レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO

ノン・ジャンル

PrisonBreak Season2(14話以降)~Season5のあらすじ、24 Season6のあらすじあります。メインはTVドラマ。他に映画・音楽などのエンターテインメントやTV観戦したボクシングの感想、その他の雑感です。


のっけからヘビーな話でしたねぇ

1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

長女の福丸美穂の役が大塚ちひろから黒川智花に、小料理屋の女将が賀来千香子から黒田知永子に、仲居も田根楽子以外の2人は新人に代わり、新レギュラーに、福丸良夫(石垣佑磨)の上司で秋本に野村宏伸、骨董屋の店主に大滝秀治が加わった。

大吉(西田敏行)の亡くなった妻・あやめの元カレの姉というバスガイドの和子(木の実ナナ)が、修学旅行生達と旅館を訪れて、大吉はビビる。彼女は癌で、今は身寄りが無いとの事。

実は、あやめは大吉と結婚する前に付き合ってた男がいて、その男が死んでしまった。その男の姉が和子。が、あやめは既に身籠っていて、大吉はそれを引き受けて結婚した。

それが長男の良夫なんだけど、事実を話したいとする和子に、大吉は当然拒否。でも、和子が癌だと知って話す機会を与えるんだけど、その場で修学力生徒と他の宿泊客(阿南健治)のいざこざがあり、それを収めようとした大吉と良夫を見て“親子”を感じ取り、結局は言わずに丸く収まった、というお話でした。

いやはや、1話目からこんなネタでくるとは何ともヘビーでしたが、ほのぼの~な感じは無くても、やっぱり人情っていいなぁ~という終わり方で良かったです。

それにしても黒川智花はキレイになりましたねぇ。メイクのせいもあるんだろうけどビックリしました。黒田知永子は水商売な感じはしないけど、上品な感じでいいですね。芝居には期待してませんけど(笑)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store


いつまで引っ張るのか

2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

今回ものっけから、大吉(西田敏行)と良夫(石垣佑磨)が実の親子ではないというネタから入って、メインの話も落語家・一玄亭遊太(風間杜夫)と娘の可奈子(平田薫)の親子関係に関する話でしたね。

風間杜夫を久々に見ましたが、こういうチャキチャキな役はやっぱ上手いですよね。クセのある役もこなせるのに、なんでこの人に連ドラのお声がかからないんでしょうね。本人がやりたがらないのかなぁ。

でもって、来週も良夫の出生の話があるみたいですね。血液型で良夫が疑問に思う予告でしたから。どうするんでしょ。で、この話はいつまで引っ張るんでしょ。。。。。

タイトル未定
主題歌:まーるく生きてみませんか/西田敏行

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

なぁ~んだ

3話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

先週の予告で流れた血液型の話は夢だったわけね。
今回は人を疑うのが商売の昔なじみの刑事が、大吉(西田敏行)の人の良さを心配するが、刑事としての勘を外して大吉と喧嘩になる訳だけど、そこは人のいい大吉がやっぱり彼を助ける。

余計な事をするなという刑事だけど、大吉の友情に感謝して、閑古鳥が鳴くふくまる旅館に団体の予約客を斡旋してあげるという、何ともベタな人情話。でも、それを素直に観られるのがこのドラマのいいところなんですよねぇ~。

今回のゲストは、昔なじみの刑事・野島に片岡鶴太郎、本人役で早乙女太一、そして強盗犯に間違われる男に中西良太。いやぁ~中西良太は久々に見たけど歳食ったなぁ。

そりゃそうか。大激闘マッドポリス'80(後に特命刑事にタイトル変更)に出てた頃から25年以上経ってるんだもんなぁ。当時は1978年に柴田恭平大追跡でブレイクしたから、そういうつもりで彼を投入したんだろうけど、残念ながら売れなかったんだよなぁ。まぁ視聴者の立場から見れば、売れないとは思ってたけど・・・。

タイトル未定
主題歌:まーるく生きてみませんか/西田敏行

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

こういう人ってねぇ

4話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

人の世話をやくのは一生懸命だけど、殊、恋となると鈍いんだよね~。特に自分を好いてくれてる人に対しては鈍感と言うかね~。しかもそれが裏目に出ちゃうから、始末が悪い。

今回もお客の寺内美幸(坂本冬美)は、大吉(西田敏行)に好意をもってるってーのに、彼女に一目ぼれした番頭の風間(渡辺いっけい)のために、あれやこれやと世話しちゃう。

まぁそういうところが大吉の魅力でもあり、また、そういう役が西田敏行の持ってる雰囲気と相まって、こういうドラマが出来上がるんだよね。貴重な役者です。

でも、自営業者にとって跡継ぎってのは問題だよね。老舗ならプレッシャーだし、伝統はあっても経営難だと継ぐのにも勇気と決断が必要だし。そういう意味では俺はラッキー、なのかな・・・。

タイトル未定
主題歌:まーるく生きてみませんか/西田敏行

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

子供には弱いっす

5話

子供もいないくせに、こういう話しにゃヤッパリほろりときちゃうんだよなぁ。親子愛ってのもそうなんだけど、子供がしっかりしてて健気なのには弱いっすね。

今回のゲストは、その子供には美山加恋でしたけど、この子の目がかわいいというか、やや幸薄気味な、可哀想な目に遭ってる役にはいいのかも。だから、今レギュラーでやってるスワンの馬鹿!みたいのだと、ちょっと物足りないかな。でも、この子は将来可愛いままでいるのかは微妙な顔立ちですね。変わらなければいいけど・・・。

で、その親をやっていたのが高杉亘。声も顔立ちも優作さんにソックリだよね。因みに、姻戚関係ではないようです。でも、優作さんに始まって、又野誠治とか高杉亘とか、文学座ってこういう感じの人が好きなのかね。

ちょっとググってみて発見だったのが、高杉亘山下容莉枝文学座養成所23期生で同期だったらしい。へぇ~って感じでした。何だかんだ言っても、やっぱ文学座は名門ですわ。

タイトル未定
主題歌:まーるく生きてみませんか/西田敏行

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

こういうのはいつの時代でもあるのかね

6話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

親が自分達の事業の為に、娘を資産家と結婚させるっていうのはなぁ。今回は圭子(北川弘美)がその犠牲になりかけたわけだけど、やっぱそれってヒドイよねぇ。しかも相手は、こういうドラマでは定番のイケてない男な訳で。

例えイケてない男じゃなくても、こういう結婚は子供が幸せにはなれないって思わないのかね。まぁ、子供も金の亡者に育ってたなら別ですが(笑)

一方の大吉(西田敏行)の方は、今話題の熟年離婚を絡めての話でしたね。団塊の世代って言うか、その人達って、あ~いう家庭を顧みない人が多いんでしょうかねぇ。子供と家事は妻に任せて、感謝の言葉も述べた事が無いっていう。まぁ今でもいるんでしょうが・・・。

今回のメインゲストの辺見マリは、さすがに“歳食ったなぁ~”って感じちゃいましたね。40代位までは美人さをキープしてたのになぁ。結構太ってましたよね。腰のくびれはありましたけど。

でもって、今回の通しテーマの大吉と良夫(石垣佑磨)の血が繋がってない件、ついに義姉の、はな(木野花)に喋っちゃいましたね。はなもやっぱり良夫には話しちゃいけないという感じ。結局はどうするんでしょうね・・・。

タイトル未定
主題歌:まーるく生きてみませんか/西田敏行

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

親を選べないもんなぁ

7話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

沙耶(浅見れいな)がふくまる旅館に子供を置き去りにしていったのは、昨年末に夫になる男と宿泊して、ここで祝って貰ったのが嬉しかったからだ、と・・・。

う~ん、客としてはこういうもてなしをされると、すんげぇ嬉しいよね。涙が溢れちゃうよね~~。

そしてふくまる旅館には、本当に人情に厚い人が集まってますね。沙耶の夫を探すのに板長の瀬古(猪野学)が動いたり、はな(木野花)も赤ん坊の世話を焼いたり。

やっぱ社員は上の人の背中を見て働く。子供が親の背中を見て育つのと同じですね。良い上司に恵まれてますよね、ふくまる旅館は。

さて次週はいよいよ良夫(石垣佑磨)の出生の秘密を明かす事になりそうですね。号泣もんかなぁ・・・。

タイトル未定
主題歌:まーるく生きてみませんか/西田敏行

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

意外とあっさりだったな

8話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

もう少し良夫(石垣佑磨)の事でグダグダして、半分以上はそれを描くのかと思ったけど、そうじゃなかったですね。あくまでも本筋としておいて、今後もゲストを迎えた枝葉の部分で行くのかなぁ。

今回の晴海(井上和香)の復職の手伝いみたいな話が殆どでしたね。その出来事が大吉(西田敏行)に決意をさせたのかもしれないけど、それにしてもあっさりだった印象があるなぁ。

まぁコメディ色が強いから、そうそうシリアスモードにするわけには行かないんだろうけど、もう少しじっくりと描いて欲しかったなぁ。

タイトル未定
主題歌:まーるく生きてみませんか/西田敏行

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

あらあら韓国ロケ行ったんだぁ

9話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

前回、出生の秘密を知った良夫(石垣佑磨)が泣きながら家を飛び出したってのに、冒頭は随分と落ち着いた感じでしたね。しかもここ2~3日は帰宅してないってのに。まぁ、大吉(西田敏行)が良夫の事を信用してるって言っちゃえばそれまでだけど・・・。

生まれてからずっと、しかも尊敬さえしていた親父と血が繋がってないと知れば、たとえ幾つだろうと戸惑うよね。俺だったらどう思うかなぁ・・・。

でも、これまで注いできた大吉の愛情と、父親は俺1人だって宣言されちゃえば、もう何も言えないよね。血が繋がってようがいまいが、生まれてからずっと見守られてきたんだし、その愛情を肌で感じてるはずだから。

20年以上も一緒に笑ったり泣いたり、時には叱られたりしても、ぜぇ~んぶ大吉の愛情だもんね。とりあえず、判りあえて良かった良かった。でも、韓国ロケがあれだけなんて、割と贅沢に制作費を使ってますね~。

タイトル未定
主題歌:まーるく生きてみませんか/西田敏行

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

類は類・・・なのかなぁ

10話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

ホントに人の世話ばっかり焼いちゃう大吉(西田敏行)だけど、やっぱ良い人のところには良い人が寄ってくるんでしょうかね。

今回も、犬猿の仲というか腐れ縁というか、そんな幼馴染の省三(小野武彦)のホテルが倒産したってんで、昔からの知り合いでもんじゃ焼き屋で成功を収めてる奈津子(泉ピン子)の元を訪れて、口を利いてあげるんだもんなぁ。

でもそれを省三が断るんだけど、奈津子が事情を聞いて大吉に黙って、しかも大吉が頼んできたなんて事を言わずに、省三に声をかけたりするんだもんなぁ。持つべきものは友ですなぁ。

タイトル未定
主題歌:まーるく生きてみませんか/西田敏行

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

やっぱ子供はね

最終回

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

親の背中を観て育つっていうか、大吉(西田敏行)みたいな親に育てられれば、血の繋がりなんて関係ないのかもなぁ。

そして大吉のような人には、応援してくれたりフォローしてくれる人が、こっちから頼まなくてもちゃあ~んといるんだよね。勿論、いざという時に頼めば二つ返事で聞いてくれるんだろうし。

子供を“怒る”んじゃなくて“叱る”、そしてそれだけじゃなくて、子供の事を想ってるんだって事を伝えれば、その時に全てを理解しなくても、分別の付く年頃になれば必ず気付くって事ですよね。まぁ、そう簡単にはいかないんでしょうけど・・・。

とにかく今回も暖かい話で、そして最初から判っていたけど、主題歌通りにまぁ~るく収まったふくまる旅館でした^^
やっぱ人情だよなぁ~。

タイトル未定
主題歌:まーるく生きてみませんか/西田敏行

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

HOME このページの一番上へ


ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析