2005年11月03日 (木) | 編集 |
そういえば近頃、コミックソングとかのお笑い系のCDってあまり聴かない気がするなぁ。
昔は「金太負けるな」とか、タモリも喋りだけでLP出してたりしてたし、
まぁ、極めつけは「スネークマンショー」だけどね。

最近・・・といっても10年近く前だけど、面白いと思ったのは
“かかし”っていうグループの曲で、タイトルは「セックス」。
歌詞を載っけても、曲と一緒じゃないと笑えないので載せませんが、
機会があったら聴いてみて下さい。どこかで試聴できるんじゃないかな。

ホントについ最近で言えば、笑ったわけではないけど、
メロディーが好きで、見た目もふざけた感じではあるけど、
“巨乳まんだら王国”の「ホルスタイン」ですね。
キャッチーなHR調のメロディーでノリがいいですよ。
まだメジャーデビューはしてないのかな?
こちらも機会があれば聴いてみて下さい。

タモリ          スーパー・ベスト・オブ・スネークマンショー/TWINS SUPER BESTOF Snakeman Show
タモリ/タモリ          TWINS SUPER BESTOF Snakeman Show
万博     王国民洗脳教育セット
万博/かかし          王国民洗脳教育セット/巨乳まんだら王国

バナー


テーマ:今日の1曲
ジャンル:音楽
2006年08月05日 (土) | 編集 |
最近、「BEST FINGER 25th anniversary selection」を聴いた。
彼女は自殺未遂前と復帰直後くらいまでは、
今後の女性ボーカリストととしてず~っと第一線で
歌っていける歌手だと思ってました。
大ブレイク後は、松田聖子なんてメじゃない、というか
問題にならない程の表現力を持ってましたからね。

ただ、売れなくなってからの彼女は、ドンドン声が出なくなってきてて
とても悲しく思ってました。
おそらく、酒と煙草とタバスコのせいだったんでしょうね。
生活も結構荒れていたという事を内部の人から聞いた事もあるし。

ここ数年、レコード契約が復活してから少しずつTVへの露出も
増えてきて嬉しい限りです。

で、冒頭に書いたセルフリメイクのアルバムを聴いたんですが、
アレンジは変にされてなく、音も厚くなっていていい感じなんですが、
やっぱり明菜自身の声にパンチがなくて、特にアップテンポの曲は
聴いててかわいそうになってしまった。キーも結構落としてるし。

そして、当時から彼女の真骨頂だと思っていた「難破船」。
これなら今の明菜の方がいい味を出してるかもしれないと思ったが、
残念ながら期待外れだった。。。。。。

それでも応援していきたいと思う明菜ファンの私でありました(笑)

中森明菜 25周年記念セレクション ベスト・フィンガー
中森明菜 25周年記念セレクション ベスト・フィンガー

バナー



テーマ:懐かしい音楽
ジャンル:音楽
2007年01月11日 (木) | 編集 |
とは言っても、それほどオーバーなことじゃ無いけど(^^ゞ
喉から手が出る程というわけでもなかったが、どうしても欲しい曲があった。シングルカットはされていた曲だけど、1987年の曲なのでそれが入ってるアルバム自体も既に廃盤泣いてやる!

そこで3つ程のP2Pソフトで検索をかけてみた。すると唯一引っかかってきたP2Pソフトがあった!しかもアルバムで笑顔
しかしながらDL速度が非常に細く、案の定途中で切れてしまった。
PCを立ち上げっぱなしにして待つこと約2ヶ月。
やっと落ちてきたと思ったら、「ファイルにアクセスできません」というエラーが出た・・・。

もう他には手段が無いので仕方なく購入を考えた。
そう、DL配信では売っていたのだ。知ってたんだけど、やっぱりタダがいいじゃん?

でも探しても探しても無いんで、購入を決意。
1曲税込みで\158だし・・・。

しかぁ~し!そこでも問題が・・・。
なんとそこで配信しているのはATRAC3のファイルしか売ってないのだ。
専用のプレイヤーをDLするのはいいけど、俺が持っているポータブルプレイヤーでは再生できないではないか!しかもATRACK3は他の拡張子への変換が不可能とされているのである。
ったく、SONYってヤツは技術が一流でも使えなさすぎ最低

ほんでもって、購入する前に調べましたよ。ATRAC3をMP3に変換する方法を。天下のSONYだし、そう簡単には変換させないだろうなぁと思ってたし、基本的には出来ないとされてる記事もいくつか読んだんだけど、
フォッフォッフォッ^^
ありましたよ、方法が!これに賭けて見る事にした!

で、アルバムを視聴して、欲しかった曲のほかにもう1曲購入して、計2曲をDL購入した。いよいよ変換にチャレンジ。

平たく言うと、昔でいうところのカセットテープレコーダーを2台用意して、それらを繋いで録音するという方法。なので、1曲ずつを聴きながら手動で録音開始&録音停止をしなければならないんですが、好きな曲だからそんなのは屁とも思いません。いっぱいあったら大変だけど(^^ゞ

もっと楽な方法があったら教えてくださいm(__)m

まぁ、拡張子の問題があったりするけど、それはまた別ソフトでMP3に変換すれば何ら問題なし。
知ってる人にとってはくだらない事だったりするだろうけど、
俺にとっては大発見でした喜びのジャンプ

バナー



テーマ:どうでもいいこと。
ジャンル:日記
2007年01月22日 (月) | 編集 |
今日(というか昨日)いつものように外出の際は必ず携帯MP3プレイヤーをシャッフルで聴きながら出かけていると、久々にBayCityRollersの曲がヒットしたんで、ふと思いまして・・・。

バンド名を知らない人がいても、曲を聴けばすぐに判るヒット曲をいくつか持っているBayCityRollers
曲名を挙げると、ByeByeBaby、Yesterday'sHero、SaturdayNight、IOnlyWantToBeWithYouRockAndRollLoveLetter などは今でもCMに使われてたりするから、ご存知の方も多いはず。他に俺が好きな曲では、YouMadeBelieveInMagicIt'sAGameがある。

タータンチェックを流行らせたのはチェッカーズではなく、彼らBayCityRollersである。当時中学生だった俺は思春期真っ盛り。
付き合ってた彼女も当然BayCityRollersのファンで、男の見栄とか嫉妬心からか、BayCityRollersを嫌いなフリはしていたけど、楽曲がキャッチーであるが故、実はシングルを買っていたりした(^^;)

ByeByeBabyは郷ひろみがカバーしたり、SaturdayNightは最近だとゴリエがカバーしたりしてましたね。

で、実はあまり知られていないかもしれませんが、上記に挙げたヒット曲の殆どはカバー曲なんですよ。
I Only Want To Be With YouはDustySpringfieldが原曲、あとは誰が原曲だったのか覚えてませんが(知ってる方がいらっしゃったら教えてください)、Rock And Roll Love LetterやIt's A Gameも誰かのカバーだったはずです。SaturdayNightもそうじゃなかったかなぁ・・・。
Yesterday's Heroは元気が出るテレビの、主にボクシング予備校のコーナーなんかで使われてましたね。

俺が一番好きな曲はYou Made Believe In Magicです。
ブームの時には聴いた記憶が無かったんですが、数年経ってサビの部分を口ずさんだりして、何でこの曲が出てくるのか、何の曲なのかが判らず、後日判明したのがこの曲でした。どこかで耳にして、多分、自分にとっては心地よいメロディーだったんでしょうね。

このブームの直後、俺の好みはHardRockへと移行するわけですが、その時もそれ以降も今でも彼らの音楽(というかヒット曲)は大好きです。

てなわけで、いいメロディは継がれて行くわけです。
ん?何が言いたかったのかって事はまるで無く、
ただ、BayCityRollersについてチョット書きたくなっただけです、ハイ。

でも、演奏はヘタクソで、日本でのコンサート会場では1曲の終わりが全てフェードアウトだったという話も聞いたことがありますが、彼らはアイドルでしたから、誰もテクニック等は求めてなかったわけで。
とりあえず、聴いてみては如何でしょうか?

 ベスト・オブ・ベイ・シティ・ローラーズ
ベスト・オブ・ベイ・シティ・ローラーズ



バナー

テーマ:洋楽
ジャンル:音楽
2007年03月09日 (金) | 編集 |
VanHalen

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

さして大ファンというわけではないんですが、どうやらDavidLeeRothVanHalenへ復帰する事が確実になったようです。う~ん、今頃かいって感じです。EdwardVanHalenが52歳、DavidLeeRothも10月には同じく52歳になるわけだし・・・。せめてあと5~6年早くして欲しかったなぁ。

なぁ~んて事言ってみたりするけど、別にデビュー当時から好きだったわけでもないし、興味を持ったのはせいぜい5枚目のアルバム『DiverDown』あたりからだし、DavidLeeRoth時代で好きな曲はJumpとかPanamaくらい。あとはSammyHagar時代のLoveWalksInかな。むしろDavidLeeRothのソロのYankeeRoseの方が大好き。

という事で、今更ながらのプチ情報でした(^_-)-☆

グレイテスト・ヒッツ   イート・エム・アンド・スマイル
Best Of/Van Halen   Eat 'Em and Smile/D.L.Roth

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

テーマ:ハードロック
ジャンル:音楽
2007年04月14日 (土) | 編集 |
DAVID BISBAL

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

昨日のスポーツ紙に「郷ひろみが、8年ぶりにラテンをカバー」みたいな記事が記載されてた。ん?と思った俺は、その記事を見て「あ~やっぱりだぁ」と思ってしまった。

その曲は、スペインのDavidBisbal(ダビッド・ビズバル ←英語読みだとデイヴィッド若しくはデヴィッド・ビスバルかな?)の「OyeElBoom」という曲。郷ひろみは、この曲を「BoomBoomBoom」として発売するらしい。

BoomBoomBoomというと、日本ではタイトルはチト違うけど、80年代後半に流行ったPaulLekakisの「BoomBoom (Lets Go Back To My Room)」が思いつくけど、そんなんじゃない。

日本ではイケメンでというのが触れ込みだけど、去年初めてこの曲を聴いた時には、まさか郷ひろみがこの曲をカバーするとは思わなかったけど、カバーするなら彼かなぁ~なんて思ってたら、まさかのそれになってしまってビックリです。

HR/HMと歌謡曲がメインな俺ですが、ラテン系はかなり好きで、SantanaTribeOfGypsies、MiamiSoundMachine、ShakiraJenniferLopezThaliaなんかが好きなんですよね。
んでもってこの「OyeElBoom」がまたかなりいいテンポで、かなりノリノリの曲なんで、51歳の郷ひろみがどういう振り付けで歌ってくれるのか、チョッピリ楽しみにしてます。この曲、かなりノれます。1度聴いてみてください。


郷ひろみ/Boom Boom Boom

でもって、原曲はこちら↓↓↓
試聴も出来ます。
Bulera
David Bisbal/Bulera

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー



テーマ:音楽
ジャンル:音楽
2007年05月25日 (金) | 編集 |
Come On Stand Up!
Come On Stand Up!/長渕剛
まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

良い意味でも悪い意味でも、“やっぱり今の長渕剛”っていう作品ですね。ただ、桜島のLiveを聴いても思ったけど、何もスタジオアルバムであんなに叫ばなくても…、と思ってしまった。今回のアルバムには何曲かあって、それに関してはちょっとなって感じます。

FightingBoxer」は元世界チャンピオンの戸秀樹との交流があって出来た曲なのかな。中々アップテンポでLiveでは盛り上がりそうです。「いけ!いけ!GO!GO!」も同じ位のアップテンポかと思ったら、そうでもなくて、ちょっと拍子抜け。でもタイトルから判るように、相変わらず“前へ前へ”の剛です(笑)

で、印象に残る曲は、やはり最後のナンバー「鶴になった父ちゃん」かなぁ。ある意味汚いネタっていえば汚いかもしれないけど、剛の場合、この歌や母の事を歌った「MOTHER」「コオロギの唄」などがある。でも、剛の詞には自身の経験や出来事を装飾すること無い言葉で歌ってる曲が多いから、何ら“キレイゴト”な感じはしない。

それどころか、剛の唱法も相まって、ひしひしと伝わってくるものがあります。良い曲です。

ただ、このアルバム「ComeOnStandUp!」にもCaptainOfTheShipを初めて聴いた時ほどのインパクトある曲は無かったです。おそらく俺にとっては、スルメ的なアルバムになっていくのかもしれません。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

テーマ:音楽
ジャンル:音楽
2007年05月26日 (土) | 編集 |

Boom Boom Boom/郷ひろみ
まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

最近は新曲としてDavidBisbalダビッド・ビズバル)の「OyeElBoom」のカバー、「BoomBoomBoom」のプロモーションでTV露出が多い郷ひろみですが、改めて彼のエンターティナーとしての才能や努力には頭が下がりました。

身体の鍛錬もそうですが、50歳を過ぎてあの高音を出しながら踊るってのはスゴイ!

ニューミュージックといわれる波が台頭してきた頃、このまま歌謡曲で残っていくとしたらジュリー(沢田研二)かなと思っていたんだけど、俺の中で彼は'85の「灰とダイヤモンド」以降終わってしまい、その後もシングルを出し続けてるが露出しなくなり、隠居してしまった。

その証拠に、久々に観るジュリーは何と太っていた事か…。売れて無くてもいいけど、あれはイメージダウンでした。

それを考えれば郷ひろみは、50歳を過ぎた今でも若々しく、ボケは相変わらずだけど"歌"に真剣に取り組んでる事が伺える。

確か彼は真田広之と同じように、40代以降だったか50歳以降だったか、それ位の年齢に自分がどうありたいかという事を 念頭に置いていて、2人ともしっかりと目標に達しているように思う。何とも羨ましいことです。

話しはズレますが、今回のBommBoomBoomの訳詞が、面白い詞を書く森雪之丞だったことが判って、じゃあGoldfinger'99は誰だったんだろうなぁと、おそらく森雪之丞だろうと思いながら調べてみると、これが違ったんですね。

康珍化でした。この人は作詞家としてはかなりのヒット曲を持っていて、中森明菜・杏里・上田正樹・KinKiKids・小泉今日子・チェッカーズ・中山美穂・BoAなどなど、幅広い。

で、私がGoldfinger'99を調べて"あ!そうなんだ"と思ったのは、原曲の詞と曲を担当したDesmondChildでした。

はい。BonJoviファンの人ならお馴染みの方です。彼はBonJoviを世界的なBandに押し上げた功労者の一人です。また、そのおかげで仕事が増えたのも事実でしょうね。

彼は今でもJonと曲を共作しているほどなので、BonJoviのアルバムの最低1曲には名を連ねてます。才能を認めているからでしょうけど、昔の仲間を大切にしているJonはいい人ですね。

DesmondChildはKissの「IWasMadeForLovin'You」にも関わってたり、Aerosmithの「Angel」「Crazy」にも関わっている。もうこうなると筒美京平みたいなもんですね(笑)

でも、同じメロディを使うことも多かったりしますね。有名なのは、BonJoviの「YouGiveLoveABadName」のサビの"Shot Through The Heart And You're To Blame You Give Love A Bad Name"というメロディが、ほぼ同時期にBonnieTylerに書いた「If You Were a Woman (And I Was a Man)」や、JonやRitchieも制作に参加し、DesmondがAliceCooperに提供した「Bed Of Nails」とそっくり(っていうか殆ど同じ)ってのがあります。

しかしながら、キャッチーな曲を書く人には間違いなさそうで、Goldfinger'99の原曲であるRickyMartinの「LivinLaVidaLoca」でも証明されてます。

え~、話がとっちらかっちゃいましたが、邦楽・洋楽問わず、良い曲を長く書ける人はすごいし、それを歌う人が良ければヒットしますよね…っていう話じゃなかったような…。

ま、いっか(笑)

Boom Boom Boom~灼熱の太陽
郷ひろみの新曲の原曲 Boom Boom Boom~灼熱の太陽

Slippery When Wet
Slippery When Wet/Bon Jovi

グレイテストKISS
グレイテストKISS/KISS (I Was Made For Lovin' Youも入ってるアルバムです)

The Best of the Best
The Best of the Best/Bonnie Tyler

Trash
Trash/Alice Cooper

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

テーマ:音楽
ジャンル:音楽
2007年06月09日 (土) | 編集 |
中村中
中村中2

音楽の事を書くのは来週の火曜か水曜かなと思ってたんですが、せっかくなので。

さて、↑の写真は同一人物です。戸田恵子のような、写真によっては中島美嘉高島礼子、はたまた昔のAV女優の豊丸及川奈央っぽくも見えたりします。

もう結構有名になってるんでご存知の方は多いと思いますが、彼女は中村中(なかむら あたる)というミュージシャンです。昨夜の「金スマ」を観た人はすぐに判りますよね。

喉仏は残ってますが、多分、女性ホルモンを打っているんだと思います。胸も膨らんでましたが、これも女性ホルモン注射でそうなるんでしょうかね?手術してるのかなぁ・・・。

まぁ、それはいいとして、あえて“彼女”と書きます。彼女はGID性同一性障害)であることをカミングアウトされてます。性別は“男”ですが、中身は女性である事を尊重させていただきます。

いわゆる“芸術”で括られるものって、性別なんて関係ないんですよね。作品がよければいいわけで。現時点での彼女の代表作であり、岩崎宏美がこの曲をカバーしたくて楽曲提供を依頼したという「友達の詩」には、彼女しか書けない楽曲で、それ自体にパワーというか魂の叫びのようなものが感じられました。

アルバムを聴いてみると、ジャズっぽいのあり中島みゆきのような恨み節っぽくもあり、椎名林檎を彷彿させるようなのもあり、全体的に歌謡曲フレイバーが施されていてすんなりと聴く事が出来ます。

アレンジや曲に「ん?どっかで聴いた事があるメロディが・・・」というのもありますが、許容範囲内です。

ただ、彼女がGIDであることから出きたのであろう歌詞が多いのが少し気になってしまいますが、だからこそ作り物ではない歌詞が聴き手に沁み入るんだと思います。

声は基本的に高めですが、低い部分になると、本人には申し訳ないですが、やはり俗に言う“オカマ声”が顔を出します。おそらく本人もそれを知っていたんで、最初は低いキーで歌うことに抵抗感を抱いていたんでしょうね。

でも、それを逆手に取るかのように、楽曲によってはそれが表現として非常に効果的になってると思うし、ファルセットも使うことによってリアリティが増してると思います。

新曲の「リンゴ売り」は歌詞もPVも結構刺激的な内容になっています。ぶっちゃけ、暗いですね。

今後どこまで売れて、いつまで第一線に残っていけるのか判りませんが、願わくば暗い歌や詞で売り続けずに、「私の中の「いい女」」のような明るい楽曲でも勝負できるようになって欲しいですね。まぁそれはavexの戦略次第なんでしょうけど・・・。彼女は雑に扱って欲しくないアーティストの一人です。

天までとどけ(DVD付)   リンゴ売り(DVD付)
天までとどけ(DVD付)          リンゴ売り(DVD付)

風になる(DVD付)   友達の詩(DVD付)
風になる(DVD付)          友達の詩(DVD付)

汚れた下着(DVD付)   私の中の「いい女」(DVD付)
汚れた下着(DVD付)        私の中の「いい女」(DVD付)

私が私であるために
私が私であるために(中村中ドラマ出演作)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

2007年06月24日 (日) | 編集 |
前川清

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

別にファンでもないけれど、内山田洋とクール・ファイブの曲であれば、「長崎は今日も雨だった」「噂の女」「そして、神戸」「中の島ブルース」「東京砂漠」あたりが代表曲だし、何気に耳慣れしていたせいか、曲も持ってる。

「東京砂漠」は、中森明菜が2003年に発売した「歌姫3 ~終幕」のアルバムでもカバーしてるから、明菜ファンなら聴いた事がある人はいると思う。

で、先日のさんまのまんま前川清がゲストに来ていて、自分が所有する競走馬の名前が"コイウタ"であることから、カラオケで「恋唄」を歌った。

明石家さんまも言ってたけど、俺も知らない歌だったから、ソロになってからの曲だとばかり思っていた。

彼の唱法によるところもあるんだろうけど、メロディと詞が俺の琴線に触れた。

早速手に入れて聴いてみると、これがいい曲なんですねぇ~。調べてみると、内山田洋とクール・ファイブ時代に「そして、神戸」の前のシングルとして出てたんですね。

当時は幼かったし、彼らに特別の興味を抱いていたわけじゃないから気にもしなかったから、インパクトが強かった曲しか覚えてなかったんだろうなぁ。

クレジットを見てみると、作詞は昭和の大ヒットメーカーであり、歌謡曲を引っ張ってきた大御所の阿久悠。昭和と言えば、阿久悠が作詞・筒見京平が作曲した曲は、まずヒットは間違いないゴールデンコンビでもありましたね。なので、彼らの代表曲なんて、ここには記載できないくらい膨大な数の曲がある。

当時は、歌詞が3番まであるのが普通だったんだけど、この「恋唄」は2番までしかない。しかもかなりシンプルな内容。なのにとても切なさを感じられるのだ。それはメロディの良さもある。

で、作曲・編曲したのは、GSのゴールデンカップスの名曲「長い髪の少女」や初期の西城秀樹の曲(情熱の嵐、薔薇の鎖など)を手がけた鈴木邦彦。大ヒット曲の作曲家というイメージは俺にはないけど、昔から見かける名前ではありました。

この切ないメロディと2番までしかない歌詞で約4:30を飽きずに聴ける良い曲ですね、ホント。これ、異性と別れた直後に聴いちゃうと、きっと泣けます。それこそ中森明菜に歌ってもらいたい・・・。

演歌からクラシックまで何でも聴く節操の無い俺だけど、その中でも数から言うと演歌で好きな曲はやっぱり圧倒的に少ない。この恋唄は俺としては見っけモンでした(笑)

GOLDEN☆BEST
GOLDEN☆BEST/内山田洋とクール・ファイブ

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

テーマ:演歌の名曲
ジャンル:音楽
2007年12月30日 (日) | 編集 |
音符

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

かつて楽しかった場所や思い出の地に再び行くと、その時の事を思い出すことができる。音楽は曲を聴いただけで、ぱぁ~っとその場所やシチュエーションなどを思い出させてくれる。香りにも同じような作用があるけど、やっぱり俺は音楽が好きだ。

自分がやりたい事の無い国と、音楽の無い国、どちらかを選べといわれたら迷わず自分がやりたい事の無い国の方を選ぶと思う。音楽の無い生活は考えられないですからね。そんなにすきならミュージシャンでも目指せばよかったかな(笑)

高校時代に初めてギターを手にして、コードだけでも押さえられるようになった頃にバンドを組もうとした事はあった。でもさすがに人前で披露できる程の腕じゃなかったんで、それ以来ギターは趣味程度。詞も曲も20代前半位までは書いてたけど、今はもう何もしてないなぁ。

ガキの頃、母は子守唄代わりにクラシックを聞かせてた。ピーターと狼なんかが記憶に残ってるかな。

で、自ら欲しいと思ったて初めて自分のお金(小遣い)で買ったのは、確か「俺たちの勲章」のサントラだった。テーマ曲より“挑戦のテーマ”が好きでした。
俺たちの勲章MUSIC FILE
「俺たちの勲章」 MUSIC FILE
↓の画像をクリックすると試聴ページへ飛べます。
優作さんin俺たちの勲章

太陽にほえろ!」も好きで、後日に買った記憶があります。これもテーマ曲より、青春のテーマ(ジーパン刑事のテーマ)が1番いいですよね。新人刑事が出てくる度にテーマ曲が作られるわけですが、この青春のテーマに勝る曲は無いと思ってます。
サンプル試聴は↓をクリック。
ジーパン
ジーパン

他の刑事のテーマだと、“スコッチ刑事のテーマ”“ラガー刑事のテーマ”のテーマがいいですね。変わったところだと“衝撃のテーマ”とか。
サンプル試聴はそれぞれの画像をクリック。
スコッチ
スコッチ

ラガー
ラガー

カーチェイス
衝撃のテーマ

それ以来サントラ好きは今も続いてます。TVや映画CMに至るまで、自分の琴線に触れた音楽は手に入れたり、既に廃盤だったりしても意地でも探し出します。今みたいにネットなんて無い頃、TOYOTAのクレスタという車のCM曲が気に入り、すぐにTOYOTAまで電話したり、劇中で使われてたBGMが気に入ればTV局に電話したりしてました。

クレスタのCMが流れた当初は音楽のクレジットが無かった。で、音源を聞いたら、今では誰でも知っているGeorgeWinstonの「Longing/Love」でした。そしてフジテレビの劇中で流れていたBGMも次の日に電話。そうすると担当部署の電話番号を教えてくれました。担当部署ではアーティスト名や曲名だけじゃなく、CD番号まで教えてくれました。で、これまたビックリで、その曲もGeorge Winstonで、タイトルは「Thanksgiving」でした。

今ではJ-POPなどと言われてますが、昔はいわゆる“歌謡曲”というのが邦楽ポップスの名称でしたが、これがまた好きです。ガキの頃はアイドルから始まり、そのうちシンガーソングライター系の人たちを聴くようになるわけです。

父が歌謡曲というか、演歌とかムード歌謡などの歌謡曲番組が好きだったんで、一緒に観てたりしてましたから、それらの曲も耳に残ってますね。

歌謡曲と言えば、やっぱり筒美京平の曲は外せませんし、詞では阿久悠を外すことはできませんね。歌謡曲に興味を持ち出した子供の頃から、誰の詞と曲なのかを良く気にしてました。

それから、リアルタイムではなく、後から知ったんですが、GS(グループサウンズ)も好きです。彼等の中では、後に今でも活躍している、いい曲を書く作曲家や役者やタレントを輩出してますよね。

一番はザ・スパイダースでしょう。リーダーの田邊昭知はいまや大手プロダクション“田辺エージェンシー”の社長、ボーカルの堺正章は言わずと知れたマルチタレント、もう1人のボーカルの井上順もタレント、大野克夫と井上堯之は太陽にほえろ!などのサントラを手がけ、大野克夫は沢田研二に書いた“勝手にしやがれ”でレコード大賞も獲ってますね。かまやつひろしもいまだに現役ですし。

最近はすっかり落ちぶれちゃいましたが、ショーケンこと萩原健一も、元はザ・テンプターズのボーカル、ジュリーこと沢田研二はザ・タイガースのボーカル。このザ・タイガースには、岸部シローや岸部一徳も在籍してましたね。

ジャッキー吉川とブルーコメッツのボーカルの1人の井上大輔(当時は井上忠夫)は、自殺しちゃいましたけど、良い作曲家でした。他にも、悪役なんかで出てる人たちにもGS出身者がいたりしますよね。

シンガーソングライター系を聴くようになってからは、今でも好きな長渕剛やサザンオールスターズなんかがいます。彼等はデビュー当時から好きだし良い曲がいっぱいある。すげぇ才能ですよね。

洋楽で初めて手にしたのは、Bill Haley & His CometsのRock Around the Clock。これは歳の離れた従兄弟が買ってくれた。買って貰った当時としても既にかなり古い曲だったんだけど、結構好きでした。

でも、ガキだから英語がサッパリ判らない訳で、まだまだその頃はアニメとか歌謡曲の方に興味がありました。その後はOlivia Newton-Johnなんかのポップス系やDiscoなど、ラジオでかかってるヒット曲を聴くようになりました。

で、俺にRockの扉を開けさせたのは、The BeatlesでもThe Rolling Stonesでもなく、Deep Purpleでした。目覚めはかなり遅くて、その頃は中学1年か2年だったと思う。同時期にBay City Rollersなんかも好きでしたが、あれはRockというよりポップスですよね。

先輩達が学園祭の練習で体育館から聴こえて来る“Smoke On The Water”のリフ。その曲が入っているアルバムを先輩が貸してくれたんですが、気に入ったのは、Smoke On The Watersでは無く“Highway Star”でした。これを聴いた時にはガ━━(;゚Д゚)━━ン!!って感じでした。

ここから、KISSやAerosmith、JourneyなどのHardRockが好きになっていくんですね。勿論、これまで聴いていたジャンルも変わらず聴いてたりするわけです。クラシックもこの頃からよく聴くようになりましたね。

で、一時期、Lionel RichieやDiana Rossなどのモータウン系などのSoulミュージックを頻繁に聴くようになるんですが、Rockを再び聴くようになるきっかけになったのがRickSpringfieldのLiving in Ozを聴いてからでした。

で、完全にRockに戻ったのはBonJoviのRunawayでしたね。これはもう自分の中では完璧な感じでした。ハード・ポップというジャンル分けもされてましたが、とにかく、メロディ・Jonの声質・Jonの唱法が見事に自分の琴線に隙間無く嵌りましたね。おそらく今後、ここまで夢中になれるアーティストは出てこないと思います。

そのころは丁度Heavy Metalのブームも起き始めて、他のバンドやJonがルーツとしている音楽を遡って聴いたりしてました。そのムーヴメントでAerosmithが復活したのも嬉しかったですしね。

と、これまで好きな曲を捨てること無く、また今も好きな曲が増えてるもんだから、ジャンルも曲数も多くて、私のHDDは結構圧迫されつつあります(笑)

どんなジャンルでも好きだった曲を聴くと、どんなに昔の事でもその時代やその時に置かれていた状況にタイムスリップできてしまうし、下手したら忘れていた事まで思い出させてしまう。悲しい事もうれしい事も。それによって涙する事もありますもんね。

音楽が持っている力ってすごいと思います。その時だけでなく、後年まで影響を与えられるわけですから。しかも今や、いつでも何処でも聴ける時代ですからね。いい時代になったもんだわ。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ:音楽
ジャンル:音楽
2008年03月04日 (火) | 編集 |
海雪

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

超話題になってるのでご存知の方も沢山いらっしゃると思いますが、すごいですねぇ、ジェロ。先月、ニュースで見て気にはなってたんですが、今日初めてフルコーラスを聴きました。

一応、演歌歌手という括りですが、作曲が宇崎竜童なんでそんなに演歌演歌してないです。演歌風な歌謡曲って感じですかね。日本語も上手いし、コブシも一応入ってて、ヴィブラートもしっかり出来てます。

それにしても、作詞:秋本康、作曲:宇崎竜童なんていう作家の曲でデビューできるなんて、恵まれてますよね。彼の祖母が日本人なので、クオーターなんですが、顔立ちにはそれは表れてないけど、彼の心にはクオーターどころじゃないくらいに“心”がありそうです。頑張ってしいですね。



海雪
海雪/ジェロ

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ:音楽
ジャンル:音楽
ブログパーツ アクセスランキング ワキガ