エアカウンターS

スリム軽量タイプの放射線測定器

エアカウンターS
エアカウンターS

スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!

緊急オンライン署名 「スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」 日本全国「お客様の声」

緊急災害募金

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

翻訳Leggero

時計








人気ページランキング


blogranKing.net

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー




Prison Break          Prison Break
Prison Break: Season 4(Import)     サントラ Seasons 3 & 4

プリズン・ブレイク シーズン3 DVDコレクターズBOX (初回生産限定版)                 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン DVDコレクターズBOX1 <初回生産限定版>
シーズン3 DVDコレクターズBOX         シーズン4 DVDコレクターズBOX 1

プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX          プリズン・ブレイク シーズン2 DVDコレクターズBOX
プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX     シーズン2 DVDコレクターズBOX

今回もSonaから幕開け。大佐に撃たれたレチェロの部下が倒れたままの中庭。他の囚人達は彼をそのまま放置していつものように過ごしているが、サミーが彼に布を被せてやった。そこを横切るマイケルに、マクグレディが声をかけた。「マイケル。どう?」といった彼は、いつものバスケユニフォームではなく、普通の襟のあるシャツに綿パン(?)姿で、嬉しそうな顔をしている。「今日は特別な日なんだ。親父が面会に来るからここで待ってるんだ」という。そこに“マイケル、面会者だ”とうアナウンスが響く。マイケルはマクグレディに「似合ってるよ」と言って、面会場所に向かった。
これど~お?.jpg


まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

面会場所のすぐ後ろにある房の窓は、兵士の見張りのもと、強化工事(という大規模な事ではないが)を施している作業員がいる。面会者は勿論リンクだ。マイケルは「LJは無事か?」と訊くマイケルに「無事だ」と答えるリンク。リンクは続けて、「4日間の猶予を貰ったよ」と告げると「・・・そっか、判った」と言って、すぐに中に戻ろうとする。その背中に向かって「交換場所には死体袋が3つあった。生きて帰すつもりじゃなかったんだ。・・・・・もう俺に不意打ちは通用しないさ」と言うリンクに振り向いたマイケルは「で、どうするんだ、リンク」と尋ねた。続けてマイケルは「俺はやらなきゃいけないんだろ?」「・・・マイケル、サラの件で怒ってるのは解る」「嘘ついたろ?」「どうしようもなかった」というリンクにゆっくり近づき「兄さんの息子は俺の甥でもある。助けるためなら何でもやる。でも兄さんはまるで、僕が自分のことしか考えてないと思ってる」「お前は自分を犠牲にしてでも、サラのことを大事にしてた。彼女を愛してたからだろ。・・・本当にすまなかった。LJは俺の息子だ。なんとしてでも守りたかったんだ。解るだろ?」「兄さんは俺を利用した。・・・カンパニーと同じように・・・」と言ってマイケルは中に戻っていった。何も言えないリンクは、ただ見ているだけしか出来なかった。
利用しただろ?.jpg

スーザンが電話しながらホテルの廊下を歩いてる。「どこにいるのか分からないの。あらゆる部屋は見たのに」と言って一室のドアを開けて中に入ると「もういいわ。見つけたから」と言って電話を切った。部屋を奥に進むと、待っていたのはシーズン2でキムが指示を伺っていたスキンヘッドのあの爺さんだ。カーターの青ラベルというワインについて薀蓄を語り、スーザンに「グレッチェン、私は旅行が嫌いでね。だが、ここでの失敗の後始末のおかげでそうも言ってられなくなった」というのを厳しい表情で聞きながら「私が加わる前からこんな風でした」とスーザンが言う。「そろそろ終わらせる時だ。今日中にカタをつける」と言われ“何を無茶な”という顔で爺さんを見つめるスーザン。「Bang&Burn(襲撃)だ」という爺さんに「将軍、その方法は以前に検討しましたが、危険すぎるし時間がかかりすぎます」「そんな事を聞く為に、君に多額の金を口座に振り込んだわけじゃない。それとも・・・私は雇う人間を間違ったのかね?」「再考をお願いするのも私の仕事です」というスーザンを、将軍の目の合図で側近の2人がベッドに押さえつけた。将軍は「ただのアドバイザーに支払う金はない。命令に従って動けばいい。でなければ、モスルでの不幸の再現なんてものじゃなくなる」と言い、スーザンは凍りつく。
雇う人間を間違えたかな?.jpg

スーザンはすぐにウィスラーに面会に来た。「判断ミスだ、グレッチェン。もうSonaに来ちゃいけない」とウィスラーに言われるが、「もう来ないわ。今日、襲撃作戦に出るわよ」とスーザンはウィスラーに告げた。苦笑いしながらウィスラーは「そりゃ自殺行為だ。時間はまだあるだろ」という。「ボスが急げって言うのよ」「上手く行くとは思えないな。俺も殺されるだろう」というウィスラーに、自分の身の危険が迫ってるスーザンは「やらなきゃ私が殺されるわ!」と興奮する。「私とあなた、どちらが大切だと思う?私の目を見て、ジェームス。私がどれだけ切羽詰ってるか分かる?協力できないならSonaに置き去りにするわよ。5時までに準備して。その時刻に作戦開始よ」と言う。「スコーフィールドはどうする?」という問いには「殺しなさい」という言葉を置いて去っていった。
マイケルは殺して.jpg

中に戻ってきたウィスラーは苦悩の表情。「お前と話してるのを見られるとまずいんだがな」と中庭に来たレチェロが足を止めたそこは、中庭を廊下から見られる格子窓。後ろにはマイケルがいる。「軍が窓の鉄格子を補強してる。大佐に数日それを延期するよう頼めないか?」というマイケルだが「もう俺は大佐に頼み事はできない」「それじゃ脱獄なんてできないぞ」「考えがある」と言ったレチェロをサミーが呼びに来た。「あとで報告する」と言ってレチェロはサミーの方へ向かった。
密談.jpg

サミーは「数名の者がもうこれ以上金は払わないと言ってる。この1週間で3人を失ってる。ここを牛耳るには人数を確保しないと」と言うが、レチェロが「ここの連中はもう信用できない。このままの仲間でやる」と去ろうとするのをサミーは「いいんですか?ボスと俺と、あの役立たずしかいないんですよ」と、役立たずとして視線を向けられたのはT-BAG。「クリストバルはどうですか?奴は使えますよ」とサミーがレチェロに進言すると「連れてこい。仲間にするかどうかはわからんがな」と言ってレチェロはその場を去った。
仲間スカウト.jpg

スーザンは大急ぎで作戦室のような所で、「ミサイルや小機銃を装備できるものを探して。クーガーやストライカーは?」と襲撃作戦を進めていた。「ヨーク軍曹じゃダメよ。スーザメルを呼んで待機させておいて」と部下に指示を投げる。「5時開始ですか?」と他の部下に訊かれるが「高速に動くから、夜だとナイトビジョンが機能しないのよ。現地に着いてからそれを確認したいの?さっさと始めて」と厳しい。
作戦室.jpg

ソフィアは自宅で、Sonaからの脱獄者はいなかったという新聞記事を見ていた。ため息をつくソフィアの電話が鳴る。その主はトミー・デイという人物で、ウィスラーが借りていたアパートの持ち主だという。そのアパートでパイプが壊れ、そのせいで隣人の家屋に損傷を与えたので、連絡を取りたかったが行方不明で困っていた所に電話料金の請求書が来たんでそれを見て、何度もかけている電話番号があったんで連絡をしてみたという。ソフィアは「妻ですが、主人はアパートなんて借りてないです。人違いじゃないですか?」というが、その電話請求書の件もあるので、そこに向かうことにした。その電話を盗聴していたスーザンの部下が彼女に報告。
私は妻です.jpg

落ち着かないウィスラーが自分の房で鳥類図鑑をめくり、メモしてあるうちの1ページを開いた。そこには「MAHONE SPECIAL OPS COMPANY? DRUGS? FAMILY+」と書かれている。そのページを破り燃やした所でマイケルが来た。
図鑑の1ページ.jpg

マイケルは「カンパニーがあと4日猶予くれるそうだ。だが脱獄方法がさっぱり思いつかない。レチェロにアイディアがあると言われてるから、今はそれ待ちだ」と話すが、ウィスラーは半分聞いてない様子で時計を見る。3:30だ。それをみたマイケルは気遣ったのか「すまん。今は都合悪いか?」と言うと「一日中張り詰めていたからね。色々と考える事があってな」と答えた。「そうか。何だか最後の面会に行くみたいな感じだな」とマイケルが探りを入れると「なんだ?嗅ぎまわっているのか?」「間違っていたら悪いが、お前があの女と面会していた様子は、ガールフレンドという感じじゃなかったな」「彼女はカンパニーの人間だ。お前が失敗したんで警告にきたんだよ。俺も他人事じゃないってな。お前はもう終わった事だと思ってるかもしれないがな。だから、またお前が新しい計画練ってると聞いたところで、浮き足立っても仕方ないと思うだろ?それはどうせまた失敗するんだろうから。俺はもうここを出ないといけないんだ。それこそ手段は問わないぐらいにな」と言って房を出て行った。不審な顔でそれを見るマイケル。中庭を囲む廊下に出てきたウィスラーは、囚人から何かを買った。タオルで包まれている。それを右のケツポケットに収めた。
彼女はカンパニー.jpg

カーテンを閉め、ベッドランプだけ点けたホテルの部屋でマホーンはベッドに腰掛け、小刻みに震えている。禁断症状が少しずつ大きくなってきているようだ。そこにラングが入ってくる。汗びっしょりのマホーンを見た彼女は「どうしたの?」と心配する。マホーンは「オスカー・シェイルズが・・・、犯され、拷問され、殺された。糞弁護士どもはあいつを無罪にしようとするから、俺は冗談じゃないと思って・・・、やつを殺した・・・、その時俺は・・・、スカッとした。本当にスカッとしたんだ・・・。でもそのときから、奴が命乞いしてくる幻覚がでてくるようになって、それがどうしても消えないんだ。だ、だから落ち着かせるために薬を手にしたんだ。Sonaに入れられたときは、その錠剤が無くて・・・、何かで済ませないといけなくて・・・」と涙目で横に座ったラングに話す。「クスリを差し入れて欲しかったの?」と憐れむ目でマホーンを見るラング。マホーンは禁断症状が手伝って冷静な考えができないのか「今回の件を仕組んだ人間は、俺には利用価値があると思ったんだろ?君がいるのもそれが理由なんだろ?」と勘ぐるが、ラングは「私は尊敬してる人間を、そして心配していた人を助けたいだけよ」と答えた。涙目でラングを見つめるマホーンは「そうか・・・。それには感謝する。でもこんな状態じゃ証言なんてできないよ・・・。頼む・・・」と、みなまで言わないが、薬を要求しているのは明らかだった。
薬をくれ.jpg

房の窓の補強作業を見ているマイケルの所にウィスラーがやってきた。「全ての窓ごとに厚さ1インチの鉄格子が追加か。打つ手無しだな」とウィスラーは言うが「どうにかしてみる」とマイケルは答える。「頼むよ。それと、さっきは悪かったな。さっきも言ったように、気が張っていて成功するかどうかばかりを気にしていた」とウィスラーは謝った。「16歳の俺の甥の命もこの計画にかかってる」と話してるところにT-BAGが陽気な声で声をかけてきた。「何の用だ?」とマイケルが言うと、レチェロからの封書を届けに来たという。「中身は見て無いから安心しな」というT-BAGだったが「レチェロと何を企んでいる?」とマイケルに訊くが「あんたには関係ないよ、セオドア」と一蹴される。「秘密にするんだ?俺を虫ケラみたいにのけ者にするんだな?覚えとけ。情報っていうのはな、床の上に落ちたパンくずに、少しずつ群がってくる害虫のように伝わってくるものなんだぜ」と言って去っていった。
情報ってのはね.jpg

封書を開けてみると、そこにはレチェロの部屋のスケッチが書かれており、“4:00 4413”というメモが記されている。マイケルはすぐにそこに向かう。ウィスラーはケツポケットから、先ほど買ったタオルにくるまれた物を取り出し中身を出した。ナイフだ。それを再びケツポケットに収めてマイケルの後を追った。
4:00-4413.jpg

ソフィアはウィスラーが借りていたという、家具も何も殆ど無い部屋に来て、家主のトミー・デイと話していた。トミーは、家賃を1年分前払いされても引っ越してこないなら、再貸し出しして2重に稼ぐところだけど、ウィスラーがいい人だったのでそれはしなかったという。寂しそうに部屋を見るソフィアに「ほら、あのぉ・・・、人それぞれ何か事情があるじゃないですか。だから、そのぉ・・・、このアパートに誰か連れ込んでも、浮気をしているとは限りませんよ」と慰めた。トミーは善い人みたいだ。ソフィアの「ジェームズの保険証書があるって言ってたけど、見せてもらえる?」という要求のため、それを取りに行ったトミー。ガラ~ンとした部屋には、シングルサイズのベッドとデスク。デスクの上には電話が2台。横にはシュレッダー。ソフィアはシュレッダーの横にある黒のゴミ袋の中を開けるが、そこにあるのはシュレッダーされた紙屑だけ。デスクのいくつかの引き出しの中から封筒を見つけ、中身を出してみるとレシートなんかと一緒に、パスポートが出てきた。
がら~ん.jpg

レチェロの房に着いたマイケルとウィスラー。スケッチによると奥にもう一つの扉があるように描かれている。壁にかけてあるタペストリーを開けると案の定ドアがあり、ドアノブの上には1~0までの数字が2列に並んでいた。メモに記されている暗証コード“4413”をプッシュするとドアは開いた。中に入る2人。そこには地下に繋がる階段があり、酒の入ったダンボールなども置いてあった。階下に降りて更に進むと、またドアがある。だが“4413”の暗証コードでは開かない。そんなマイケルの後ろをゆっくりと付いて来ているウィスラーの右手はケツポケットにあり、そこからナイフを取り出して両手を後ろに組んでいた。ここでマイケルを殺す腹積もりのようだ。もう一つの開かないドアに疑問を抱いたマイケルは「レチェロがこれを送ったんじゃなければ、T-BAGが誰かのためにこれを仕組んだんだ。出よう」と戻ろうとするが、ウィスラーが「マイケル、俺の面倒に巻き込まれてすまなかったな」という。不思議な顔をしてウィスラーを見るマイケル。タイミングを伺うウィスラー。そこにドアが閉まる音がした。
4413のドアを開けた.jpg

慌てて酒のダンボールが積まれている陰に隠れる2人。現れたのがレチェロでホッとした。そこの暗証コードはレチェロしか知らないという。マイケルは「秘密を保持したい人間にとって、T-BAGのチョイスは得策じゃない」とレチェロに促すが「解ってる。だが、奴が気づく頃には俺達はとっくにいなくなってるさ。そろそろサミーも戻ってくる頃だ。急ごう」とレチェロは言って、ドアを開けて奥へと2人を案内した。そこは通路があった。レチェロによると、ここは昔、看守がAブロックの房とBブロックの房を行き来する為に使われた地下トンネルだという。だが、暴動があってから、レチェロを含めた全員がBブロックに移され、軍人達がこのトンネルの途中を爆破して行き来できなくなるように塞いだのだという。程なくして爆破した後の瓦礫の山に着いた3人。既に瓦礫をどけようとした痕跡を見つけたマイケルに、それは自分がやったというレチェロ。そして「お前は技師か何かなんだろ?これを掘れるか?」と訊いた。「ああ、俺とお前とあと数人で」と答えるマイケル。「なぁ、ここを掘れば抜け出せるよな」と確認するレチェロに「掘って抜け出すんじゃなく、上を突き破った方がいいかもしれない」とマイケルが答え、上を見た。
突き破るか?.jpg

パスポートにあるウィスラーの写真と“ゲイリー・ミラー(GARY MILLER)”という名前を確認していたソフィアの所に、スーザンが来た。スーザンは笑顔で「こんにちは。ソフィア」と話しかける。「こ、こんにちは・・・。誰?」というソフィアに、古い友達だと答えるスーザン。逃げようとするソフィアの首を軽く捕まえて壁に押し付け「あなた美人ね~。彼が惚れるのも解る気がするわ」と持ちあげつつ、「いいこと?もしあなたが余計な詮索をするというなら、ジェームズがとても悲しがることをするわ。解るわよね?」というスーザンの言葉に小さく頷くソフィアの手から、パスポートをもぎ取った。そして「このパスポートに関して心配する必要はないわ。いい?よく聞いて頂戴、ソフィア。危害は加えないから。あなたはこれから家に戻って、髪と爪を整えて、ジェームズが戻るときの準備をしてなさい。全てが終われば幸せに二人で暮らせるわ。だからもう首は突っ込まないで。さもなければ良くないことが起きるわよ。大人しくしてくれること祈るわ」と言い、ソフィアを解放。ソフィアはアパートを出て行った。スーザンは用意してきたゴミ袋に、デスクの上の物を入れていく。
美人ねぇ.jpg

マイケルが「仮にこの天井と基盤と土をどうにかできたとして、誰もいない所に抜け出られれば、多分、撃たれる前にフェンスに行けるはずだ」と説明する。時計を気にしながら聞いていたウィスラーは「掘るなんてしんどいよ」と言うが、レチェロに「掘るしかないだろ」と言われる。マイケルの説明は続く。「重力とSonaが建設されている砂の種類からすると、トンネルに支柱が必要だ。じゃないと崩壊して生き埋めだ」と言う。
マイケル説明中.jpg

サミーが仲間にしたいと目をつけた3人を引き連れて戻ってきた。レチェロが「どれぐらいかかる?」とマイケルに尋ね、「2日ぐらいだな。地上に上がって正確にどんな感じにトンネルが無人地帯につながっているか調べてくる」と打ち合わせをしながら戻ってくると、上でドアの閉まる音がした。ウィスラーとマイケルは素早く隠れる。レチェロは途中まで階段を登って行き、ラム酒を取りに来たサミーをせき止める。何かエサを与えないと奴等も仲間にならないと食い下がるサミーに、レチェロは「ラムは俺の物だ」と言って睨み、何とか上に戻した。レチェロも後を付いていく。マイケルは「よし、戻って取り掛かろう」と言って、奥の部屋に向かった。後ろ手に隠していたナイフをラム酒のダンボールが積み上がった壁との隙間に隠したウィスラーが「暗号を知ってるのはレチェロだけだろ?」とマイケルに言うと、「もう不要だ」と言ってあっさりとドアを開けた。戻ってくる際にマイケルは、ドアに何か(ダンボールの破片?)を挟み、ロックされないように仕掛けをしていたのだ。
サミーを説得中.jpg

ホテルにいて汗びっしょりのマホーンの元に、今度はサリンズが来た。異様なマホーンに「どうしたんだ?」と尋ねるサリンズだが、「神経質になって悪いか?俺の人生なんてこんな感じだろ」と答える。「兎に角、顔を洗ってスーツを着ろ。行くぞ。それとも、Sonaに戻りたいのか?」とサリンズ言われる。そしてサリンズは「今から行くが、ラングは何処に行った?」と部下(?)に電話した。
どうしたんだ、マホーン.jpg

スーザンが作戦準備室に戻ってきて進捗状況を確認。準備完了と報告されたスーザンは「私達も進めるわ。もうじき5時だし、ウィスラーもそろそろ動く頃だわ」という。
作戦室に戻ってきたスーザン.jpg

その頃、マイケルは「3フィートのコンクリートと鉄筋、加えて10フィートの砂と泥。それが空が見えるまであるのかぁ」と思案しているが、ウィスラーは汗をかき落ち着かない。それを見たマイケルは「どうした?」と訊く。ウィスラーは「正直いうと・・・、いや、ダメだ。そのぉ、閉じこもった場所は苦手で・・・」と呼吸が荒い。「閉所恐怖症なのか?」「子供の頃にちょっと・・・。だからちょっと上に出たい」「それはできない相談だ」「でもここにいるのもできない相談だ」「落ち着け!」「外気に当たりたいんだ」と言って。ドアを開けて出て行くウィスラーを追い、マイケルも出てきた。「どうしたんだ?扉を通り抜けると向こう側にはサミーがいて、全てが台無しになるぞ」というマイケルに、どうしても出て行くと聞かないウィスラー。そんな彼を引きとめ「どうしてここにいようとしないんだ?どうして時計ばかり見ている?」と詰め寄っている所に、レチェロが「連中が帰った。今だ!行け!」と呼びに来た。納得のいかない顔をするマイケルだが、今ここを出ないわけにはいかず、一緒にレチェロの部屋に戻ってきた。そして、リンクに電話したいから携帯電話を貸してくれとレチェロに頼むが、「そんなことよりさっさと出て行け」と言われ断られた。
閉所恐怖症か?.jpg

リンクとスクレは、電気も水も引かれていない森の中の小屋を交渉の末、月額100ドルで借りることにした。貸主はスクレを見て「マリファナ栽培はダメですよ」と注意する。ちょっとムッとしたスクレに「だってさ」とリンクが助け舟を出す。貸主は鍵を渡して去っていった。2人は森の中を歩きながら話していた。「俺もそしてマイケルももう十分助けてくれたと思ってるから、もしここで抜けたければそれでもいんだぜ」とリンクが言うと「もし俺に息子がいて同じ状況だったら、あんたとマイケルは俺を助けなかったりするのか?」と協力続行を宣言するスクレ。この問いにリンクは感謝の気持で「助けないよ」とジョークで返答した。頃のいい場所で「そこに置いてくれ」とリンクはスクレに持たせていた、何とも時代遅れなダブルカセットラジカセを置かせた。それにはマイクが繋がっている。そのマイクを持ってスクレは少し腕を伸ばして片耳を塞ぐ。リンクは空に向けて銃を9発~10発程発射。その銃声を録音しているようだ。
ラジカセかい.jpg

中庭で父を待っているマクグレディに駆け寄り、彼の父にメッセージを外に伝えてくれるよう頼んだ。無理だと答えたマクグレディだったが、「君がお父さんを大事に思うように、俺も兄貴が大事だ。もし彼がメッセージを受け取れなかったら大変なことがおきる。だから頼む。電話をかけるだけなんだ」と頼んだ。
頼むよマクグレディ.jpg

“父はカミソリの刃のような人”と形容していたのとは裏腹に、優しそうな笑顔でマクグレディに会いに来た彼の父。嬉しそうなマクグレディ。彼の服装を見て「学校にいたときの写真みたいだよ」という父。そしてマクグレディはマイケルに頼まれた件を切り出した。その後ろからウィスラーも出てきた。面会人が来ているようだ。面会者はソフィアだった。ウィスラーは「今日はリンカーン・バロウズには絶対近寄るな。危険すぎる。傍にいたり、一緒に行動したり、周囲にいてはいけない。家に戻って、今夜の俺からの電話を待っててくれ。今いえるのはそれだけだ」「電話ってどこから?」というソフィアの言葉を遮り、「判ったか?約束するよ」と言う。「判ったわ。でも、どうしてそんなに怯えてるの?」とソフィアに聞かれ「君を傷つけたくないから。世界中の誰よりも君を愛してるから・・・」としか答えようの無いウィスラー。ソフィアは嬉しいのか悲しいのか、涙しながらアパートの件を尋ねるが、ウィスラーはシラをきり、兎に角リンクから離れていろと言う。ソフィアはウィスラーを信じていない目をして「電話を待ってるわ」と言って、ウィスラーが金網から差し出した指にも触れずに帰っていった。
管理人から電話が.jpg

マクグレディと父の面会は、まだ続いている。「ほら、持って来たよ」と父は大きな箱を見せるが「見たくないよ」というマクグレディ。「他のも持ってくるよ」という父に「家には戻りたくない。許して」とマクグレディは言って、2人は暫く沈黙。「もう行って。友達のためにその電話をして」と、何故か追い払うマクグレディ。悲しい顔をした父は「誕生日おめでとう」との言葉を残して去っていった。怒ってるような表情に見えるマクグレディ。あんなに楽しみにしていたのに・・・。あの箱の中身は何なんでしょう・・・。
誕生日おめでとう.jpg

町の人通りの比較的に少ない場所にフォルクスワーゲンのカブリオレを停めて降りたリンクとスクレ。「銃が要るかも。それで家を固める」「新しい物を追加しちゃダメだ。廃墟のように見せないと」と話してるところに、リンクの携帯が鳴る。電話に出ると、それはマクグレディの父からだった。「メッセージがある。“ディナーに家に帰るな”」「誰だ?」「ディナーに家に帰るなと電話するように頼まれた」と言って電話は切られた。「どうした?」と訊くスクレに「俺とマイケルがガキの頃、社会福祉事業団が俺を少年院にブチ込もうとしていた時に、暗号を使っていたんだ。マイケルは気をつけろと言いたいんだろう」とリンクはスクレに言いながら通りに出てきた。それをスーザンの部下が見ている。するとリンクとスクレの前にソフィアが現れた。リンクは「ここで何をしている?」と訊くが「どうして電話に出ないの? それと私の車・・・」とソフィアは興奮気味。会話は聞こえていないが、その様子をスーザンに電話で報告している部下は「リンク達は今ホテルに戻ってきた。でもウィスラーの彼女が彼等をつかまえて何やら話している。あれを見た後だから、彼女が面倒な事をしかねない。ちゃんと彼女に言ったか?」と言うと、スーザンは「警告したわ。・・・全員ヤッちゃって」と命じる。「ウィスラーはいいのか?」「言ったでしょ。全員ヤッちゃって!」とスーザンは再度命じる。
ソフィア現る.jpg

リンクは「お前の彼氏のアパートなんてどうでもいい」と言うが、ソフィアは「よくないわ。私がそこに行ったら女が出てきて脅迫されたわ。女はジェームズを知っていたの」「・・・スーザンだ・・・」と言ったリンクに「彼女を知ってるの?」と訊くと、スクレが「LJを拉致している女だ」と答えた。一瞬、“え?”という顔をしたスーザンだが「私が見つけた彼のパスポートを持って行ったわ。そこにはジェームズの年と誕生日があったけど、名前はゲイリー・ミラーと書かれていたの。リンカーン、何がどうなっているの?」とリンクに詰め寄った。リンクは「教えてやるよ。お前の彼氏は嘘つきだ。最初からそう言っているだろ」「ジェームスは、今日はあなたから距離とるように私に言ったわ。危険だからって」とソフィアが言った所で、車に乗って見張っていたスーザンの部下達が車から出てきた。リンクがどこかに電話すると、それはレチェロの携帯に着信した。しかしタイミングが悪い事に、電話に出たのはサミーだ。リンクは相手が誰だか判ってないので「マイケル・スコフィールドを出してくれ。俺は兄だ」「どうしてこの番号を知ってる?」「数日前にそこから電話してきただろ。返事はしなかったけどな。でも、今はマイケルと話す必要があるんだ」というが電話を切られた。近づいてきたスーザンの部下達を確認したのか、彼等に背を向けて3人は歩き出した。それを追うスーザンの部下達。
スーザンの部下.jpg

一方、リンクとサミーのやり取りを見ていたレチェロにサミーは「マイケルスコフィールドの兄だなんて信じます?」と言った。「誰が電話してきて、誰に電話するかなんてのは俺の問題だ」と言われたサミーは、無言でレチェロを見て去って行った。
マイケルの兄から電話だってさ.jpg

スーザンの部下3人が角を曲がって来ると、リンクが駐車した車の横にソフィアが1人で立っていた。「お友達はどこかな?」とソフィアに銃を向けた。「知らないわ。撃たないで!お願い!」と近づいてくる2人の部下に向かって言うと、1人の背中にリンクの銃が当てられた。「銃を捨てろ」というリンクの声で気がついたのか、少し離れた場所にいたもう1人の部下のリンクを撃とうとした腕を、スクレが陰から鉄パイプで思いっきり叩く!それをリンクが一瞬だけ振り向いて見た隙に、銃を当てられていた部下がリンクの腕を払い、殴り合いになる。リンクは2人を相手にし、1人の奴の頭を思いっきり車のガラスに叩きつけ、ガラスも割れてそいつは気絶。スクレはさっきの男と戦い、のして銃を奪った。最後の1人の部下はソフィアを人質にしてリンクに銃を向ける。リンクとスクレも部下に銃を向ける。部下は「別の日にも似た状況だったな、リンカーン。あの時はLJがこういう状態だった。それと同じだ。大人しくして銃を下ろせ」とリンクに言うが、銃を下ろさないリンクに続けて「リンク、あの時に学習しただろ?」と言う。スクレも撃てずに構えたまま。リンクは「その通りだ。俺は学習した」と言って3秒ほど沈黙した後、部下を撃った。彼は即死。ソフィアの首には、彼から飛び散った血が少し付いていた。信じられないという顔でリンクを見るソフィア。
学習したろ?.jpg

国際審理が始まっていた。審理官の説明の間、既に禁断症状が限界なのか、マホーンは手首を血が出るほど掻いていた。それを横に座って見ていたサリンズは「ふざけてるのか?」と言う。審理官が「カンパニーと呼ばれている団体の一員と最初に接触したのはいつですか?」と問う。「彼らが言うには、フォックスリバー脱獄囚の8人全員を殺してないと知れば、私を追ってくるでしょう。彼らはスコフィールドと、と、と、共に、だ、だ、だ、脱走を目論んでいてカンパニーもよく分かってないらしい」とドンドン禁断症状が表れてくる。「マホーンさん、質問に関連した事に答えるよう、お願いします」と注意されるが「こ、こ、これは全て繋がっているんだ。これは丁度 あ、あ、網のように。そして、そして、 お、 お、俺もその網に捕まった。リ、リンカーン、バ、バロウズもママ、マイケル・スコフィールドもだ」というこんな状況を好転させようと、サリンズがマホーンの回答を遮って代弁しようとするが、審理官はそれを受け付けない。マホーンの証言の途中に入室してきたラングも“こりゃひどい”という顔をして見ていた。そして掌にあった2つの錠剤をゴミ箱に捨てた。マホーンの為にせっかく手に入れてきたのに間に合わなかったようだ。審理官の質問は続く。「もう一度尋ねます。あなたが最初にカンパニーから接触を受けたのはいつですか?」と訊かれても「言えない。何故なら、彼らは、き、き君に接触できるし、実は君も彼らにせ、せ、せ、接触できるんだ。おかしな話だろ?ただ一つ単純な事実がある。これは真実だ。俺が生涯をささげて来た政府は、俺を操り、脅迫したんだ。政府のために殺人をするように!そして俺は命じられた事をした・・・。家族を守るために。だから・・・、俺は家に帰りたい。できるのか?・・・頼むよ」と喋りまくったマホーンを見たサリンズは、それまで取っていた姿勢を崩し、背中を椅子の背もたれにつけた。もうダメだと諦めたようだ。
家に帰りたい.jpg

日当たりの悪いSona内の廊下に立ち、天井のはめ込みの一部が少し外れているのを見上げているウィスラーに、マイケルが「どこにいたんだ?」と声をかける。ウィスラーは「トンネルの支柱用に鉄クズを探していたんだよ」というが、マイケルは「本当か?」と言って上を見上げ、外れてる部分をズラした。人が1人、丁度通れそうな隙間だ。「この穴は非常に狭く圧迫されそうなんだが、さぞかし新鮮な空気があるんだろうな。それとも閉所恐怖症がもう治ったのか?」とマイケルは詰めた。
天井の穴.jpg

「どうしてそういつも猜疑心ばかりなんだ?」「言っただろ・・・」と言った所でT-BAGが「口論に割ってはいるのは気が進まないが、レチェロが話したいそうだ。お前の兄貴の事らしいぜ」それならば仕方が無いと、ウィスラーを残していく事に気が引きつつレチェロの部屋へ。レチェロはT-BAGに席を外せという。面白くない顔で舌なめずりをして外すT-BAG。「いいか。お前の兄貴がまた俺の携帯に電話してきたら、お前が料金支払う事になるんだって教えてやれ」と言って、レチェロはマイケルに携帯を渡した。すぐにリンクに電話。「メッセージは受け取ったか?」「ああ。俺達を殺そうとしていたよ「やっぱりそうか。リンク、ウィスラーがカンパニーの奴と面会していた。それ以来、彼の行動が妙なんだ。何かが動いている」「奇妙どころの話じゃない。奴はソフィアに、危険だから俺のそばに近づくなと言った。その後にカンパニーがやってきた」というリンクの話を聞き、マイケルは「俺達はもう不要なんだ」と気付いた。その時スーザンは「始めましょう」と作戦室で指揮を取り始めた。マイケルは「やつらでウィスラーを脱獄させるつもりだ」といった頃、Sonaの上空にはヘリコプターが到着。ウィスラーは先ほどの天井から屋上に出てきた。“目標まで100ヤード。警戒しろ。迅速に侵入して撤収だ”という無線がスーザンの作戦室に流れている。ウィスラーはヘリに向かって「ここだ」と言って手を伸ばす。
俺達は不要なんだ.jpg

急いでさっきの廊下に戻ってきたマイケルは「くっそ~」と言って、ウィスラーが台代わりに使ったであろう長机にマイケルも乗り、屋上へと出た。パナマの軍がSonaに入ってきた。ヘリは容赦なくパナマ軍を攻撃。車が撃たれて炎を上げる。ウィスラーは「ここだぁ~! ここにきてくれ~~!」とヘリを見上げながら両手を伸ばしている。マイケルがウィスラーの背中を叩き、振り向いた彼を殴る。ウィスラーも殴り返し、殴り合いが始まった。
ここだ~.jpg

見張り塔の1人が「ヘリが一機と、顔は確認できませんが囚人が二人屋上にいます」と軍に報告。見張りは銃を構えたが、ヘリからのスナイパーにやられる。ヘリには地上からも攻撃されるが、どうやら当たっていない模様。屋上ではマイケルとウィスラーの戦いが続いている。ヘリがハシゴを伸ばしウィスラーがそれを掴んだ。そのまま上昇するヘリだったが、マイケルがウィスラーの腰あたりに飛びついた。ヘリは上昇し続け、中庭の上空を彷徨ってる。地上からの攻撃もあって、中々移動できないヘリ。我慢できなくなったウィスラーが手を放し、2人とも屋上に落ちた。“ウィスラーを失った。撤収!撤収!作戦失敗。直ちに帰還せよ”という無線を作戦室で聞いていたスーザンは呆然。肩を落とす。
ぶら下がる.jpg

屋上に叩きつけられた2人だったが、ウィスラーがいち早く立ち上がり、出てきた場所からSonaに戻ると、例の警報が鳴った。ウィスラーは上着を脱ぎ捨てた。マイケルも何とか戻り、囚人達とは逆行して房の中を見ていく。やっと着替えられそうなシャツを見つけて着替えた(でも、殆どデザインも色も変化が無いシャツなんですけど・・・)。着替え終わり房から出ようとしたところで、軍人に腹を殴られて中庭へ。囚人達もいつものようにポーズ。
着替え.jpg

スーザンの携帯が鳴っているが、彼女は出ようとしない。
電話に出ない.jpg

マホーンの審理が終わり、審理官達とラングが出てきた。廊下のソファに座っているマホーンに、ラングは「ごめんなさい。ソナにまた戻さなくちゃいけない・・・」と泣きそうな顔をして告げた。
Sonaに逆戻り.jpg

Sonaには、いつも通りの大佐が入ってくるのかと思ったら、もっと位の高そうな爺さんが入ってきて、立ち止まることなく囚人達の中を歩き回っている。そしてマイケルの前で立ち止まった。どうやらマイケルを探していたようだ。「立て!・・・スコフィールド。この2日の間に2度もの脱獄未遂があった。君がここに来た直後にこれらが発生してるのは、私には偶然とは思えない」と言う。「俺には関係ない」というマイケルを、爺さんはいきなり殴った。「君はSonaで問題を起こしすぎた。ここに収監されるべき人間じゃないんだろう。Sonaにお別れを言うんだな」と言い「連れて行け!」と部下に命じた。マイケルは軍人達に連れて行かれ、正面の門から出されて扉は閉じた。
Sonaじゃない.jpg

俺には関係ない.jpg

バイバイSona.jpg


というところで来年へ(´Д⊂


何なんでしょー~~?マホーンは出るのかと思ったら戻され、かと思ったら今度はマイケルが出され・・・。今マイケルにいなくなられると一番困るのはレチェロでしょうね。マイケルは一体何処へ連れてかれるんでしょう?予告を観ると「・・・」に入るみたいですが。とりあえず、Sona内に残った連中の派閥争いや、リンクが考えてる作戦って何なんでしょうね。で、作戦に失敗したスーザンはどうすんのかなぁと、楽しみな展開が広がってきてるだけに、何度も言いますが、変な終わり方だけはしないでほしいと思いながら、2ヶ月間を過ごしたいと思います。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

↑をポチッとしていただいた方は次回(と言っても来年ですねぇ・・・)の予告「Boxed In」へ。これを観ながら、あれこれ想像しながら、首を長~~くして待ってましょ。
こちらです。↓↓↓



ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store


テーマ : プリズン・ブレイク    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_11_14



03  « 2020_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

テレビドラマデータベース

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
40位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキングパーツ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

バロメーター

メールフォーム

ご意見があればお気軽に♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon検索

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

プロフィール

crescent

Author:crescent
小さい頃からTVっ子の
タダのおっちゃんです^^;

好きな役者
 日本:松田優作 萩原健一
    樹木希林 渡辺謙
    大竹しのぶ など多数
 海外:アル・パチーノ
    メル・ギブソン
    ロバート・デ・ニーロ
          など多数
好きな人たちは↓の記事に列挙してます。「ついでという訳ではないですが」

嫌いな役者
 好きじゃないのはいますが、
 基本的に嫌いなのはいない

好きなミュージシャン
 BON JOVI 長渕剛
 Southern All Stars
 浜田省吾
          など多数

好きな芸人
 明石家さんま 島田紳助
 上岡龍太郎 ダウンタウン
 ビートたけし 島田洋七
          など多数

好きなスポーツ選手
 辰吉丈一郎 清原和博
 イチロー 川島郭志

好きなペット・動物
 犬 海豚

好きなこと
 2度寝

好きなモノ
 煙草(Winston)
 ジンギスカン

嫌いなモノ
 自分の事が大嫌い!




pagetop

ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析 ゲーム