エアカウンターS

スリム軽量タイプの放射線測定器

エアカウンターS
エアカウンターS

スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!

緊急オンライン署名 「スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」 日本全国「お客様の声」

緊急災害募金

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

翻訳Leggero

時計








人気ページランキング


blogranKing.net

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー




最終話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  
人気ブログランキングへ

これ結局、タイトルに“37歳”って入らなくても良かったんじゃないでしょうかね。寧ろサブタイトルにある“研修医純情物語”がメインタイトルで良かったと思う。だって、37歳である事にこだわった内容じゃなかったでしたし。

それも含め、前々回あたりから、紺野(草彅剛)とすず(ミムラ)の悲恋物語になってきたから、それを中心にしてくれれば良かったものを、また医療に関する所に話を戻したもんだから、全てが中途半端になり、結局何を描きたかったのか判りませんでした。森下(田辺誠一)の考えも改まったのに、紺野が東央医科大を去る意味も判らないし…。

どうしても“37歳”を強調したかったのか、やけにセリフにそれが入ってましたね。紺野が佐伯(松平健)に呼ばれた病室のシーンでは「37で医者になる人間もいるんですから」。瑞希(水川あさみ)との会話では、「もう若く無いですからね」とかね。

ただ、これは要らないんじゃないかと思ったのが、佐伯の「若い者は、青臭いことを言いたがるからねぇ」に対し、病室を出た新見(斎藤工)が呟いた「若くなくてもいるだろ。青臭い奴が」というセリフ。

クドいし、青臭いことを言う“若い者”ってのは、年齢的なことじゃなく、仕事に就いてまだ日が浅いという意味での“若い”という解釈で良かったと思うんですよね。

そこまでして37歳を強調したかった割には、ストーリー上にそれが活かされていないという、何ともいただけないドラマになっちゃったのは残念でした。

2012年4月クールのドラマ投票へGO!

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX
37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~オリジナルサウンドトラック
オリジナルサウンドトラック/菅野祐悟

僕と花
主題歌:僕と花/サカナクション

研修医純情物語―先生と呼ばないで (幻冬舎文庫)
原作:研修医純情物語―先生と呼ばないで/川渕圭一
ふり返るなドクター―研修医純情物語 (幻冬舎文庫)
ふり返るなドクター―研修医純情物語/川渕圭一

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ : テレビドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2012_06_20


10話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  
人気ブログランキングへ

え~、すっかり紺野(草彅剛)とすず(ミムラ)の悲恋物語になってしまってきています。それならそれでいいんですけど、だったら紺野が研修医である必要性がないですよねぇ。

紺野が研修医であることが“前フリ”になっているような印象を受けるので、研修医純情物語っていうサブタイトルは、悲恋の物語の主人公の職業が研修医だったってことなんですね、きっと。研修医としての奮闘を期待しながら観ていた私は、バカを見た感じです(笑)

医療ドラマにしてはそれの醍醐味はないし、かといって、恋愛物語かってーと、そこも中途半端。こういう作品を作ると、被害に遭うのは役者なんですよね~。

草彅剛は決して巧い役者だとは思わないけど、彼の持つ雰囲気を活かしてきたドラマは、あの“僕シリーズ”以外にもあるわけですから、どうしてこういうドラマに制作側がGOサインを出したのか解りません。

最終回を前にしてこう言うのも何ですが、草彅剛に関しては次に期待したいと思います。因みに、7月クールのこの枠は観るつもりは無いので、10月クールの阿部寛山口智子に期待しましょ。

2012年4月クールのドラマ投票へGO!

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX
37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~オリジナルサウンドトラック
オリジナルサウンドトラック/菅野祐悟

僕と花
主題歌:僕と花/サカナクション

研修医純情物語―先生と呼ばないで (幻冬舎文庫)
原作:研修医純情物語―先生と呼ばないで/川渕圭一
ふり返るなドクター―研修医純情物語 (幻冬舎文庫)
ふり返るなドクター―研修医純情物語/川渕圭一

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ : テレビドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2012_06_14


9話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  
人気ブログランキングへ

相変わらず紺野(草彅剛)の存在が薄い状態でしたが、ここんとこ、紺野の成長や彼を通して云々というよりも、単に“医者の在り方”として描かれているような気がします。

新見(斎藤工)は、決して適当に診察をしているわけじゃない。だけど、肺炎疑いで入院してきたから注意深く診るはずがないと言ってました。

これは後に佐伯(松平健)が言う「外来は患者の症状を聞き、基本的な検査を行った上で、最も可能性の高い疾患に有効的な治療を施す場所だ。それで治れば解決。治らなければ入院。疾患の状態を徹底的に暴くための場所じゃないんだ」に通じる。

患者側からすれば、そういう診療が基本なのであれば、経験値の高い医者に診てもらった方がイイってことになる。勿論、それでもある程度の治療結果が出ないと、発見が難しい病気があるかもしれない。でも、そういう姿勢の病院ってのはどうなんでしょうね。大きな病院に行くのが怖くなります…。

新見の“自分の人生”というのも理解は出来ます。身を削ってまで、もう亡くなった患者のために上司を告発するなんて、自分を潰すようなものですからね。

まぁ俺なら、同志がいるなら、汚い手を使ってでも策を練ってみますけどね。例えば、教授選で佐伯が使ったみたいな手段とか。そうでもしないと、真実を知らされない家族が可哀想だと思うし、ミスを隠蔽するような医者や病院は許せないから。

でも、社会というか、組織はそうはいかない。所詮、個人は潰されてしまいます。目標があって、そこに到達して、更なる高みを目指した時、やはり目を瞑らざるを得ないというのが現実かなぁ。それか、下田(八乙女光)のように、自身の道を自身で断って、共倒れを覚悟する選択をするかでしょうね。

ところで、あれだけイイ先生に思えた森下(田辺誠一)が、教授を狙っていたとはねぇ。それとも、更にその裏があるんでしょうか…。

当初の、紺野のキャラ設定で見せていくというのからは、かなり外れてきた感じではありますが、それぞれの“医者の在り方”としては興味がありますね。

もうこういう展開にしちゃったんなら、そういうベタな医療ドラマのまま、最終回まで突き進めて欲しいです。ヘタに、また紺野の物語に戻したら、ゆる~い感じのクソドラマになっちゃいますから。もう遅いかもしれないけど(笑)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX
37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~オリジナルサウンドトラック
オリジナルサウンドトラック/菅野祐悟

僕と花
主題歌:僕と花/サカナクション

研修医純情物語―先生と呼ばないで (幻冬舎文庫)
原作:研修医純情物語―先生と呼ばないで/川渕圭一
ふり返るなドクター―研修医純情物語 (幻冬舎文庫)
ふり返るなドクター―研修医純情物語/川渕圭一

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ : テレビドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2012_06_07


8話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  
人気ブログランキングへ

メインが下田(八乙女光)だったような、今回のエピソード。紺野(草彅剛)も伊達(竜雷太)との交流はしていましたが、それは飽くまでも下田のフォローとしてでした。

すず(ミムラ)の具合も悪くなってきてるようで、これまでの流れからすると、そっちを主軸にしていきたいのかな~と思っちゃいますが、どうなんでしょう。

まぁそれならそれでいいとは思いますが、それを背負いつつ、紺野の医者としての苦悩や成長が描かれないと、紺野という人物が流されて行ってしまいそうです。

こういう展開になればなるほど、可哀想になてくるのはキャストたちです。ホンがちゃんとしていないと面白くないし、面白くないから数字が取れない。そしてその数字の悪さは、何故か役者に責任を被せられちゃいますからねぇ。

さて、瑞希(水川あさみ)が伊達のレントゲン写真を見て、何かに気付いたようです。紺野も同じレントゲン写真を見てたので、きっと彼も気付いたんでしょうね。それがどういう“タネ”なのか、次回以降の展開に期待したいと思います。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX
37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~オリジナルサウンドトラック
オリジナルサウンドトラック/菅野祐悟

僕と花
主題歌:僕と花/サカナクション

研修医純情物語―先生と呼ばないで (幻冬舎文庫)
原作:研修医純情物語―先生と呼ばないで/川渕圭一
ふり返るなドクター―研修医純情物語 (幻冬舎文庫)
ふり返るなドクター―研修医純情物語/川渕圭一

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ : テレビドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2012_05_31


7話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  
人気ブログランキングへ

すず(ミムラ)の苦渋の決断に少しホロッと来ちゃいました。“重荷”って、そう言われちゃうと何も言い返せないくらいのキラーワードですよね~。紺野(草彅剛)も、すずが去っていたのを追いかけられなかったくらいですからねぇ。

だけど、それにもめげずというか、“受け入れる”ことを決心して笑顔でプロポーズした紺野のシーンでは、ホロッとくるどころか、泣かされてしまいました。このドラマでは初めての泣きです。

今回は“医者・紺野祐太”ではなく、紺野祐太個人の事をメインにして描かれていたので、何だか感情移入をしながら観られました。

ただ、草彅剛の棒読み台詞は、このドラマではあまり活かされてないですね。瑞希(水川あさみ)の恋心に対する鈍さの場合はいいんですが、患者と接してる時などの会話は、柔らかさを通り越して、ただ台詞を呼んでるだけにしか聞こえないですからねぇ。

彼のキャラを活かした柔らかい役が珍しくハマってないです。むしろ、「任侠ヘルパー」のような、かけ離れたキャラの中に、彼の柔らかさが垣間見えるような方がいいのかもしれませんね。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX
37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~オリジナルサウンドトラック
オリジナルサウンドトラック/菅野祐悟

僕と花
主題歌:僕と花/サカナクション

研修医純情物語―先生と呼ばないで (幻冬舎文庫)
原作:研修医純情物語―先生と呼ばないで/川渕圭一
ふり返るなドクター―研修医純情物語 (幻冬舎文庫)
ふり返るなドクター―研修医純情物語/川渕圭一

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ : テレビドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2012_05_23


6話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  
人気ブログランキングへ

谷口(桐山漣)のように、人を助けたいという強い気持ちもなく、メンタル面が弱すぎるような者は、医者を辞めた方がいい。それが患者のためですよね。周りも応援するのではなく、それを進言して欲しいです。

谷口が犯した間違いを、紺野(草彅剛)は、自分も昔に間違いをしたと言って慰めましたが、追い詰められた時にそっち方向に気持ちが向かう谷口は、やっぱり辞めた方がいい(笑)

そんな谷口が、瑞希(水川あさみ)の叱咤で立ち直って元気を取り戻すわけですが、お子ちゃま向けの30分ドラマならいざしらず、この時間帯でこういう展開をしてもらっちゃうと、どうしてもホンの薄っぺらさ感が否めません。

研修と名の付く医者ではあれど、患者の採血をしたりして、仕事をして給料をもらってる身。なのにカンファレンスだけじゃなく、その日の仕事もサボる単なる無断欠席。こんな無責任な医者っているんでしょうかねぇ。

メインは紺野であり、彼に関係する話として絡ませるのはいいですが、大人の事情もあるんでしょうけど、もう少しバランスを考えた展開じゃないと、“薄っぺらい医療ドラマ”で終わってしまいそうです。

あとは、草剛自身のキャラもあるんでしょうが、苦悩だとかの表現がこちらに伝わって来ません。棒読みだし…。

あと、滑舌も悪すぎる。これは「鍵のかかった部屋」の大野智にも言えること。「リーガル・ハイ」の堺雅人を見習って欲しいもんだ。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX
37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~オリジナルサウンドトラック
オリジナルサウンドトラック/菅野祐悟

僕と花
主題歌:僕と花/サカナクション

研修医純情物語―先生と呼ばないで (幻冬舎文庫)
原作:研修医純情物語―先生と呼ばないで/川渕圭一
ふり返るなドクター―研修医純情物語 (幻冬舎文庫)
ふり返るなドクター―研修医純情物語/川渕圭一

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ : テレビドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2012_05_16


5話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  
人気ブログランキングへ

医療業界はあまり良く判りませんが、ドラマなどで描かれる“医者と看護師の関係”(←イヤラシイ意味じゃなくてね(笑))ってのには疑問がありました。

確かに学んできた知識や国家試験のレベルも異なるんでしょうから、看護師の医療行為は違法とされてるんだとは思いますが、バラバラの仕事をしているのではなく、いわゆる“チーム”で患者を診ているんだと思うんですよね。

劇中に「大学病院は、企業じゃないんだぞ」という新見(斎藤工)のセリフがありましたが、これは間違った認識じゃないかと、私は思います。

例えは悪いですが、紺野(草彅剛)の言った通り、1つの事柄に関わる者は、それをキッチリと仕上げるために協力し合うべきだと思います。

医者と看護師の関係は、企業で言えば、現場を知らない上層部のバカ連中が、上がってきたデータのみで判断して指示を出すのと何ら変わらない事だと思います。

私見ですが、私はどんな仕事でも、現場での経験や、現在の現場を見ない上層部はバカだという認識です。例えれば、企業のサポートセンターに来るお客様の“生の声”を聞いていない者とか、レストランでのお客様の“生の反応”を見ていないとか。

これは微妙ですが、役者経験の無い演出家や監督よりも、その経験がある演出家や監督の方が、役者の気持ちを解るんじゃないかと思っているので、役者経験のある方が良い演出家や監督なんじゃないかと思います。

ちょっとズレましたが、命を預かる職業として、ケアレスミスさえも許されない彼らは、沢山いると思われる新見のような医者を無くすためにも、医師と看護師での共同カンファレンスは必要だと思います。

でも、大学病院とかの大きな病院では、ホントにあんな感じなのかもしれません。以前、私は千葉県の空港がある市内の大きな某病院(色の名前が付く病院です)に緊急入院をしたことがあります。

それは、持病と言ってもいい急性扁桃炎でした。いつもは点滴をすればほぼ治まるし、これまでのカルテがいつも行く病院にあるので、看護師にその病院と連絡を取ってくれと言った所、医者が嫌がるとかいう旨の理由で拒否され、10日間も入院させられました。

担当の医者が若くてタメ口の生意気な医者で、結果的には、腫れてる喉の切開という治療をしました。医者曰く、これ以上進行していたらヤバかったとのことでしたが、いつも治る治療を施さずにそのセリフを言うのは、患者としては「????」です。

要は、看護師が医師の機嫌を伺いつつ患者の面倒を診るって事に腹が立った訳です。まぁそこの病院は、普通なら退院後に最低でも1度は様子見の来院を促すはずの所を、それすらのことも無かったので、最低の病院でしたけどね。なので、あそこの病院には何があっても行くもんか!という感じです(笑)

またまたズレちゃいましたね。今回のエピソードは、“仕方ないと言って諦めないこと”がテーマだったと思うんですが、そのテーマを3本立てにする必要は無かった気がします。

もっと、紺野や瑞希(水川あさみ)たちの、医師としてのやり方や苦悩で描いてくれた方が、感情移入できたんじゃないかと思います。

メインのストーリーに何らかの事を絡ませれば、それはそれで相乗効果を生む事もありますが、毎回そんなことをしていると、どうしても薄っぺらに見えてしまいます。もう中盤まで来ていますから、今後はもっと、紺野自身にスポットを集中したストーリー展開を期待したいですね。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX
37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~オリジナルサウンドトラック
オリジナルサウンドトラック/菅野祐悟

僕と花
主題歌:僕と花/サカナクション

研修医純情物語―先生と呼ばないで (幻冬舎文庫)
原作:研修医純情物語―先生と呼ばないで/川渕圭一
ふり返るなドクター―研修医純情物語 (幻冬舎文庫)
ふり返るなドクター―研修医純情物語/川渕圭一

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ : テレビドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2012_05_09


4話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  
人気ブログランキングへ

命と直接関わる医者にとって、森下(田辺誠一)が言う“線引き”は必要かもしれないですね。助けたいと思って医者や看護師になる人が大勢いるでしょうから、特に自分が担当した患者が亡くなる事に対して平常心でいられるかどうか。

亡くなる度にショックを受けていては精神的に持たないですし、かといって事務的にやってしまっては冷たい感じもしますし。

医療ドラマでは良く出てくる“医者は神様じゃない”というセリフ。そりゃ当然だし、患者も解ってるでしょう。っていうか、神様っていう存在自体が無いんだし(笑)

不治の病はともかく、患者に治ろうという気持ちが無いと、病気は治らない。医者は治るための手助けができるだけ。ただ、患者をそう持っていくのも医者の仕事。

そういう意味では紺野(草彅剛)の関わり方は悪くはないと思いますし、患者にとっても嬉しい存在だと思います。でも、彼自身がまいってしまう気もするし、多くの患者を診ることはできない感じ。勿論、全ての医者が彼のようであれば良いに越したことはありませんが…。

偶然にも、こちらも今回は2本立てでしたが、生きたいけどそうできない命と、自ら絶とうとする命。決着も就かないし、扱うものが重いだけに、1話の中で収めるには、物語としてちょっと軽い気がしました。

1人に医者によって病院の内部や体制が変わっていくというドラマは、これまでも沢山ありました。でも、このドラマではそういうのは期待してませんし、観たいとも思いません。

原作がある程度の実話なんでしょうから、大学病院という体質+元サラリーマンである紺野を活かすような、そしてリアリティのある物語が観たいですね。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX
37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~オリジナルサウンドトラック
オリジナルサウンドトラック/菅野祐悟

僕と花
主題歌:僕と花/サカナクション

研修医純情物語―先生と呼ばないで (幻冬舎文庫)
原作:研修医純情物語―先生と呼ばないで/川渕圭一
ふり返るなドクター―研修医純情物語 (幻冬舎文庫)
ふり返るなドクター―研修医純情物語/川渕圭一

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ : テレビドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2012_05_02


3話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  
人気ブログランキングへ

「責任あるから。医者の言葉は」。毎回、瑞希(水川あさみ)の言うことは正論だし、観ているこちらもそう思います。

今回、すず(ミムラ)からも“言葉のお守り”が欲しいと言われた紺野(草彅剛)が、果たして木島啓一(甲本雅裕)に「治る」と言うのかどうか。これが焦点でした。

これまで(といっても、まだ2話分だけど)の流れから行けば、紺野はやりそうな雰囲気でしたが、そこはやはり医者でしたね。ある意味ホッとしました。

木島が死ぬのは、新薬投与ができることになった時点で見えてましたから、泣ける内容ではありませんでした。演出もかなりチープでしたからね。

だけど、よく、NK細胞ナチュラルキラー細胞)がガンに有効だって言われますよね。それって、笑うこともそうですけど、“言葉のお守り”によるものもあるって聞きます。つまり、それによって気持ちが前向きなれば、NK細胞が増えるってことですよね。

なので、新見(斎藤工)のように事務的に診察したりするよりも、励ましというか、何か前向きになれるような言葉や環境が患者には必要だと思うので、医者にはメンタル面でのケアも重要項目の1つだと思います。

今のところ、紺野が医者になった理由の1つである“自分のため”が、何なのかがイマイチ見えない。何かに屈せず、諦めず、自分の正しいと思ったことや、(困っている)誰かを助けたいというところなんでしょうか。

もしそうなら、まだまだって感じですかねぇ。医者になるには歳を食っていても、彼にはその分の経験値があるはず。それが活かされていないってことは、頭が悪いのか、気持ちが先行して気づいていないのか…。まぁ研修医だからって言ってしまえば元も子もないないけど。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX
37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~オリジナルサウンドトラック
オリジナルサウンドトラック/菅野祐悟

僕と花
主題歌:僕と花/サカナクション

研修医純情物語―先生と呼ばないで (幻冬舎文庫)
原作:研修医純情物語―先生と呼ばないで/川渕圭一
ふり返るなドクター―研修医純情物語 (幻冬舎文庫)
ふり返るなドクター―研修医純情物語/川渕圭一

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ : テレビドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2012_04_25


2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  
人気ブログランキングへ

患者に名前も覚えてもらえてないのは、患者との信頼関係ができていないからだという紺野(草彅剛)の言い分は解ります。ただ、それと紺野が担当以外の患者と積極的にコミュニケーションを図ろうとするのは別だと思うし、ましてや治療相談などは間違っていると思う。

医者だって客商売だというのは諸手を上げて賛成できる。簡単な会話をするくらいならNGだとは思わない。でも、病状などの相談をしようとするなんて、ましてや大病院ですから、全患者を受け持つつもりでもいるんだろうか。気持ちは解っても、驕りにしか見えませんでした。

理想だけじゃ患者は救えないし、知識や技術だけでも患者は救えない。強いて言えば、知識や技術の方に軍配は挙がるかなと思う。紺野と瑞希(水川あさみ)を足して2で割れば丁度いいんでしょうが…。

前回にもありましたが、紺野は医者にとっては大事なカンファレンスをサボり、担当以外の患者のために、更に危険を冒しました。今回は、同僚の医者の面子を潰しました。要は、やり方があまりにも子供じみている感じがします。

前回も今回も結果オーライでしたけど、その手の事をそんな方法でやろうとするなら、2011年10月クールのドラマ「DOCTORS」の相良(沢村一樹)くらいの腕を持っていないと話になりません。瑞希を擁護するつもりはありませんが、現時点では紺野を応援できない感じです。

掲げてる理想は正しい。だけどやり方が間違ってる。37歳でせっかく医者になったのに、その人生経験を活かせていない。やっぱ情熱+知識や技術がないと。もし、原作者の川渕圭一が、今の紺野のままの医者だとしたら、私は診てもらいたくないなぁ。あ、でも、内科医だからまだマシなのかも…。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX
37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~オリジナルサウンドトラック
オリジナルサウンドトラック/菅野祐悟

僕と花
主題歌:僕と花/サカナクション

研修医純情物語―先生と呼ばないで (幻冬舎文庫)
原作:研修医純情物語―先生と呼ばないで/川渕圭一
ふり返るなドクター―研修医純情物語 (幻冬舎文庫)
ふり返るなドクター―研修医純情物語/川渕圭一

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ : テレビドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2012_04_18


1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  
人気ブログランキングへ

吸収力を考えれば、劇中でもあったように、新しい事を始めるのは若いほうが良い。それを承知で、37歳になって医者になった紺野祐太(草彅剛)。

まぁ知りたい所は、なぜ大手食品会社を辞めたのか。恋人の葛城すず(ミムラ)が関係しているのは当然として、彼女は知り合った時から現在のような病を抱えていたわけではなさそうですね。

かなり敵がイッパイのような気はしますが、腎臓内科の森下和明准教授(田辺誠一)は味方になってくれそうですし、いまはツンケンしていますが、沢村瑞希(水川あさみ)も、徐々にそうなりそう。彼女が「患者が医者に丸投げした時点で、患者の負け」というくらいですから、何か抱えてるんでしょうね。

指導医の新見悟(斎藤工)は「医者は接客業じゃない」と言ってましたが、これは根本的に間違ってますね。人と話をし、何らかのことを患者にする以上は、接客業ですから。まぁ、これは紺野との対比としてそういうキャラなんでしょうけど。

で、紺野のスタンスとして“患者の立場にたった医療”というのがあるとは思いますが、それを表現するために描いた今回のエピソードは間違ってるような気がします。

確かに、人間の能力は計り知れないものがあるので、診察結果+理論だけではいけないのかもしれない。紺野の意見に耳を傾けようとしないバカ医者どもは大学病院を描く上での恒例としても、紺野の取った行動はNGだと思う。

エピソード上、上手く行くことで感動なり安堵感なりはありますけど、経験値が低い上に、たった1人でそれを実行するのはいただけない。もし誤嚥した場合の事を想定して、それを処置できる人物を連れて行くべきだったと思います。そこは、大学病院だから何かあったら誰かを呼べばいいという、甘い考えがあったように思う。

それを考えると、一体どこまでが実話なのかと、ふと思っちゃいました。まぁ、設定と、作者である川渕圭一の想いだけを借りてきて、あとはオリジナルだとは思いますけど、想いを描くのであれば、それプラス医者としてキッチリとしたところも描くべきだと思います。

作者がキッチリとした医者なのかどうかは、原作を読んでいないので判りませんが、現在の肩書きが“フリーの内科医”と作家というのは気になりますよね。何?フリーって…(笑)東京大学工学部卒業だから、お勉強は出来るんでしょうけどね。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX
37歳で医者になった僕~研修医純情物語~DVD BOX

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~オリジナルサウンドトラック
オリジナルサウンドトラック/菅野祐悟

僕と花
主題歌:僕と花/サカナクション

研修医純情物語―先生と呼ばないで (幻冬舎文庫)
原作:研修医純情物語―先生と呼ばないで/川渕圭一
ふり返るなドクター―研修医純情物語 (幻冬舎文庫)
ふり返るなドクター―研修医純情物語/川渕圭一

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
テーマ : テレビドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2012_04_11



04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

テレビドラマデータベース

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
25位
アクセスランキングを見る>>

me too キャンペーン

カーソルを合わせて、
ぬいぐるみを振って赤ちゃんを
笑顔にしてね^^

ブログランキングパーツ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

バロメーター

メールフォーム

ご意見があればお気軽に♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon検索

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

プロフィール

crescent

Author:crescent
小さい頃からTVっ子の
タダのおっちゃんです^^;

好きな役者
 日本:松田優作 萩原健一
    樹木希林 渡辺謙
    大竹しのぶ など多数
 海外:アル・パチーノ
    メル・ギブソン
    ロバート・デ・ニーロ
          など多数
好きな人たちは↓の記事に列挙してます。「ついでという訳ではないですが」

嫌いな役者
 好きじゃないのはいますが、
 基本的に嫌いなのはいない

好きなミュージシャン
 BON JOVI 長渕剛
 Southern All Stars
 浜田省吾
          など多数

好きな芸人
 明石家さんま 島田紳助
 上岡龍太郎 ダウンタウン
 ビートたけし 島田洋七
          など多数

好きなスポーツ選手
 辰吉丈一郎 清原和博
 イチロー 川島郭志

好きなペット・動物
 犬 海豚

好きなこと
 2度寝

好きなモノ
 煙草(Winston)
 ジンギスカン

嫌いなモノ
 自分の事が大嫌い!




pagetop

ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析 ゲーム