2008年01月09日 (水) | 編集 |
1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

う~ん・・・てな感じでしょうかねぇ。原作が漫画でアニメ化されて、更に映画化もされていてのTVドラマ化、当然俺はどっちも見てないんですが、なんだか“あまぁ~いっ!”と、スピードワゴンの井戸田みたいに叫びたくなりました(笑)

ああいう感性にはもう入り込めない年齢になってしまったのかもしれないという寂しさも感じつつ観てました。ん~と、関係としては、竹本祐太(生田斗真)は花本はぐみ(成海璃子)が好き、真山巧(向井理)は年上の原田理花(瀬戸朝香)が好き、山田あゆみ(原田夏希)は真山巧が好き、で、おそらく森田忍(成宮寛貴)は山田あゆみが好きなのかなぁと思ったんだけど、原作では花本はぐみが好きらしいですね。

こういう恋愛が軸になってるストーリーは“青春だなぁ”なんて感じて観られるんだけど、主人公の花本はぐみが、ごく一般的な若者の感性じゃないという設定っぽいんで、どこまでこちらが感情移入できるかがポイントですね。

キャスティングとしては、特に「?」と思った人はいませんでした。生田斗真は案外芝居は上手かったし、 成宮寛貴はこういう役の方が合ってますしね。向井理って、芝居とか持ってる雰囲気が瑛太に似てるかな。成海璃子はどこか陰のある役が多いから、そういう意味ではこういう不思議系な役でも違和感がないですね。

芸術という分野の美術は、他の芸術なんかと同様なんだけど、俺の最も苦手とする分野なので、一体何が良くて作品の評価がされてるのかさっぱり判らない。絵や彫刻を見ても“へぇ~”とか、漠然と“すごいなぁ~”という程度。

なので、右脳が固い俺としては、このドラマの舞台である美大についても興味が無いので、観続けるかどうかはストーリー次第になるわけですが、今のところはリタイア候補に入ってしまってます。どれくらいまで観続けられるか・・・。

でも、既に誰かが演じている役をやるってのは、役者にとっては辛いモノがありますよね。シェイクスピアの作品のように古典的なものならともかく、つい最近に他の人が演じてきた役ですからねぇ。時代背景も変わってるとかそういうものでもないし。ま、そのあたりは元を観ていない自分としては、比較できる材料が無いんで楽しませてくれればそれでいいんですけどね(笑)

ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)
原作:ハチミツとクローバー (1)/羽海野チカ

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
2008年01月17日 (木) | 編集 |
2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

なるほどなるほど。この切なさがウケルわけね。今のところ(といってもまだ2話目だけど)誰も両思いの子がいなくて、みんな一方通行。真山(向井理)とあゆみ(原田夏希)のところは何とかなるのかな。

あゆみのあの告白シーンは切なかったですね~。自分の気持ちを相手が知っているのに、酒の力を借りてるとはいえ、「好き・・・、好き・・・、大好き」なんて改めて言うなんてねぇ。言われた方は確かに「うん・・・、うん・・・、・・・ありがと」としか言いようが無いようなぁ。でも、グラっとは来てるよね。

でもって、あの天才系の森田(成宮寛貴)の自信家っぷりもすごい。はぐみ(成海璃子)のキャラを利用して唇まで奪うという、絵だけじゃなくてこういうのも天才なのね。似たような奴友達にいたなぁ(笑)

そんな森田たちに振り回されているせいか、祐太(生田斗真)の切なさがあんまり感じられないかな。どっちかっていうとコメディー方向へ走ってる感じなんで、今ひとつってところでしょうかね。

個人的には、はぐみみたいな子には全く魅かれないし、感情を表に真っ直ぐ出すようなキャラじゃないみたいなんで、こちらも感情移入がしにくいかな。もう少し観ていきましょうかね。

ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)
原作:ハチミツとクローバー (1)/羽海野チカ

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
2008年01月22日 (火) | 編集 |
3話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

何だか、はぐみ(成海璃子)と祐太(生田斗真)、森田(成宮寛貴)の恋の行方にど~も興味を持てない。やっぱターゲットの年齢層からは随分と離れてるからかなぁ。

全く関係ないけど、柏原崇って病気(頸肩腕症候群)でドラマを降板した後、傷害事件を起こしたとはいえ、暫く連ドラに出てませんでしたよね。それって、まだ病気が続いてるんでしょうか。それとも干されてるんでしょうか。

クールなハンサム役なんかをやらせると結構上手いと思うし、俺の中では“平成の沖雅也”みたいな位置づけなので、なんだか惜しい気がします。さて、来週は一応観るけど、どうしようかなぁ・・・。

ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)
原作:ハチミツとクローバー (1)/羽海野チカ

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
2008年01月30日 (水) | 編集 |
4話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

ん~、やっぱもう感性がすっかりオッチャンになってしまってるんだろうなぁ。はぐみ(成海璃子)の気持ちも祐太(生田斗真)の気持ちも、真山(向井理)の気持ちもあゆみ(原田夏希)の気持ちも解るつもりでいる。

そして森田(成宮寛貴)を含めた5人の恋の行方も気にならないではない。でもね、ど~も感情移入までも行かないし、先が楽しみって程でもないんだよなぁ~。

恋愛のパターンや想いって十人十色だとは思うけど、このドラマでそれを観たいとも思わないという感じになっちゃったんで、リタイアします・・・_| ̄|○

キャンバス
主題歌:キャンバス/平井堅

ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)

ハチミツとクローバー (1) (クイーンズコミックス―ヤングユー)
原作:ハチミツとクローバー (1)/羽海野チカ

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
ブログパーツ アクセスランキング ワキガ