エアカウンターS

スリム軽量タイプの放射線測定器

エアカウンターS
エアカウンターS

スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!

緊急オンライン署名 「スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」 日本全国「お客様の声」

緊急災害募金

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

翻訳Leggero

時計








人気ページランキング


blogranKing.net

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー




今日は見たいTVも無く休みだったんで、一気に2本観てしまった。

●THE MYTH/神話
軽いSFな感じにファンタジーと少しの恋愛を描いてるんだけど、
う~ん、どーなんでしょーねー。
ジャッキー・チェンの見せ場はあるんだけど、やっぱ
演出や構成がイマイチですねぇ。

キム・ヒソン(kim hee seon 金喜善)は初めて見たけど、
こりゃかなり美人っすね。やっぱ韓国人は美人が多いッす。
この手のファンタジックストーリーは嫌いじゃないんだけど、
やっぱジャッキーに期待するものは違うんだよね。
まあ随分前から本人は、アクションから引退したいと
言ってるだけあって、キレがもう随分と無くなってきてるもんなぁ。
そりゃ普通の50代よりは全然いけるんだけどね。
でも、アクション引退してハリウッドで活躍できるかなぁ・・・。

ハウルの動く城
やっと観ました^^;
逆にこっちにはファンタジーを求めてたんだけど、
宮崎駿作品にしては、ちょっと期待外れかなぁ。
紅の豚以来、あんまり面白いとは思わなかった。
それにしてもキムタク、馬脚を露わしたというか、
ちょっとヤバイよなぁ。
ドラマ見てる分には、役柄を木村拓哉に近づけてるというか、
木村拓哉でやっているから、他の人が言うほど下手にも見えないし
不快に感じたことは無い。そういう役者だと思ってるし、
TV局側もそういうのを求めてるんだろうから。

でも今回は声優だし、木村拓哉では演じられないから、
ある意味ウデの見せ所なんだけど、これが下手で下手で・・・。
彼は違うキャラクターを演じることが出来ないんだろうな、きっと。
宮崎駿も失敗したと思ってるんだろうなぁ。
役者としては違う役柄に挑戦したものを見せて欲しいんだけど、
視聴率主義のTVじゃ無理だろうね。

かといって、これから公開される映画もおそらく、
よく言えば“キムタク色”で出来上がってるんでしょうね、きっと。
山田洋次監督も何を思ったことやら・・・・・。
キムタクも暫くは昔の田村正和のように同一カラーで
やっていくしかないね。
役者としてそれでいいのかどうかは、本人が決めることだし。
ま、ジャニーズにいる間は安泰かな。

あ、でも俺嫌いじゃ無いっすよ。寧ろ好きですよ、
木村拓哉という役者は。


バナー




テーマ : DVDで見た映画    ジャンル : 映画
 2006_09_14


THE SENTINELザ・センチネル)。一昨日観ました。
いやぁ~、何の捻りも無くて退屈な映画でしたねぇ。
テレビ東京でやってるSHOWBIZ COUNTDOWNで映像の一部を観た時は
KieferSutherlandが犯人か!?とも思ってたけど、
観る前に、さすがにそれはベタすぎるかなと思いつつ観てみたら、
キーファーは犯人じゃなかったけど、それにしても捻りも何もなくて
観終わったら「( ゚Д゚)ハァ?」ってな感じでした。
制作してるMichael Douglas、しっかりしろよぉって感じですね。

DVDで充分かもしれないけど、俺にしてみれば時間の無駄です。
24やプリズンブレイクに慣れているせいもあるかもしれないけど、
それにしてもって感じの映画でしたね。お勧めしません、っていうか
できません。


バナー




テーマ : ザ・センチネル    ジャンル : 映画
 2006_10_19


rockyⅥ

アメリカでは2006年の12月20日に公開され、日本では今年、2007年4月21日に公開となるRockyBalboa(日本タイトル:RockyTheFinal ロッキー・ザ・ファイナル)。

なので、ここから先は超ネタバレになるから、観るつもりがある人は読まない方がいいかも・・・。

日本のロッキー・ザ・ファイナルのサイトも立ち上がってるので、チョッピリ知りたくて期待を膨らませたいという方はこちらへどうぞ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Rockyロゴ
ROCKY THE FINAL ロッキー・ザ・ファイナル

Rockyの公開が1976年だからもう30年、RockyⅤの公開が1990年の公開
だから、それでも16年も経ってからの続編。
ぶっちゃけ、RockyⅣまでは、まぁなんとか観れたけど、RockyⅤを
観た時にガッカリした記憶があり、明らかに失敗作だった。
SylvesterStallone本人もキリのいい数字だし、最後にしようと
思っていたハズだろうけど、失敗作でもあったし、自身の役者と
してのキャリアもイマイチどころじゃない位にいい方向へは進んで
なかったから、この企画を立ち上げて作ったんだと思う。

製作総指揮・脚本・監督・主演の4役をこなし、音楽はBillConti、かつての
プロデューサーのRobertChartoffとIrwinWinklerも製作総指揮に名を連ね、
Paulie役のBurtYoungも出演。かつての盟友が勢揃いしての作品。
ただ残念だったのは、妻役のTaliaShireが2002年にガンで亡くなってる
設定になっていた事。エイドリアンあってのロッキーなのに・・・。
出演交渉の時点でTaliaShireがウンって言わなかったのかな困惑

で、ストーリーはというと、これがまたSylvesterStallone自身の今と
重なる内容。
前作のRockyⅤからかなり時間が経ってるから覚えて無いけど、確か
脳障害で引退したロッキーがトレーナーになったはずで、ラストに
どうなったのか記憶が無い。2006年現在はAdrian's Restaurantという
小さなイタリア料理店を経営している。
多分、エイドリアンが亡くなってから始めたんだろうなぁ。
かなり繁盛しているようだ。

エイドリアンの死後4年経ってもまだまだ引き摺ってるロッキーに、
義兄のポーリーが「お前は過去の住人か。過去へは戻れないんだ。過去
にはこだわるな」と言うのに対しロッキーは「俺には過去が全てだった」
と答える。「お前はよくやった。前を見ろ。」と諭す。

一人息子は一流っぽい企業で働いていて別居してるようだが、父が
ヒーローであるためにかなりの苛立ちを感じており、自分一人の力では
何も出来ないんではないかと悩んでいた。

そんな折にロッキーがエイドリアンとの思い出の地にあるフラリと入った
小さなバーで若い連中に絡まれるが、冷静にかわし、そこのカウンターで
働いていた女性が、昔ロッキーに諭され今は更生してここにいることを
告げる。少し話すとロッキーもその子を覚えていた。

ちょうど彼女が仕事終わりだと言う事で車で送ろうとしたところに、
さっきの若い連中が、彼女とロッキーを挑発しに出てきた。無視して彼女を
車に乗せ、自分も乗ってエンジンをかけて「大丈夫か?」と訊く。彼女は
「ええ」と答えるも、「いや、よくないよ」とエンジンを止めて若者達を
ビビらせて店の中に押し込む。

そんな折、TV番組で現役の世界ヘビー級チャンピオンのメイソン・ディク
ソンとロッキーがもし戦ったらというシミュレーションをこれまでの
データを元に、コンピューター対戦を行う企画をやっていた。
ゲストの3人のうち2人はロッキーの勝ちと言い、コンピューター対戦でも
ロッキーが逆転KOで勝っていた。
メイソン・ディクソンは33戦33勝30KOという戦績であるがゆえ、最近の
試合は対戦相手が見つからず、やっても茶番とバッシングされている。

このメイソン・ディクソン役をやっているAntonioTarverは、本物の現役
ボクサーで、しかも2004年にあのRoyJonesJr.を2R TKOで葬り去って、
メジャー団体であるWBC・WBAだけじゃなく、IBO・WBF・IBA・NBAの
Light Heavyweightチャンピオンだったのだ。その後はWBCのベルトは
剥奪され、WBA・WBFのベルトは返上、IBOとNBAはBernardHopkinsに
タイトル戦で負けて王座陥落。現在のランキングはIBO 1位、WBF 9位、
NBA 5位、IBF 5位、WBO 9位。何故かWBAとWBCはランク外。

因みにWBFというマイナー団体では、1997年7月に、今では名前を
西島洋介に戻してPRIDEの選手として4戦全敗している、
西島洋介山がクルーザー級で世界チャンピオンになっている。ボクシング

おっと、話がずれました。閑話休題。
それまでも燃え尽きてない何かを持っていたロッキーは、
若者の一件で火がついたのか、ボクシングライセンスの申請をし、
テストの基準には合格したものの、コミッションの答えはNO。
そりゃそうだろ。脳障害で引退した上に、Rocky公開時の役柄上の
年齢が幾つなのか判らないけど、そのまま歳を経てきたとしても
50歳は越えてるハズだし・・・。

しかしそこは映画。ロッキーは幸せの追求を訴える。自分の人生には
これしかないんだ、と。
コミッション側は何を考えたのか、ライセンスは発行される。

どこか小さいところで、チャリティレベルでいいと考えていたところに、
チャンピオン側のプロモーターは実現すれば莫大な金が転がり込む
ことから、ロッキーにエキシビジョンマッチの話を持ちかける。
収益の一部をチャリティにするという事から、一旦考えるものの、
ロッキーはこれにOKする。

その背景には、ポーリーが仕事を解雇され、まだやれるけどガッツが
欲しいと言っていたこと。それとバーの女。ロッキーは昔から面食い
じゃないみたいで、惚れてる彼女に相談したら、そうしたいと思うなら
そうすべきだと背中を押された。ロッキーシリーズ得意のパターンである。

でもさぁ、ボクシングをするには絶対に危険な年齢なのに、
背中を押す女って信じられんなぁ。
しかもロッキーに惚れてるはずなのにおさげ髪でキス

試合が決まったロッキーに息子が会いに来て、「有名な親父を持っている
俺の気持ちがわかるか?みんな俺の後ろにオヤジを見ているんだ!
それが試合が決まったことによって、もっと悪い方向に行くんだから、
試合はやめてくれ!」と不満爆発。
怒り狂う

そんな息子にロッキーは「お前は立派に育ったが道が多すぎて
間違った道に行った。人は表面だけ見て悪いと言いたがる。事態が
悪くなった時は他人のせいにする。人生は辛いものだ。どんな目に
遭おうと前に進まなくてはいけないんだ。他人のせいにするのは
負け犬のする事だ!お前はそんな奴じゃない。何があってもお前は
俺の人生の宝だ。自分を信じ続けろ。」と言い聞かせる。
そんな気持ちが解ったのか、息子は会社を辞めてロッキーと一緒に
過ごすことを決める。
誇りに思うよ

さて、やっとトレーニングシーン。相手はスピードがあるから、それに
ついていくのは無理だ。だから距離をもって一発一発のパンチの重さを
重点に鍛えるという。例のメインテーマをバックにランニング、ウェイト
トレーニング、そして懐かしの生卵3つを飲み干すシーンと生肉を
サンドバッグ代わりに叩くシーン。このトレーニングシーンはいつもの
ように対戦相手の練習シーンと交互に描かれていく。対戦相手も
超オールドファイターにやられてはカッコがつかないとばかりに猛練習だ。ボクシング
試合前日、チャンプは「プレッシャーをかけたり、挑発してきたり、全力で
来るようなら容赦はしない」と脅しをかけるが、ロッキーは意に介せず。

そして試合。何と、最近は日本でもお馴染みになったリングアナウンサー
である、本物のMichaelBufferと本物のレフェリー。チャンピオンが入場するリングサイドの取り巻きには、本物のMikeTysonが自身役で登場。

試合は予想通りの展開で、ダウンはロッキーの方が多いが、チャンプにも
かなり効いてるパンチが入っている。そして最終ラウンドの10ラウンド。
当然クタクタのロッキーに、中盤、チャンピオンのいいパンチが顔面に
当たり、そのままリングに倒れそうなロッキーは「自分のためにも、今セコ
ンドについている息子に苦難に耐えいくんだという事を教えるためにも、
前に進むんだ」と思い、辛うじて片手をつくだけで立ち上がってみせる。すばらしい

驚くチャンピオン。すかさずロッキーにボディブロー。2分を過ぎた頃から
パンチの応酬。観衆もセコンドもロッキーのKOを後押しするが、そのまま
ゴング。結果は判定に持ち越される。
2人のジャッジが95-94でチャンプ、1人が95-94でロッキーというスプリット
デシジョンでチャンプの勝利となるが、観衆はロッキーコールが止まない。よくやった


う~ん。アメリカでは前評判が悪かった割には、かなりの高評価を
受けてるらしいです。スタローンはこの手のホンの構成やストーリーは
上手いと思うんだけど、やっぱり何か足りないなぁ。

約95分という時間は観る側としてはOKなんだけど、その分、色んな事を
描こうとして中途半端になっちゃったんじゃないかなぁ。
110分から120分でも全然OKだった気がするし、その方がもう少しちゃんと
息子の葛藤や、チャンピオン側の心情をもう少し深く
描けたんじゃないかな。勝ったチャンピオンがロッキーに感謝するシーンがあっても良かったと思うし。

それにしても、あのSylvesterStalloneの身体、還暦の肉体じゃないよ。
すげ~素地があるとしても、鍛えればあ~なるんかな。この撮影、きっと
試合前日以降のシーンから撮影したんだろうな。ドラマ部分はその後だな。
じゃないと撮影中は大変だし。

良かったのは、世界タイトル戦じゃなかった事、判定負けした事、
EyeOfTheTigerやBurningHerartの曲を使わなかった事かな。
観る前からKO勝ちや判定勝ちするようなら超駄作になると思ってたから。

このRockyBalboaはそんなにレベルの高い作品じゃないけど、過去にこだ
わらず己を信じて、己に勝って前に進むというベタなテーマであっても、
それを思い直させてくれるロッキーシリーズはやっぱり好きだなぁ。
あ、それには女の力が必要だというオマケが付くけどゆらゆら

ロッキー〈特別編〉 ロッキー2 ロッキー3
ROCKY〈特別編〉     ROCKY Ⅱ        ROCKY Ⅲ

     ロッキー4     ロッキー5
     ROCKY Ⅳ             ROCKY Ⅴ
            ロッキー DVDコレクターズ BOX (初回限定生産)
          ROCKY DVDコレクターズ BOX (初回限定生産)

             Rocky Balboa
           ROCKY BALBOAサウンドトラック

      ロッキー(1)   ロッキー(2)
      ROCKY サウンドトラック    ROCKYⅡ サウンドトラック

      ロッキー(3)   ロッキー4
      ROCKY Ⅲ サウンドトラック  ROCKY Ⅳ サウンドトラック

   ロッキー5    ロッキー・ベスト
   ROCKY Ⅴ サウンドトラック  THE ROCKY STORY

バナー




テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2007_01_09


CasinoRoyale

ワーキング・タイトル「BOND 21」で、ニューボンドにDanielCraig迎えた007シリーズ21作目、「CasinoRoyale」。

基本的に120分を越える映画は一考してから観るんだけど、やはりこの映画は別格で、一考せずに観てしまう。

スタートして間もなくアクションシーンで、約7分間はセリフが殆ど無く、アクションのみで進んでいく。これだけで入り込んでしまえる。
それはアクションの凄さもそうだが、「TheMaskOfZorro」「TheLegendOfZorro」「TheVerticalLimit」などでメガホンを取り、007シリーズ2作目の監督となるMartinCampbellの手腕だろうな。

ストーリーはJamesBond007になるまでの話だと聞いてたが、何のことは無い、00課で007号を与えられてから最初の任務の話だった。
どうやら原作には忠実に映像化されてるらしい。

JamesBondDanielCraigに決まった時の印象や、メイキングなどを見た際の感想は12月11日に記載したが、観終わってからの感想としては、
DanielCraigJamesBondで何ら問題が無いと確信した。アクションもできるし芝居は上手いし、何よりも38歳という若さがある。ハンサム度でいえばPierceBrosnanがダントツなんだろうが、DanielCraigDanielCraigJamesBondを確立できている。

それにしても007第1作の頃のJamesBondは凄かったんだね。毒を盛られて数秒間は心臓停止になるわ拷問を受けて入院するわで、肉体的にも精神的にもかなりタフみたい。これまでの007シリーズではピンチはあったものの、あそこまでの大ピンチっていうのはちょっと記憶に無い。

監督の手腕によるところも大きいが、飽きさせないストーリー展開は、やはり脚本家達が練りに練っているんだろうなぁ。
その脚本家達は、「TheWorldIsNotEnough」「DieAnotherDay」に続き007シリーズは3作目となるNealPurvisとRobertWade、そしてもう1人
の力が鍵となっているんじゃないだろうか。

それは、「Crash」「MillionDollarBaby」「FlagsOfOurFathers」(父親達の星条旗)「LettersFromIwoJima」(硫黄島からの手紙)で知られるPaulHaggisだ。クレジットを観て初めて知った^^;

さてそのストーリー内で問題とされていて、俺も観る前から疑問に思っていた時代考証。
シリーズ順からいくならば前に戻っているわけだが、出てくる機器やテクノロジーは最先端のモノ。
何で?と思いつつ“現代”として観ていたけど、観終わった後にDanielCraigJamesBondで何ら問題が無いと確信した時に、多分製作者側は、これをNew007の1作目として、新シリーズとして継続して行くんだろうと思った。次回作も既にDanielCraigで年内に撮入するみたいだし、オリジナル作品やリメイクもやっていくんでしょう。

ボンドガールのEvaGreenがSophieMarceauそっくりの美人。なるほど、ああいう顔立ちがフランス人の顔立ちなのね^^ボンドガールは美人でなきゃいけないけど、もうちょっと芝居も重視して欲しいかな・・・。

音楽は、元SoundGardenで現在はAudioslaveのVoalistであるChrisCornellが歌う主題歌「YouKnowMyName」がベースになってる。
You Know My Name
You Know My Name/Chris Cornell
この曲カッコイイのに、サントラ(スコア集)には入ってないので、別々に購入しなければならないのがネック。何で??権利の問題?
で、例のテーマ曲はエンドロールで流れるのみ。
でもそれが、次作を楽しみにさせる上手い効果をだしている。
「007/カジノ・ロワイヤル」オリジナル・サウンドトラック
「007/カジノ・ロワイヤル」オリジナル・サウンドトラック

まぁ何はともあれ、時間を返せ!とはならなかったし、次作が楽しみになった1作でしたし、マンネリを巧く打破した作品でもありましたね。
シリーズを見直してみようかなぁ・・・。

007 アルティメット・コレクション BOX
007 アルティメット・コレクション BOX

あ、その前にこれも読んでみたい。
Bond on Set
Bond on Set

バナー




テーマ : 007シリーズ    ジャンル : 映画
 2007_01_12


ディパーテッド

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

2時間半という長い映画だったんで1ヶ月以上放置していて、やっと観ましたよ。まさか作品賞を獲るとは思ってもみなかったんで、アカデミー賞発表の前に観たかったなぁ。

皆さんご存知の通り、この「ディパーテッド」(TheDeparted)は、2002年の香港映画「インファナル・アフェア」(InfernalAffairs 香港タイトル:無間道)のリメイク作品になるわけだけど、ぶっちゃけ、どっちが面白かったかって言うと、やはりインファナル・アフェア

緊張感がまるで違った気がする。俺がインファナル・アフェアを観た2002年には既にリメイクが決まってて、「え~!?」っていう思いと、ハリウッドだとどうなるんだろうと言う、ちょっとした期待感があったんだけど、台無しとまでは言わないまでも、やはり元の映画には敵わなかったって事ですね。

テンポもいいし、いい感じで進んでいくんだけど、時間経過がイマイチ判り難い。マフィアと警察に潜り込んだそれぞれのスパイを探していくとなると、否が応でも緊張感があるはずだし、ビリー(レオナルド・ディカプリオ LeonardoDiCaprio)とコリン(マッド・デイモン MattDamon)の2人とヤッちゃう、セラピストのクセに不埒な女のマドリン(ヴェラ・ファーミガ VeraFarmiga)の、彼らとは別の緊張感もあるだろうに、どうもそれらが感じられなかった。

そういえば、ビリーが「俺に何かあったら開けてくれ」って言った封筒は何処に消えた?っていうか、何だったんだろ?ビリーがコリン宛に送ってきたものとは別物だったし・・・。

ビリーから預かった封筒とビリーからコリン宛に送られてきたCD-Rで事件の真相を全て理解し、ビリーの葬式でコリンを無視した事で封筒を開けたという解釈でいいんだろうか。それとも、続編が作られる事が決まってるようだから、それへの伏線か?気になるなぁ~~。

レオナルド・ディカプリオの作品を観るのは、実はキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(CatchMeIfYouCan)以来2作目なんだけど、上手いねぇ。警察にスパイで潜るより、マフィアに潜る方がキツイと思うんだけど、良心と仕事の使命で揺れる感じを巧く表現していたように思う。

まだ童顔に見えるから、今回みたいなワイルドな役にはイマイチ迫力に欠けるけど、それが不安さを表現するのに功を奏したのかもしれない。

そういえば、ラストでディグナム(マーク・ウォルバーグ MarkWahlberg)がコリンを撃ち殺すのは、単なる個人的な恨みなのかな。それとも事件を知っての事なのかな・・・。

でも、この作品でアカデミー賞監督賞を受賞してしまったマーティン・スコセッシMartinScorsese)は苦笑いするしかないだろうね。きっと歯がゆいというか、かえって悔しがってる気がする。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


テーマ : ディパーテッド    ジャンル : 映画
 2007_02_28


デンゼル・ワシントン

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

久々に映画の感想をば。

Movie Title:DejaVu
Cast:DenzelWashington PaulaPatton ValKilmer
Produced:JerryBruckheimer
written:BillMarsilii&TerryRossio
Directed:TonyScott

 ※ネタバレあるんで、観てない人は要注意

邦題はそのまま「デジャヴ」です。近未来的なものを想像して観始めたんですが、まさかタイムスリップ物だとは思いませんでした。

政府が開発したという、二度と同じ映像は観られないけど、特定さえ出来れば過去の映像を観られるというマシンの説明は、文系の俺にはイマイチ判らなかったけど、まぁそれは置いといて。

タイムスリップ物だと、やっぱりバック・トゥ・ザ・フューチャー(BackToTheFuture)には敵わないんじゃないかなぁ、というのが第一印象でした。

この「デジャヴ」も決してつまらなくは無いんですが、どうしても、矛盾というか疑問が残ってしまうんですよねぇ。

現在の人が過去にタイムスリップした時、その時点から1秒以上経過した場合、現在その人は存在し無い事になる。

で、過去に戻って過去を変える。というか、この映画の場合はその人が死んでしまう訳で…。

でもって、タイムスリップした日が数日前だったんだけど、彼が死んだ直後に数日前の彼が現れる。

過去に殺されていた女性は彼のおかげで助かって、その数日前の彼と普通に会話ができる。勿論、彼にはタイムスリップした記憶が無いわけで…。ややこしい…。

でも彼は、彼女が殺された彼女を見て、知らないはずの名前を言ってたりするわけで…。考えると面倒です。

そんな面倒な事を抜いてしまって、単純にどうだったかっていうと、そこそこ楽しめました。デンゼル・ワシントン(DenzelWashington)は巧いし、ヒロインのポーラ・パットン(PaulaPatton)は、昔のジェニファー・ビールス(JenniferBeals)系の美人なんでOKだったし、巧かった。
ポーラ・パットン

デンゼル・ワシントンはクリムゾン・タイド(CrimsonTide)・
マイ・ボディガード(ManOnFire)以来トニー・スコットTonyScott)とは3度目のタッグで、どれも水準以上の作品なので相性がいいのかもね。それにしても、ヴァル・キルマー(ValKilmer)は太ったなぁ…。

デジャヴ
デジャヴ

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2007_05_31


スパイダーマン3

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

Movie Title:Spider-Man3
Cast:TobeyMaguire KirstenDunst JamesFranco ThomasHadenChurch
Produced:LauraZiskin AviArad GrantCurtis
ExecutiveProducer:JosephM.Caracciolo StanLee KevinFeige
written:SamRaimi IvanRaimi AlvinSargent
Directed:SamRaimi

全く持って、俺が昔から好きな“ハリウッド映画”なわけでして。ただ、基本的にアメコミの映画化はあまり観てないです。バットマンとスーパーマン位でしょうかね。スーパーマンはクリストファー・リーヴ (ChristopherReeve)主演のを4まで観ましたが、バットマン(Batman)はバットマン・リターンズ(Batman Returns)までの2作しか観てないですねぇ。

小さい頃、アニメでは色々と見てまして、その中でもスパイダーマンSpider-Man)が一番好きだったんで、次々とアメコミが映画化されていく中、映画化が決定した報を聞いたときには絶対に観ようと思って2002年を楽しみにしてました。

で、1、2、と観てきて今回の3ですが、やや詰め込みすぎ感がありますね。1と2同様、観て楽しんで、後には何も残らないというのは同じなんですが、敵がサンドマン(Sandman)とヴェノム(Venom)、後に仲直りするもののハリー・オズボーン(Harry Osborn)と3人。

それプラス己との戦い(というか葛藤)もあり、ある意味メリージェーン・ワトソン(Mary Jane Watson)にも悩まされたりと、ピーターとしてはもういっぱいいっぱいでしょうね。

でもって、そのクセそれぞれの解決が早かったり、サンドマンとヴェノムが簡単に手を組んだりと、やや安直にコトが運んでる気がしました。

「心の隙間に悪は入り込んでくる」とか「相手を許す心」だとか色々と言いたいことはあったんでしょうが、どれもが中途半端になってしまってましたね。

ただ、CGでの映像は楽しめるし、何も考えずに見ても引き込まれる映像にはなってると思います。ただ、サンドマンはまるでハルクかキングコングのようでしたけど(笑)

スパイダーマン3-2

驚いたのはNYPDの警察官(多分、役職は課長とか部長かな)役で、ジャック・バウアーの親父役のジェームズ・クロムウェル(JamesCromwell)が出てるじゃありませんか。こちとら24のSeason6を半月前に観終わったばかりだったから、ちょっと気をそがれました(笑)

さて、スパイダーマンシリーズは3で完結する予定だったけど、不振のハリウッドが手放すはずが無く、既に6まで製作されることが発表されてますが、主演をトビー・マグワイアTobeyMaguire)がやる可能性は非常に低いみたいですね。

“整形したんじゃねぇか?”と思われるキルスティン・ダンストKirstenDunst)は、むしろ出ないで欲しい所です。マジで整形してたとしてもあの程度なんで。芝居は上手いんだろうけど、やっぱりこの手の映画のヒロインはカワイイorキレイじゃないとね。

ハリー役のジェームズ・フランコ(JamesFranco)は、今後伸びてきて欲しい役者なんですがどうでしょう。決まっている作品にトミー・リー・ジョーンズ(TommyLeeJones)やシャーリーズ・セロン(CharlizeTheron)、スーザン・サランドン(SusanSarandon)らの大物と共演する「In the Valley of Elah」や、ダイアン・レイン(DianeLane)とリチャード・ギア(RichardGere)が主演の「Nights in Rodanthe」にも出るみたいなんで、飛躍を期待したいですね。

スパイダーマン3
スパイダーマン3

スパイダーマン デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)
スパイダーマン デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)

スパイダーマン2 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)
スパイダーマン2 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)

スパイダーマン+スパイダーマン2 DVDツインパック (期間限定生産)
スパイダーマン+スパイダーマン2 DVDツインパック (期間限定生産)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


テーマ : スパイダーマン3    ジャンル : 映画
 2007_06_08


ダイ・ハード4.0

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

Movie Title:LiveFreeorDieHard
Cast:BruceWillis TimothyOlyphant JustinLong
   MaggieQ MaryElizabethWinstead CliffCurtis
Produced:ArnoldRifkin BruceWillis
     JohnMcTiernan MichaelFottrell
Executive Producer:WilliamWisherJr.
Story:MarkBomback DavidMarconi
Based On article "A Farewell to Arms":JohnCarlin
Written:MarkBomback
Directed:LenWiseman

ダイ・ハード4.0LiveFreeorDieHard)を観ました。
1作目がメチャメチャ面白かったんで、流れでというか“次は・・・”という期待で全部観てますが、う~んって感じですかねぇ。

1作目が面白かったのは、ビルという限られた空間内でたった1人で犯人グループに立ち向かって行った事。そして、その途中で全く知らない外の人物と、警官繋がりだけで連絡を取り合いながら事件解決に向けて進んで行った事など。

ダイ・ハードの基本は“巻き込まれる”“限定の空間内”と“たった1人”であることだと俺は思う。

しかしながら、2では“限定の空間内”が無くなり、3に至っては”“限定の空間内”と“たった1人”であることの2点が無くなってしまい、ドンドン面白くなくなってきていた。

そして今回の4.0で踏襲されているのも、“巻き込まれる”という1点のみ。伏線らしい伏線も無いし。無線とか公用車のGPSなんて伏線のうちに入らないからね。

FBIからの要請で、たまたま連行しに行ったハッカーの男が、今回の事件の鍵を握っていたという都合のいい設定は、巻き込まれ型の映画であれば全く問題ない。

この設定を「都合が良すぎる」というのであれば、恋愛映画の“偶然”なんかで感動もできなくなっちゃうので、映画なんて観る意味がなくなっちゃうからね。

ダイ・ハード」として観ちゃうと物足りないんだけど、普通のアクション映画として観れば、派手だしアクションは多いから、何も残らないアクション映画としては面白い。何てったって、始まってから約15分で血だらけだし(笑)

でもこれは「ダイ・ハード」なんで、やっぱハードルが上がっちゃうんだよねぇ。

で、何かが足りないと思ったのか、犯人を追い詰める理由としてジョン・マクレーンの娘まで登場させちゃったのは失敗じゃないかなぁ。

既に犯人に向かっているマクレーンにこういう枷を課しても、敵に向かうモチベーションは変わらないでしょ。実際そうも見えなかったし、彼女が父親に似て気が強いことぐらいしか印象に残って無いし。

まぁ、気晴らしで普通にアクション映画として観る分にはいいんじゃないでしょうかね。

ダイ・ハード 新生アルティメット・コレクションBOX(「ダイ・ハード」スペシャル・ディスク付)
ダイ・ハード 新生アルティメット・コレクションBOX(「ダイ・ハード」スペシャル・ディスク付)
ダイ・ハード トリロジーBOX ダイ・ハード4.0劇場ペアチケット付き (Amazon.co.jp仕様)
ダイ・ハードトリロジーBOXダイ・ハード4.0劇場ペアチケット付き (Amazon.co.jp仕様)



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store


テーマ : ダイ・ハード4.0    ジャンル : 映画
 2007_07_18


OCEAN'S THIRTEEN

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

Movie Title:Ocean'sThirteen
CastGeorgeClooney/BradPitt/MattDamon/AlPacino/
AndyGarcia/EllenBarkin/ElliottGould/BernieMac/
DonCheadle/CarlReiner
Produced:Jerry Weintraub
Executive Producer:BruceBerman/FredericW.Brost/
GeorgeClooney/SusanEkins/
GregoryJacobs/StevenSoderbergh
Written:BrianKoppelman/DavidLevien
Music:DavidHolmes
DirectedStevenSoderbergh

シリーズ物の第3弾ですが、やっぱりこういうオールスターがチームを組んで何かをやるというようなストーリーは面白いですね。しかもクライム・ムービー。

そして敵役を大物俳優が演じるというのは見ごたえがあります。まぁルパン三世も同じような位置づけですよね。

出演者達はみんな芝居は巧いんですが、やっぱり1作目を越える面白さでは無かったですね。前作のオーシャンズ12(Ocean'sTwelve)よりはかなり面白く出来上がってますけど。

アル・パチーノAlPacino)は小柄なのにあの存在感を出せるってのは、やっぱりすごいですね。声も渋いし。ジョージ・クルーニーGeorgeClooney)の声もかなりいいです。

アンディ・ガルシアAndyGarcia)は前作も出てましたが、今回の方がいい感じだった気がします。芝居は相変わらず抜群に巧いですけどね。

さて、ここまでくると続編が製作されるのかどうかというのが気になるところですが、多分、作るとしても随分先になるんじゃないでしょうかね。

3ということでキリもいいですし。記者会見では「14は東京で」なんて言ってましたけど、マット・デイモン(MattDamon)はこのシリーズとボーンシリーズからの卒業を公言してますからね。

まぁメンバーも多いので、モー娘。みたいに他の役者が入れ代わり立ち代わりで、007みたいにシリーズを続けていくのもテだとは思いますが、それはちょっと難しいですよね。そこまで期待されてる作品かってーと、そこまでじゃないでしょうし。

オーシャンズ11(Ocean'sEleven)を観て、12でガッカリした人でも、13はそこそこ楽しめると思います。時間があるなら映画館へどうぞって感じですかね。

          オーシャンと11人の仲間 特別版
      オーシャンと11人の仲間(オリジナル版)
オーシャンズ11 特別版     オーシャンズ12
オーシャンズ11 特別版     オーシャンズ12

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

テーマ : オーシャンズ13    ジャンル : 映画
 2007_08_27


ボーン・アルティメイタム

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

Movie TitleTheBourneUltimatum
CastMattDamon/JuliaStiles/DavidStrathairn/
    ScottGlenn/JoanAllen/AlbertFinney
Produced:PatrickCrowley/FrankMarshall/
        PaulSandberg
Executive Producer:JeffKirschenbaum/Donna Langley/DougLiman/HenryMorrison/JeffreyM.Weiner
Novel:RobertLudlum
Screen Story:TonyGilroy
Written:TonyGilroy/ScottZ.Burns/George Nolfi
Music:JohnPowell
Directed:PaulGreengrass

オーシャンズ13に続いて、こちらもシリーズ第3弾。ボーン・アイデンティティTheBourneIdentity)もボーン・スプレマシーTheBourneSupremacy)も観てますが、記憶を取り戻す最終作とあって、前作よりかなり楽しめます。

アクションシーンはうるさい位にカットが変わりますが、それによって激しさが演出されてるし、全編気を抜けない展開になってましたね。

スターらしいスターはマット・デイモンMattDamon)位しか出てなくて、他は久々に見たスコット・グレン(ScottGlenn)と、オリエント急行殺人事件(MurderOnTheOrientExpress )のポアロ役のアルバート・フィニー(AlbertFinney)以外は知らない役者ばかりでした。

スパイダーマンもそうだけど、ヒロインという位置じゃないにしろ、それっぽい役をやる女優に、なんで不細工を選ぶのかなぁ。もう少し綺麗とかカワイくて巧い女優は、アメリカならごまんといるだろうに。時々ハリウッドのセンスを疑いたくなる(笑)

あ、そうそう。マット・デイモンはジミー大西に似てるのになんで人気があるんだろうと思ってたら、角度によってはレオナルド・ディカプリオLeonardoWilhelmDiCaprio)に似てるんですねぇ。先に観たオーシャンズ13では思わなかったけど、このボーン・アルティメイタムTheBourneUltimatum)ではそう思えるカットがいくつかありました。まぁ、ホンも書けるし芝居も巧いから出演作も絶えないし、出演料1ドル当たりの興行収入ランキングで1位を取れたりするんだろうけどね。

マット・デイモンってアクション俳優は合わないと思ってたんだけど、ボーン・アイデンティティを観た時に、案外こなしてたんで「この人は幅が広いなぁ」と思った。

とりあえず、このシリーズからの卒業を彼は公言してたけど、続編を作れるラストになってるし、原作もジェイソン・ボーンシリーズはまだあるわけだから、ハリウッドで評判が良いだけに、製作側は続編に手を出しそうな気がする。でも、マット・デイモンが出ないとなるとGOサインが出るのかねぇ。それとも、高額ギャラでマットがつられるかどうかってところですかね。

            ジェイソン・ボーン ツインパック
          ジェイソン・ボーン ツインパック

ボーン・アイデンティティー          ボーン・スプレマシー
ボーン・アイデンティティー      ボーン・スプレマシー

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2007_08_29


アドレナリン

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

Movie Title:Crank
CastJasonStatham/Amy Smart/Jose Pablo Cantillo/EfrenRamirez
Produced:Michael Davis/Gary Lucchesi/Tom Rosenberg/Skip Williamson/Richard S. Wright
Executive Producer:Peter Block/Michael Paseornek/Eric Reid/David Rubin
Written:Mark Neveldine/Brian Taylor
Music:Paul Haslinger
Directed:Mark Neveldine/Brian Taylor

かなりB級な映画でしたねぇ~。「トランスポーターTheTransporter)」がすんげぇ面白くて(トランスポーターはお勧めです)、それ以来ジェイソン・ステイサムJasonStatham)が少し気になり始め、特に彼目的で観た訳じゃない「ミニミニ大作戦(TheItalianJob )」「セルラー (Cellular)」「コラテラル(Collateral)」にも良い役で出てたんで、売れてるんでしょうね。因みに、トランスポーター2(Transporter 2)はイマイチです。

ジェイソン・ステイサムは、元々は水泳の飛込競技の選手で、イギリス代表チームに所属していて、1992年バルセロナ五輪にも出場していたバリバリのスポーツ選手。自国イギリスでモデルを経て、当時モデル契約していたブランド"French Connection"が「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(Lock, Stock and Two Smoking Barrels)」がスポンサーになったいた事もあって、この映画でデビュー。

今後も主演作の「In the Name of the King: A Dungeon Siege Tale」や「The Bank Job」、「Death Race」、ジェット・リーJetLi)やジョン・ローン(John Lone)と共演の「War」(これには石橋凌とケイン・コスギも出演)やミニミニ大作戦の続編の「The Brazilian Job」と、仕事が目白押しな状態。

で、映画はって言うと、殺し屋が気まぐれ(?)からターゲットを殺さなかったために、組織の人間から“北京カクテル”なる毒物を注射されてしまう。

この毒物は、一定のアドレナリン値を維持して無いと死んでしまうという代物。なので、アドレナリン値を維持するために色々と暴れまくりながら組織のトップを殺しに行くというストーリー。原題のCrankは、“不安定な”とか、スラングで“麻薬を打つ”という意味があったりするから、そういう意味でのタイトルなのかも。

まぁ肉体派だけあって、これまでの映画と同様にカーチェイスやガン・アクションが良く似合ってましたね。途中、彼女も同行するんで、アドレナリン値維持のためチャイナタウンの街中で行く人々に見られながらヤッてしまうシーンには笑いました。

94分という短い時間なのでテンポよく進むんですが、滑稽に見えるシーンが案外多く、期待していたハラハラとかドキドキじゃなかったんでイマイチな気はした。

それと演出が俺には合わなかったかなぁ。下手とは言わないけど、不満は残ったかな。彼の新作に期待します。

アドレナリン      トランスポーター【廉価版2500円】
アドレナリン            トランスポーター【廉価版2500円】

ミニミニ大作戦      セルラー
ミニミニ大作戦           セルラー

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2007_09_03


パーフェクト・ストレンジャー

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

Movie Title:Perfect Stranger
Cast:Halle Berry/Bruce Willis/Giovanni Ribisi/Nicki Aycox
Produced:Elaine Goldsmith-Thomas
Executive Producer:Ronald M. Bozman/Charles Newirth/Deborah Schindler
Story:Jon Bokenkamp
screenplay:Todd Komarnicki
Music:Antonio Pinto
Directed:James Foley

ネタバレがあるのでご注意を!

昨夜、つまらない友人の芝居を観たこともあり(友人の芝居は良かったが、ホンと演出が最悪でした)、口直しじゃないけど、この手は大好きなジャンルなので割と期待して観た。

相変わらずキレイなハル・ベリーHalleBerry)と、ダイハードなブルース・ウィリスBruceWillis)共演という事だったけど、内容的にはどうなんでしょうねぇ。

もう、あからさまに“こいつが犯人っぽい”というのを見せられると、当然、他が犯人だろうとこっちは考えるわけで。

で、そんな消去法で行くと、宣伝コピーにある“ラスト7分11秒、あなたは絶対騙される”前に、真犯人に辿り着いてしまいました(笑)

ただ、その真犯人を確信したのはいいが、それまでに一体何があってグレースを殺したのかの理由が解らなかった。観終わってみれば、確かに途中に伏線は張ってあるものの、あまりにもその情報が少なすぎて理由が見つからなかった。

この映画は誰もが持ってる“秘密”と、それを隠そうとする事や、バレない限りその“秘密”をやり続ける事によって、話を少しややこしくして面白味を出している。

つまり、真犯人が持っているその“秘密”の情報が最後の最後まであまりにも少なすぎるので、結局はラスト7分11秒まで解らないという仕組みになっている。

う~ん、それってある意味卑怯だなぁって気もするけど、サスペンスって結構難しいから手法としてはアリだと思う。

でも疑問が一つ。そのラストの1シーンで、これまでの事を説明付けるシーンがあるんだけど、その中で「ベラドンナは瞳孔を広げる薬よ」と、前のシーンを引用している所がある。

でも、その前のシーンのそこではそんなセリフは言っておらず、「アトロピンは瞳孔を広げる薬よ」と言っているのだ。何で!?それって製作側としてはかなりのミスじゃないの?ベラドンナはかなり重要な物のはずなのに・・・。

まぁ、いいか。テンポは割と良いし時間も長くないのでそこそこ楽しめるんではないかと。でもやっぱりラストにはガッカリすると思いますです、はい。

ハル・ベリーブルース・ウィリスは、The Last Boy Scout以来の共演なんですね。これを観て調べるまでそうとは知りませんでした。俺がハル・ベリーに認識(目をつけた)したのはスパイク・リーSpikeLee)のジャングル・フィーバー(Jungle Fever)からでしたからねぇ。

そういえば、007/ダイ・アナザー・デイ(Die Another Day)で演じたジンクス役のスピンオフ企画はポシャっちゃったのかな?彼女のスパイ映画も面白そうなんだけどね。

キャットウーマン 特別版      チョコレート
キャットウーマン 特別版      チョコレート

          ダイ・アナザー・デイ (デジタルリマスター・バージョン)
   ダイ・アナザー・デイ (デジタルリマスター・バージョン)

ソード・フィッシュ 特別版       ラスト・ボーイスカウト
ソード・フィッシュ 特別版    ラスト・ボーイスカウト

          ジャングル・フィーバー (ユニバーサル・セレクション第2弾) 【初回生産限定】
     ジャングル・フィーバー【初回生産限定】

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

テーマ : 洋画    ジャンル : 映画
 2007_09_30



03  « 2020_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

テレビドラマデータベース

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
40位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキングパーツ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

バロメーター

メールフォーム

ご意見があればお気軽に♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon検索

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

プロフィール

crescent

Author:crescent
小さい頃からTVっ子の
タダのおっちゃんです^^;

好きな役者
 日本:松田優作 萩原健一
    樹木希林 渡辺謙
    大竹しのぶ など多数
 海外:アル・パチーノ
    メル・ギブソン
    ロバート・デ・ニーロ
          など多数
好きな人たちは↓の記事に列挙してます。「ついでという訳ではないですが」

嫌いな役者
 好きじゃないのはいますが、
 基本的に嫌いなのはいない

好きなミュージシャン
 BON JOVI 長渕剛
 Southern All Stars
 浜田省吾
          など多数

好きな芸人
 明石家さんま 島田紳助
 上岡龍太郎 ダウンタウン
 ビートたけし 島田洋七
          など多数

好きなスポーツ選手
 辰吉丈一郎 清原和博
 イチロー 川島郭志

好きなペット・動物
 犬 海豚

好きなこと
 2度寝

好きなモノ
 煙草(Winston)
 ジンギスカン

嫌いなモノ
 自分の事が大嫌い!




pagetop

ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析 ゲーム