レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO

ノン・ジャンル

PrisonBreak Season2(14話以降)~Season5のあらすじ、24 Season6のあらすじあります。メインはTVドラマ。他に映画・音楽などのエンターテインメントやTV観戦したボクシングの感想、その他の雑感です。

Category [Prison Break SeasonⅢ 第6話「Photo Finish」 ] 記事一覧

PrisonBreak Season3 /プリズンブレイク シーズン3 第6話「Photo Finish」 (当然、ネタバレあり)

Prison Break          Prison Break
Prison Break: Season 4(Import)     サントラ Seasons 3 & 4

プリズン・ブレイク シーズン3 DVDコレクターズBOX (初回生産限定版)                 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン DVDコレクターズBOX1 <初回生産限定版>
シーズン3 DVDコレクターズBOX         シーズン4 DVDコレクターズBOX 1

プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX          プリズン・ブレイク シーズン2 DVDコレクターズBOX
プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX     シーズン2 DVDコレクターズBOX

レチェロ御一行様

いつもの中庭。マクグレディはいつものようにバスケで遊んでおり、サミーは囚人から金目になりそうな指輪を奪い、レチェロに渡す。

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

が、レチェロは「いらいない。お前がつけてろ」と鰾膠も無い返答。レチェロ御一行様がそのまま中庭に進んでいくと、マクグレディの取りこぼしたボールが、とうもろこしの皮(?)などが入ったバケツ(っていうかゴミ箱)を倒してしまい、それがレチェロの足元に倒れた。すかさず足を掃いに行くT-BAGだが、レチェロは「気にするな」といい、ボールを取りに来たマクグレディを見ている。硬直するマクグレディ。レチェロはT-BAG達に「戻ってろ」と命じ、マクグレディに「何かいう事はあるか?」と言い、ボールを取りに近づいてきたマクグレディより早くボールを持ち「注意して遊びな」と言ってボールを渡した。「判りました」と去っていったマクグレディから、視線を足元のとうもろこしの皮に移し、その中に何かを見つけてそれを拾い、ポケットへ入れた。
倒しちゃった・・・

マイケルはウィスラーに「マクファデンだろ?」と言ってきた新人の後を追って声をかけた。彼はティグだと自己紹介をした。「ウィスラーがニースから来たってのはホントか?彼は大使なんて知らないといってる」とマイケルが言うと「“大使(anambassador)”じゃない。“アンバサダーホテル(The ambassador)”だ。俺はそのホテル(The Ambassador Hotel)で接客係だった。あいつはそこで数ヶ月働いていたよ。証明はできないけどな」と答えた。
ティーグに声をかけるマイケル

3:13の決行まで3時間41分しかないのに、警戒区域に行く手立てがなく、マイケルとウィスラーとマホーンは、計画に苛立っていた。警戒区域に行くのは何とかするが、その前にそこに行ける事を明確にしたいというマイケルにウィスラーは「フェンスは?1度スプレーしただけだろ?俺は感電死したくないぜ」という。「もう1度薬品を撒いてほしいのは山々だが、もう無理だ」とマイケルが言うと、マホーンが「墓を掘る理由があれば別だ」と言ってきた。「そのために誰かを殺そうっていうのか?」とウィスラーが言う。「脱獄するためならお前を殺してもいい」とマホーン。マイケルは「脱獄のためにはハシゴが要る」というとマホーンはフェンスを越えた後の事を訊くが、マイケルはそれには答えず「ハシゴを探してくれ」と言ってその場を離れた。
ハシゴが要る

ウィスラーは金を渡してハンモックを手に入れ、マホーンと一緒に2階から中庭で食糧配給に並んでいるティグを見ていた。マホーンもウィスラーに「ニースには行ったことは無いが、美しい街だそうだな」とカマをかけるが「知らないな」と答えるウィスラー。「奴がお前を知っているかはどうでもいい。だが、奴がお前を監視してる事が気になる」とマホーンは言う。「もうすぐここから出られるんだ。あいつはもんだいにならないだろう」という。そんな会話中、“スコフィールド、面会者だ”というアナウンスが流れた。
ニースは綺麗な町?

焼きとうもろこしの配給に並んでいるティグに「よお。サイコロ遊びをしたことがあるかい?俺の房へ来いよ。教えてやるぜ」とベリックが話しかけてきた。ティグは「お前の房でサイコロ遊び?お前は裸の男なら誰にでも優しくするのか?俺はお前とはヤらないぜ」と言って追い払った。
ティーグに話しかけるベリック

マイケルは面会に来たリンクに「2つの塔の見張りをなんとかしたい。1人は対処できたが、もう1人は兄貴の助けが要る」と言って畳んだ紙コップを渡した。続けて「毎日1時にあの見張りは昼休みを取りコーヒーを飲む。それが何処なのかを調べて、カップに薬を入れて欲しいんだ。俺達が脱出中に意識を失くすように」「あと3時間しかないぞ」「いい訳はしない。3:13に行動を開始する。ビーチに着くのが3:25だ。カンパニーは今夜9時に決行だと考えてるよな?」「これ以上奴等に嘘はつけない」「2人の監禁場所を調べる時間が要るんだ。場合によっては助け出すために。銃は?」「ああ、手に入れたよ」と答えるリンクは天を仰いだり俯いたりしながら答えた。マイケルに「LJは?サラは?」と訊かれて俯きながら「元気だ」と答えるリンク。「写真は?」とマイケルに訊かれても「ないんだ」としか答えられないリンクに「2人が生きてる保証は?これをやるのは2人のためなんだ」と言うも、リンクは「スーザンが元気だと言うのを信じるしかない」と答えるのが精一杯。「誰も信じるなと言ったのは兄貴じゃないか。なのにスーザンは信じるのか?」というマイケルに「時間が無いんだ」というリンクにマイケルは業を煮やしたのか怪しいと感じたのか「2:30までにLJとサラの写真が無ければ、俺は何処にも行かない」と告げた。
写真が無いと出ない

スーザンがLJに食事を持って来た。何故か彼女は下着の上にシャツを羽織っているだけだ。「2年前、私はモスルで軍にいたの。そして囚人に捕らえられた。数日後の夜、米軍のヘリの音を聞いた。ドアは閉じられていた。それでも私は後ろ手に縛られたまま走ったわ。もし救出作戦ならヘリの音が聞こえるはずないと思ったの。でも、その時は人質の交換作戦だと気付かなかったのよ。そして脱出は敵対行為だとされて、すぐにまた捕らえられた。銃撃戦で6人が死んだわ。それから3週間・・・・・男はブタよ・・・。はっきりしましょ。これは人質交換よ。英雄になろうとしなければ、あなたもリンクも大丈夫。いいわね?」と自身の話をしてLJに釘を刺し、部屋を出て行った。
LJとスーザン

「だからレチェロを選んだのさ」とレチェロの部下がT-BAGに話しながらレチェロの部屋に戻ってきた。「ノーマン?税を払ったら殺すだろうね」とその部下と談笑してるとサミーが「いつでもお前を殺すだろう」と会話に入ってきた。サミーは「喉が渇いた。飲み物を用意したらどうだ?」と偉そうに言うもんだから、T-BAGは「俺は昇格したんだよ・・・小僧」と言った。この“小僧(boy)”という言葉にキレたサミーはテーブルの上にある鶏の足を掴み「何て言った?」とT-BAGの前に立った。そこにレチェロが来て「俺が話す。行け」と言って鶏の足を取り上げた。「このままじゃ済まさん」というセリフを残し、サミー達部下は部屋を出た。2人きりになったところでレチェロは、今の件ではなく、T-BAGに命じていた裏切り者の進捗状況を訊いてきた。T-BAGは「時間がかかるんだ。あいつらに向かって
“裏切者、手あげろ!”とは聞けない。疑いを調べようとするといつもサミーが横やりを入れてくる。奴が裏切り者だというんじゃないぜ」とウィンクする。「お前の理論は聞きたくない!結論を示せ」と言ってその場を去るレチェロに、苦々しい顔をするT-BAG。
苦々しい顔のT-BAG

リンクをSonaの近くに車を停めて待っているソフィアとスクレ。戻ってきたリンクはマイケルに渡された紙コップをソフィアに確認してもらい、ここから数キロ先のウリーベスというワインショップだと判った。スクレに「塔の見張りは誰なのか見分けられるか?」とリンクが尋ねた。「捕まりたくないよ」というスクレに「できるのか?できないのか?」と語調を強める。「・・・できる」という答えを貰うと、リンクはすぐスーザンに「欲しいものがある」と電話する。
スクレに問うリンク

マイケルは辺りを見渡しながら、サミーの房に入った。そこの窓からは見張りが見える。見張りは飲み終えた紙コップを投げていた。それを確認したマイケルが房を出ようとすると、サミーが手下達と戻ってきた。出られなくなったマイケルはとりあえず奥の方に隠れた。先ほどT-BAGと“ノーマン”について話していた手下が「昨夜トランプを探してたら、こんなのを見つけた。隠してたんだな」と言って葉巻をサミーに見せた。サミーは笑いながら「吸っていいぜ。この葉巻は不味いし」と言った。「こんないい葉巻は手に入らないぜ。どこで手に入れた?アウグストか?」と訊くと「奴が俺に贈り物をしてくるが、俺は奴のためには働かないぜ」というような会話をしてる間に、マイケルは潜んでいたところにあったドアから何とか逃げる事ができた。
葉巻吸ってもいいよ

マホーンが面会者に会いに来た。「お久しぶりね」と声をかけたのは、かつての女性部下のラングだった。彼女は「あなたをここから出す為に来たの。48時間以内に別の刑務所に移送できるわ」と朗報(?)を持って来た。マホーンは「サンタ・ルイスのか?何年位食らい込む?25年か?無期懲役か?」と訊く。「サリンズは中警備がいいって言ったけど説き伏せたわ。長官はリンカーン・バロウズの陰謀について証言することを交換条件に自由裁量を与えてくれたわ。だから・・・8年ではどうかしら?サリンズが仕上げを終え次第すぐ連れ出せるわ」というラングに、マホーンは「君の努力には感謝するよ。だが、8年は長すぎる」と断った。「どうして?今は10年なのよ?もしこの条件に同意しなければ、政府は全ての罪を大量殺人罪としてあなたに着せることになるわ。そうなれば あなたは一生檻の中なのよ」と説得するラングに「努力には感謝するよ。だが、無理だ」と言って「アレックス!」と叫ぶラングに振り向きもせずにマホーンはSonaの中に戻っていった。
ラングの説得

マイケルとウィスラーは、ハンモックを結び直してハシゴを作っているようだ。ウィスラーが「ここから脱獄する時、もし俺が失敗したらこれを彼女に渡してほしい」とメモらしきものをマイケルに渡し、マイケルは中身を見ず「OK」と言ってポケットに収めた。続けてウィスラーが「俺も同じ事ができるが・・・」と言うが、マイケルは「ここを錨結びしてくれ」と言う。「ただ頼みを聞こうと思ったんだ」というウィスラーに「もし僕一人が失敗して、本当に何かしたいなら契約の責任を果たしてくれ」とマイケルは答えた。「できることは全てやるよ」というウィスラーに「それが本当だということを祈るよ・・・、で、結び目は?」とマイケルが言うと「この通り、できてるよ。試験は通ったか?俺は漁師だと言っただろう?」と答えた。この期に及んで疑ってるのかよという不満顔なウィスラー。
ハシゴ作り

そこにマホーンが「状況は?」と尋ねてきた。「警戒区域まで行ける房を見つけた。最初の計画(封鎖されたマイケルがいた房の場所)よりフェンスまで遠いが、やるしかない」というマイケル。「どれだ? 誰が住んでる?」「パポ、チェオ、サミーだ。2階にあって、他の見張り塔から見えずフェンスまで直通なのはその房だけなんだ」「そこに誰もいないって保証はあるのか?」「2時には全員昼のサッカーゲームのために中庭に出る」というマイケルに「まだ始まってない自信はあるか?」とウィスラーが尋ねるが、なんだか外が騒がしい。中庭を見てみると、なんと、ティグの死体が囚人によって運び出されていた。
外に出てみた

中庭でレチェロが「誰かがリングの外でケンカしやがった!こんな方法で俺たちの裁判制度を侮辱するマヌケは処罰されねばならん!臆病者は名乗り出ないことを知ってる。だが、必ずこの愚行の真実を暴いてやる!」と叫んでいた。レチェロがある方向に視線をやった。その視線の先をサミーが追う。そこにいたのはマクグレディだった。サミーは彼をレチェロと共に部屋へ連れて行った。
連行されるマクグレディ

レチェロは「お前はアメリカが好きなんだな。アメリカは偉大な国だ。自由と正義に満ちた不可分の単一国家だ。みんなの、お前の、俺のため、そして庭であいつを殺した奴のための正義だ。なぜお前があそこで何も言わなかったか分かってる。お前はくだらんアメリカのスポーツを死体が見つかった階段のすぐ前で一日中やってる。何を見たか言わなければ災いが起こるぜ」と、脅しながら尋問をする。マクグレディは泣きそうになりながら「階段のステップに入っていく人物を見た。その直後に口論が聞こえたんだ」と答え、レチェロに「誰を見たんだ?」と問われ、口を開いた。
泣き顔のマクグレディ

マホーンは「コードを結んだ後、棒を掘り出して鉄格子を開ける。そして下に降りる。そうだなマイケル?」と確認するが、マイケルは「さっき外で見たことについて何か言いたい事は?」とマホーンとウィスラーに問う。「何か言うことがあるか?」というマホーンにマイケルは「1時間前、お前は誰かを殺すべきだと言い、そして誰かが殺された」というと「そうは言ってない。今は脱獄に集中して、残りの2時間に今の件の死体について悩むのに費やせばいいだろう」とマホーンは反論する。そこにサミー達3人が入ってきてウィスラーをレチェロの所へ連れて行った。
誰かが殺されたが言いたいことは?

「何もしてないぞ!」と叫びながら連れて行かれるウィスラーの後を追うマイケル。「言い分を聞けよ。彼は無実だ」というマイケルを突き飛ばしたサミーは「お前が自供するか?お前がやったことにしてもいいんだぜ」といわれ、マホーンの元に戻り「どうやら誰が真犯人か考え始める時だな?」とマホーンに言う。「クビの付け根への刺し傷一つで殺すなんてのは、プロの仕事としか考えられないだろ、アレックス!」という。どうやらマイケルはマホーンが殺したと思っているようだ。だがマホーンは「その時間には訪問者と会ってたぞ」とアリバイを話す。続けて「それに、ウィスラーがやってないと確信できるのか?あいつはあの男と問題があった一人だぜ?」と更に反論する。マイケルは「失う物が大きすぎる!」という。マホーンは「ウィスラーは行ってしまったがすぐ戻るだろう。だが、もう俺とお前しかいない」と脱獄を優先させようとするが、マイケルは「お前と僕だけということはない。あいつがいなければ俺は出て行かない」と言い切る。「2時間で俺はあの窓から出てフェンスまで行く」と計画を実行する事を口にするが、マイケルに「ここから出ても道は一つしかない。ジャングルは常時警備されてるんだ。もう一度聞くが、どこに行くつもりだ?」と言われても「3:13 に俺は出て行く!」とマイケルに言う。何も言わずにその場を去るマイケル。
プロの仕事だ

レチェロの部屋に連行されてきたウィスラーは「何も知らない!」という主張を崩さない。レチェロは「お前が階段から降りてくのを見た奴がいるんだ」と言う。マクグレディが口にしたのは、ウィスラーの名だったようだ。「他に証拠はあるのか?」と問うと「手下が何か見つけるだろう」とレチェロは答えた。「俺が武器を持ってると?俺が武器を持ってるなんて思わなかったなら、なぜ探そうとしないんだ?武器が見つかれば真犯人も見つかるじゃないか」と主張するも「お前がどこに隠したかを見つけるかもしれんな」と、レチェロは完全に犯人をウィスラーだと決め付けていた。ウィスラーは「それで何だ?俺が誰かをハメようとしてるって?それなら誰かが俺をハメようとしてるとは思わないのか?」と言うも「じゃあ、誰の仕業だというんだ?」というレチェロ。「俺に強敵がいるのは知ってるだろう?」と市長の存在を挙げるウィスラーだが、レチェロは「俺の審判が市長の友達だというだけで惑わされると思うのか?」と揺るがない。続けてレチェロは、自分が13歳の時に母親が金持ちのメイドとして働いており、その男にレイプされたことを周りの連中は知りながら、警察にいたっては、移民だというだけで調書さえ取らなかったという差別をされ、レチェロは復讐として牛乳配達の振りをして正当な罰を与えたという話をした。その話を聞いたウィスラーは「わかった。ここの“ルール”は重んじよう。だがなぜ審判を急ぐ?10分で容疑を有罪にするというルールがあるのか?」というと「いや・・・。時間は十分にある」とレチェロが言うので、確実な証拠が見つかるまで猶予が与えられホッとした。そして礼を言い「俺は、当たり前だが何処にも行かない。もう一度話すことがあれば俺の房に来てくれ」と去りかけるが、レチェロに「だめだ。このイスに座ってろ」と言われ、部屋から出られず軟禁状態になってしまった。これらの会話の間に、T-BAGはテーブルの上にあった指輪をこっそりと持ち出し、部屋を出ていた。
俺は無実だってーの

マイケルがベリックの房を訪ね「僕はお前が嫌いだ。敬ってもいない。お前の悪事は見てきたが、殺人者だとは思わなかった」とカマをかけた。だがベリックは「俺がティーグを殺したと思うのか?俺はあいつの世話をしたんだ」という。「お前が殺してないなら誰がやったんだ?本当のことを言えよ」とマイケルは迫るが、「本当に俺が殺したと思ってるのか?・・・俺の銃口の前に何度お前がいたか知ってるか?俺がお前に向けて銃の引き金を引きたくないと思うか?・・・そうだよ・・・、俺は自殺さえできないんだ」と初めてマイケルに弱みを見せたベリックに“あ、こりゃ違うな”と思いその場を去るマイケル。
お前がやったのかベリック

房の廊下を歩いているT-BAGにサミーが「ウィスラーが階段を下りたところを見た奴はいるか?」と話しかけてきたが「今来たばかりだ」とT-BAGが答えると、「じゃあ急げ。ウィスラーが死んだらすぐに鶏の足を叩きつけてやる。お前が俺に鶏足叩きつけてもいいぜ。まぁ、どっちにしても今日俺たちはリングに上がる」と笑いながらサミーは去っていった。T-BAGは殺人鬼の顔になりつつあった。
T-BAG本性を出すか

リンクはスーザンと合い、“ザイラフォール(zylafol)”という犬用の麻酔剤を手に入れた。2滴飲めば1時間は目覚めないという効用らしい。スーザンは「ウィスラーの彼女が加担すると思ってたわ。彼女は何処?車の中?でもね、彼女が手伝うことは気にしないけど、それを隠してたことが気になるの」と言う。「何が違うんだ?明日までにやり遂げる、だろ?」とリンクが言うと「出し抜くのは無しよ」という会話の中、リンクが何か言いたげなのを察知したスーザンは「何?」と訊いた。リンクはサラの写真を要求したが、生きてる時のは無いが、それらしいものを作り上げることはできるという。無言のリンクに「サラが死んだってマイケルに言ってないのね。それは賢い選択かも。彼、少し神経質そうだものね。さ、ここが交換地点よ。LJと私はここで待ってるわ。あなたとマイケルとウィスラーは
三人でここに来て。予定通りなら9:00に息子を返すわ」と言って去っていった。
犬用麻酔を貰うリンク

リンクとスクレ、ソフィアの3人は、例の紙コップに仕掛けをしようと、ウリーベスというワインショップに来ていた。同じ格好をしている監視員2人のうち「多分、背の高いほうだ」というスクレ。だが確信は無い。そこに背の低いほうの男が「お前を探してたんだ。新しい死体が出た。来い」とスクレに声をかけてきた。仕方なく行こうとするスクレとすれ違いに背の高い方がスクレを連れて行く男に向かって「コーヒーいるか?」と訊くと「ジュースがいい。オレンジジュースだ」と答えたので、ターゲットは背の高い男に絞れた。彼がカウンターにコーヒーとジュースをオーダーする間に、リンクは素早く自分のコーヒーにザイラフォールを垂らした。リンクは、コーヒーとオレンジジュースを手にして車に向かう背の高い男にわざとぶつかって、彼のコーヒーを地面に落としてこぼさせる事に成功した。そして「すみません。これを代わりに差し上げます」と自分オコーヒーを差し出し、彼が受け取ろうとすると、カウンターから「新しいコーヒーをどうぞ」という声がし、彼はそっちを受け取ってしまう。ヤバイと思った車で待機していたソフィアが、3つほど外していたシャツのボタンをもう1つ外して車から降り、リンクに「Sonaに行きたいの」と駆け寄ってきた。一瞬戸惑ったリンクだがすぐに察知して「ごめん、俺は違う方面に行くんだ」と答えると、背の高い見張りが「俺が乗せてこう。一緒に来いよ」と、まんまと食いついてきた。「蓋に気をつけろ」とリンクはザイラフォールを垂らしたコーヒーをソフィアに渡した。
芝居ッ気ソフィア.jpg

マイケルが2階の廊下に上がってくるとT-BAGが窓から外を眺めていた。「やっと友達ができたのにそいつは死ぬところだ。残念だねぇ。だが、それを止めることもできる。俺はいろんなことが聞ける立場にいるんだ。レチェロが持つ証拠は奴が階段を降りてたということだけだ。もっと説得力のある証拠があったとしたら?」と言うT-BAG。マイケルが「僕にはない」と答えると「もしあれば?」「何か小細工をしろというのか?」「良心が許すなら、それに値する誰かに負わせればいい。以前に人殺しをしたのに罪を負ってない奴にな」「お前みたいにか」と皮肉ったマイケルを一瞬睨むが、T-BAGは「サミーだ」と答えた。「レチェロに自身の右腕の男を殺せと言うのか?」とうマイケルに、T-BAGは笑いながら「レチェロには言わなくていい。レチェロはこれがサミーの指輪だと知ってる」とさっきテーブルから取ってきた指輪をポケットから出した。そして「階段横の血溜まりにこれを落として、レチェロにこれを見つけたと叫べばサミーの罪の証拠だと監獄全体に知れ渡る。これでレチェロはルールに従うしかない」と言い指輪を置く。迷っているようなマイケルを見てT-BAGは「ここはSonaだぜ。血溜まりに指輪を落としてサミーだと言うだけだ。その後は俺がうまくやる。友達を助けたいなら、誰か他人が死ぬしかない」と言って立ち去った。指輪を手にしたマイケルは階段を降り、血溜まりがある現場に来た。しかし、中々実行に移せない。
策士T-BAG

ウィスラーは時間を気にしていた。レチェロは「ティグとの意見の食い違いって何だ?俺が聞いたところによるとお前について何か知ってたらしいな?」と訊くが「俺について何か知ってると思ったらしい」と答えるウィスラー。それに加えて「あんたは自分の運営の仕方についてソナの囚人が抱いてる不満を知るべきだ。素早い審判で俺を処刑したとしても、あとで真犯人が見つかれば、あんたは無実の人間を処刑したとバレることになるぜ」と意見する。だがレチェロは「そんな事は訊いてない。ティグとの意見の食い違いって何だ?」と再質問する。「あいつは知りたがりだった。俺のプライベートに首をつっこんできたんだ。多分、他の奴に同じことをして、それで殺されたんだろう」「口論があったと認めるんだな?」「ここは監獄だ。誰かが間違った原因を作るなら俺は撤回できない。それを重視してくれ。俺は質問に答えてきたし、自分の無罪を主張し続けてきた。俺を信じさせるのに他に何ができる?」というウィスラーの熱い主張も、レチェロは「今日は誰も信じない」と言って退けた。
今日は誰も信じない

見張りの車に乗ってるソフィア。後ろにはリンクの車が付けている。見張りはソフィアをかわいいだの何だのと言って口説き落とそうとしてる。Sonaへの道を少し脇へ外れて見張りの車が停まった。勿論、見張りは“そのつもり”で車を停めたのだ。車を停めて後ろから見ていたリンクは、見張りの“ヤル気”を察知して銃を携えて近づいていく。そこに携帯のバイブ音。見張りの車までまだ少し距離があるリンクは木に隠れて小声でその電話に出た。スーザンから「写真が用意できた」という連絡だった。「あと30分でSonaに着く」「準備はOKなの?」と訊くスーザンに「そのまま待っててくれ」と言ってリンクは見張りの車に近づく。見張りは「ここでの事はバレやしないさ」と言うとソフィアは「この事を知ったらノーマンは黙ってないわよ」と言った。「ノーマン?ノーマン・セント・ジョン?」「そうよ」「お前はレチェロの女か?」「そうよ」と答えると、見張りは悔しそうにハンドルを叩いた。ノーマンとはレチェロの本名のようだ。ガッカリして手を顔に当て、窓の外を向いている見張りの隙を突いて、ソフィアはコーヒーの位置を入れ替えた。諦めた見張りはエンジンを書けSonaに向かった。「まだなの?」というスーザンに「見張りがちょっとややこしい事しやがってな」というリンクに「見張りにクスリを垂らすのに?」「ああ、だが心配には及ばない」「そう。それは良かったわね。でも、何故、今クスリを使ってるの?脱獄は今夜のハズよね?」「ああ、それは、クスリの作用を長めに・・・」としどろもどろのリンク。「その効き目は1時間だって言ったわよね?」と言われ電話を切られた。あ~、下手こいた~、なリンク。すぐにコールバックするがスーザンは既に電話を置いてどこかに行った。
私はレチェロの女

マイケルが「アレックス!」とマホーンの房に来たが、マホーンはいなかった。腰を下ろしたマイケルが手に持っていたものを見つめる。T-BAGから貰った指輪だ。マイケルはT-BAGの言った事を実行しなかったようだ。後悔のなのか、まだ迷っているのか、ため息をついて壁の方をふと見ると、何かを見つけた。棚(?)の裏側あたりからそれを手にすると、血の付いたナイフだった。マイケルは中庭でマホーンを待ち伏せ、「アレックス、随分とお粗末な事をしたな」と言うが「何の話だ?」と訳のわからないマホーン。血の付いたナイフをマホーンに見せると「何だ?ジョークか?」と言われたので「僕は、随分昔にマットレスの下にモノを隠すのを止めたよ」「ほお~、するとそれはマットの下から見つけてきたのか。誰かが俺をハメたとは思わないのか?それには俺の指紋がついてるのか?俺の服の繊維でも付着してたのか?Sona科学捜査班にでも依頼したらどうだ!」「このナイフでお前とウィスラーの立場が入れ替わる」「そんなのが証拠になるか!」「十分だろ。レチェロも同じように思うはずだ」と言って、マイケルはレチェロの元に向かう。「マイケル!俺はやってない!」という声も、もうマイケルの耳には届かない。
ちゃんと隠せよ

スーザンが黒いバッグを持って監禁しているLJの所にやってきた。「な、何??」とビビるLJ。バッグから携帯、ボトル洗剤(?)、ガムテープ、ナイフを手早く机の上に置く。椅子に座らせれて後手に縛られているLJは「何するの?」と更にビビリまくりだ。LJの前にシートを広げ「あなたのお父さんはヒーローになろうとしたのよ。私があなたの脊髄を切断すれば、神経が無くなり何も感じなくなるわ」と言ってナイフを取り出し、LJを首を下に向けナイフを当てたところで携帯が鳴る。出るとリンクが「スーザンすまない。騙すつもりは無かったんだ」というと、聞こえてきたのは「Dad、彼等は僕を殺そうとしてるんだ。今、ナイフを喉に当てられてて・・・」という悲痛なLJの声。「やめてくれ!」と叫ぶリンクに、冷淡な声で「本当の事を言いなさい」とスーザンが言う。ほんの2~3秒、かなり頭を回転させたであろうリンクは「マイケル達の脱獄時間は3:13だ。だから3:45に落ち合おう」とゲロってしまった。続けてリンクは「頼むからLJを傷つけないでくれ!安全を確認したかっただけなんだ」と懇願。「他の企みをしていたように聞こえるわ」「ノー!そんなことは無い。何も無いよ!だから息子を解放してくれ」と言うも、返答無しで電話は切られた。泣きながら車に乗り込み、悔しがるリンク。
脊髄の神経を・・・

マホーンにまた面会者だ。今度はラングとサリンズの2人で来ていた。サリンズは「楽しくやってそうじゃないか。ここを離れるのは寂しいか?随分と手を尽くして疲れたよ」と皮肉交じりに言うと「だろうな」とマホーンが答える。「決心はついたのか?アレックス」「最低でも8年なんだろ」「いや、4年にしてもらったよ」とサリンズが言った。サリンズに協力すれば今夜にでもアメリカに帰れるという。「ここで残りの人生を過ごすのもいいが、レイノルズ大統領の真相を究明したいと、司法省が興味を示してるんだ」とサリンズが言い、続けてラングが「隠し事はしてないわ、アレックス」と後押しした。「これまでの数々の間違いが、君のキャリアにあることは俺も君も知ってる。だが、もしこれを断るなら、それこそが君にとっての一番の間違いになるだろうな」と説得するサリンズ。迷うマホーン。
サリンズ&ラング

マイケルがレチェロの部屋に「奴を殺した犯人を知っている」と言いにに来た。そしてレチェロに血の付いたナイフを差し出し「マホーンの房でこれを見つけた」と言った。それを見たレチェロだったが、外に向けた視線の先に他の何かを見た。振り向いたマイケルとレチェロが見たのは、マホーンが堂々と門から出て行く光景だった。マホーンはサリンズ達の説得に応じたようだ。マイケルは呆然である。レチェロは「なるほどな!尋問できない奴に罪を被せるってわけか!もういい!」と言って部下のチェオを呼び、囚人達を集めるよう命じた。
マホーン、出ちゃった

レチェロの部下達がウィスラーを連れて行こうとするが、マイケルは「彼はやってない!」と言い、ウィスラーも「あのナイフがマホーンの房にあったって、マイケルが言ってるじゃないか」と抵抗するが、レチェロがマイケルの前にナイフを出して立ちはだかる。マイケルは「あんたは平等だとか正義だとか言ってるが、結局は自分の力を失って独裁者でいられなくなるのが怖いだけじゃないか。要は誰が真犯人でも構わないんだろ!」と言った。的を射てるとはいえ、レチェロは「誰が有罪かは判ったんだ。その罰は死だ!」と言って、ウィスラーと彼を抑えている2人に向き直り、マイケルの制止する声を無視して刺した!・・・が、崩れ落ちたのはウィスラーではなく部下のチェオだった。レチェロは「庭でこれを見つけた」と言って、冒頭でひっくり返ったバケツの中から拾った葉巻の吸殻を差し出した。「これはアウグストの贈り物だった」と言った。サミーを見るチェオだったが、レチェロに首を掻っ切られて絶命。マイケルとウィスラーはそこから解放された。
助かったウィスラー

スクレはティグの死体処理をしながら、辺りに気をつけてケスリボルをフェンスに向けて撒いていた。監視員に声をかけられるが、バレなかった。背の高い見張りは、ソフィアが替えたコーヒーを口にしながら塔へと向かっている。
見つかった!?

リンクとソフィアがSonaの側に到着。「作戦通りよ」とソフィアに声をかけられるが、LJが心配でたまらないリンク。そこにスーザンの車も到着。その助手席に移ったリンク。「息子への愛情を疑うわね。もう少しで首を切り落とす所だったわ」とスーザンに言われ「本当の事を言ったよ」とリンクは言うが、スーザンは完全には信じてない。そしてサラの写真を渡す。中身を確認したリンクは、以前のと同じだと文句を言うが、急いでたからそれしか用意できなかったと言われる。「マイケルが気付かないとでも思うのか?」と言っても「頼みは聞いたわ。それじゃ1時間後に」と言われて車を追い出された。
同じ写真・・・

Sonaの中庭では、囚人達がやや上方を見て唖然としていた。レチェロの部屋の前にチェオの死体が吊るされており、その両脇にレチェロとサミーが立っている。サミーが「今日はサッカーは無いのか」とレチェロに訊くと「ああ、無いよ」と答える。そして今度はレチェロが「お前は俺の兄弟だよな?」とサミーに訊いた。サミーは「勿論だ」と答えた。2人はチェオを吊るして晒したまま部屋に戻っていった。
吊るされた死体

リンクが面会に来た。手筈を訊かれたリンクは「上手く言ってる」と答えるが、脱獄時間がバレた事を告げた。マイケルは「何で!?嘘をつかなかったのか」と責めた。「リンク、何とかできなかったのか」「何かしようとしたら奴等は・・・」「ウィスラーと交換したいなら手は出さないはずだ」「隠し立てや遊びはできない」というリンクを不審な目で見つつ、マイケルは写真を要求した。中々出さないリンク。そして「写真は見せられない」と俯きながら言う。悪い予感がよぎってるんであろうと思える表情をしながら、マイケルは「なぜ?」と訊いた。そしてリンクは目線をそらし、一瞬天を仰いで深呼吸して「サラは死んだんだ、マイケル」と、ついに本当の事を告げた。
辛いリンク

予感的中だったのか、悲しい顔のマイケル。
やっぱりか・・・

リンクは「嘘をついていた。すまない・・・。今日脱獄しないと、俺の息子が殺される。LJが殺されるんだ。奴等は絶対に殺す。マイケル、俺達は決行しなくちゃならないんだ。マイケル!聞いてくれ!」という声はもうマイケルには聞こえない。そのまま何もいわずSonaに戻り、泣き、暴れ、写真を見てまた泣くマイケル。辛くてどうしようない・・・。
サラを偲ぶ

号泣マイケル

マイケルは中庭にいるウィスラーの所に行き「サラは死んだ。奴等に殺されたんだ」と言った。それを聞いたウィスラーは「それは・・・気の毒だった」「あんなに愛してたのに・・・。もう、死んでしまった。もういないんだ・・・。お前のせいだ」と言い、ポケットから鶏の足を取り出した。ウィスラーは「おいおい、落ち着けよ」と言うが、「お前のミスだ」とウィスラーに言う。「はぁ?」というウィスラーだが、レチェロが「マイケルから申し立てがあった。この戦いは正当なものだ」とこの決闘を認めた。「何をしようとしてるのか考え直せ」というウィスラーに向かって、「十分考えたさ!」と怒りの顔で鶏の足を地面に叩き付けた。周りに集まっていた囚人達はヤンヤヤンヤの大歓声だ。
考え直せ

怒りのマイケル


ってなところで次週、じゃなかった、後半に続きます。が、いつアップできるやら・・・。


それにしても、サラの死を知るのが案外早かったですね。もう少し引っ張るのかと思ってました。それと、マホーンが脱獄じゃなくてフツーに出て行っちゃいました。てことは、あとでマイケルと協力ですか?そして最後のマイケルの行動。解せません。フツーに殴り合うんじゃなくて、わざわざSonaのルールに従ったってところに何かあるんでしょうか。でも、ウィスラーは何も知らされてないはずだけど・・・。ん~、解らん!

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

左サイドMenu

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

テレビドラマデータベース

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
31位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキングパーツ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

バロメーター

メールフォーム

ご意見があればお気軽に♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon検索

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

プロフィール

crescent

Author:crescent
小さい頃からTVっ子の
タダのおっちゃんです^^;

好きな役者
 日本:松田優作 萩原健一
    樹木希林 渡辺謙
    大竹しのぶ など多数
 海外:アル・パチーノ
    メル・ギブソン
    ロバート・デ・ニーロ
          など多数
好きな人たちは↓の記事に列挙してます。「ついでという訳ではないですが」

嫌いな役者
 好きじゃないのはいますが、
 基本的に嫌いなのはいない

好きなミュージシャン
 BON JOVI 長渕剛
 Southern All Stars
 浜田省吾
          など多数

好きな芸人
 明石家さんま 島田紳助
 上岡龍太郎 ダウンタウン
 ビートたけし 島田洋七
          など多数

好きなスポーツ選手
 辰吉丈一郎 清原和博
 イチロー 川島郭志

好きなペット・動物
 犬 海豚

好きなこと
 2度寝

好きなモノ
 煙草(Winston)
 ジンギスカン

嫌いなモノ
 自分の事が大嫌い!


右サイドメニュー

エアカウンターS

スリム軽量タイプの放射線測定器

エアカウンターS
エアカウンターS

スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!

緊急オンライン署名 「スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」 日本全国「お客様の声」

緊急災害募金

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

翻訳Leggero

時計








人気ページランキング


blogranKing.net

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー

ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析 ゲーム