2007年02月17日 (土) | 編集 |
ハゲタカ1話

まずはこちらをポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

滅多に見ないNHKドラマだけど、観ようと思ったのは、刑事役じゃない柴田恭平が主役である事と、松田龍平が連ドラ初レギュラーである事。

内容はシビアなネタである事もあるんだろうけど、のっけから民放のSPドラマ並みの重厚感が感じられた。さすがNHK?(笑)

柴田恭平の元部下でNYの敏腕ファンド・マネージャーに大森南朋
松田龍平の父親役に宇崎竜童、母親役に永島暎子、他に中尾彬や、今後は菅原文太大杉漣も出演する模様。

いやぁ、それにしても松田龍平は顔つきや表情が益々、優作さんに似てきましたねぇ。しかも父親役が宇崎竜童だなんて、何かの縁なんでしょうか・・・。その宇崎竜童も役者を始めて久しいけど、中々個性的でいい感じですね。初回のみの出演とは勿体無い気がする・・・。

ただ、いただけなかったのが中尾彬栗山千明かなぁ。
中尾彬の存在感と芝居に文句は無いんだけど、関西弁がまるでダメでしたね。話にならないくらいに。

栗山千明は、役がちょっと大人すぎるのか、ハマッてないというか、まだまだ幼さが抜けてなくてチョット違うかな、と。

さて、このドラマは全6回。裏の演歌の女王が今日を含めてあと5回。
このハゲタカに視聴率を食われる事は間違いなさそうですね。

ランキングに参加しています。励みになるので愛の一票をお願いします♪


バナー

テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年02月24日 (土) | 編集 |
2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

今更だけど、このドラマは主人公たちの家庭のシーンが出てこない。
回想シーンとして笑顔のあるシーンは出てくるけど、現実のシーンには笑顔が出てこない。だから重厚な感じがするのかな・・・。

松田龍平のシーンは今日も少なかったけど、今後大きく関わってくるんだろうか。柴田恭平は、松田優作と親しくは無かったかもしれないけど、映画「最も危険な遊戯」やTV「大追跡」で共演(といっても、大追跡では一緒のシーンは無かったけど)してたし、角川映画つながりもあったはずだから、龍平の小さい頃は知ってると思うんだよなぁ。龍平には記憶が無いかもしれないけど。

それとは全く関係ないけど、栗山千明って、実はたいして美人でもかわいくも無いんだね。バトルロワイヤルで注目されて、タランティーノ柴咲コウと見分けがつかなくて勘違いで指名されたという噂があるキル・ビルに抜擢されて話題になったけど、芝居も上手く無いから、俺には何の魅力も感じないなぁ。

大森南朋は、前から力が抜けた感じの芝居だったから、今回の冷酷っぽい役は、熱い感じが無くていいかもしれないですね。
全6話だから、かなり中身の濃いドラマが期待できそうなんで、来週からの展開が楽しみですな。中尾彬の関西弁以外は(笑)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

テーマ:ハゲタカ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年03月04日 (日) | 編集 |
3話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

何十億何百億なんてお金、当然見た事もないし、ましてや動かした事なんてないけど、あの入札の緊張感は伝わってきましたねぇ。

あの読み合いたるや、将棋のそれに匹敵するかのような緊張感だったような気がする。今回のクライマックスでしたね。

結局、柴野(柴田恭平)は銀行を辞めたけど、このパターンって、先日のハケンの品格と同じような感じですね。レベルは違うけど、会社での不正の片棒を担がされ、正義感と言うか良心と言うか、それがあるが故に納得が出来なくなってしまって退職する。そして、それを上司は口を揃えて“甘い”とぬかす。

勿論、そんな事もやりながら経済は成長し発展して行くんだろうけど、やっぱり俺はそういう組織がどうしてもイヤですね。
そりゃあ、雇われてる身としては、食っていかなきゃならないから逆らう事は難しいとは思う。

「何処だって似たような事はやってるんだよ」と、殆どの人は言うでしょうし、実際そうでしょう。企業のトップがそうであるなら、そこの企業は腐ってるけど、それらをやる連中はトップではなく、その下の連中が殆どじゃないだろうか。

会社を守る為にやったという愛社精神を持った奴らもいるだろうが、それってチットモ愛社精神ではない事に気付かないバカ共だと俺は思う。結果的にスキャンダルになれば、元も子もない無いのに、危ない橋を渡ってるわけだから。

退職した柴野の今後と、会社を興す西野治(松田龍平)がどう動くのかが楽しみですね。それに絡む鷲津(大森南朋)の動向も注目です。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

テーマ:ハゲタカ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年03月11日 (日) | 編集 |
4話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

NYの敏腕ファンド・マネージャーの鷲津政彦(大森南朋)が帰国して来て6年、芝野(柴田恭兵)が三葉銀行を辞めて約3年が経った2004年。芝野はターンアラウンドマネージャーとなり、既に「企業再建請負人」として成果を挙げており、東洋テレビの経済記者だった三島由香(栗山千明)はキャスターになっていた。

芝野は、現在末期癌を患っている大木昇三郎(菅原文太)が会長を務める大空電機の社長の塚本(大杉漣)から同社の再建を依頼される。そこで3年ぶりに鷲津たちと対面した。彼らは既に大空電機の筆頭株主となっていたのだ。

芝野は再建計画書を大木に見せるが、何度もやり直しを命ぜられる。“フェニックス計画”と題されたその計画書には、“人”を大切にしてこれまでを築いてきた大木の考えとは正反対の、不採算事業の売却・撤退や余剰人員の解雇などの大幅なリストラでコストを削減する“コストカッター”がメインであったからだ。

しかし、鷲津たちが示した計画書には、大空電機の創業事業部であるカメラ・レンズ事業部の売却と、従業員の4分の1にあたる1万人のリストラという、とんでもない内容だった。

カメラ・レンズ事業部の売却には目的があった。それはレンダント社の軍需部門への売却だ。だがその事業部の下請工場には、三葉銀行員時代の鷲津を追い詰めた三島製作所の名前があり、鷲津は深い苦悩を抱えたまま株主総会に挑む事になる。

株主総会当日。鷲津は筆頭株主として、あくまで合理性を訴える。それに対し柴野は、病床の大木からのメッセージを読み上げ、大木の会社への切なる思いが株主達に伝えられる。

読み上げてる最中に大木の絶命の報が芝野に届き、それを株主達にも伝える。情に訴えた形で戦いは芝野らが僅差で勝利した。すぐにTOBの準備に取り掛かろうとする鷲津の前に、「とんだ茶番だ」と言って会場を後にした西野治(松田龍平)が現れる。彼は今やIT企業「ハイパークリエーション」の社長となっていた。


いや~、ヘビーですなぁ。普段、経済の深い所になんて興味が無いから、もの凄く新鮮に感じられるし、演出も役者陣もいいから、ついつい引き込まれてしまいますね。今後は鷲津がどう動くのかが注目ですな。そんな中で唯一、足を引っ張ってるのは、やはり栗山千明。21歳じゃあ、あの役は無理ですね。上手くないし・・・。まぁ、他がいいので目をつぶります(笑)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

テーマ:ハゲタカ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年03月20日 (火) | 編集 |
5話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

ホワイトナイトとして現れたかと思ったら、すぐにインサイダー取引で化けの皮が剥がれてしまった、西野治(松田龍平)のハイパークリエーション。イメージはLivedoorか!?

今回は芝野(柴田恭平)の出番はあまりなく、大空電機を巡って、ハイパークリエーションの西野治vsホライズンの鷲津(大森南朋)をメインにしていた事もあり、これまたかなりの緊張感だった。

鷲津は由香(栗山千明)の工場の為に、本社の命令に背いてホライズンにも由香の工場にもいい方向で事を進めたために、解雇されてしまった。しかも、治の自殺を止めようとして銃で撃たれて倒れる。

予告を観る限り、来週は芝野と鷲津は手を組んで何かをやりそうですね。来週も緊張感を保ったまま最終回を観られそうです。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

テーマ:ハゲタカ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年03月24日 (土) | 編集 |
最終回

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

鷲津(大森南朋)が解雇された代わりに来た大賀(松重豊)は、ホライズンの思惑通り、レンズ事業部をレンダント社に売却する契約を結ぶ事に成功する。

その話は寝耳に水だった芝野(柴田恭平)は鷲津の元を訪れる。以前から構想があったのか、鷲津は“鷲津ファンド”を立ち上げると柴野に告げ、2人はタッグを組む事になった。狙いはレンズ事業部従業員の中でもピカイチの職人である加藤(田中泯)の説得だ。

大空電機に残っている芝野は、鷲津ファンドの一員として内情を探る。また、ホライズンの中延(志賀廣太郎)や村田(嶋田久作)も協力している。その甲斐あってEBOに成功。


で、鷲津はやっとトラウマだった三島製作所の社長の前で手を合わせることが出来たわけだけど、後半が、よく言えばテンポがいいんだが、何か端折られたというか急ぎ過ぎたと言うか、これまでのいい緊張感が抜けてしまった感じでしたね。惜しいなぁ。

やっぱり結構厚みのある本2冊を6話にまとめてしまった事に無理があったんだろうなぁ。ちょっと残念・・・。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

テーマ:ハゲタカ
ジャンル:テレビ・ラジオ
ブログパーツ アクセスランキング ワキガ