大泉洋)と里中(小泉孝太郎)が、東海林の挑発によって殴り合いの喧嘩になってたけど、東海林のやったことはカッコ良かったにもかかわらず、大泉洋が全くカッコよく見えなかったのはルックスが足を引っ張っちゃいましたね。可哀想・・・(笑)

それと、部長(松方弘樹)が「里中を飛ばす」と言ったのは、東海林に何か足りないモノがあるから、炊きつける意味で言ったのかと思ったけど、今回のラストの顔つきを見る限り、そういう意味はなさそう。

春子に想いを寄せる東海林と里中だけど、おそらく2人ともフラれるのは見えているわけだけど、春子がどう袖にするのか見物です。
そしてあと1ヶ月の契約期間で、春子はこの会社に何を残し、春子自身に何か変化が起こるのかってところが焦点でしょうか。
でもSPか続編をやりそうだから、変わらないかもしれないですね。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : ハケンの品格    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_01


Prison Break          Prison Break
Prison Break: Season 4(Import)     サントラ Seasons 3 & 4

プリズン・ブレイク シーズン3 DVDコレクターズBOX (初回生産限定版)                 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン DVDコレクターズBOX1 <初回生産限定版>
シーズン3 DVDコレクターズBOX         シーズン4 DVDコレクターズBOX 1

プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX          プリズン・ブレイク シーズン2 DVDコレクターズBOX
プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX     シーズン2 DVDコレクターズBOX

Audio MP3

今回は結構、場面が変わります。

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー


ドキドキのUSBメモリの内容。AUDIO MP3の音声ディスプレイは動いている。しかし、マイケル達は聴いているようだが、視聴者には何が流れているのか聞こえてこない。全てを聴き終わったマイケル達。深くため息をつくマイケル。サラは「Oh,my god」と言い、リンクは無言だ。
Oh My God

マホーンが部下達に「折り返し点に来た。脱走犯はマイケル、リンク、スクレ、バグウェルのあと4人だ」と説明している視線の先にベリックが現れる。自室へ連れて行くマホーン。ヘイワイヤには懸賞金がかけられており、自分が追い詰めたんだから金は俺の物だとベリックは言う。「払うまでここにいるぜ」と強気でイスに座り、両足を机の上に投げ出した。マホーンが一瞬の間を空けた直後、下からベリックの足を蹴り上げ、床に落ちた片足を上から思いっきり踏みつける。急に弱気な顔になるベリック。「金はお前にくれてやる。だがその前にもう一仕事だ。そしてここに2度と来るな。来たら金も命もないぞ」と脅し、続けて「メキシコには行った事があるか?」と書類を差し出す。
足を踏むマホーン

リンクがUSBメモリの中身を誰に渡すべきか、サラとマイケルに相談している。マイケルが「親父は行政機関に頼れる奴がいると言ってた。そいつに渡せばそれで大統領を失脚させることができる」と言うが、リンクは「政府の誰かに俺の唯一の証拠を渡すのか?俺をハメた連中だ!俺は反対だ」と反論。マイケルは冷静に「信頼できる公正な奴に渡そう」と提案すると、リンクは「親父とも働いていて、今はLJの面倒を見てくれているジェーン・フィリップに紹介してもらおう」と言い、マイケルは賛成する。
相談中の3人

ケラーマンは闇でライフルを購入。購入後、売人を射殺。
銃を買うケラーマン

塀の中のC-NOTE。彼がマイケルと連絡を取る手段として自信を持っていたのは、まだフォックスリバーにいる頃に、マイケルとスクレの会話を盗み聞きしていたeuropeangoldfinchというサイトの掲示板。その掲示板にC-NOTEは3つも書き込みをし、マイケルからの返事を待っているが返事は無し。マホーンに「お前はなんの役に立つんだ?」と嫌味を言われる始末。「マイケルは賢いのは知ってるだろ?」「お前よりはな」などと言い合いになり、マホーンは「とにかく俺の欲しいもの、マイケルをよこせばいいんだ」と言う。
言い合うマホーンとC-NOTE

ワシントン州のプルマン。ここにLJがいた。リンクから電話がかかってくる。リンクは「無実を証明できる証拠が見つかったから、安全だと判ったら迎えに行くよ」と言うが、LJは「それは嬉しいけど、僕は偽名でだけど学校に通ってるんだ。今の生活を続けたい」と言う。寂しく思うリンク。「ジェーンに代わってくれと言う。」
電話するLJ

「Mr.ウェブスター、お待たせしました」と声をかけられて振り向いた人物はT-BAG。当たり前だが、偽名を使ってる。どうやら、セラピストの所に来た模様。
不適なT-BAG

ジェーンとの電話を切るリンク。信頼できる人物として、クーパー・グリーンなる人物を紹介されたようだ。彼は元検事次長でD.C.、シカゴ、ニューヨークと分裂してから、マイケル達の父の支援者になったらしい。まずは彼のオフィスに電話。受付の女が電話に出て、クーパーは外出中だと言うが、マイケルが「アルド・バロウズの息子の件だと伝えてくれ」と言うと、その女は「呼び出してみます」と言う。電話に出るクーパー。マイケルが「証拠を見つけた。1時間以内にイバート公園の南西にあるマンモスのブロンズ像まで、青のスーツと赤いネクタイで来てくれ」と指示する。行動を開始するマイケルとリンク。サラは彼らに「Godd Luck」と言い、父の形見となったシガークラブの鍵を見つめている。
メモを渡すリンク

墓場を歩いているサラ。父の墓の前にしゃがんでいると、父の部下だったブルースが現れる。「ここに来ると思ってたよ」と彼は言う。サラは裏切り者であるとの疑いとこれまでの事を彼に言うが「そうじゃない。私を信用してくれないなら、幸運を祈る事くらいしかできないよ」と言い、サラを見つめる。
サラ&ブルース

場面はフォックスリバーへ。ベリックが、脱走しようとしたが失敗したデブでスクレの従兄弟、ジョセフを尋ねてくる。コネでいい暮らしをさせてやる事をエサに、「スクレはメキシコに着いたら何処に向かうのか教えてくれれば、このいい暮らしはお前のものだ」と言う。
ジョセフ&ベリック

スクレはマリクルーズを連れて、叔母の所に到着。2人とも幸せの絶頂にいるような満面の笑みだ。叔母にマリクルーズを紹介し、家の中に入る。
叔母&スクレ&マリクルーズ

涙しているT-BAG。「俺の人生は本当に酷いものだった」と話している。それに対しテーブルを挟んで真面目にカウンセリングしているセラピスト。するとT-BAGは「実はカウンセリングを受ける事が目的じゃないんだ。でも癒されたよ」
泣いてるT-BAG

「どういうこと?じゃあ何故ここに?」と訊くセラピストに「バス停の広告を見たときに、あんたが俺と顔つきが似ていると思ったんだ」と、ここでセラピストの顔が映る。確かに輪郭や顔のパーツの配置は似ているようだ。セラピストもそれを笑顔で認めた。「で?それが?」と尋ねるセラピスト。T-BAGはいつもの悪魔の顔つきに変わり、傍にあったブロンズの置物で思いっきり彼を殴りつけた。おそらく殺したであろう。
セラピスト

待ち合わせ場所に到着したクーパー。指示通り、青のスーツに赤いネクタイだ。近くにある公衆電話が鳴り、それを取るとリンクから指示が飛ぶ。「ジャケットを後ろのゴミ箱に捨てろ」。リンクは彼が見える場所にいる。続けて「公園の反対側に電話がある。そこまで4分で行け」と指示を出す。尾行者を確認するのが目的らしく、案の定、クーパーには尾行が付いていた。それをマイケルに報告。クーパー、何とか電話に到着。
指示通りのクーパー

リンクは「目の前にある噴水の中に入れ」と言う。盗聴用マイクを水で台無しにさせる気だ。指示通りにするクーパー。水から上がったクーパーに子供が携帯電話を持ってくる。マイケルの指示で持ってきたようだ。その携帯にリンクから連絡が入る。「電話を耳に当てたまま目の前にある美術館の中に入れ」と言う。
噴水に入るクーパー

それを見ていた尾行者に電話が入る。電話をかけてきたのはキムだ。尾行者は外で待機する旨をキムに言うと、キムは荒々しく電話を置く。
デスクのキム

マホーンに電話が入る。キムからだ。マホーンにマイケルの居場所を伝える。「奴らを殺せ」という命令を了承するマホーン。そして「マイケルの居場所が判ったから、C-NOTEは用無しだ。彼も殺せ」と命ずる。
キムからの電話を受けるマホーン

C-NOTEの牢に入るマホーン。「もし俺がお前と同じ立場になったら、同じ事をしていただろう。お前は善人だし、いい父親だ。予定が変わった。もうお前の協力は必要なくなったんだ」と言う。C-NOTEは「じゃあ釈放か?」と冗談でおどけるが、マホーンは笑わない。言いにくそうにマホーンが「俺は取引通り、お前の家族を守る。ただそれにはお前の協力が必要だ。そうじゃないと俺は約束を守れない」。意味が解らないC-NOTE。「後でお前の房に俺から荷物が届く。それを使ってくれ」と言い残し出て行こうとする。「何が入ってるんだ?」と訊くC-NOTEに「それを使ってくれさえすればいいんだ」と言い牢を出るマホーン。
辛いマホーン

美術館内のロビーにいるクーパー。リンクから「左にある階段を登れ」といわれ言う通りにする。「上に着いたら通路を行け」「ホールを降りて地下室へ行け」「左側の白いドアを通れ」と指示が続く。
指示を受けるクーパー

サラはブルースと共にクーパー・グリーンのオフィスを訪ねていた。ブルースは「グリーンはいるかね?」とさっき電話に出た受付嬢に言うと「予約は?」と訊かれた。そこへ「ブルース!」と声をかけてきた人物がいた。「おお!丁度よかった。お前にリンクとマイケルの助けを頼みに来たんだ」とブルースとその人物との会話を不思議そうな顔で見ているサラ。
本物クーパー

再び美術館内。地下室の通路を歩いているクーパーにリンクの指示が飛ぶ。「右にドアがある。そこが到着地点だ」と言って電話を切る。クーパーがドアを開ける。
ドアを開ける偽クーパー

サラは先程ブルースに声をかけてきた人物に自己紹介する。「てっきりマイケル達と会っているとばかり・・・」と言うと、その人物は「いえ会ってませんよ」と答える。そう。彼が本物のクーパーで、マイケルが会おうとしているのはキムの手先だったのだ。
偽者判明したサラ

ドアを開け、中に入ってきた偽クーパー。マイケルが背後から声をかける。「テープは持ってきたか?」と訊く偽クーパーに「ここにある」とUSBメモリーを見せるマイケル。
USBを見せるマイケル

サラは急いでリンクに電話。「マイケルと会っているクーパーは偽者よ!」
リンクに電話するサラ

外を全力疾走するリンク。
全力疾走のリンク

偽クーパーが言う。「ここはシカゴだ。すぐにカンパニーに見つかるから急いだ方がいい」と、USBメモリーに手を伸ばす。USBメモリーを引っ込めるマイケル。「この後何処に行くんだ?」と尋ねるマイケル。「それを頼りになる人間に渡しに行くんだよ」「誰だ?」「友人だ」「どんな友人だ?」「連邦判事だ」「名前は?」「スコット・ウォレン判事。大統領の被指名人だ」疑い深いマイケルに安全な人物である事を説く偽クーパー。偽クーパーは車を横につけているから一緒に行こうと連れて行こうとするが、尾行されていた事を不審に思っているマイケルは、判事をここに呼べと言う。すると「俺はズブ濡れだ。喘息だから吸入器が必要なんだ。それがさっき捨てた上着の中に入ってる。今は平気だが10分もすれば息苦しくなる。車のグローブボックスに予備があるから戻りたいと言う」
クーパーを識別中

マイケルがいるはずの場所にリンクが到着。しかし既に姿は無い。
マイケルがいない

一足違いで外に出たマイケルと偽クーパー。マイケルが「アルブテロール、コルチザイド、プレドニゾン」と言うと「何だ?」という偽クーパー。「母も喘息だった。吸入器はどれを使ってるんだ?」と尋ねるマイケル。「何度本物だと証明すればいいんだ?」「いいから質問に答えてくれ」「なるほど」と言いながら瞬間で考えた偽クーパーが答えた。「コルチザイドだ」。2秒ほど偽クーパーを見つめてマイケルは安心した笑顔で「すまなかった。もしあなたが・・・。」偽者だったらと続けたかったのだろうが、それを言わず「僕達の身に何があったのか知ってくれれば」と続けて言った。「解ってるよ。車まで行っていいかね?」と偽クーパーが言うと「どうぞ」とマイケルは答え、半歩下がって並んで歩き始め、数歩歩いた所で偽クーパーを後ろから配電盤らしきところに叩きつけた。さらに蹴り上げる!偽クーパーが伸びてしまったところにリンクが追いついてきた。
外に出たマイケル&偽クーパー

アラバマ州のバーミンガム国際空港。メガネをかけたT-BAGがバンコク行きのチケットを購入しようとしている。すると「明日まで出航予定はありませんが、シカゴ経由なら、少々お待ち頂ければあります」と言われIDの提示を求められる。担当者は気付いた様子は無い。スタンメル博士になりきったT-BAG。すると、札束の入ったリュックを荷物検査員に検査のため持って行かれようとして、札束がいくつかこぼれる。「重量制限を越えてるから機内持ち込みは出来ません」と言われ、ベルトコンベアーでリュックを運ばれてしまい、不安な顔をする。
機内に持ち込みたいT-BAG

「今日は雨模様になるので旅行者には厳しいでしょう」との声が流れ、「シーバーンホテルの周囲6ブロックは立ち入り禁止です。今晩、レイノルズ大統領のスピーチが行われる予定です」とカーラジオから流れるそれを車内で聞いているケラーマン。
車内のケラーマン

どこかのオフィス。女性が男性に何かの指示をしている。そこにケラーマンが現れる。女性が嬉し泣きしそうな顔で「ポール」とケラーマンに向かって言う。「Hi。クリスティーン」と彼女に言うケラーマン。彼は妹に会いに来たのだ。彼はこれまで18年間の事を妹に詫び、「俺は悪い男に変わった。昔の俺じゃないんだ。これから、あることをしなくちゃいけない。でも覚えていて欲しいのは、一緒に育った兄の事だ。あのころの事だけを覚えていて欲しい」と妹に別れを告げた。
ケラーマン&クリスティーン

マホーンが偽クーパーと尾行者2人と会話している。「シカゴで会うという提案はマイケルがしたのか?」と偽マホーンに尋ねると「そうだ」と答える。腑に落ちないマホーン。マホーンはキムに電話する。到着した時には既に逃げられていた事を報告し、キムに確認する。「やつらは監獄からわずか15マイルの街に戻ってきた。何がしたかったんだと思います?」「そりゃあ、大統領がシカゴで演説するからだろ」「じゃあ何故よりによって法務長官のオフィスにいる人物と会った?」「要点はなんだ?」「バロウズは無実だと思われますが」「世の中には完全に無実の人間はいないよ。お前なら知ってると思ったんだが」と言われ、電話を切るマホーン。
マホーン到着

部屋に戻っているマイケルとリンク。ドアがノックされる。一瞬緊張が走るが、開けるとサラとクーパーがいた。
クーパー&サラ

C-NOTE。牢屋に荷物が届いた。荷物を開けると、中に入っていたのは首吊り用のロープだった。
Rope

ベッドインしているスクレとマリクルーズ。「あ!子供が動いた!」と、本当に幸せな時間を過ごしている2人。
ラブラブ

飛行機の中。ベリックが3席の真ん中に座っており窮屈そうだ。CAに「機内食はまだか?」と尋ねると「運賃削減のためサービスパックには機内食は提供されません」と言われる。仕方なく提供してもらえるプレッツェルをオーダー。「少々お待ちください」とそのCAが言い、数歩前に歩けば、パーテーションで区切られた席が2席のビジネスクラス(?)が現れる。サービスパックと違ってゆったりとできそうだ。
窮屈ベリック

そのパーテーションのすぐ前で通路側に座っている男が彼女に「新鮮な1杯をくれないか」とグラスを差し出す。彼女は笑顔で「すぐにお持ちいたしますわ。スタンメル博士」と言った。そう、何とベリックとT-BAGはわずか数メートルをパーテーションで区切られているだけで、同じ飛行機に乗り合わせていた!
ゆったりT-BAG

C-NOTEの元に妻のキャシーが面会に来ていた。死ななければならない事を言い出せないC-NOTEは、ただただ泣いて「ディディの事を頼む」と言うばかりだ。面会時間終了の声がするが、離れたくないC-NOTE。しかし、規則でキャシーは面会室を出て行く・・・。非情だ・・・。
C-NOTEを抱きしめるキャシー

大統領のパレードが行われている。いいロケーションの所にいる警備の元に来るケラーマン。緊急事態だと言うや否や彼を射殺。大統領を狙う場所を確保した。
射殺するケラーマン

マホーンは偽クーパーと現場検証中。そして偽クーパーをどこからか見ていた筈だと気付き、辺りを見渡す。偽クーパーが指示された場所から、ホテルの窓からである事を発見。
ホテルを発見!

ホテルの部屋のマイケル達。クーパーがUSBメモリーからデータを吸い出している。しかし、そのデータにはコピーした日付しかなく、決定的な証拠にはならないと言う。だから価値が無い、と。
4人

マホーンがホテルのロビーに到着。フロントにマイケルとリンクの写真を見せるが、知らないといわれる。サラの写真を見せると「10-06にお泊りです」と答え、マホーンはそこへ急ぐ。
フロントに聞くマホーン

再びマイケル達。クーパーは「裁判では潔白を証明できないが、違法であれば可能だ」と言う。「ゆするってことか」とマイケルは言うが、クーパーは「私の立場から“そうです”とは言えない」と言う。サラは「何を見返りに脅迫するの?」と言うとマイケルは「大統領恩赦だ。彼女自身の手でサインさせる」と答える。
ゆすって恩赦

ケラーマンは殺した奴から無線を奪い、イヤホンを耳にし、大統領の動向を把握する。
射殺準備完了

ロープをパイプに通し、ベッドの上に立っているC-NOTE。そのロープの輪を首にかける。「I Love You」と言い、ゆっくりと前に倒れていく途中・・・。
クビ吊る?


で、次週に続く。


いやはや、場面がちょくちょく変わるからテンポがいいですねぇ。
シカゴ経由の飛行機にベリックとT-BAGが乗り合わせてますが、バッタリ会ってしまうんだろうか!?しかもシカゴ・・・。
う~ん、残りの連中集合!ってな事になるのかな。
そしてC-NOTE。そのまま死んじゃうのかなぁ・・・。

てな訳で来週の予告ですが、いつもすみませんが、
ご協力ください。励みになるので愛の一票をお願いします♪


バナー


↑をポチッとしていただいた方は次週予告へ。
こちらです。↓↓↓


第19話「Sweet Caroline」へ Go!

 プリズン・ブレイク シーズン2 DVDコレクターズBOX1
プリズン・ブレイク シーズン2 DVDコレクターズBOX1
プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX
プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX

 2007_03_02


8話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

一平(二宮和也)はナオミ(黒木メイサ)が好きなら、やっぱハッキリとエリ(福田沙紀)に言っとくべきだったね。まぁ、本人曰く、女心は解ってないと言ってたけどさ。

それよりも婿養子として狙われてる事の方が気になってたんだろうけど(笑)でも、エリを迎えに来た若女将(岸本加世子)が一平の母である雪乃(高島礼子)に浴びせた言葉は酷かったねぇ。しかも息子の前で「あんたは母親失格よ」なんて言うなんて。

一人娘とはいえ、一平の雇用主でもある事をいい事に、自分の思い通りに行くと思ってて、娘の一方的な味方になってるあんたが失格じゃんって感じです。一平は彼女を許さなくてOKだと思います、はい。

でも女将(八千草薫)は相変わらずのかわいいおばあちゃんで、見ていて面白い。八千草薫の跡を継げそうな女優って誰かいるかなぁ・・・。

さて来週は、その女将が壊れてしまうらしいのと、一平にキスしてた女が気になりますな。仲居さんっぽかったけど・・・。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : 拝啓、父上様    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_02


7話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

来週が最終回って、打ち切り?最初から全8話だったっけ?
まぁそれはさておき、先週疑問だった豊美(米倉涼子)とチセ(余貴美子)が手を組む経緯は解った。けど、まだまだ疑問が・・・。

下見沢(北村一輝)とはどうやって組んだ?豊美に気があることは解ってたから、それを利用したと解釈したとしても、その辺は見せて欲しかったところだ。

それと豊美のホテル暮らし。どこにあんな金が?下見沢の金だとしても、あまりにもいい部屋に泊まりすぎな気がするなぁ。でも、隆子(笛木優子)の店で買い物した時の請求書の宛先を下見沢にしてたから、例の3億円で支払うんだろうか・・・。それともチセの6000万をアテにしての事だろうか・・・。

あと、隆子の存在。彼女は家族を偽ってまで戸谷から金を奪おうとしたわけだけど、なんで?それもこれも全て来週で納得いく完結を見られるんだろうか・・・。どっちにしても、せっかく連ドラでやってるんだから、もう少し綿密に描いて欲しかったなぁ・・・。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー




関連記事
テーマ : わるいやつら    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_02


29話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

今回の変装はジェームズ・ブラウンか!?
あのテンションは笑わせて貰ったヾ(@^▽^@)/

でも最近はアクションシーンが減ってきてる気がするなぁ。
かといって、ストーリーに重きを置いているかというと、そこまでのストーリではないし。

そうだ!それよりも一番不思議なのは、あの時間帯で平均13.9%の視聴率を取ってるのに、出てくるゲストは二流三流ばっかりなのは何でかなぁ。時間帯が時間帯だけに、予算が少ないのかな。それとも人気番組なだけに高橋克典のギャラが高騰しててゲストにまわせないとか!?

同じ事務所の渡辺謙とかが出るといいのにぃ。SP番なら2時間枠になるから、少しは一流どころが出るとは思うんだけど。それにしても、小向美奈子なんて久々に見たなぁ。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : 特命係長 只野仁    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_03


8話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

芝居は上手い、歌は上手い、ルックスも悪くない天海祐希だけど、前回も書いたように、演歌となるとやっぱ違う感じですね。

んで、物語としてはヒトシ(原田泰造)の母・道代(池内淳子)のアルツハイマーが急激に進行してしまい、ひまわり(天海祐希)は帰京。

何とか道代をアルツハイマーのままとはいえ落ち着かせる事ができる。そしてハジメはひまわりに礼を言い、母離れならぬ、ひまわり離れを宣言して、2人は完全に別れる。

かと思ったが、自宅に帰ったひまわりはハジメからの手紙を見つけた。そこにはハジメが道代と無理心中を図る旨の内容と、ひまわりへの想いが綴られていた。

急いで施設へと走るひまわり。間一髪で間に合い、泣きながら説得するひまわり。その声に気づき眠っていた道代が目を覚まし、ヒトシに礼を言い、ひまわりにヒトシを託す言葉を残し近くにある何かの薬剤をゴクゴクと飲んでしまう。

医者が必死の治療を行うも改善しない。やけになったヒトシがその場で自殺しようとするが、止めに来た看護師を突き飛ばし怪我をさせてしまい、ヒトシはそのまま外に出て車道に立つ。

しかし、次々と向かってきた車はヒトシをよけていく。追って来たひまわりは呆然としている。そこに警察連中が来る。咄嗟にひまわりの手を引い走って逃げてしまう・・・。


母親が目覚めてヒトシに礼を言い、迷惑をかけたくないと思い、薬剤を飲んでしまうところには、ちょっとウルっときてしまいました(ToT)
あと2話、どう収拾をつけるのか楽しみです。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : 演歌の女王    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_03


3話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

何十億何百億なんてお金、当然見た事もないし、ましてや動かした事なんてないけど、あの入札の緊張感は伝わってきましたねぇ。

あの読み合いたるや、将棋のそれに匹敵するかのような緊張感だったような気がする。今回のクライマックスでしたね。

結局、柴野(柴田恭平)は銀行を辞めたけど、このパターンって、先日のハケンの品格と同じような感じですね。レベルは違うけど、会社での不正の片棒を担がされ、正義感と言うか良心と言うか、それがあるが故に納得が出来なくなってしまって退職する。そして、それを上司は口を揃えて“甘い”とぬかす。

勿論、そんな事もやりながら経済は成長し発展して行くんだろうけど、やっぱり俺はそういう組織がどうしてもイヤですね。
そりゃあ、雇われてる身としては、食っていかなきゃならないから逆らう事は難しいとは思う。

「何処だって似たような事はやってるんだよ」と、殆どの人は言うでしょうし、実際そうでしょう。企業のトップがそうであるなら、そこの企業は腐ってるけど、それらをやる連中はトップではなく、その下の連中が殆どじゃないだろうか。

会社を守る為にやったという愛社精神を持った奴らもいるだろうが、それってチットモ愛社精神ではない事に気付かないバカ共だと俺は思う。結果的にスキャンダルになれば、元も子もない無いのに、危ない橋を渡ってるわけだから。

退職した柴野の今後と、会社を興す西野治(松田龍平)がどう動くのかが楽しみですね。それに絡む鷲津(大森南朋)の動向も注目です。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : ハゲタカ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_04


飯島愛
まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー


もったいない
飯島愛が体調不良のため、今月イッパイで芸能界を引退するらしい。AV界から唯一と言っていいほど、普通のタレントに転身できた稀有なタレントだけに勿体無いと思うなぁ。
あのポジションを継げそうな人っていないし。
そういえば最近の彼女は、TVで見てても覇気がなかったもんね。
勉強は出来ないかもしれないけど、頭がよかったから今のポジションまで来れたのにね。
腎盂(じんう)炎って完治する病気なのかどうかわからないけど、是非とも復帰してきてもらいたいですね。

でしょうねぇ
宇多田ヒカルの離婚って、誰も驚いてないんじゃないかな。
そりゃ無理やろ。そんじょそこらの歌手じゃなく、才能ある超売れっ子アーティスト。しかも二十歳で結婚だなんて無理無理(笑)

芸能じゃないけど
都知事選の有力候補者3人が揃いましたが、石原慎太郎浅野史郎黒川紀章、皆さんは誰に投票しますか?
俺は・・・棄権かな(笑)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : 芸能一般    ジャンル : アイドル・芸能
 2007_03_04


8話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

ある程度バラバラで撮影はされるのは常だろうけど、これはかなりバラバラに撮影されてる感じですね。前から微妙に木村拓哉の髪型が違ってたたからそうかなぁとは思ってたけど。

今日の一之瀬四々彦(成宮寛貴)が資料を運んでるシーンは、今年の1月の新春!オールスターハプニング大賞2007で観たから、8話である今回のシーンは去年の間に撮影されてたって事になる。

そこから推測すると、少なくとも撮影開始当初から最低8話分の台本が出来上がってたって事だから、レギュラー陣は読むだけでも大変だったろうし、気持ちを繋げるのはもっと大変だったろうなぁ。

さて、物語は寧子(原田美枝子)が鉄平(木村拓哉)は大介(北大路欣也)の父である敬介との間の子であることを認め、鉄平VS大介の戦いが始まったと言う所ですね。

鉄平側の弁護士役には、若者のすべて以来の木村拓哉との共演になる萩原聖人。当時とは立場が逆転だね。W主演という事ではあったけど、あのドラマのメインはどちらかと言えば萩原聖人だったもんね。

ところで、この戦いって、どうも大介の八つ当たりにしか見えないんだよなぁ。妻を憎むならともかく鉄平をあそこまで憎むってのは解せないんだよなぁ。どうしても鉄平を愛せないのは何となく理解できるけど、妻を寝取られる前からよっぽど父を憎んでいたんだろうか。

それにしたって、“情”てのは湧かないもんなのかなねぇ。
まぁ、あと2話の中で大介の心情が吐露されるといいな。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー




関連記事
テーマ : 華麗なる一族    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_04


9話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

TV出演では同じような世代、俺の中では、この金子昇玉木宏玉山鉄二がその世代なんだけど、彼らに少し水を空けられてる感のある金子昇。芝居が上手いかって言うとそうでもないんで仕方ないかな・・・。わるいやつらにも刑事役で出演しているが、これは同じ事務所で主演の米倉涼子のバーター出演かな。

それはさておき、今回はちょっと感動できるというか、あんまり面白いエピソードじゃなかったかな。ほんの少し捻りがあればもう少しは面白くなったかもしれないのにね。

あ、そうだ。前から思ってたけど、ライバルホテルの社長夫人役で出ているあいはら友子。NHKの朝の連続テレビ小説で相原友子としてヒロインでデビューして、かわいらしい系で行くのかと思えば、最近はガハハ系の仕事に変わってるんですねぇ(笑)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : ドラマ感想    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_05


9話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

今回はマー君(速水もこみち)とまなみ(香椎由宇)が将来について考えるという展開でしたが、ぶっちゃけ、あまり興味のあるサイドストーリーじゃないから、イマイチ面白くなかった。

ただ、まなみの家庭の事情とはいえ、プロポーズを断られたマー君が何気ない顔をして帰って来たのにもかかわらず、オカン(倍賞美津子)はマー君を見て悟ったような顔をしていたのが印象的でした。

母は雰囲気で自分の子供に何があったのか、ある程度の事は判ってしまうんですかねぇ。最近はそんな洞察力のある母親が少ないから、子供の異変に気付かずに色んな事件・事故が増えてるのかな・・・。

オカンの癌が転移して胃癌が進行してるみたいなんで、あと2話はそれが中心になっていくと思われ、きつい2話になりそうだなぁ。オカンが明るく頑張れば頑張るほど、泣けてしまいそうな最終回となりそう。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
 2007_03_06


8話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

子供がいる夫婦の離婚で一番迷惑を被るのは子供ですね。しかも小さい子なら尚更だ。可哀想です・・・。酒乱の親父とか虐待している親なら話は別ですけどね。

後半に来てオリジナルっぽくなってきて、ちょっと面白くなってきたこのドラマ。離婚を言い出した陶子(石田ゆり子)は力(加藤翼)を連れて家を出る。そしてウィークリーマンションで生活をし始めるが、社内や近所、幼稚園では既に別居が話題になっていた。

一方、何故か轟(沢村一樹)が浮気妻の特集をすると言い出し、特集した現代公論はバカ売れ。当然、陶子も知る事となり、陶子は激怒。そんな中、陶子は春木(藤井フミヤ)とのプロジェクトから外され、上の空で力とバス停でバスを待っていた。

が、いつの間にか力がいなくなった事に気付かなかった。ハジメ(ユースケ・サンタマリア)に連絡を取り、玉子(ともさかりえ)や轟も一緒になって、力を探す。

バイクに轢かれそうになった力は病院にいた。駆けつけるハジメと陶子だったが、ハジメは陶子に「お前は妻としてだけじゃなく、母親としても失格だ!」と罵り、力には会わせないし自分が預かると言う。

ハジメは力に「ママを助けてあげて」と言われ困惑。病室に行けず帰ろうとする所を轟が陶子に「Q&Aサイトを見てあげてほしい。ハジメの本音の想いが詰まっている」といわれ、帰宅してそれを読み、他人に成りすまし、自分の思いを書き込む。

それに答えるハジメ。陶子は「あなたの想いは奥様に伝わるでしょう。でも奥様は自分のした事の重みを感じてるから戻ってきません。あなたは他の男に抱かれた妻を許せますか?」と問いかける。ハジメの答えは「ノー。許せない」と書き込む。


サイト上で他人として本音をぶつけ合ってる2人って、何か変ですね。“不器用”で済ませられることじゃないと思うけど・・・。最後にでてきたチャーチルの言葉はチト違うと思う。政治じゃないんだから。出来事ではなく、世の中で一番ややこしい男女間の感情が入ってるんだから、あの言葉は当てはまらない。

っていうか、本来は「過去を遠くまで振り返ることができれば、未来もそれだけ遠くまで見渡せるだろう」っていう言葉じゃなかったっけ?都合よく訳してないか?

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : 今週、妻が浮気します    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_06


9話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

航(堺雅人)の申し入れで、月山(釈由美子)は花園ゆり子の担当から外されてしまった。他の男性担当者に替わった花園ゆり子の制作現場は何となぁ~く重い雰囲気。

陽(本郷奏多)に言われた事もあり、智(要潤)は月山を説得しに行くが、好きな航からの申し出と言うのに一番傷ついている月山は、その説得には応じなかった。

陽は電話だけではなく、月山の家まで押しかけて説得しに行く。それを陽と一緒に月山の家に行った田中(寺島進)から連絡を貰った3人は、陽を迎えに行く。そこで、陽は航に隠し事はしないで本当の事を言って欲しいと告げ、その熱意に負けた航は、陽だけが血の繋がっていない弟である事を告げる。

以前から気付いていた陽だったが、面と向かって言われた真実に耐え切れず外に飛び出す。その場に居合わせた月山、田中、亮子(真矢みき)はビックリ。月山はすぐに追いかけ、智と修(池田鉄洋)も後を追って陽を探しに行く。


とまぁ、月山が見つけて慰めて今回は終わりになるんだけど、ヒミツはそれだけじゃなさそうですね。そもそも、何で陽が引き取られたのかってところが焦点になりそう。更にショックな事でもあるのかな。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : ヒミツの花園    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_06


この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

 2007_03_07


Prison Break          Prison Break
Prison Break: Season 4(Import)     サントラ Seasons 3 & 4

プリズン・ブレイク シーズン3 DVDコレクターズBOX (初回生産限定版)                 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン DVDコレクターズBOX1 <初回生産限定版>
シーズン3 DVDコレクターズBOX         シーズン4 DVDコレクターズBOX 1

プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX          プリズン・ブレイク シーズン2 DVDコレクターズBOX
プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX     シーズン2 DVDコレクターズBOX

首吊りC-NOTE

マホーンの命令に従い、クビを吊ったC-NOTE。
あぁ、本当に首吊り決行しちゃった・・・。

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー


ぶら下がっているC-NOTEを看守が発見。すぐさま助けを呼びC-NOTEを床に寝かせ医師を呼ぶ。C-NOTEは薄れた意識の中で「死なせてくれ・・・」と呟く。
死なせてくれ・・・

シカゴ。街はキャロライン・レイノルズ大統領の到着を待ち賑わっている。彼女はカーライルホテルで演説を行う予定だ。狙撃場所を確保したケラーマンは、SPから奪った専用無線でキャロラインの動向を聞きながら準備を進める。「マーカー1通過」「マーカー3通過」と無線から聞こえてくる。照準を定めるケラーマン。
照準を定めるケラーマン

マイケルたちのホテル。「後は俺達で何とかするから、もう深く関わらない方がいい」とマイケルはクーパーに言い、彼を部屋から出す。
クーパー&マイケル

非常階段を登ってくるマホーン。
非常階段のマホーン

リンクは「これが巧くいかなくても俺達には出口が必要だ」と言うとマイケルは「兄貴次第だよ」と答える。「デレクはどうだ?」マイケルはOKを出す。マイケルはサラに「待ち合わせは何処にする?」と訊く。「Thrid Racine(ラシーン3番地)でどう?」「OK。3時15分に角で待ってる」と言い、続けてマイケルは「もしもの時の為に・・・。2人とも、愛してる」と言って部屋を出る。黙って見送るリンクとサラ。続いてリンクも出かけた。
ホテルから出る直前のマイケル

マホーンが10Fに到着。近くにいたルームクリーナーの女性にバッヂを見せ、1006号室の鍵をもらう。部屋を開けようとすると内鍵がかかっている。その音でサラは誰かが来た事に気付き身を隠す。ドアを蹴破って入ってきたマホーン。銃を構えている。部屋のあちこちを探すが誰もいない。床に落ちている携帯の充電器らしきものを見つけるマホーン。サラ、何処に隠れたかと思えば、古典的にベッドの下に潜り込んでいた。
ベッドの下から出てくるサラ

隙間からマホーンの足元だけが見える。マホーンは立ち去り、ドアを閉める音が聞こえた。ベッドの下から出たサラはバッグを肩に掛け、携帯を掛けながらドアに向かっていった所で、マホーンが銃を向けてきた。おマヌケなサラ・・・(笑)
サラに銃を向けるマホーン

「奴らは何分前までここにいた?」とマホーンは窓の外を見ながらサラに問いただす。「ここには来てないわ」と嘘を言ってみるサラ。「ここにいた事は判ってるんだ」「知らないわ」「知らないはずが無いだろう」とやり取りが続く。これ見よがしに携帯をテーブルに置くサラ。
口を割らないサラ

メキシコ空港にT-BAGとベリックの乗った飛行機が到着。荷物が回ってくるのを不安そうな顔で待つT-BAG。まだかまだかと見回している視界にベリックの姿が入ってきた。すかさず身を隠す。何気にその場を離れ、荷物をベルトコンベアに乗せているところへ行く。例のリュックを発見したのか、それを取ろうとした所で係員に咎められ乱闘。係員をダウンさせ、荷物を取れずにその場から走り去るT-BAG。
格闘T-BAG

ベッドの上にいるC-NOTEは「緊急事態なんだ。頼むから電話をかけさせてくれ」と看守に頼んでいる。それを許されたC-NOTEは電話をするがマホーンは不在。代わりにマホーンの部下フィーラーが電話に出る。マホーンが不在じゃ仕方が無いと、C-NOTEはフィーラーに伝言を頼む。「言われたことはやる。だがもう少し時間をくれ。必ずやるから、彼らを傷つけないでくれ」と。
懇願するC-NOTE

シカゴのタンストールの船工場。リンクがPCを持って現れる。ここにはデレクがいるようだ。突然現れたリンクに驚くデレク。リンクは「お前しか頼れる奴がいないんだ。お前は俺に借りがあるよな?今すぐにこれを手に入れてくれ」とやや脅し気味で頼むと、渋々了承するデレク。
リンク&デレク

ライフルを構えているケラーマン。キャロラインの車が到着した。車から降りるキャロラインを歓迎する市民。ケラーマンは既に狙いをつけている。引き金を引きたいがどうしても他の人がターゲットに入り込み撃てない。
子供が邪魔

人々は握手を求めそれに応えるキャロライン。笑顔で次々と握手をしていく中で、1人の青年と握手をした際、一瞬で顔が引きつる。その相手はマイケルだった!マイケルはすぐにその場でSP連中に捕らえられた。それをターゲットスコープ越しで見ていたケラーマンはライフルを引っ込める。ビルの中に入ったキャロラインは、握手の際にマイケルから渡されたメモを見る。そこに書いてあったのは“WE HAVE THE TAPE”。焦るキャロライン。
マイケルと握手

手錠をかけられ、手を後ろに回されたマイケルがビルの中にあるキッチンに連れて行かれ、目の前に現れたのはキムだ。キムはSP連中を全員部屋の外に出す。脅しながらリンクの居所を訊くが、当然マイケルは具体的なことは答えない。するとキムは上着を脱ぎ「俺は陸軍士官学校と言う名誉がある。口を割らせる代表的な方法を教えてあげよう」と言い、イスに座らせているマイケルの顔を何発も思いっきり殴り始めた。
殴る蹴るならぬ、殴るキム(←親父ギャグ?(笑))
殴るキム

スクレ。相変わらずの幸せなひと時を過ごしており、マリクルーズと一緒にベッドに横たわりTVのニュースを見ている。するとそこに流れてきたのはT-BAGが逃げ去る防犯カメラの映像。それでスクレは、T-BAGが500万ドルを手放した事を知る。マリクルーズは「それは忘れましょ。あなたはもう手に入れたいものは全部手に入れたんだから」と諭す。「すぐに戻るよ」と言って外に出るスクレを不安そうに見つめるマリクルーズ。
ニュースを見てるスクレとマリクルーズ

サラに背を向け部下のラングに何やらメールを送るマホーン。そしてクスリを飲む。サラはそれをみて「中毒者を見分けるのは難しくないわ。手に持っているものは何か訊いてもいいかしら」と言うと、クスリをサラに向かって放るマホーン。クスリを見たサラは「ベンゾジアゼビンは精神安定剤ね。毎日飲んでるの?」「20mgな」「水中を歩いてるみたいでしょう?落ち着きたかった事だけが服用している理由じゃないでしょう?自分が破滅する事を知ってるのね・・・」「かもな・・・。マイケルが君に電話してくる事を願ってるよ」と言う。
クスリの事を言うサラ

咳き込んで血を吐くマイケル。かなりボコボコにされた模様。キムは「マホーンと俺は違う。奴は獲物の価値が判って無いからな」と言い、マイケルに銃を向けた。そこへ「スコフィールドと2人で話をしたいの」とキャロラインが来た。銃をホルスターに収めたキムは「失礼ですが、それは賢明な判断じゃありません」と言うも、キャロラインは「外に出ていなさい。個人的なことなの」と命ずる。「あなたの命令は私の最優先事項ではありません」と言うキムに「誰と話してるか判ってるの?さっさと出て行きなさい」と言われ、渋々外に出たキム。
キャロライン、キム&マイケル

交渉が始まる。
「あなたが兄さんの為にした事は大したものだけど、あなたの発言なんて私にとっては微々たるものよ。あの録音もね。今持ってるの?」
「いいや。聴きたいなら手配はできる」
「私は録音の中身は知らないわ。ただ、私に関連するなら聞いてみたいわね」
「録音は君と君の兄の会話だ」
「そんなの、何百万回も会話したわよ」
「その中の一部だ。彼の死後の会話だよ。特定のね。君が家族に隠したいことだろう?」
「・・・録音は何処?」
「20の別々の媒体にコピーした。兄貴に電話すればすぐに聞けるよ」
「電話はイヤよ。ここに持って来させなさい」
「今決めるんだ。電話で録音を聞くか、ニュースで聞くかだ」
交渉中

クスリを始めた理由をマホーンに訊くサラ。「女に振られたからとか?」と適当な事を答えるが、サラは「私も人が死ぬ所を見てきたわ。あなたには助けが必要よ」「あんたは助ける立場でだろ?それに、それは俺が探してるものじゃない」と再びサラに背を向けて銃を取り出す。銃に何かした模様。
銃に何かを・・・

スクレが外から家に戻ってくると、家の中には誰もいない。家の中を探していると、待っていたのは銃を構えたベリックだった。マリクルーズは外で林檎を獲っているというベリック。「俺と一緒に来た方がいいぜ」と言って手錠を見せる。
ベリックに見つかったスクレ

リンクの携帯が鳴る。相手はキャロラインだった。彼女は電話で聞くことを選んだようだ。PCから再生させて聞かせるリンク。その内容は、キャロラインとテレンスの会話。
「大変な事は判ってるわ。でも選択は正しかった。この件が風化するまでの辛抱よ」
「ああ。こんな離れたところでか・・・」
「私はあなたの為にまだここにいるわ。否定的に考えないで」
「殆どの人間は生きるに値しない」
「私がこうして電話してるじゃない」
「フン。3000マイル先からね・・・ここがどれだけ寒いか知ってるかい?」
「この話はした筈よ。孤独なのは一時的なこと。彼の裁判はもう始まってるわ。あと少しよ。裁判が終われば皆彼の事を忘れて、あなたの事も忘れるわ。約束する」
テレンスと会話中のキャロライン

「だが、死んだ人間が君に会うのはマズイだろ」
「私も会いたいわ。でも今は無理よ」
「この家はでかすぎる。四六時中君の事を考えてるんだ」
「えぇ、私もよ」
「君の手は温かかった」
在りし日のテレンス

と、ここで悲しげな顔をして電話を切るキャロライン。テレンスの自殺した状況をマイケルに尋ね、正直に答えるマイケル。そして「今度はあなたが決める番です」と決断を迫る。
決断を迫るマイケル

C-NOTEの元にフィーラーが尋ねてきていた。「真相を話せ」と紳士的に交渉している。拒否するC-NOTE。「君が正直に話してくれれば助ける事ができる」と言い、マイクロテープレコーダーの録音ボタンを押す。
C-NOTE&フィーラー

べリックに捕まったスクレ。得意気にヘイワイヤを追い詰め、彼が飛び降りた事をスクレに話す。「俺を捕まえたら幾らもらえるんだ?」「1万ドルだ」と答え、連れて行こうとすると「待ってくれ。500万ドルが何処にあるのか教えたらどうする?聞きたいだろ?」スクレを凝視しながら「どこだ?」と聞くベリック。「俺を引き渡さないなら連れてってやるよ」「どこだ?」とベリックはにやけてる。スクレは「T-BAGのいる町だよ」と答える。金に弱いベリック。
捕まったスクレ

キャロラインがマイケルに話している。「私は自分のした事で報酬が得られると思ってたわ」「それは間違いだったな」「この国を支配しているのは癌みたいなものなの。私にはコントロールできないのよ」「これもそうだ」「何が望みなの?」と聞かれ、マイケルは条件を出した。“手錠を外せ・監視と尾行無しで逃がせ”と。キャロラインは了承。そして最後に目的である“大統領恩赦”の条件を突きつけた。自分とリンクの犯罪歴も抹消しろとも。しかも今日中に。
困るキャロライン

規則や過程があるからそれは無理だと言うキャロライン。マイケルは「あんたがサインして検事に提出するだけだ。他と何ら変わりは無い」「判ったわ」とキャロラインは言うが、マイケルは「紙ベースだと破棄されては困る。俺がして欲しいのは今日のTVでの生中継中に演説で発表してくれということだ」「そんなことできるわけが無いじゃない!」とキャロラインは拒否するが、マイケルは「やれ!」と凄む。
凄むマイケル

「あなたが録音を公表しないと言う保証はあるの?」と必死の顔で聞いてくるキャロラインに、マイケルは笑顔で「ないよ。俺達を信じるしかない。あとは君次第だ」と答える。
微笑むマイケル

部屋の外に出たキャロラインはマイケルの出した条件を全て飲む形で、キム達にマイケルを釈放するよう命じた。勿論、尾行も監視も無しでだ。驚くキム。説明するキャロライン。反対するキムに向かって職権を振りかざしてマイケルを釈放した。マイケル、無事に釈放。
職権乱用キャロライン

リンクがいる工場の一室にデレクが戻ってくる。彼がデレクに頼んだのは、船の片道チケット3枚と1部屋だったようだ。デレクはリンクが脱獄した時に1週間で捕まるか否か$100を賭けていたらしく、それに勝った金の分け前として半分の$50札をリンクに渡し、「頑張れよ」と言い残してその場を去って行った。
デレクと握手するリンク

サラとの待ち合わせ場所のThrid Racineに着いたマイケルだが誰もいない。
誰もいない・・・

マホーンが「こんなことはやりたくない」と言って銃をサラの座っている横にあるデスクに置いた。そこでサラの携帯が鳴った。出たいが出られないサラ。「出ろ!」というマホーン。携帯は鳴り続けている。電話を取ろうとしたマホーンの動きを見たサラは、素早くデスクの上の銃を取る。マホーンに銃を向けるサラ。「電話が必要だから返して」と電話を取り戻し、そのままバッグを持って部屋の外へ。
部屋を出るサラ

しかし、焦った様子も無いマホーンは内ポケットから銃創を取り出した。さっき抜いたみたいだ。そして自分の携帯電話を取り出し電話をかける。相手は部下のラング。ラングはホテル内にいた。マホーンがメールで命令したようだ。彼女はサラを尾行する。
ラング

街中を周りを気にしながら足早で歩くキム。ある車の後部座席に乗り込む。キムは「sir」と言って話かけてる相手は、前にも出てきた無言のスキンヘッドのジジイ。キムはこれからキャロラインが行うであろうことを報告。何か対処しなければというキムに向けて書類が入ってる封筒が置かれた。封筒には「SONA」の文字。何だろう・・・???
sir

待ち合わせ場所から少し離れ、再び公衆電話からサラに電話するマイケル。車の中にいるサラに成功を告げるマイケル。マイケルは船工場倉庫に来るようサラに言い、サラは笑顔でそこに向かって車を走らせる。後ろからラングの車がついてきていることには気付いてないサラ。
喜ぶサラ

マイケルはリンクのいる部屋に到着。そして成功した旨を報告。デレクが持ってきてくれたビールで祝杯を挙げる。TVをつけるマイケル。
ビールを飲むマイケルとリンク

キャロラインが演説に出る直前、キムが彼女に近づき「これは間違いです。他にも方法はあります」と言うが、「私が決めた事よ」と聞く耳を持たない。するとキムは「我々もあなたの秘密を知っていますよ。奴らと同じように公表することが出来ます。マイケルを恐れるか、我々を恐れるかはあなた次第です」と囁く。
スピーチ直前

壇上に上がるキャロライン。笑顔でスピーチを始めた。観衆が大歓迎ムードの中、キムとマイケルは緊張の面持ちで見ている。そしてキャロラインは「今日は非常に重大な発表があります」と話し始めた。
スピーチするキャロライン

TVを見ているマイケルとリンク。
TVを見ているマイケル

TVを見ているリンク.jpg

とある場所でTVを見ているケラーマン。
TVを見ているケラーマン

車内でラジオを聴いているサラ。
ラジオを聴くサラ

キャロラインは「今から発表する事が最良の選択だと考えています。充分考えました」と、発言の成り行きを見ているマイケルの顔が曇りだした。そしてキャロラインは「私は悪性の癌だと診断されました。よって大統領としての任務を果たしていくには適任ではないと考えてます。私は辞任する事を決意しました」と発表したのだ!
癌だと言い放ったキャロライン

うなだれるケラーマン。
うなだれるケラーマン

それよりも衝撃を受けたのは何といってもマイケルとリンクだった。彼女が大統領でなければ、あの録音は価値が無いし恩赦も受けられない。悔しくてビール瓶をドアに投げつけるリンク。
ビールを投げつけるリンク

「俺達に残された道は永遠に逃げ続けるしかない・・・」とマイケルは呟いた・・・・・。
ビックリ仰天のマイケル


という所で次週に続く・・・といっても、何の影響か判りませんが来週はお休みで、次回は3月19日になるようです。休止の回が多いなぁ・・・。
とりあえず待ちましょう。

それにしても、大統領の秘密って、あの会話からすると近親相姦か!?それがスキャンダルになるとかって事か?いやぁ、そんな筈はないよねぇ。利害が関係してるはずだよね・・・。

あれこれ考えながら次回を楽しみにしつつ、予告へ。
ご協力ください。励みになるので愛の一票をお願いします♪


バナー

↑をポチッとしていただいた方は次回の予告へ。
こちらです。↓↓↓


やや長めのAMEX previewは↓↓↓


第20話「Panama」へ Go!
 2007_03_07


9話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

小笠原(小松政夫)が偶然拾った紙くずから、東海林(大泉洋)が誰かにプロポーズして、断られたことが判明するんだけど、これはちょっと都合よすぎでしたね。ま、いっか(笑)

で、そこに書いてあった携帯の番号の主のことがマーケティング課で話題になり、春子(篠原涼子)にプロポーズした事を知ってる美雪(加藤あい)が自ら犠牲になる。

そんな中、里中(小泉孝太郎)は東海林に代わって 「ハケン弁当」 の最終プレゼンをするよう桐島(松方弘樹)から命じられ、誠実で堂々としたプレゼンで「ハケン弁当」の企画は見事最終コンペを突破。「ハケン弁当特別販売フェア」 の開催が決定する。

しかし、桐島から東海林が突然辞表を提出し、姿を消したと聞き、里中はガク然とする。即座にその辞表の保留を求め、東海林に電話するも繋がらない。

後日、東海林から「ヘッドハンティングを受けた」と留守電が入っていた。勿論、東海林のその話は彼の見栄で、今はプー太郎だった。

「ハケン弁当特別販売フェア」の当日まで東海林を待っていた里中だったが、販促用の原稿をFAXしてきただけで姿を現さなかった。そこへ春子の昔の同僚だったという加藤のぞみ(石田ひかり)が現れ、里中に昔の春子は明るくて皆から頼りにされてて、カラオケ好きだとい言う事を聞かされる。

いつまでも東海林を待っている里中を不憫に思ったのか、春子はバカ犬を警察犬にまで鍛え上げ、警察から表彰を7頭に受けさせたという犬の訓練士の資格を生かし、浅野(勝地涼)の後輩で4月から正社員になる那須田(斉藤祥太)が連れて来た犬を使って東海林を見つけ出す。

「あなたにはハケンなんて務まらない。あなたはあの会社でしか生きていけない。あなたにとって会社とは自分そのものです。里中主任が迷子の子犬みたいな目であなたを待っているから、さっさと古巣に戻りなさい!」と、春子流の説得で東海林を会社に戻そうとする。

里中が東海林を迎えに行き、部長に一緒に頭を下げてもう一度頑張ろうと説得をする。そして話題は春子の話に。東海林は「俺は振られたけど、お前はまだ何もやってないぞ」と里中に発破をかける。

里中は春子をカラオケに誘ってみたりする。当然断る春子。そして里中は春子に「このまま働いていて欲しい。僕にはあなたが必要だ」と告白をする。。。。というところで、いよいよ来週が最終回。

予告では、春子は東海林を好きなんじゃないかみたいなセリフが聞こえてたけど、だとしても、くっつく事は無く、どっちにしろS&Fに残る事は絶対に無いと思うけど、どうかな・・・。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : ハケンの品格    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_08


9話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

「坂下」売却に向けての動きが始まった2006年の年末。12月28日は年内最後の営業が終わり一平(二宮和也)、時夫(横山裕)、仲居たちが居酒屋で納会を行う。竜次(梅宮辰夫)はその日すぐに帰郷するとのことで、会費を置いてってくれた。

その納会、話題はもっぱら「坂下」の売却や「新・坂下」での雇用のことだった。納会がお開きになり泥酔している澄子(森上千絵)を送って行く羽目になった一平は家に送り届け、ベッドに寝かせようとすると襲われた(笑)

そう、先週の予告でのキスシーンは澄子とだったのだ。でもあれは最悪かも。だって澄子は、納会の終盤と一平が送っていく途中の2回、ゲロを吐いてるわけだから、美味しくないキスだったハズ(爆)

それはハプニングとして、一平は母・雪乃(高島礼子)に押し切られる形で、元日にナオミ(黒木メイサ)と“七福神めぐり”に行く約束をさせられた。雪乃が一平の彼女を見たいと言うからだ。

元日。ナオミと毘沙門天で待ち合わせをして七福神めぐりをスタートするも行く先々で雪乃と夢子にすれ違い落ち着かない一平。雪乃が「絶対に話しかけないから」という事を言っていたにしても、やっぱり落ち着かず、何とか振り切った。

七福神めぐりを終えてナオミと別れた直後に一平の携帯に雪乃から着信。慌てた様子でとにかく「坂下」に来て欲しいという雪乃の電話にタクシーに飛び乗る一平。着いてみると、夢子(八千草薫)がアルツハイマーになっていたことが判る。


夢子は年末からおかしな発言はしてたけど、あのセリフだけじゃあ気付かないよなぁ。夢子のキャラとしては、普段から天然でかわいいおばあちゃんだから尚更気付かない気がする。

で、来週の予告を観ると、再び奥田瑛二が登場。しかもナオミの父親という設定みたい。一平の親父候補の一人な訳だから、あと2話で親父が判明する結末にするんだろうか・・・。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

やppり
関連記事
テーマ : 拝啓、父上様    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_08


VanHalen

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

さして大ファンというわけではないんですが、どうやらDavidLeeRothVanHalenへ復帰する事が確実になったようです。う~ん、今頃かいって感じです。EdwardVanHalenが52歳、DavidLeeRothも10月には同じく52歳になるわけだし・・・。せめてあと5~6年早くして欲しかったなぁ。

なぁ~んて事言ってみたりするけど、別にデビュー当時から好きだったわけでもないし、興味を持ったのはせいぜい5枚目のアルバム『DiverDown』あたりからだし、DavidLeeRoth時代で好きな曲はJumpとかPanamaくらい。あとはSammyHagar時代のLoveWalksInかな。むしろDavidLeeRothのソロのYankeeRoseの方が大好き。

という事で、今更ながらのプチ情報でした(^_-)-☆

グレイテスト・ヒッツ   イート・エム・アンド・スマイル
Best Of/Van Halen   Eat 'Em and Smile/D.L.Roth

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : ハードロック    ジャンル : 音楽
 2007_03_09


最終回

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

豊美(米倉涼子)が警察に話した事により戸谷(上川隆也)は別件で逮捕され、これまでの殺人と豊美の殺人未遂の件で起訴される。

チセ(余貴美子)も事情聴取されるが逮捕は免れる。そして、チセがチセの夫の殺害の関与を否定したため、裁判は豊美の殺人未遂に絞られた。が、豊美はここで嘱託殺人であったと証言する。

そのため戸谷の刑期は大幅に短くなった。護送車で向かう途中、戸谷は自分の病院があった土地を見ると他の建物に建て替えられている。そのこには「槇村隆子デザイナー学園」の看板があった。そして理事長の名前には下見沢(北村一輝)の名前が。戸谷は全てを悟る。

3年で仮釈放となる。刑務所から出たところに待っていたのは豊美だった。豊美はそのまま戸谷を「待ってたわ」と言って一緒にどこかへ向かう。

で、ここで「戸谷はついに私のものになった」というナレーションが入り、かつて豊美が戸谷に殺されかけた竹林が映り、そこを歩いてるのは豊美だけだった・・・。

てことは、豊美が戸谷を殺したっていう解釈でいいんでしょうかね?う~ん、ちょっと理解しがたいですねぇ。そこまで偏執的なほど戸谷に惚れていたという描写は、この全8話では感じられなかったんだけど。

演出が下手なのか、米倉涼子が下手なのかは判らないけど、どっちにしろ全8話っていうのに無理があった気がする。戸谷の冷徹さ・豊美の惚れっぷり・下見沢の計画・裁判などなど、もっとじっくりと描かないと、松本清張も納得しないだろうに・・・。そりゃ数字も取れないわ。

朝日放送ABC)とテレビ朝日の大失敗作ですね。このまま同じ制作TV局まま、嫌われ松子の一生でせっかくいい芝居をした内山理名が次クールで主演をするのがかわいそうです。ネタがネタなんで俺はどっちみち観ませんけど(^^ゞ

わるいやつら〈上〉   わるいやつら 下  新潮文庫 ま 1-9
わるいやつら〈上〉      わるいやつら 〈下〉
わるいやつら
わるいやつら '80年公開

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : わるいやつら    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_09


30話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

あと1回だからという訳じゃないだろうけど、のっけから高橋克典の高テンションで笑わせてもらったかと思ったら、全体的に笑いのシーンが増えてきてる気がしますね。

それにしても、眼鏡と口髭だけで佐戸井けん太斉木しげるがあれほど似るとは思いませんでしたねぇ。2人とも芝居は確かだから、下手にCGとかを使ったり2役をやったりしなくて正解だね。

っていうか、あの高橋克典の変装は誰がモチーフ?動きとか。
面白すぎますわ(笑)

で、話はいつも通りチープなんだけど、何だか知らないけど楽しめるこのドラマも来週で最終回。これまでのペースで行くと、来年にSPをやって、連ドラを再会するとすれば2009年でしょうね。

今回は田山涼成海原はるかに似てるという事が判り、勉強になりましたです、ハイ(爆)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー




関連記事
テーマ : 特命係長 只野仁    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_10


9話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

ハジメ(原田泰造)は、ひまわり(天海祐希)の自宅に来た刑事の温水(温水洋一)を振り切り、ひまわりと信(武井証)と一緒に、ひまわりの弟の勝也(黄川田将也)の所へ行く。マンションのチャイムを鳴らすと、出てきたのはひまわりの母である星江(高畑淳子)。

星江によると、今は勝也も大変だという。中に入って事情を聞くと、勝也はデイトレードで大失敗し、今は多額の借金を抱えてしまっていた。慰めるひまわりに八つ当たりする勝也。それを見た星江は、ひまわりが小さい頃からどれだけ弟の事を思っていたかと説教する。

そしてお腹が減ったと言う事で、星江はたこ焼きを作る。ひまわり、ハジメ、信、勝也は、まるで母親のありがたみを感じているかのように食卓を囲んでいた。

ひまわりは信を連れて、彼の母親の元へ。信は母親を信じないというが、彼氏に暴力を振るわれた母親を見た信は母親の前に立ちはだかる。信はすっかり大人になり強くなっており、母親は彼氏と別れ、信と暮らすことを宣言。ハジメとひまわりは、信を母親の元に置いて警察に自首しに行く。

ハジメを警察に届けたあと、ひまわりは星江が探してくれ、レストラン事業で成功しているという父親(西岡徳馬)に会いに行く。しかし、父は冷たかった。ひまわりに金を渡したら帰ってくれという。
新しい家族もいるから迷惑だと。。。

父の新しい家族もその場に登場した事もあり、ひまわりは傷心のままその場から去り、自分の歌を口ずさみながら当てもなく歩いていると、突然声が出なくなる。もう、ひまわりは何もかも失ってしまった・・・。


今回は、というか、これまでもずぅ~っとそうだったのかもしれないけど、親について描いていたような気がしますね。だとすれば、益々タイトルに意味があるのかと思ってしまいます・・・。

それにしても今回は、天海祐希は泣きっぱなしでしたねぇ。母と弟の前で泣き、信と別れて泣き、父に冷たくされて泣き・・・。
そして来週は、これまで他人を助けてきたひまわりが、自らを助ける事が出来なくてどうなるかっていう、注目の最終回になるようです。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : 演歌の女王    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_10


4話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

NYの敏腕ファンド・マネージャーの鷲津政彦(大森南朋)が帰国して来て6年、芝野(柴田恭兵)が三葉銀行を辞めて約3年が経った2004年。芝野はターンアラウンドマネージャーとなり、既に「企業再建請負人」として成果を挙げており、東洋テレビの経済記者だった三島由香(栗山千明)はキャスターになっていた。

芝野は、現在末期癌を患っている大木昇三郎(菅原文太)が会長を務める大空電機の社長の塚本(大杉漣)から同社の再建を依頼される。そこで3年ぶりに鷲津たちと対面した。彼らは既に大空電機の筆頭株主となっていたのだ。

芝野は再建計画書を大木に見せるが、何度もやり直しを命ぜられる。“フェニックス計画”と題されたその計画書には、“人”を大切にしてこれまでを築いてきた大木の考えとは正反対の、不採算事業の売却・撤退や余剰人員の解雇などの大幅なリストラでコストを削減する“コストカッター”がメインであったからだ。

しかし、鷲津たちが示した計画書には、大空電機の創業事業部であるカメラ・レンズ事業部の売却と、従業員の4分の1にあたる1万人のリストラという、とんでもない内容だった。

カメラ・レンズ事業部の売却には目的があった。それはレンダント社の軍需部門への売却だ。だがその事業部の下請工場には、三葉銀行員時代の鷲津を追い詰めた三島製作所の名前があり、鷲津は深い苦悩を抱えたまま株主総会に挑む事になる。

株主総会当日。鷲津は筆頭株主として、あくまで合理性を訴える。それに対し柴野は、病床の大木からのメッセージを読み上げ、大木の会社への切なる思いが株主達に伝えられる。

読み上げてる最中に大木の絶命の報が芝野に届き、それを株主達にも伝える。情に訴えた形で戦いは芝野らが僅差で勝利した。すぐにTOBの準備に取り掛かろうとする鷲津の前に、「とんだ茶番だ」と言って会場を後にした西野治(松田龍平)が現れる。彼は今やIT企業「ハイパークリエーション」の社長となっていた。


いや~、ヘビーですなぁ。普段、経済の深い所になんて興味が無いから、もの凄く新鮮に感じられるし、演出も役者陣もいいから、ついつい引き込まれてしまいますね。今後は鷲津がどう動くのかが注目ですな。そんな中で唯一、足を引っ張ってるのは、やはり栗山千明。21歳じゃあ、あの役は無理ですね。上手くないし・・・。まぁ、他がいいので目をつぶります(笑)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : ハゲタカ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_11


9話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

弁護士の倉石(萩原聖人)は阪神銀行の不正経理関与の証明として、借入表を証拠物件とし大介(北大路欣也)を追い詰める。が、大介はそれを逆手に取り、銭高(西村雅彦)の不手際を糾弾する。もう、悪代官にしか見えない北大路欣也。芝居の底が見えたか!?(笑)

鉄平(木村拓哉)は裁判の終わりに、第2回尋問の証人として銭高を指名し、それが認められる。焦る銭高。相変わらずの滑舌の悪さで長ゼリフを言う木村拓哉だけど、中々いい感じではある。

木村拓哉より茶髪が目立つけど、あまりバッシングされてない山本耕史が演じる銀平は、兄を助けたくて証人を申し出るが、鉄平は「お前には頼めない」と言い、この状態に置かれても家族の心配をしている優しい鉄平に、銀平は自分の力の無さに歯痒さを覚える。

そして第2回の公判が始まり、被告側の証人尋問が終わるが、原告側の証人である銭高はまだ出廷してこない。被告側の弁護士(浅野和之)は平定を要求したその時、ドアが開いた。

何度も自分の家に足を運び、数日前に鉄平と四々彦(成宮寛貴)の会話の中で、銭高の辛さを慮る鉄平の言葉をこっそりと聞いた銭高が意を決して出廷してきたのだ。そして不正経理の関与を認め、大介の指示である事を証言した。


原作には無い法廷での親子対決って、原作者の山崎豊子はOKしたんだろうか?まぁ、OKしてないとこのドラマは作られてないんだろうけどさ。それでよかったのかなぁ・・・。

で、来週の予告を観ると、鉄平は裁判に負けて自殺!?みたいな感じだったけど、どうなるんでしょ?90分枠で最終章を放送するようなので、いいドラマとして終われるような内容である事を期待します。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー



関連記事
テーマ : 華麗なる一族    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_11


10話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

指物師の勘太(前田吟)が泊まりにきた。勘太の家は旅館とは目と鼻の先で、大吉(西田敏行)は、昔からモテていた勘太の、「また色恋沙汰か!?」と気を揉む。そこに芸者の染め奴(坂下千里子)がやってきて勘太に恋の相談を始め、さらに事態は混乱。

その夜、案の定勘太の妻・志乃(沢田亜矢子)が旅館に乗り込んできたが、勘太は戸に鍵をかけ頑として出てこない。大吉がこうなった経緯を聞きだすと、一人息子の純一(高杉瑞穂)に指物の仕事を継がせたかったのに、純一はそれを拒否。売り言葉に買い言葉で勘太と大喧嘩になり家を飛び出してしまったという。そんな純一が15年ぶりに孫を連れて帰って来たのだが、今度は勘太が家を出てしまったという訳だ。

事情を聞いた大吉は、酒を酌み交わしながら勘太の本心を聞き出す。勘太は建築士になった純一が許せないという。指物師という生粋の職人である勘太は、机上で計算ばかりしている息子を認めないと言いながらも、職人芸を息子に継いでもらえなかった寂しさでいっぱい。それを聞いた大吉は旅館を継がないと宣言している息子・良夫(石垣佑磨)のことを思い、自分もしんみりしてしまう…。

一方、乃梨子(賀来千香子)に付きまとっていたストーカーらしき男が、宿泊客の工藤(辰巳琢郎)である事が判明し、大吉は前払いで貰っている宿泊料金はもう受け付けられないと告げる。

しかし彼が、元大手企業の部長で仕事ができた男で、且つ、乃梨子の元亭主である事が判り、大吉は大慌て。


ゲストが4人ってタイトルにしたけど、辰巳琢郎は途中からレギュラーみたいなもんかな。その辰巳琢郎の会社の後輩役で、遠藤憲一が出てましたね。あの顔つきだから、ホニャララ団系の役も上手いんだけど、こんな普通の役もこなせるんですよね。

それと沢田亜矢子前田吟前田吟は渋くていいんだけど、沢田亜矢子はちょっと・・・(笑)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : テレビドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_12


10話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

オカン(倍賞美津子)にスキルス性胃ガンという検査結果がくだり、手術をできる状態ではなく、マー君(速水もこみち)はある程度の覚悟はしていたものの、やはりショックを受ける。

オカンが入院し、医師から抗がん剤の投与か、残る人生を穏やかに過ごすかの選択肢を聞いたマー君は、治ってほしい一心のマー君は抗がん剤治療を選択し、「一緒に頑張ろう」とオカン告げる。

が、その治療により苦しんでるオカンを見ているマー君の生活は荒んで行き、原稿も書き上げられないほどになる。

2度目の抗がん剤治療を始めた直後、オカンが「辛くて止めたい」と言う。子供の事から見てきた、いつも明るくポジティブなオカンの、初めてと言ってもいい位の弱音を聞いたマー君は、苦しむオカンを観たくないこともあって、「よく頑張った。もう止めよう」と言って、泣きながらオカンを抱きしめる。


マー君から検査結果を言われた時の倍賞美津子の表情は、流石に上手くて、それで引き込まれてしまった。そして抗がん剤投与の苦しみの芝居は、見ていられなくて思わず顔をそむけてしまった。それだけ本当に苦しそうだった。

極めつけは、弱音を吐いた以降の表情。まるで恋人を見るような、恋人と別れるような表情で、相手を愛しているからこその目と甘えの表情はすごかったです。

苦悩するマー君こと速水もこみちは、頑張ってるんだけど、やはり力不足が過ぎる。倍賞美津子があれだけいい芝居をしてるから、最終回をいい方向に持っていくには、彼はもっと、もっともっと、ちゃんと芝居をしないと、このドラマはいいドラマにならない。ガンバレ!もこみち!とはいえ、もうクランクアップしちゃってるかな・・・。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
 2007_03_12


9話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

陶子(石田ゆり子)と正式に別居することになったハジメ(ユースケ・サンタマリア)は、息子の力(加藤翼)とふたりだけの生活を始める。そんな中、ハジメは、大学時代の後輩でもあるカメラマン・恵介(鈴木浩介)から、ハジメと陶子の仲人も務めた大学時代の恩師が亡くなったことを教えられる。

ハジメは、陶子に連絡を取ると、力の世話を轟(沢村一樹)に任せて、通夜と告別式の手伝いをするために恩師が住んでいた八ヶ岳へと向かった。ハジメに力の子守を頼まれた轟は、力を連れてハジメの家に戻ると、そこに玉子(ともさかりえ)がやってきた。

互いに軽口を叩き合いながら食事の支度をする轟と玉子の姿を見ていた力は「パパとママはケンカをしたことがない」と言い出す。それを聞いた玉子は、Q&Aサイトに他の男に抱かれた妻を許すことができるのか、と書いたのは陶子なのではないかと轟に告げる。

通夜の席で天文部時代の仲間らと再会したハジメたち。皆に気を遣って無理にはしゃぐハジメ。ハジメと陶子は友人達が用意してくれた旅館で同じ部屋で泊まる事になるが、まともに会話を交わせない。

翌日、仕事があるハジメはそこから真っ直ぐ会社へ。その頃、力が陶子に電話し「今日はママの誕生日だから必ず帰ってきてね」と言い、電話を轟に代わり、轟は「ネットで書き込むとか、ややこしい事をしないで本音で話してみたら?とにかく今日は帰ってきて欲しい。子守は辛いよ」と言う。

轟の優しさと言ってる事を理解した陶子は自宅に向かう。一方、ハジメが会社に行くと玉子に「気持ちを確かめ合いなさい」と諭され急いで自宅に戻るハジメ。自宅に着き、3人で陶子の誕生日を祝う。

そしてハジメと陶子はベランダへ。ハジメは明るくこれまでの陶子を責め、そして自分を責め、2人は仲直りが出来たように見えた。やっとお互いに本音を言い合い、いい雰囲気でキスしようとしたハジメに、春木(藤井フミヤ)がよぎる。それを振り払おうと、再度キスに挑むがやはり気持ちの中に春木が現れる。それを陶子は「解ってるわ・・・」と泣きながら理解するも、ハジメは改めて自分の本音に気付かされ、当惑してしまう・・・。


いやいや、そりゃそうでしょ。浮気っすよ。心が狭いとかの問題じゃなく、1度裏切った人間をそう簡単に許せるもんじゃないですよ、はい。これを乗り越えられるのは相当の時間と努力が必要ですよねぇ。俺はそんな無駄な努力はしませんけどね(笑)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : 今週、妻が浮気します    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_13


10話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

花園ゆり子の担当に復帰した夏世(釈由美子)。嬉しくてたまらなそう。後日、夏世が帰ろうとすると、智(要潤)から「駅まで送っていく」と呼び止められる。

ふたりで駅までの道を歩いていると、航(堺雅人)が若い女性と口論しているのを目撃。と、突然、その女性・みすず(松岡璃奈子)が、航に抱きつく。これを見た夏世はショックで、その場を立ち去る。

航に「追わないのか?」と智は尋ねるが、「俺は、そういうのはいい」と言う。「じゃあ俺が貰っちゃうよ」と告げ夏世を追う。智は「俺じゃダメか?」と夏世を後ろから抱きしめ、ずっと秘めてきた夏世への想いを告白するが、夏世の答えは「ごめんなさい」だった。

そんなある日、兄弟の父の暗い過去が週刊誌にスクープされ、花園ゆり子のファンサイトでも、花園ゆり子の盗作疑惑が持ち上がっているのを編集長が見つける。そこには航が他の兄弟にも隠し続けていた衝撃の事実が明かされていた。

それは、3兄弟の父は画家だったが、盗作をしており、その相手は陽(本郷奏多)の父親であったというもの。それを知っていたのは長男の航だけで、他の2人は全く知らない事実だった。その頃、みすずからその週刊誌を見せられ事実を知った陽は、自宅マンションの“開かずの間”のドアを壊し、中を見た・・・。


お~~、盗作親父の他、更にもう一つ秘密がありそうですな。来週で終わりですけど、1話目から、このドラマのラストはハッピーエンドだろうと思ってましたが、その通りになりそうですね。来週も真矢みき見たさで楽しみにしております。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : ヒミツの花園    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_13


最終回

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

里中(小泉孝太郎)は発売日が4月2日に正式決定となったハケン弁当の最後の詰めで忙しかった。そんな中、美雪(加藤あい)は契約の更新が決まったが、思うところがあり、それを断る。春子(篠原涼子)は当初の宣言通り3ヶ月で会社を去ることを決めていた。

懸案だったハケン弁当のコスト削減策は、米プラスティック製お弁当箱を最初だけ買ってもらう “マイ弁当箱” 方式を採用することでクリア。食材の調達は、マグロのツネさん(小野武彦)の協力で順調に進んでいた。

そんな折、里中は美雪から家庭の事情で契約更新を辞退させて欲しいと告げられる。そんなある日、東海林(大泉洋)からの電話に出てしまった春子は、賢介のパソコンを開くことに。そこにあった東海林のメールから東海林が耐え難い疎外感を味わっていることを知る。

いよいよ、ハケン弁当発売を2日後に控え、春子と美雪の契約終了の日がやってきた。18:00になり退社した春子と美雪。美雪は勤務帰還更新を断った理由を、いずれ別れが来る事が辛くなるので、正社員の道を選択した事を春子に告げる。

当日、米プラスティック製お弁当箱の発注先である新潟が大雪のため、トラックが開店時間までに間に合わないという事態に。春子はそのニュースを成田空港のTVニュースを観ていた。

里中たちが弁当箱の調達に奔走している時、空に1台の飛行機が。そこからダンボール箱が1つと1人の人間が降りてくる。春子だ。春子はそれだけを届けるとその場を去り、スペインへと旅立った。おかげでハケン弁当は難を乗り切る事ができた。

暫く経ったある日、ハケン弁当を当てた里中は、社長賞を貰い、営業へ復帰。春子は紹介予定派遣として再びS&Fへ。里中は東海林のいるS&Fの子会社を訪れていた。そこでは運転手を募集中だ。

そこへ春子が現れる。「何しに来た!」という東海林。「今度はあなたに社長賞を獲って貰うために来ました」と春子。この仕事については、派遣会社を通していない事も告げた。事務と運転手をやるので時給は¥3000だという。

いつもの丁々発止のやりとりをするも、東海林は採用を決める。すると春子はすぐにトラックに乗り込み仕事にかかる。運転する春子は笑顔だった。。。。


春子なりの東海林への愛情表現でラストを迎えましたね~。こお終わり方だと、続編とかは難しいかなぁ。まぁ、こういうヒーロー的なもののドラマって昨今は少ないから需要はあると思うんだよね。
なので、中園ミホには何とか書いてもらいたい所ですね。

楽しく観られたドラマの一つでした^^

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : ハケンの品格    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_03_14


この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

 2007_03_15


タイへ!?

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

もうじき37歳の定年になる辰吉丈一郎がタイに渡るらしい。アメリカじゃなくて、何でタイなんだろ?この間ウィラポンが来日した時に話でもしたんだろうか・・・。

出発は今月末を予定しており、滞在期間は未定だそうだ。「向こうにいる間に試合を決めてもらえればすぐ戻ってくる。でも、どうしても日本で試合ができないなら、ラスベガスでもどこでも行く」って言ってるみたいだけど、引退勧告をしている大阪帝拳が試合を組むとは思えない。

だから、どうしても試合をやりたいならジムを移籍するか、海外のジムに所属するしかないんじゃないかなぁ。

まぁ、彼がやるって言うなら、何も出来ないけど応援だけはしたい。おそらく俺が生きてる間に、こんな魅力的なボクサーに出会うことは無いだろうから。頑張れ!辰吉!

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事
テーマ : ボクシング    ジャンル : スポーツ
 2007_03_15



02  « 2007_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

テレビドラマデータベース

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
40位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキングパーツ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

バロメーター

メールフォーム

ご意見があればお気軽に♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon検索

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

プロフィール

crescent

Author:crescent
小さい頃からTVっ子の
タダのおっちゃんです^^;

好きな役者
 日本:松田優作 萩原健一
    樹木希林 渡辺謙
    大竹しのぶ など多数
 海外:アル・パチーノ
    メル・ギブソン
    ロバート・デ・ニーロ
          など多数
好きな人たちは↓の記事に列挙してます。「ついでという訳ではないですが」

嫌いな役者
 好きじゃないのはいますが、
 基本的に嫌いなのはいない

好きなミュージシャン
 BON JOVI 長渕剛
 Southern All Stars
 浜田省吾
          など多数

好きな芸人
 明石家さんま 島田紳助
 上岡龍太郎 ダウンタウン
 ビートたけし 島田洋七
          など多数

好きなスポーツ選手
 辰吉丈一郎 清原和博
 イチロー 川島郭志

好きなペット・動物
 犬 海豚

好きなこと
 2度寝

好きなモノ
 煙草(Winston)
 ジンギスカン

嫌いなモノ
 自分の事が大嫌い!




pagetop

ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析 ゲーム