2012年04月04日 (水) | 編集 |
1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  
人気ブログランキングへ

幼女殺人事件の犯人として冤罪で服役していた篠塚良雄(國村隼)。彼をその目に遭わせたきっかけとなる記事を書いたジャーナリストの加山清治(仲村トオル)は冤罪を知り、篠塚への謝罪と自責の念から、その検証記事を書こうとする。

篠塚を弁護している石原揺子(黒木瞳)は敏腕弁護士だが、マスコミを利用して更に伸し上がろうと考えているかのような女。石原に真犯人が別にいることと証拠を持って近づいてきた謎の男・桂木尚人(寺島進)。

篠塚を逮捕し、自供させ、結果的に誤認逮捕をしてしまった捜査一課刑事の浅田邦生(陣内孝則)は、真犯人を探そうとするが、課長の浦井茂(柴俊夫)に止められてしまう。また、浅田は石原に近づいた桂木を昔に捕まえたことがあり、桂木に目をつける。

篠塚が犯人として捕まったお陰で、彼の娘の長田美保(本仮屋ユイカ)はつらい目に遭ってきて、篠塚とは縁を切ったつもりでいる。殺された幼女(毛利恋子)の姉・鈴木弘子(ミムラ)や両親もまた、苦しんできたが、篠塚が冤罪となったことにより、更なる苦しみを味わうことになる。

ってなところな概要でしょうか。各人物の思惑が、特に石原と桂木が何を考えているのかというのが気になる所。他に、篠塚を選挙に利用しようとする政治家も現れるなどして、全5話でまとめきれるのかという不安も無きにしも非ず。。

1つ思うのは、こういうテーマのドラマを、なぜ地上波でやらないのでしょう。冤罪は決してあってはならないことですし、それを利用しようとするのも然り。

また、被害者家族や加害者家族の苦しみなどもそうですし、マスコミの在り方や警察の捜査方法などなど、多くの人に訴えるのであれば、地上波の方が絶対に良いはず。

レコーダーが普及して何十年も経つのに、未だにそれを含まない視聴率をアテにしてる制作側ってバカなんでしょうか。ドラマに限らず、問題は「質」なんですから、単なる娯楽性の高いドラも良いですが、こういうドラマをもっと作るべきだと思うのは私だけでしょうかねぇ……。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

推定有罪 DVD BOX
推定有罪 DVD BOX

WOWOW連続ドラマW 推定有罪 オリジナルサウンドトラック
推定有罪 サウンドトラック/澤野弘之・和田貴史・とくさしけんご

青い影+4
エンディングテーマ「A Whiter Shade Of Pale」収録アルバム:青い影/Procol Harum

推定有罪
原作:推定有罪/前川洋一

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ:WOWOWドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2012年04月12日 (木) | 編集 |
2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  
人気ブログランキングへ

篠塚(國村隼)が冤罪になったことによって、彼が犯人だと書いていた加山(仲村トオル)が検証記事のために、判決を下した裁判長・森本宏信(中丸新将)の所に行きました。

森本は「今でも自分は間違っていないと思ってる」と言ってました。その理由を聞けば、確かに“なるほど”とは思います。DNA鑑定も一致したし、自供もあった。だから間違っていない、と。

裁判官は警察じゃないから、他に証拠が無いのかと調べることはできても時間がないでしょうから、警察から上がってくる証拠や証人の証言などで判断するしか無いのは現状でしょう。

なので、森本を責めるのは何処か違うのかもしれないけど、結果的に下した判決に間違いがあったのなら、謝るべき事柄だとは思います。何故なら、警察の捜査ミスとはいえ、それを司る上の立場にいるんですから。子供が何かやったら親も一緒に謝る。これと同じだと思います。

加山が勤める出版社に、被害者の姉・弘子(ミムラ)がいるってのは、ドラマ上の偶然だとしても、被害者家族と、寸前まで加害者家族だった美保(本仮屋ユイカ)が会った時、お互いの辛さを解り合う事になるんでしょうかね。

篠塚が加山の取材を全面拒否したことで、マスコミを利用したい石原(黒木瞳)の計画にズレが出てきているようですが、この女、何らかの挽回策を練ってきそうです。

で、篠塚が冤罪だということは、犯人が他にいるわけですから、それが誰なのか。鍵を握ってるのは桂木(寺島進)なんでしょうけど、彼は違うでしょうね。

浅田(陣内孝則)はその可能性として桂木を追ってますが、上司が警察組織を守るために浅田を執拗に止めようとしてるところを見ると、上にいる官房長官・吉田栄之助(竜雷太)がらみの人物かもしれませんね。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

推定有罪 DVD BOX
推定有罪 DVD BOX

WOWOW連続ドラマW 推定有罪 オリジナルサウンドトラック
推定有罪 サウンドトラック/澤野弘之・和田貴史・とくさしけんご

青い影+4
エンディングテーマ「A Whiter Shade Of Pale」収録アルバム:青い影/Procol Harum

推定有罪
原作:推定有罪/前川洋一

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ:WOWOWドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2012年04月14日 (土) | 編集 |
3話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  
人気ブログランキングへ

美保(本仮屋ユイカ)への同行取材を一旦は拒否した弘子(ミムラ)でしたが、母と妹のことを話したことで思い直し、加山(仲村トオル)と共に取材に同行しましたね。

美保も、加山1人の時は完全拒否な状態でしたけど、弘子が被害者の姉であることを明かしたことで、取材に応じました。この取材よって、美保がどんだけつらい目に遭ってきたのかが描かれましたが、その場での美保と弘子のやりとりというかリアクションというか、そんなのはありませんでしたね。チョット残念。

加山が元刑事への取材をしたことから、事件当時にもう1人容疑者がいたことが判明しましたねぇ。目撃証言があったにも関わらず、そのタイミングでDNA鑑定の一致という結果が出たので、警察は篠塚(國村隼)一本にし絞ったという。

普通に考えれば、もう1人の容疑者がシロだというところまで調べるはずだと思うので、それを怠ったとなれば、警察の捜査ミスとなるのは当然。ただ、それが“怠った”のか“わざとしなかった”のかは判らないところですね。

石原(黒木瞳)は吉田(竜雷太)に上手く取り行った感じですけど、石原の目的がイマイチ判りません。何をしたいんでしょうか。過去に何らかのことを抱えているであろうことは判りますが…。

桂木(寺島進)は加山に接触してきました。事件当時の凶器まで持っているということですけど、これが本物であれば、桂木が真犯人を知っていると思ってほぼ間違いないでしょうね。にしても、奴は何者なんでしょ…?

昨年の7月クールのドラマ「それでも、生きてゆく」でも、加害者家族と被害者家族を描いてましたが、あそこまでドップリじゃなくてもいいんですが、もう少しそれを描いてくれるといいんだけどなぁ。まぁ、サスペンスが主幹なんで仕方がないのかな…。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

推定有罪 DVD BOX
推定有罪 DVD BOX

WOWOW連続ドラマW 推定有罪 オリジナルサウンドトラック
推定有罪 サウンドトラック/澤野弘之・和田貴史・とくさしけんご

青い影+4
エンディングテーマ「A Whiter Shade Of Pale」収録アルバム:青い影/Procol Harum

推定有罪
原作:推定有罪/前川洋一

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ:WOWOWドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2012年04月19日 (木) | 編集 |
4話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  
人気ブログランキングへ

加山(仲村トオル)が桂木(寺島進)と接触をし、犯人が明らかになりましたねぇ。吉田(竜雷太)の息子・恵一(森岡龍)でした。ん~、まぁ、やっぱそんなところかって感じ。吉田はこれで失脚間違い無しのはずですが、恵一は既に死亡したとのこと。

自殺なのか誤って殺したのか等については次回の最終回で明かされると思いますが、これで罰せられなかったり、今の内閣官房長官の椅子に座ったままでいられたらたまったもんじゃないですね。

残り1話となり、石原(黒木瞳)の心境にも変化が出てきました。彼女もまた、弘子(ミムラ)と同じ被害者遺族でした。が、これもほぼ想定内な感じでしたね。でも、マスコミや吉田を利用しようとしていた考えを改めたようです。

石原にしても弘子にしても、被害者遺族は守られないという思いは同じ。っていうか、話を聞く限り、実際そういう感じなので、現実もきっと同じなんでしょうね。

無実の罪を着せられた篠塚(國村隼)の家族、篠塚が冤罪となったために、怒りや恨みの持って行きどころが無くなった被害者家族。どっちの方が辛いという訳ではないだけに、警察の捜査や裁判官たちには謝った判断はしてもらたくないですね。

次回の最終回で、何をどういう形で前面に持ってきてオトしてくれのかを楽しみにしたいところ。考えさせられるのか、何かを訴えかけてくるのか…。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

推定有罪 DVD BOX
推定有罪 DVD BOX

WOWOW連続ドラマW 推定有罪 オリジナルサウンドトラック
推定有罪 サウンドトラック/澤野弘之・和田貴史・とくさしけんご

青い影+4
エンディングテーマ「A Whiter Shade Of Pale」収録アルバム:青い影/Procol Harum

推定有罪
原作:推定有罪/前川洋一

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ:WOWOWドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2012年04月30日 (月) | 編集 |
最終話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  
人気ブログランキングへ

吉田(竜雷太)の息子・恵一(森岡龍)は自殺でした。受験のプレッシャーで、少し心を病んでいたようで、それによる異常行動の流れで少女を殺害したということなんですね。

加山(仲村トオル)が吉田に向かって「被害者や遺族は、彼らが本当に求めているのは、罰を受けることなんかじゃない。償って欲しいと思ってるんだよ」と言ってましたが、どうなんでしょうねぇ。

個人的には、もし自分が犯罪による被害者や遺族だったら、償われても死んだ人間は戻ってこないわけですから、罰を与えたい、与えて欲しい、もしかしたら殺してやりたいとか思うと思うんですけどねぇ。

ただ、吉田が恵一に、償う機会を奪ってしまったのはいけなかったですね。子供を思っての隠蔽ではなく、完全に保身のためですもんね。

被害者遺族や、冤罪事件の犯人の遺族については、これだという解決策はないけど、彼らの辛さを描いてきたこのドラマは、それなりに意味があったと思います。報道する側と裁く側は、もっともっと慎重にしなければいけないし、警察はもっと緊張感を持って捜査すべきだろうと、改めて思います。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

推定有罪 DVD BOX
推定有罪 DVD BOX

WOWOW連続ドラマW 推定有罪 オリジナルサウンドトラック
推定有罪 サウンドトラック/澤野弘之・和田貴史・とくさしけんご

青い影+4
エンディングテーマ「A Whiter Shade Of Pale」収録アルバム:青い影/Procol Harum

推定有罪
原作:推定有罪/前川洋一

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ:WOWOWドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
ブログパーツ アクセスランキング ワキガ