2007年11月04日 (日) | 編集 |
1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

やぁ~っとスタートしましたね。井上薫(岡田准一)が超能力の持ち主っていう設定だとは思わず、ちょっぴりガッカリしましたが、ストーリー展開としては面白くなりそう。

まぁ、超能力といっても改造人間とかじゃなくて、幼い頃、テロの巻き添えで両親の死の場面に遭遇するという過酷な体験を経たことにより、五感が異常に鋭くなって、“フォトグラフィック・メモリー”(一瞬で物事を映像として記憶できる)や、インディアンが駆使する特殊能力“トラッキング”(残された足跡などから情報を得る)能力を携えているらしい。

冒頭でその能力が発揮されるところでは、「おいおい、お前はBionicか!」と突っ込んでました(笑)でも、そんな能力って携わる事があるのかなぁ。まぁ脳のことなんで、無いとは言えないところが許容範囲ギリギリかな。それに近い能力を持ってる人が実在するのは確かだしね。

そういう能力ってのはどの世界でも中々受け入れられないけど、それを見抜いて受け入れる上司の尾形総一郎(堤真一)は、東大法学部出身で、キャリアとしての能力を持ちながら敢えて一般採用で入庁し、現場に出るために昇進試験も受けずにいる人物らしい。

さて、その超能力を駆使してSPの仕事をこなしていくんだけど、確かドラマの中で「SPは警護が仕事で、逮捕は公安に任せればいい」みたいなセリフがあったけど、じゃあ何で手錠を携えてるんだろうなと、ちょっと不思議に思った。

SPという職業の詳細を知らないけど、アメリカのシークレットサービスとはかなり違いがあるんですね。

いやぁ~、でも刑事物やこういうドラマは、フィルムテイストの映像がいいですね。通常のドラマみたいにフツーのビデオなんかより雰囲気が出ますよね~。

それと、岡田准一堤真一、紅一点の真木よう子以外は無名の役者を使ってるのがいいですね。今のところド下手で目障りになるような役者もいないようだし。

薫の両親がテロの巻き添えを食った時の標的だったのが、現在の総理大臣(山本圭)らしいんだけど、その写真に向かって薫が銃を向けていたってことは、彼を恨んでいるのかなぁ。で、そのテロリストは捕まってるんだろうか。何か、総理大臣のあのニヤリとした表情は気になりますよね。次回以降が楽しみです。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

テーマ:SP
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年11月11日 (日) | 編集 |
2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

笑うとまでは行かないものの、軽めの会話もあったりして丁度良いバランスの展開ですよね。さすが、本広克行が総監督を務めてるだけありますね。

ホン自体もいいんでしょうが、それをやっぱりフィルムテイストの映像で更に緊張感を高めてますね。

それと、医療ドラマではないんで俄かには信じがたいですが、NGFという神経成長因子の血中濃度が高いがために、薫(岡田准一)の能力があるという。

神経成長因子とは、神経細胞を作り出したり傷ついた神経を修復したりする蛋白質だそうで、特に脳の神経の機能回復に優れた効果を持っているので、最近ではアルツハイマー型の認知症の治療に有効なものとして注目されているそう。

でもって、NGFは記憶機能を高める役割を持っているらしい。NGFの合成促進には、アドレナリンやドーパミンの脳内物質が関係しており、それらは緊張状態の時に大量に分泌されるとのこと。

NGFと脳内物質バランス、神経回路の3者のシステムは幼少期に構築される場合が多く、その頃にひどく不規則な生活を送っていたり、強いショックを受けたりすると構築されやすいらしい。ん~、訳が判らんです。

当然、薫は幼い頃に目の前でテロの巻き添えで両親の死の場面に遭遇するという過酷な場面と、現在の総理大臣(山本圭)のニヤリとした顔を思い出したりするんだけど、医者にはそれを告げず、忙しすぎると言い、係長の尾形(堤真一)には“ただの過労”としか報告しなかった。

それにしても、足音だけで誰なのか判ったり、足跡を見て歩き方が判って、それを「軍人かな?」と当たりをつけるなんてのは、すんげぇ能力だよね。今後の能力の発揮が楽しみになってきました。

前回にも書いたけど、岡田准一堤真一真木よう子以外は無名の役者を使ってるけど、深夜枠で予算が無いのかな。それとも新鮮味を出すための意図的なキャスティングなのかな。まぁその方がいいんだけど、露木茂に前総理大臣の役を充てるとは思わなかった(笑)

とはいえ、看護師役で出ていた深浦加奈子を久々に見たけど、この程度の役だなんて不満だなぁ。病気がまだ良くないんだろうか。所属していたシス・カンパニーからも名前が消えてるし・・・。移籍したんだろうか。ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store


テーマ:SP
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年11月18日 (日) | 編集 |
3話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

昼食を取らずに現場に戻ってきた薫(岡田准一)だけど、状況を尾形(堤真一)や警護課に連絡する事はできたはずだよねぇ。まぁ、そこが勝手に行動する薫の性格付けとしての演出かもしれないけど。

あと、テロリスト側も計画を練った割には手薄な気がする。あれだけの大きさの病院を、あの人数で制圧しようなんてねぇ。拳銃があればそれだけでOKだと思ったんだろうか。

それに緻密さにも欠けていて、SPが2人しかいないという事を当日に確認してはいるものの、病院内にいる人達を1階のロビーに集めた時点で、かなりの人数になっているのにも関わらず、何人いるのかを把握して無かったですよね。

警察関係じゃなくても、正義感の強い人間が何らかの形でそこから抜け出す可能性だってあるわけだから、人数のカウントは必至だと思うんだけどなぁ。しかも1人に任されちゃってるし・・・。

それと、薫が医者のロッカー室に行ったのはグッドアイディアだったかもしれないけど、全員が1Fロビーに集められている事は判ってるんだから、隠密に行動しようと思ったら白衣だと目立ってしょうがないんじゃないかな。せめて、医者だけどこれから出勤orこれから帰るという体でいたほうが良かった気がする。

とはいえ、これらの事に目を瞑ってもいいくらいに面白いデキではないかと思います。このままクオリティを落とさずに進むといいなぁ~。

以前に、無名な役者を使ってるのがいいと書きましたが、テロリストのリーダーは上手いなぁと思って観てました。けど彼は無名だけど有名な人だったんですね。

北村有起哉。彼は故・北村和夫の息子で、最近は水野美紀との交際&破局で話題になりました。彼の芝居を観るのは初めてですが、声も良いし芝居も上手いですね。

まぁサングラスを取ると、この手の役ではない顔をしてるんで果たして最終的にサングラスを取るシーンがあるのかどうか(先週にそんなシーンありましたっけ?)、そしてもし取ったときにはどういう顔つきなのかは楽しみですね。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

テーマ:SP
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年11月25日 (日) | 編集 |
4話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

薫(岡田准一)のNGFの原因ともなった現場に、尾形(堤真一)はいたんですねぇ。てことは、その頃からの知り合いって事なんでしょうか。それとも、尾形は覚えてるけど薫は覚えてないって事なんでしょうかね。

でも、その時に現在の総理大臣(山本圭)の“ニヤリ”を見て、何で2人はSPになったんでしょうかね。理由を知りたいところです。

今回、手術室以外の人間をテロリストの1人が1Fのロビーで見張っていて、薫の活躍でそのテロリストを捕らえた。ってのはいいけど、そうするとロビーには制圧してる人物がいないから、誰かが外に飛び出す事って考えられる訳ですよね。

それをしないように、薫や笹本(真木よう子)が説明するべきじゃなかったんじゃないかなぁと思うんですけどねぇ・・・。だって、俺なら絶対にそんな隙があったら外に行ってると思うし(笑)

それと、今回の薫の取った作戦を見て、彼の経歴というか学歴というか、そんなのを知りたくなりましたね。医療に使われる物に詳しいですよね。それによって起こすことができる事象とか。

皮膚科に関しては説明があったけど、その他については説明が無かったですし・・・。後に薫が爆発から逃れる為に看護師(深浦加奈子)がバスタブに注いでいたものも何なのか判らなかったですし・・・。

なんて突っ込みつつも、かなり面白いっす(笑)
視聴率も14.5%→17.6%→15.2%で、平均視聴率が15.8%という、この時間帯にしては驚異的な数字が出てるだけありますよね。

あ、今頃気付いたんですが、このドラマはいわゆる1時間枠じゃなくて45分枠なんですね。正味30分ちょっと。だからテンポも良く感じるのかなぁ。一つ難点をいえば、冒頭の先週までのおさらいが長すぎる事かな。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

テーマ:SP
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年12月02日 (日) | 編集 |
5話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

Episode3のスタートってことで、割とおとなしめでしたが冒頭から緊張感は保ったままでしたね。20年前に現在の麻田総理(山本圭)を狙って、井上(岡田准一)の両親を刺殺したテロリスト山西(平田満)と尾形(堤真一)が面会をして、実は山西は、テロリストとして茶番を演じるはずが、本当のテロリストにさせられたと尾形は言ってましたね。

山西が言ってた台詞は、どうやら近々出所するっていう意味なんでしょう。で、現場には尾形と井上がいたわけで、山西は尾形の顔を何気に覚えてるみたいですね。ただ、あの現場にいたかどうかは定かではないようですが。

確か麻田総理はあの時ニヤリとしてましたが、一体どういうことなんでしょう・・・。それはそれで放っとかれて、次の仕事にとりかかる場面に移動。

今回は、証券取引法違反事件で重要参考人となっている大橋正次(片桐仁)を24時間体制での極秘警護。何でかってーと、同事件に関連していた別の男が事故死に見せかけて殺害されたから。大橋を警護するメンバーは、尾形、井上、笹本(真木よう子)、山本(松尾諭)、石田(神尾佑)の5人。

大橋はかなり面倒そうな要人なんで、きっと今後も手を焼きそうだし、それによって尾形達の警護は何らかの狂いも生じそうですよね。

でも、敵は大橋とSP達がいるホテルの部屋の隣にいる。井上が例の特殊能力でタバコのハイライトの臭いを嗅ぎ分けたけど、案外、灯台下暗し的な感じで混乱するんじゃないでしょうかね。まぁ、そうなってもらわないと面白味も減るわけですが・・・。

犯人達のチームは、確か4~5人いましたよね。で、リーダーらしき男が今回は楽勝だから2里に任せると連絡した際に、クライアントを訊いて、間に5つくらい入ってるって言ってた。で、大元のクライアントを“先生”だろうと予想してたけど、やっぱその“先生”ってのは麻田なんでしょうかね。結末までがかなり楽しみです。

生産限定盤A【CD+DVD】
主題歌:way of life/V6(生産限定盤A【CD+DVD】)
生産限定盤B【CD+特典CD】
主題歌:way of life/V6(生産限定盤B【CD+特典CD】)
way of life
主題歌:way of life/V6(通常版)
SP(エスピー)オリジナルサウンドトラック
SP(エスピー)オリジナルサウンドトラック

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ:SP
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年12月09日 (日) | 編集 |
6話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

前にも書いたけど、他のドラマより10分位短い時間なんだから、先週までのおさらいが長すぎるよぉ~。

それはそれとして、大橋(片桐仁)ってどうやって助かったんだろ?胃の洗浄なのかな。おそらく彼が死にそうになったのは毒によるものだろうけど、その成分は何もアナウンスされてませんでしたね。

それにしても、あの4人組の変装術はすごいですね。あそこまでやっちゃうと中々バレないでしょう。本物のテロリストが真似しなければいいけど・・・。あ、現実はもっと巧妙なのかなぁ・・・。

で、今頃ですが、あの4人組のニックネームはビートルズなんですね。ジョンにポールにジョージにリンゴ。今頃気付きました(笑)

この事件も解決するんでしょうけど、あとは最終回に向けて、これまでの事件も絡めての井上(岡田准一)と尾形(堤真一)の過去やら何やらを描いてかなり面白い方向に向かいそうですね。楽しみですが、年末年始特番に挟まれてしまうと思うと、この時間枠では勿体無い位のクオリティなんで何だか勿体無い気がします。一気にやって欲しいなぁ。

そういえば、堤真一のあの歩き方って気になりますね。役作りじゃなくて、普段もあんな歩き方なのかな。バレエを長年やってる人が特徴あるガニ股で歩くみたいに、確か堤真一は古武術か何かを嗜んでるはずなんで、そのせいなのかな。

生産限定盤A【CD+DVD】
主題歌:way of life/V6(生産限定盤A【CD+DVD】)
生産限定盤B【CD+特典CD】
主題歌:way of life/V6(生産限定盤B【CD+特典CD】)
way of life
主題歌:way of life/V6(通常版)
SP(エスピー)オリジナルサウンドトラック
SP(エスピー)オリジナルサウンドトラック

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ:SP
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年12月16日 (日) | 編集 |
7話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

放送時間の割には、CM多いですよね。4回位ありますよね?制作費の多くは、堤真一岡田准一のギャラに持っていかれてるんだろうけど、短い時間に4回あるとちょっと緊張感を削がれますよね。

まぁ、それは仕方ないとして。今回は結局、大橋(片桐仁)を最後まで守りきれてなかったって事になるんでしょうか。Liverpoolの奴等に殺られたって事になるんでしょうかね。

ストーリーとして毎回成功するわけではないというのはアリだと思うし、今回は組織に所属してるが為に正義感を貫けない尾形(堤真一)を始めとするSP達の悔しさというか儚さというか、それを描きたかったんでしょうが。

勿論、マルタイがどうなったかっていうのを視聴者に想像させるのもアリですけど、個人的にはハッキリとさせて貰ったほうが好きだなぁ。

今回、ジョン(多田淳之介)が車の下に潜って爆弾を仕掛けてる時に、井上(岡田准一)が駐車場に来て例の能力を発揮してたけど、何でジョンに気付かなかったんだろ。気付く前にリネン会社の車に気を取られたって事なのかな。でもその後にその時の映像を思い出し、ミラーに映っていた車の危険を察知したのは、ちょっとデキすぎかな。

それにしても、組織ってどうしてああなのかね。だから嫌いなんだよなぁ。特に大きな組織は。ある程度のルールを設けないと統率が取れないのは解るけど、下のちゃんとした意見などを吸い上げなくなるんだよね。組織は大きくなればなるほど、地位にこだわったり金儲けに走るバカ共が多くなってくるからね。日本の公的機関にいる連中や有名企業なんかはそんなんばっかりだろうなぁ。

だから偽装の問題やそれの発見が遅れたり、防衛庁のような問題が発生するんだろうしね。日本に限った事ではないとは思うけど、なんだかなぁ・・・。

まぁそんなことはさておき、来週からニューエピソード(おそらく最終エピソード)に入るけど、ここから先もクオリティを落とさずに行くんでしょうね。最終回、時間枠拡大は無いのかな・・・。

SP(エスピー)オリジナルサウンドトラック
SP(エスピー)オリジナルサウンドトラック
生産限定盤A【CD+DVD】
主題歌:way of life/V6(生産限定盤A【CD+DVD】)
生産限定盤B【CD+特典CD】
主題歌:way of life/V6(生産限定盤B【CD+特典CD】)
way of life
主題歌:way of life/V6(通常版)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ:SP
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年12月23日 (日) | 編集 |
8話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

episode0って事で、今回は井上(岡田准一)が配属される前の警察学校での訓練から尾形(堤真一)が井上をスカウトして最初の任務、そしてラストに向かっての事件発生までが描かれてましたね。

冒頭での警護はすぐに訓練だと判りましたが、それでもあの緊張感は面白かったですね。井上とコンビを組んでたパートナーの使えない度は凄かったし(笑)っていうか、井上の能力が高すぎたんでしょうけど。

さてここにきて、こちらでも警察内部に裏切り者がいたわけで、その裏切り者の警護課・理事官の西島(飯田基祐)がテロリストにメールを送ってましたね。でも、自分の仕事場からテロリストにメールなんて、無防備すぎですよねぇ。すぐに足が付きそうだけど・・・。

それともそれを覚悟の上か、わざとそうしてるのかなぁ。どちらにしても、井上は初対面の段階で西島に裏の顔があることが判ってるから、いずれ特定されるんでしょうね。でも内通者って、彼だけなんでしょうか・・・。

今回の最後のシーンで挿入されてたカール・オルフCarlOrff)の「カルミナ・ブラーナ」 (CarminaBurana)での楽曲「O Fortuna」を聴くと、次回以降は何か悲惨な出来事が起きそうな予感をさせますね。

で、次回の予告を観ると、井上は憎い麻田首相(山本圭)の警護をする事になるわ、特殊能力は低下するわ、そして怪我まで負ってしまうという展開になるみたいで、ホントに目が離せませんね。話の展開もそうですが、テンポや演出も良いので、気が早いですが、是非ともシリーズ化して欲しいですね。

SP(エスピー)オリジナルサウンドトラック
SP(エスピー)オリジナルサウンドトラック
生産限定盤A【CD+DVD】
主題歌:way of life/V6(生産限定盤A【CD+DVD】)
生産限定盤B【CD+特典CD】
主題歌:way of life/V6(生産限定盤B【CD+特典CD】)
way of life
主題歌:way of life/V6(通常版)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ:SP
ジャンル:テレビ・ラジオ
2008年01月14日 (月) | 編集 |
9話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

今回のストーリーの中で描かれていた事が本物に近いとするなら、日本は何ともテロに対する警護が甘い事かと思ってしまう。アメリカほどの銃社会ではないとはいえ、最近は発砲事件も多くなってきてるし。そのうち、賢くて狂った人間が出てきてもおかしくない世の中になってきてると思うんだけどね。

それはさておき、ついに井上(岡田准一)や尾形(堤真一)たちSPに、麻田首相(山本圭)の警護応援に入る命が下されましたね。2人とも複雑な思いだとは思うけど、この最終エピソードで何かどんでん返しみたいのはあるんでしょうかね。

井上は偶然、山西(平田満)と顔を合わせたし、麻田首相は山西のほか2人にも狙われてるから、防ぐ事はできないでしょう。っていうか、予告でも撃たれてたしね。井上も負傷するみたいだから、残り2話を見逃せません!

SP(エスピー)オリジナルサウンドトラック
SP(エスピー)オリジナルサウンドトラック
生産限定盤A【CD+DVD】
主題歌:way of life/V6(生産限定盤A【CD+DVD】)
生産限定盤B【CD+特典CD】
主題歌:way of life/V6(生産限定盤B【CD+特典CD】)
way of life
主題歌:way of life/V6(通常版)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ:SP
ジャンル:テレビ・ラジオ
2008年01月20日 (日) | 編集 |
10話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

最終回直前にして、とんでもなく面白くなってきてますねぇ。すげ~や。井上(岡田准一)が麻田首相(山本圭)を撃ってしまうシーンは、すぐに幻想だと判ったけど、麻田が撃たれたのがペイント弾だとは思いもよらなかった。

スナイパー(古山憲太郎)が、あそこまで用意周到にして何故ペイント弾を撃ったのかが解せませんね。少なくとも、大男(三代目魚武濱田成夫)と山西(平田満)を含めて、麻田は3人に狙われてたわけで、一体何が目的でペイント弾を撃ったんだろうか。全っ然先が読めない展開になってます。

で、井上は大男によって腕をカマで刺されてしまうわけですが、確か先週か先々週の予告で怪我を負った後の医者の診断のシーンがあったはずですけど、来週の最終回でそこまでのシーンを描けるんでしょうか。

これだけの視聴率があるのに、現時点では来週の最終回は時間枠の拡大は無いみたいです。正味40分も無い時間で色んな謎や背景を描けるんでしょうかね。まさか続きは映画でとかってのは無しにして欲しいです。とはいえ、これの映画化なら面白そうなんで、アリっちゃあアリですかね・・・。

SP(エスピー)オリジナルサウンドトラック
SP(エスピー)オリジナルサウンドトラック
生産限定盤A【CD+DVD】
主題歌:way of life/V6(生産限定盤A【CD+DVD】)
生産限定盤B【CD+特典CD】
主題歌:way of life/V6(生産限定盤B【CD+特典CD】)
way of life
主題歌:way of life/V6(通常版)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ:SP
ジャンル:テレビ・ラジオ
2008年01月27日 (日) | 編集 |
最終話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

いやぁ~、面白かったッスね~。でも、まだ4月5日午後9時からのゴールデンタイムでの放送がありますね。このスペシャル版は、全11話のエピソードを時系列に組み替え、すべて編集し直したらしく、主人公の井上(岡田准一)ら登場人物のその後、最終回で描かれなかった“秘密”を明かす、新たなストーリーも追加される様です。その新たなストーリー部分は既に撮影を済ませてるとの事ですから、楽しみです。

ラストの尾形(堤真一)の「大儀のためだ」っていうセリフ、気になります。彼はヤッパリ何かイチモツを秘めてますね。井上と対峙していたラストシーンを見ると、次のスペシャル版で何やら対決がありそうですが・・・。

兎にも角にも、スペシャル版が放映されても“2”を望む声が高まるんじゃないでしょうか。ゴールデン枠で観たいですよね。しかも1クールじゃなく、最低でも2クールで。ホン屋さんも役者も大変だと思いますが期待したいです。

ところで、山西(平田満)ってのは一体何者なんでしょう。かなり銃の扱いに慣れてるッぽいですよね。撃てば必ず命中させてますから。どういう経緯で依頼を受けたのか知りたいところですね。

SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係 DVD-BOX(仮)
SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係 DVD-BOX(仮)

SP(エスピー)オリジナルサウンドトラック
SP(エスピー)オリジナルサウンドトラック
生産限定盤A【CD+DVD】
主題歌:way of life/V6(生産限定盤A【CD+DVD】)
生産限定盤B【CD+特典CD】
主題歌:way of life/V6(生産限定盤B【CD+特典CD】)
way of life
主題歌:way of life/V6(通常版)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ:SP
ジャンル:テレビ・ラジオ
2008年04月06日 (日) | 編集 |
特別編

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

結局ラストは最終回のラストと同じでしたね。ただ、“つづく”って事で、続きはスペシャルかパート2かと思ったら、映画で観てくれって事なんですね。メインキャストも脚本も変更が無く、監督は本広克行で公開は来年になるそうなんで、かなり待たされそうです泣き顔

今回は時系列に並び替えて、その合間に井上(岡田准一)が公安から取り調べられてるシーンが挿入されてたって感じで、楽しめはしたけど、ちょっと物足りなかったなぁ。

でも、改めて観てみて、ちょっとした疑問が・・・。あれだけ研ぎ澄まされた神経を持った井上が、麻田首相(山本圭)を狙ったスナイパー(古山憲太郎)に何故気づかなかったのか。

天窓の1箇所を開ければ、空気の流れが変わるはず。なんでそれに井上は気づかなかったんだろう。まぁ、スーパーマンとか超能力者ってわけじゃないから、他に集中していたからとかなどで許せる範囲ではありますけど・・・。

とりあえず、尾形(堤真一)の「大儀のためだ」っていうのは、尾形と警護課・理事官の西島(飯田基祐)や他の内部の者と組んで、警護の甘さを知らしめようと企んでるのは間違いないですね。ラストに新入りとして紹介されるスナイパーと面識があるのかっていうのは判らなかったですね。

あのスナイパー、やけに緊張した顔をしてたし。尾形は西島を頼りにしてたっていうか、上層部とのパイプとして利用してた感もあるし。となると、井上の両親が山西(平田満)に刺された現場を目の当たりにして、日本の警備に対する甘さをしらしめるためにSPになったんだろうか。映画ではそれらの謎をスッキリさせてくれるといいんですが・・・。

SP 革命前日 [DVD]
SP 革命前日

SP
SP/金城一紀

SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係 DVD-BOX(仮)
SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係 DVD-BOX(仮)

SP(エスピー)オリジナルサウンドトラック
SPオリジナルサウンドトラック/菅野祐悟

生産限定盤A【CD+DVD】
主題歌:way of life/V6(生産限定盤A【CD+DVD】)
生産限定盤B【CD+特典CD】
主題歌:way of life/V6(生産限定盤B【CD+特典CD】)
way of life
主題歌:way of life/V6(通常版)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ:SP
ジャンル:テレビ・ラジオ
ブログパーツ アクセスランキング ワキガ