レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO

ノン・ジャンル

PrisonBreak Season2(14話以降)~Season5のあらすじ、24 Season6のあらすじあります。メインはTVドラマ。他に映画・音楽などのエンターテインメントやTV観戦したボクシングの感想、その他の雑感です。

Category [WOWOWドラマ 連続ドラマ パンドラⅢ 革命前夜(全8話) ] 記事一覧

ちょっと薄いので不安

1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

待望の第3弾。前々作は“どんな癌でも完全に死滅する癌の特効薬”、前作は“通常の4倍の速さで成長するトウモロコシの開発によって、日本の飢餓を救う”、そして今作は“外科手術による自殺防止の治療法を発明”した、脳科学者・鈴木精二(江口洋介)がパンドラの箱を開ける。

この3作とも、主人公の苗字は全て鈴木。井上由美子のこだわりなんでしょうか。天才ということで、イチローにあやかってるのかな…。

まぁそれはさておき、とりあえずの掴みはOKだったように思います。やっぱり7月クールの「陽はまた昇る」とは雲泥の差です。

かつて、何かに絶望して自殺を図った鈴木は、下半身不随になり車椅子生活。日本を出て、アメリカで外科手術による自殺防止の治療法を発明した脳科学者。

彼の大学時代の同期生で元妻の湯田恵理子(若村麻由美)は、同じく大学時代の同期生で、鈴木とも友人だった湯田和路(内野聖陽)と再婚。子供はいるが、その子は鈴木の子で、その子は湯田を実父だと思っている。鈴木に言わせれば、恵理子はボロ雑巾のように鈴木を捨てたらしい。

史上最年少の42歳で内閣官房長官となっていた湯田は、新郎が多く精神安定剤を常用しており、何度か胃洗浄を行わねばならないほど服用していて、それは殆ど自殺未遂状態。

そんな状態を心配した恵理子が、その症状(自殺未遂)を子供の症状だと偽り、鈴木が自殺防止の治療法を発明したことを知って、湯田を治療させるために鈴木を帰国させる。

大学時代の同期生だということや、その同期生を助けたいという気持ちからか、鈴木は自らが発明した自殺防止の治療手術を施す。これがメインとなって話が展開していくんだと思います。

そして、おそらくこれから関わって来るだろうというのが、警視庁捜査一課刑事の神林洋介(上川隆也)。彼は殺人現場にて、娼婦にまで堕ちた元妻の死体と対面し、かなりのショックを受ける。

そして、神林がボーっと駅の椅子に座っているところで、鈴木にとった態度が引き金となってCAを辞めさせられた川村翔子(板谷由夏)の自殺を気のない言葉だけで制し、そのままベッドを共にする。

この川村は、中々気の強い性格の反面、自殺しようかと思ってしまうくらいの脆さも持っている模様。神林も、元妻の成れの果てを見て、自殺を考えたが留まった。

神林の妻を殺したのは、海上自衛隊員の鏑木光太(小澤征悦)っぽい感じ。彼は日本の現状を危惧する者で、湯田の父であり、元経団連会長の湯田作之助(平幹二朗)の指示で動いている。作之助は日本には軍備が必要だと考えており、それに向けて動いてる模様。

あとは、政治犯で懲役15年を終え、まだ何かを企む松永昭一郎(泉谷しげる)や、彼が出所直後に知り合う、母の男をバットで撲殺したかもしれない少女・結城香恵(福田麻由子)が、何らかの形で絡んでくる感じです。

あと、忘れちゃいけないのが、3作通してストーリーテラー的な役割を果たしている、毎朝新聞記者の太刀川春夫(山本耕史)。

初回なので、各キャラクター紹介が主だった感じでしたけど、伏線や前フリには十分な第1話でした。毎回そうですが、政治的なことが絡んでくるんでしょうけど、この“自殺防止の治療法”自体が、政治的問題になるのかどうかという感じは、今のところしませんねぇ。

その治療を施したことによって起こる弊害、つまり、副作用的な事が問題になるのかな?という印象です。どう転ぶにしても、ここ最近の地上波のドラマよりはワクワクさせてくれる期待は持てそうなので、次回が楽しみです。

で、役者についてですが、若村麻由美はやっぱり巧いですね。ここ最近は、気が強かったり意地悪だったりという役が多いですが、こういう献身的な役もこなせるんですよね~。無名塾出身の看板を背負ってるだけあります。

そしてちょっと驚いたんですが、内野聖陽江口洋介より、1つだけですけど、歳が下なんですね。雰囲気からすれば、江口洋介の方が年下に見えるんで、ちょっと意外でした。

それもあってなんですが、キャスティングとして、これまでのパンドラの主役としては、ちょっと薄いかなという印象はあります。寧ろ、鈴木の役は内野聖陽の方が良かった気がします。芝居の巧さという点ではね。

また、ヒロイン的な役者も、前作の鈴木京香が良かっただけに、板谷由夏では物足りない感じもします。まぁ、今後に翔子を巧く演じるか、または若村麻由美が多くに絡んで抜群の芝居を見せてくれれば補えるのかも知れませんが…。

とはいえ、まずはホンです。期待できる感じではあるので、今後がどういう展開になるのかを楽しみにしたいですね。地上波の連ドラではイマイチが続いてますが、井上由美子のホンは嫌いじゃないので、期待したいところです。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

パンドラIII 革命前夜 DVD-BOX(4枚組)
パンドラⅢ 革命前夜 DVD-BOX(4枚組)

パンドラ コレクターズ・ボックス   パンドラII 飢餓列島 DVD
パンドラ コレクターズ・ボックス  パンドラ 飢餓列島 DVD-BOX

WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック
WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック

グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s
主題歌「The Good Life」収録アルバム:グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s/Tony Bennett

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

革命かぁ

2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

鈴木(江口洋介)が施した治療によって、湯田(内野聖陽)の性格が変わりましたね。単なる“自殺防止”のためのチップのはずが、埋め込んだ脳の場所により、違う働きが発生したようです。鈴木には思い当たるフシがあるようですから、その意味ではこの治療は失敗なのかもしれません。

少し気が小さく慎重な性格だった湯田が、誰にでも事実を正直に述べるというようになり、政府が隠蔽するはずだった海上自衛隊の潜水艦が消息を絶ち、拿捕されている可能性を示唆する発言を記者会見で述べてしまいました。彼の意図する所は、日本を変えること。即ち“革命”。湯田は“愛国心”からそう思っているようだ。

そして、同じ“愛国心”から革命を起こそうとしているのが、湯田の父である作之助(平幹二朗)。湯田が何をどうするのかが判明していないので、作之助とどういう違いがあるのかはまだ判りませんね。ただ、作之助は再軍備が必要だと考えている。

で、それに賛同して動いているのが、海上自衛隊二等海佐の鏑木(小澤征悦)。彼が神林(上川隆也)の元妻を殺したのは間違いないようですが、何故そうしたのかは不明。単なる行き違いとは考え難いですから、何かを知ってしまったってことなんでしょうかねぇ。

鏑木は政治犯である松永(泉谷しげる)と接触し、大統領の来日に合わせて、ビルの爆破を依頼しました。訝しながらも松永はそれを了承しましたけど、言いなりになるつもりはなさそうなので、裏を掻きそうな感じ。

太刀川(山本耕史)にメールを送ってきてるのがMebius。殺された神林の元妻と、鏑木であろう人物が会っていた店の名前もMebius。

そういえば、神林と会いたくてMebiusに辿り着いた翔子(板谷由夏)の隣に、何やら怪しい人物が座っていましたよね。もしかすると彼が神林の元妻を殺したのかもしれませんが、鏑木と繋がっているのは確かかもしれません。

湯田の変わり様に不安を覚えている鈴木でしたが、今のところ彼に湯田を止められるという感じはしませんね。事態が変わっていくことにより、どうにかせねばという事になるとは思うので、どう収拾をつけるのかを楽しみにしたいですね。

また、湯田がどこまで暴走し、神林の事件と何処でどういう接点が出てくるのかも楽しみです。今のところ、まだまだ点が線で繋がらない部分が多いので、今後の展開に期待です。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

パンドラIII 革命前夜 DVD-BOX(4枚組)
パンドラⅢ 革命前夜 DVD-BOX(4枚組)

パンドラ コレクターズ・ボックス   パンドラII 飢餓列島 DVD
パンドラ コレクターズ・ボックス  パンドラ 飢餓列島 DVD-BOX

WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック
WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック

グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s
主題歌「The Good Life」収録アルバム:グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s/Tony Bennett

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

Patriotism vs ・・・

3話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

湯田(内野聖陽)の性格が変わったことで、自分の治療が何らかの影響を与えてるかもしれないからチェックさせて欲しいと鈴木(江口洋介)が言うも、湯田はそれを拒否。安全性を確認して治療を行ったという鈴木に、だったら必要ないじゃないかと言われ、鈴木は反論できない。

湯田に言わせれば、自殺癖を治したことで生きる希望が湧いてきた。要は、考え方がポジティブになっただけだということ。

恵理子(若村麻由美)も湯田の変化に気づき、鈴木を訪ねて再診を頼むも、鈴木は湯田に言われた“考え方がポジティブになっただけ”というだけで、そのままアメリカに戻ろううとしましたが、やはり気になってしまって日本に留まりました。

改めて湯田の症状を考え、アメリカにいる助手に実験を行った猿について確認したところ、その猿はチップを埋め込んだ直後から全く違う行動パターンを取るようになり、人間で言えば性格が激変したと考えるのが妥当だとの返答を得る。

更に、その後その猿がどうなったのかを確認したところ、突然ボス猿に勝負を挑んで死んでしまったという。これで鈴木は、ますます鈴木の安否が気になったようです。

湯田は相変わらず、言わば“攻撃的”な性格のままですから、三枝総理(江守徹)をスルーして、官房長官という立場を大いに利用し、起こってることを包み隠さずTV中継で発言している。

鏑木(小澤征悦)も作之助(平幹二朗)の命令を無視し、前回に起こした銀行のATMをストップさせたことに続いて、救急システムのサーバーもダウンさせた。

それらの事件について、湯田は作之助の家で会った鏑木が怪しいというカンが働いたのか、鏑木を調べさせたところ、良いタイミングで鏑木の方から会いたいという連絡が入ってきて2人で会いました。

ここで違いを見せたのが“愛国心”ってやつですね。鏑木は、日本には自衛隊ではなく軍隊が必要なので、その必要性を国民に気づかせるためにサイバーテロを行った。

だが、湯田の愛国心はそうではなさそう。具体的なことは判りませんが、基本的には攻撃よりも護るという意識が強いような気がします。

神林(上川隆也)は、湯田が発言した“日本を愛してる”という新聞記事から、翔子(板谷由夏)から聞いていた、元妻を殺したかもしれない男が“日本を愛してる”と言っていた事を思い出し、湯田邸をマーク。多分、湯田が犯人だと思ってるのかもしれませんね。

とにかく湯田と会って再診したい鈴木は、漸くアポを取って埠頭で会いますが、やはり再診は拒否。その時、確実に湯田を狙ってるであろうトラックが突っ込んできました。湯田は鈴木を向こうへ押しやり、湯田だけがそのままトラックに跳ねられた、というところで今エピソードは終了。

日本を改革しようとする政治犯たちと湯田の行動がメインになってるような感じがするので、主役であるはずの鈴木が霞んでる気がします。今起こってる問題に鈴木が巻き込まれるか、中心部分にいない限り、実質の主役は湯田という印象になっちゃいますね。

とはいえ、面白い事には変わりないです。どっちが主役であろうと、内容的にはOKだと私は思うので。神林の元妻が殺された理由が全く明らかになりませんけど、まさか“元の夫は刑事なのよ”的な事を言ったからという事じゃないですよねぇ…。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

パンドラIII 革命前夜 DVD-BOX(4枚組)
パンドラⅢ 革命前夜 DVD-BOX(4枚組)

パンドラ コレクターズ・ボックス   パンドラII 飢餓列島 DVD
パンドラ コレクターズ・ボックス  パンドラ 飢餓列島 DVD-BOX

WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック
WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック

グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s
主題歌「The Good Life」収録アルバム:グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s/Tony Bennett

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

つながってきた

4話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

鈴木(江口洋介)を庇ってトラックに轢かれてしまったかと思った湯田(内野聖陽)でしたが、軽い脳震盪だけで無傷。鈴木の治療によれば、命に別状は無いという。

まだ目覚めない湯田を利用して、鈴木は再検査を実施。実施中、依頼してあった血液検査の結果が添付ファイルで届き、内容を見てみると、セロトニンの数値が異常に高いことが判明。目覚めた湯田にそれを話し、今は恐怖や不安を感じない状態であることを説明。

再治療を受けるよう勧めるも、湯田はそれを拒否。今の状態が本来の自分だと言う湯田は、愛国心があるからこそ、日本を変えるという。

「腐った閣僚を全員駆逐し、政府内を真っさらな状態にする。そして、与野党をまとめ上げ、国民投票制度を敷く。国民の手で、自分たちの長を選ぶ。誰もが待ち望む、政治の形だ。議員数を現行の半分以下に減らし、資金面においても、重要案件のジャッジにおいても、無駄を極力排除。透明性を高める。国民の利益のために、正義を行う政府を作ることによって、国民もまた、国家への義務を果たすことに…」と構想をぶちあげた。

鈴木は「もういい!国民投票?正義を行う政府?俺にはそんな事ができるとは思えない!この日本が何年かかってこんな国になったと思ってるんだ!」と反論するも、湯田は「誰も変えようとしなかったからだよ。みんな、そんな事はできるはずがない。そう思って、夢を見ようとしなかった。君だって、日本を捨てた人間じゃないか。僕は見捨てない。その気になれば、たった3日で変えることができる」と言って揺るがない。

一方、鏑木(小澤征悦)に接触した翔子(板谷由夏)は、彼の特徴をメモしたものを神林(上川隆也)に渡す。そのメモに書かれた特徴の一つに、パチュリという香水を着けていることが記されており、翔子はその香りのサンプルも渡した。役に立ちたかったという翔子だが、危険だから鏑木には会うなといい、また、自分はもう翔子には会わないと言ってその場を去る。

松永(泉谷しげる)は爆弾を作り、テストも兼ねて三枝総理(江守徹)の別荘を爆破。これを警告とした。

湯田は鏑木と密会し、自首を勧めるも、鏑木は当然拒否。鏑木は湯田の父・作之助(平幹二朗)の罪を問われ、湯田自身も罪を問われると脅すが、“正義”を持ってる湯田はやはり揺るがない。父の行為を謝罪し、全部の膿を出し切れば、国民も付いてくるとの考え。

その頃、作之助の命令で彼の部下に連れてこられた鈴木は、作之助と会っていた。作之助は恵理子(若村麻由美)から聞いていた湯田の治療の件を話し、湯田の再治療するには協力すると申し出る。更に鈴木の治療をビジネスにと持ちかけるも、鈴木はやんわりと拒否。

湯田の状態が判った作之助は、それを三枝に電話。三枝にとって目の上のタンコブである湯田は、作之助の話を聞いて、湯田を罷免することを通告。

作之助の仕業と知った湯田は作之助の家を訪れる。「目的を果たすためなら、自分の命すら惜しくありません」という湯田に、「親の命ならどうだ?そこまで言うのなら、わしを切ってから行け。さぁ、覚悟を見せろ!」と言って、鞘に収めた刀を湯田の目の前に差し出すが、湯田はその刀を掴み、奪い取る。

湯田は幼い頃から、何も悪くないのに謝ってきたが、腹の中は恨んでいたことを話しだす。そして当時から思っていた「お前が憎い。くたばれ。死ね」と言ったところで作之助が「和路!」と声を荒げ、立ち上がるかと思われた瞬間に湯田は鞘から刀を抜き、刃を作之助の首に向けた。

すると、作之助は持病の心臓発作が起き、薬を手にしようとするが上手くつかめず、瓶ごと落としてしまう。湯田は足元に転がってきた瓶を拾い、それを作之助に与えることなく見殺しにした。涙を流しながら…。

作之助の葬儀。鈴木が恵理子の携帯に電話すると、恵理子はその場におらず、息子の大輔(渋谷龍生)が出た。恵理子を探しに外に出ると、大輔は湯田を見つけたが、湯田は鏑木と話していた。鏑木の「あなたが、殺したんですね」という言葉にショックを受け、作之助の家から居なくなってしまう。

湯田と話し終えた鏑木は作之助邸を出ると、作之助邸に向かっていた神林とすれ違う。鏑木から香りを感じ取った神林は、鏑木に目をつけた模様。

鏑木は翔子に接触。ホテルに行き、鏑木がシャワーを浴びている間に、更なる手がかりを掴もうとした翔子は鏑木のジャケットなどをまさぐるが、鏑木はシャワーなど浴びておらず、その現場を押さえられてしまう。

大輔は鈴木に助けを求めたようで、鈴木が保護。大輔を引き取りにきた湯田に、再治療を受けないのなら、医師を辞しても今回の治療を公表すると伝えた…。


ってなところで次回なんですが、少しずつ繋がって来ましたね。湯田が最治療を拒否し続け、鈴木が公表しようとも、透明性を訴える湯田に分があるような気がします。

ただ、湯田を眠らせて連行すればいいんですから、それくらいは簡単そうな気がするんだけどなぁ。鈴木は医者なんだから、睡眠薬も注射器も容易に手に入れられるんだし。それをやらないのがよく解りません。そんなツッコミができるものの、やっぱり面白いですね。鈴木の決意に湯田がどう出てくるのかが楽しみです。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

パンドラIII 革命前夜 DVD-BOX(4枚組)
パンドラⅢ 革命前夜 DVD-BOX(4枚組)

パンドラ コレクターズ・ボックス   パンドラII 飢餓列島 DVD
パンドラ コレクターズ・ボックス  パンドラ 飢餓列島 DVD-BOX

WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック
WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック

グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s
主題歌「The Good Life」収録アルバム:グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s/Tony Bennett

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

そして近づいてきた

5話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  人気ブログランキングへ

当然のことながら、鈴木(江口洋介)と湯田(内野聖陽)は決別。鈴木は口にした通り、湯田の件を発表しようと、太刀川(山本耕史)を呼び出して記者会見の準備。ただ、まだ太刀川には内容を伝えてない。

神林(上川隆也)のために鏑木(小澤征悦)とホテルに行き、証拠を掴もうとした翔子(板谷由夏)は、鏑木がてっきりシャワーを浴びてるはずだと思ってジャケットをまさぐってると、背後に鏑木の姿。ルームサービスが来た隙をついて、鏑木の吸った煙草の吸殻を持ってその場から逃走し、神林にTELして無事に救助される。

その2人が帰り道で出会ったのは、数人の警官を相手に暴動を起こしてる若者たち。それを煽ったのが、ホームレスの少女の香恵(福田麻由子)。もちろん、糸を引いてるのは松永(泉谷しげる)。神林は倒れた香恵も連れて自宅へ行く。

湯田のもとに現れた鏑木に、鏑木が起こそうとしている“革命”に乗ることを伝えるが、鏑木はそれを信じる条件として三枝総理(江守徹)の収賄スキャンダルのネタを渡し、結果を出せという。承知した湯田は、その代わりに、自分の行く手を阻む者を排除しろと言い、その人物の名前を口にする。鈴木だった。

鈴木は記者会見をする前に恵理子(若村麻由美)には先に伝えておこうと、彼女と会い、その旨を伝える。それを聞いた彼女は、殆ど発狂状態。今後の生活や子供に与える影響、自身の幸せがブチ壊れるという恐怖におののいていた。

湯田はスキャンダルのネタを三枝に突きつけ、“急病”という形で、総理の座から退かせることに成功。神林は翔子から預かった煙草の吸殻から、それが鏑木であるところまで突き止める。

鈴木は、太刀川と車に乗っているところを拉致され、太刀川は殴られて助けることもできなかった。拉致られた鈴木は松永と香恵のいるアジトに連れて行かれる。鈴木を説得するのを買って出た松永に任せ、鏑木は湯田の家へ。

湯田と鏑木が、鈴木を拉致した話をしているところに、恵理子がお茶を持って現れるが、その話をドアの前で立ち聞きしていたらしく、鈴木をどうしたのかと尋ねるも、はぐらかそうとする湯田。

去り際に「何も知らないより、全てを知らないほうが怖いの」と言い出した恵理子はもう止まらない。湯田がなだめようとしてダメ。鏑木が説明を代わり、湯田の行く手を阻もうとしている鈴木を説得中だと伝える。

「どんな説得?聞かなかったらどうなるの?」と聞く恵理子に、2人は答えない。「殺すってこと?お父様みたいに!?だって、突然亡くなるなんて変よ!…お父様の次は鈴木なの?鈴木の次は私?」という恵理子に「奥さん…」と、鏑木が触ろうとした際、「触らないで!汚らわしい」と言いながらそれを拒否して、部屋にあるゴルフクラブを手にした恵理子。

「もう私、判らない。国?日本?何それ?影も形もないものを愛する?バカじゃないの!私を愛しなさいよ!妻を愛せない男が、どうして国を愛せるの?」と泣き叫びながらクラブを振り回す恵理子。「死ねばいい!」と言った恵理子は、湯田に向かってクラブを振りかざした。

太刀川から連絡を受けた神林が太刀川のもとに到着。松永は鈴木を殴っている。そしてシーンは湯田邸から出てくる1台のバンのシーン。運転するのは湯田の秘書。後部座席には目を閉じた恵理子。血の気が失せているように見える。湯田邸を暫く離れると、後部座席に身を潜めていた鏑木が現れた。どうやら恵理子は殺された模様。そして湯田はついに、自身が総理代行に就任したと記者会見で発表した。


湯田の革命の第一歩が始まった感じですね~。鈴木は拉致られ、恵理子が殺されたとなると、湯田の手術の件を公にできる人が表にはいなくなりました。

となると、湯田が手術の後遺症で倒れたりしないと、このまま“湯田政権”でコトが進んでいきそうです。下半身不随の鈴木は、誰かに助けてもらわないとアジトからは脱出できませんから、何がどう展開していくのか想像がつかないですね。

神林が救世主となって助けに来るか、内輪揉めの隙を突いて鈴木が逃げ出すのか。次を観るのが楽しみです。とはいえ、最終話までキープしてはありますが、地上波のドラマを優先しているので、いつ観られるのか判りません(笑)観たらまた書きますね。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

パンドラIII 革命前夜 DVD-BOX(4枚組)
パンドラⅢ 革命前夜 DVD-BOX(4枚組)

パンドラ コレクターズ・ボックス   パンドラII 飢餓列島 DVD
パンドラ コレクターズ・ボックス  パンドラ 飢餓列島 DVD-BOX

WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック
WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック

グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s
主題歌「The Good Life」収録アルバム:グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s/Tony Bennett

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

線になってきた

6話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  人気ブログランキングへ

恵理子(若村麻由美)はやはり殺されていた。湯田(内野聖陽)の秘書・山崎(清水伸)の運転で、鏑木(小澤征悦)は湯田の別荘がある軽井沢へ行き、そこで部下たちと合流したのか、彼らに恵理子を埋めさせた。だがそこには、恵理子の十字架のネックレスが落ちたままなので、見つかるのは時間の問題でしょう。

騒ぎで目を覚まして起きてきた息子の大輔(渋谷龍生)には、ママは軽井沢に行き、暫くは帰ってこないと嘘をつく湯田。だけどそれを信じられない大輔は、恵理子の携帯を使って鈴木(江口洋介)にTEL。

拉致られ、車椅子に座るしかない鈴木は当然電話には出られず、持ち物をチェックしていた香恵(福田麻由子)が出た。「ママが帰ってこないんだ。パパは別荘に行ったって言うけど、電話しても出ないんだ」という大輔の言い分だけを聞いて電話を切った香恵は、そのままの内容を鈴木に告げ、そこで鈴木は恵理子が行方不明になったことを知るも、殺されたかもしれないと不安を抱く。

鏑木がアジトに戻ってきて鈴木を説得するが、鈴木の決心は変わらない。むしろ鏑木のやってることで、鈴木の気持ちは頑なになる。

湯田の家を訪ねた鏑木に、湯田は「鈴木には手を出さないでください」と命じる。また、自分に指図をするなと言い、これまでの鏑木の計画が上手くいっていない事を指摘。鏑木は新たな計画を話すも、湯田はそれを否定。

その代わり、クーデーターを起こす計画を話しだす。それは、環境会議に集まった米国大統領を始めとした各国の首脳を人質にとり、鏑木たちが会議場にに突入し、騒乱を起こす。そして湯田が自衛隊に要請して制圧すると同時に、非常事態宣言をする。現行の政治体制や法律その他を変えるには、これくらいの荒療治が必要だと説く。

湯田は、“人々は強い指導者を求めてる”“人々はこの腐りきった世界を変えて欲しいと願っている”“本当の幸せを国民に与えたい”“歴史を変えたい”という思いであると鏑木に言う。その自信に満ちた笑顔や迫力に、鏑木は黙るしか無かった。

神林(上川隆也)は太刀川(山本耕史)が襲われて鈴木が拉致られた件を捜査するため、太刀川と現場検証をするも、糸口が見つからない。

最初から整理してみようと2人は話しだし、太刀川は鈴木が医者であることから、医学関係の何かを発表しようとしていたのではと予想。神林は、鈴木の研究が自殺願望の抑制であることを調べ上げていた。それらから神林は仮説を立てる。

湯田に自殺願望があったとして、もし自殺となればスキャンダルになる。それを助けるために親友の鈴木が帰国したというもの。中々イイ線を突いてきた。それを元に、2人はタッグを組むことになった。

恵理子がいなくなった事を逆手に取り、湯田はそれを誘拐事件として警察に届けた。湯田邸には刑事が詰め寄り、状況を聞く。湯田も秘書の山崎も一世一代の大芝居を打っている。

誘拐事件は解決までは公にしないのが常だが、湯田はあえて公表。そして取材陣に向かって、涙ながらに会見する。テロリストたちの仕業であることをデッチ上げ、それには屈しないことを強調。そして取材のTVカメラに向かって、「君たちには屈しない!」と更に強調。

この会見をアジトで観ていた鈴木は殺されたであろうことを直感。車椅子に乗り、ドアを開け、その悪い足で階段を登ろうとするが転げ落ちてしまう。それをじっと見ていた松永(泉谷しげる)に、「彼女はもう死んでるよ」と言われ、信じたくない鈴木も認識せざるを得なくなる。

翔子(板谷由夏)は鏑木と出会ったバーのママ・マリア(ネジャット・シャニーノ)に「3日分の給料を払いたい」呼び出され、彼女と落ち合う。これが罠なのは見ていてすぐに判る。案の定、落ちあって車の助手席に翔子が乗ると、運転席に乗り込んできたのは鏑木。翔子は逃げるに逃げられず、鏑木のどうでも良い質問にどうでも良い回答をするしか無い。そして鏑木に「何が目的だ?」と問われる。「私も殺すの?…あなた、女を殺したでしょ」と、逃げようがない翔子は意を決する。この言葉で鏑木の表情が変わる。

神林は鏑木のマンションを突き止めるが、暫くは帰宅していない痕跡を確認。神林から電話をしたのか、神林は湯田邸を張っている太刀川に状況を伺う。その電話で神林は、自分が追ってる犯人は、元妻を殺した人物だと明かした。そして鏑木を調べてくれと依頼。

恵理子が殺された事でやや呆然としていた鈴木だったが、メビウスの輪の説明を松永と香恵にしだし、湯田に大事な話があるから連絡を取りたいと申し出る。

湯田の電話が鳴った。だがそれは鈴木からではなく、三枝総理(江守徹)からだった。彼は「三日天下という言葉を知ってるかい?」と言い、さらに「目には目をという言葉もある。知ってるならよく考えたまえ」と、揺さぶりをかけるような言い方をして電話を切った。だが、今の湯田は全く動じない。そしてレコードに針を落とし、大音量でワーグナーを聴きだした。

そこに鈴木から電話が入る。電話口で鈴木は、「会見を観て…涙が出たよ。俺は2度と日本に戻るまいと思っていた人間だが、お前を見て考えが変わった。お前のような人物が国のトップに立つなら、研究の労や権力の奪い合いになっている、この国の医学界も変わるかもしれない。お前の治療のことは告発しない。お前は、捨てたはずの日本に、俺の目を向けさせてくれた。お前に協力したいと思ってる。俺の持てる能力をお前の政治に使って欲しい。お前と一緒に、今までと違う世界が見たくなったんだ」と告げた。「信じていいのか?」という湯田に、勿論だと答える鈴木。このやり取りを、香恵は微笑で見ているが、松永はやや疑いの目を向けているように見える…。



鈴木が考えを翻したのは、もちろん嘘でしょう。松永はそれを確信してはいないでしょうが、用心はするでしょうね。単純に、最初からそうしときゃ良かったのにと思ってたんですが、まぁ、それじゃドラマが盛り上がらないですもんね(笑)

目的は違えど、神林が追ってる鏑木が湯田に関わってることで、絡まってた紐が解けてきて、だんだんと一本線に近づいて来ました。あとは、拉致られてる鈴木が、どうやってコントロールしようとしているのかが楽しみです。ほぼ頭脳戦なので、どこでどうなるのかワクワクします。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

パンドラIII 革命前夜 DVD-BOX(4枚組)
パンドラⅢ 革命前夜 DVD-BOX(4枚組)

パンドラ コレクターズ・ボックス   パンドラII 飢餓列島 DVD
パンドラ コレクターズ・ボックス  パンドラ 飢餓列島 DVD-BOX

WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック
WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック

グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s
主題歌「The Good Life」収録アルバム:グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s/Tony Bennett

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

どっちも潰れる!?

7話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  
人気ブログランキングへ

解放された鈴木(江口洋介)は湯田(内野聖陽)の家に来ていた。そこで話したのは、20年前に2人で登山をし、遭難しかけた時のこと。眠ろうとしてしまう鈴木を必死に起こそうとする湯田の話の中で、鈴木は医学界を変えたい、湯田は政治家になりたいと初めて明かした。

「クーデターでもやって、良い国に変えてくれ」という鈴木に、湯田は「約束しよう。生きてこの山を降りて、2人で革命を起こそう」と答えた。

そんな話をしつつ、鈴木は湯田から全てを聞き出そうとする。まずは恵理子(若村麻由美)の居場所を聞いてみるも、湯田は正直には答えない。飽くまでも誘拐されたと言う。そして湯田は「山での約束を果たそうとしている」と、クーデターを起こすことを匂わせ、鈴木に用意したボストン行きのチケットを渡し、アメリカに帰れという。
クーデターを止めようとする鈴木だが、湯田の気持ちは揺るがない。

翔子(板谷由夏)を探す神林(上川隆也)だが、手がかりは掴めないまま。

鏑木(小澤征悦)が部下と共に、死体袋を持ってアジトに戻ってきた。こりゃ翔子も殺されたかと思いきや、とりあえずは生きたまま持ってきたようだ。

鈴木は太刀川(山本耕史)に連絡をし、湯田を手術した病院で密会。湯田がクーデターを起こそうとしていることを太刀川に告げ、また、告発しようとしていた文書も太刀川に渡す。太刀川は警察に連絡しようとするも、鈴木は「クーデターを起こそうなんて信じてもらえない」と一蹴。

どうすればいいのかという太刀川の問いに、「脳に埋め込んだチップを抜くしか無い。無理矢理この病院に連れてくることしか方法がない」と言い太刀川を見た。「私が!?」と言う太刀川。

湯田と鏑木は湯田邸で作戦会議。かなりビビリながら話している鏑木に、湯田は、鏑木たちには捨て石になってもらうと言う。それを聞いた鏑木は「そのお言葉で、すべての迷いが無くなりました」と意を決する。

太刀川は神林にクーデターの件を話すも、相手にされない。というよりも、神林にとっては翔子を探す方を優先させたい。

そこに香恵(福田麻由子)から電話が入り、神林に翔子の居場所を教える。アジトを引き払うことになっていた鏑木達だが、なぜ香恵がそうしたのかは不明。

言われたアジトに着いた神林は翔子を見つける。口をガムテープで塞がれ、後ろ手に縛られている生きてる翔子を見て一安心。だが神林は再びガムテープで口を塞ぎ、死体袋のチャックを閉め、元通りにしてその場を後にする。

環境会議の前日に記者会見を開いた湯田は相変わらず。テロには屈しないということを声高に訴え、会見を終える。記者たちが湯田を取り囲みながら歩く。そこには太刀川もおり、彼は「単独取材をお願いできませんか?」と言い、湯田の耳元に回りこみ、小声で「明日の計画について、鈴木先生から伝言があります」と言うと、湯田の足が止まった。

鏑木がアジトに戻ってきた。翔子が入った死体袋に向かって銃を構えた時、必ず戻ってくると思って張り込んでいた神林に後ろから足を撃たれた。これで鏑木を確保。

鈴木は何らかの液体が入った薬品の瓶と、酒と、ショットグラスを2つ用意して待っていた。湯田が到着。湯田は開いていたドアから入り、「ボストンへ帰れと言ったろう」と話かけた。

鈴木は「もう1度だけ聞きたかった。チップを外す手術を受けてくれ」と言うも、湯田は当然拒否。「そうか…。なら、もう聞かない。そしてお前に会うのも、これで最後にする」と言い、酒とショットグラスが2つあるトレーに向かう。さっきまでそこにあった薬品の瓶は無い。

「最後に一杯だけ、付き合ってくれ」と言い、それぞれに酒を注いで、片方を湯田に差し出す鈴木。受け取ろうとしない湯田に「どうした?睡眠薬でも混入して、眠りについたお前を手術するとでも思ってんのか?」と言っても「いや」と答えるが受け取らない。

「こう見えても医者だ。友人にそんな汚い手は使わない。なんなら、俺のと交換するか?」と言って、もう片方を差し出した鈴木。交換したことと“友人”というところで安心したのか、漸く湯田はグラスを受け取り、鈴木が飲み干したのを見てそれを口にした。

安心した笑みで鈴木と目を合わせ、窓側に向かっていった瞬間、鈴木は開いていたドアを閉めた。その音を聞いて振り向いた湯田に「湯田…。死んでくれるか。…俺はやはり医師として責任を取る」と言い、懐から先ほどの薬品の瓶を取り出してみせた。

「これは揮発性の高い有毒物質だ。これだけあれば、室内の生物の呼吸を止めることができる……ああ、俺も一緒に死ぬよ。それでないと責任は取れない」「何をしようとしてるのか、判ってるのか?」「…勿論だ」と言った鈴木の親指が、瓶の蓋にかかった。

「よせ!」と言う湯田。この時、20年前の遭難した時の続きの会話が挿入される。「明日晴れたら、お前1人で下山してくれ」という鈴木に、「駄目だ!」と制す湯田。「両方死ぬより、片方だけでも、生き残ったほうがいい。行ってくれ湯田!そして、恵理子を頼む」と鈴木が言うも、「お前を置いては行けない。2人で降りよう。死ぬ時は一緒だ」という湯田。

環境会議までの時は迫っており、鏑木の部隊も準備万端。だが、指揮者のいない部隊がどう動くのか…。



神林が翔子を放って置いたのは先が見え見えでしたが、香恵が神林に翔子の居所を教えたのはよく判りませんねぇ。細かいシーンは端折っちゃいましたが、鏑木達と一緒にいる彼女は、この国と生きてることに絶望感を持っているので、その辺りが関係しているんでしょうか。

遭難時に鈴木に言われたクーデターを起こそうとしている湯田と、湯田に死ぬ時は一緒だと言われた鈴木が、それぞれを実行しようとしている皮肉さは、よく出来ていますね~。

次回の最終回が楽しみですが、これまでのパンドラでの主役である鈴木は、やや悲惨な目に遭いつつも、先には希望がるような終わり方でした。ただ今回はW主役みたいなものなので、そこんところがキーになるかもしれません。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

パンドラIII 革命前夜 DVD-BOX(4枚組)
パンドラⅢ 革命前夜 DVD-BOX(4枚組)

パンドラ コレクターズ・ボックス   パンドラII 飢餓列島 DVD
パンドラ コレクターズ・ボックス  パンドラ 飢餓列島 DVD-BOX

WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック
WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック

グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s
主題歌「The Good Life」収録アルバム:グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s/Tony Bennett

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

全ては愛国心ってことか

最終話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー  
人気ブログランキングへ

「助かる方法はただ1つ。クーデターをやめる。それしかない!」と、有毒物質入りの瓶に指をかけながら説得する鈴木(江口洋介)。その時、湯田(内野聖陽)を心配した秘書・山崎(清水伸)が部屋の前に来てドアを連打する。車に戻った山崎は返事がなかった事をSPに告げ、SPはどこかに連絡をした。

鈴木は覚悟ができていると言い、その証拠に全ての真実を書いた手紙を息子の大輔(渋谷龍生)宛てに残したと、それを見せた。だが、湯田も本気度を言う。父・作之助(平幹二朗)を見殺しにし、恵理子(若村麻由美)を死に追いやったことを告白。

その2人のためにも後には退けない、今は犠牲を生んでも、未来の為に行動を起こすことが必要だと言う。だが鈴木は、自殺防止チップの人体実験の時は人間の未来につながると考えたが、それは思い上がりだった。何故なら、その答えが今の湯田だからだと言う。その頃、鈴木と湯田がいる病院には、公安の連中が到着していた。

鈴木の説得が続く中、山崎の車に乗り込んできた国家公安委員長・市村(若松武史)は、湯田のことは調べ上げており、チップのことも知っていた。病院の中にいるのは湯田と鈴木だということを山崎に確認。SATも到着し、突入の準備を行う。

一歩も引かない鈴木に、湯田は観念したように「君に命を委ねるのは本望だ」という。だが、鈴木はビビっているのか、瓶の蓋を開けようとしない。「どうした?」と言いながらゆっくりと近づき、瓶を持ってる鈴木の手に湯田が手をかけた瞬間、SATが突入してきた。鈴木は監禁罪の現行犯で逮捕。瓶は湯田の手にあり、割れずに済んだ。

鏑木(小澤征悦)のアジト。鏑木が戻ってこないことに苛立つ松永(泉谷しげる)。クーデター班のリーダーらしき男が、例え鏑木が戻ってこなくても、計画は予定通り実行するから、松永にもその通りにするよう命じる。

太刀川(山本耕史)は、古くからの知り合いであるフリージャーナリスト・丸子百合(矢田亜希子)と会っており、クーデターの話を告げ、自分に何かあったら公表して欲しいと、全容を書いたUSBメモリーを彼女に渡す。

逮捕された鈴木と湯田は別々の車に乗せられて、護送されていた。2人とも、向かってる先が警察ではない事に気づいて訊いてみるも、答えてくれない。湯田は同乗している市村から、山崎が全てを吐き、また、もう総理代行では無くなったことを告げられる。

準備のため、喫茶店で食事をしている松永と香恵(福田麻由子)。喫茶店のTVにて、湯田が急病のために環境会議を欠席し、三枝総理(江守徹)が出席することになったのを知る。ヤバイと感じた松永は、香恵とはここで別れて自分が独りでやることを告げ、爆弾を包んでる包装紙を破り、手に持って店を出る。

公安が鏑木を引き取ろうと病院に来るも、神林(上川隆也)は拒否。とりあえず追い返した神林は、ベッドの上の鏑木を取り調べる。「今何時です?」と鏑木に訊かれ、神林が腕時計を見ると、時計は9:40を指している。だが神林は「7:40です」と嘘をつく。

そして「ヨシモトアカリ(桜田聖子)殺しを自白すれば、5分間差し上げます。好きな所に電話をかけても構いません」という取り引きを持ちかける。鏑木はすぐさま「私は女を殺しました」と自白。

市村にとある病院に連れてこられた鈴木は処置室に案内されると、そこのベッドには湯田が寝かせられていた。勿論、湯田が逃げないように拘束されている。市村は鈴木に、湯田のチップを抜くよう命じる。助手をつけるという市村に、オペは1人でやると告げてオペを始める。

麻酔を注入する間、湯田は鈴木に「これが日本だ。お前には判って欲しかった」と言うも、鈴木は無言。段々と麻酔が効いてくる中、湯田は用意していた会見内容を話し始める。鈴木は黙々とオペを進めて行く。

その間、松永は予定通りの場所に爆弾を仕掛けに行こうとするも、途中で警察が所持品検査を行ってることで、河岸を変える。香恵はまだついてきている。

松永の爆弾での合図を待っているアジトにはSATが突入。テロリストの連中を銃殺していくが、伏せている人間をわざわざ背後から起し、頭の後ろから脳天をブチ抜くという、捕えるよりも全員抹殺を目的としているようだ。

やがて眠りに落ちた湯田。その時に右目から流れた涙を、鈴木はコットンで拭きとった。麻酔が効いた所で、鈴木は粛々とオペを進め、湯田からチップを抜いた。

鏑木を取り調べている神林は、殺人の動機を訊いていた。その理由とは、ホテルにアカリと一緒に行った際、鏑木は“日本を愛している”と言ったが、それをアカリ笑われ、「こんな国、愛してどうすんのさ」と言われたことに逆上したというもの。神林は怒り心頭で鏑木に掴みかかるが、部下に止められる。

自白したから電話をさせろという鏑木に、電話を渡す神林。その際、「ああ、さっきは時間を間違えてました。今は、10:30過ぎです」と言われ、携帯の時間も確認した鏑木は大慌て。神林は「あなたはずっとここにいてご存じないでしょうが、湯田総理代行は急病のため、環境会議を欠席しました」と告げる。鏑木が部下にTELするも、電話に出た部下の後ろではSATの殺戮する音が聞こえ、その部下も撃たれて死んでしまう。

窓から飛び降りて死のうとする鏑木を、神林と部下が必死に止めていると、公安の連中が入ってきて、全ての許可を取ってきたということで、鏑木を連れて行った。

オペを終了した鈴木は、室外で待機している市村に連絡。入室してきた市村には、明日アメリカに帰ることと、今回の件を黙っていることを条件に、違法治療に対しては不問することを告げられる。鈴木は麻酔が切れるまで湯田のそばにいることを申し出、それを了承する市村。

まだ付いてくる香恵に、いい加減に離れろと言うも、香恵は松永が死ぬつもりであることを見抜いており、松永を止めようとする。だが松永の決意は固く、「お前は生きろ。何をやってもいい。ただ、体だけは売るな」と言ってその場を去った。その2人を尾行していた公安は松永を追い、バッグから爆弾を出した所で松永を逮捕した。

太刀川が部長(矢島健一)に、翌日の朝刊の記事の草案を見せた。見出しは“革命前夜”。部長は太刀川に、行方不明だった潜水艦しののめが発見され、指示したのは鏑木、湯田の急病は自殺未遂であることを伝える。そして太刀川の持ってきた草案を破り、「真実を書いてくれ」と、代替記事を渡される。結局、上からの圧力には抗えないという結果だった。

1人になった香恵は、松永が持っていたのと同じ包装紙の箱を持っており、それをカバンに入れて何処かに立ち去っていった。

湯田が目覚めた。医師として異常が無いかを確認する鈴木。湯田に特に異常は無いようだ。術後、半日経ってることを告げられた湯田は、「全て、終わったんだな…。長い夢をみてたみたいだ」と呟いた。

チップを入れた後の湯田を独裁者のようだったと、鈴木は告げた。それは民主主義の否定だと言いながら、民主主義は完璧ではないと言い、だが、民主主義の旗を降ろしてはいけないという思いを話した。

湯田はチップを抜かれても、「もう自殺はしない」と言い切った。その理由は、自分には無限の力があることが判ったからだと言い、笑みを浮かべた。鈴木もそれに対して、軽い笑みで応えた。

鈴木が病室から去る際、太刀川から連絡をもらい、空港で会うことになった。太刀川は自分の書いた記事を鈴木に見せた。見出しは“歴史的な8日間”。部長に押し付けられた記事だ。

「“去る10月16日、潜水艦しののめが消息不明になったことに端を発したテロ事件は、元自衛官・鏑木光太の逮捕によって解決した。鏑木は予てより思想的な偏りを持ち、極左過激派の活動家・松永らを引き入れたテロ集団を組織して一連のテロ行為を指揮したが、いずれも、政府と警視庁及び自衛隊の連携により、大きな被害を食い止めることができた。鏑木は、湯田前官房長官の妻・恵理子(若村麻由美)さんの拉致殺害にも関わっているほか、千代田区内のホテルで、ホステスを殺害した容疑もかかっており、心神耗弱状態が疑われている。なお、湯田前長官は急病と発表されたが、昨日午後、一連の事件を苦にしての自殺未遂による後遺症で、脳の一部に障害があることが判った。以前にも湯田前長官は、自殺未遂を図ったことがあり、本日付で議員辞職することが決まった”…先生、…これが真実です。1人の自衛官に全てを背負わせ口を噤む。これが日本の、今の真実です。…日本を捨てた先生に、この記事をどうしても渡したかった」と、記事内容と自身の思いを涙ながらに語る太刀川。

それを聞いて無言で記事を返す鈴木。受け取って立ち去ろうとする太刀川に、鈴木は「確かに、俺は1度は日本を捨てた。しかし今回の事で気がついた。俺も、日本を愛してる。俺は日本に残る。そして、真実を伝える」との考えを示した。

ベッドから起きた湯田は鏡に向かい、「僕は、日本を愛しています」と言い、じっと自身を見つめ、今にも笑みを浮かべそうな顔をしていた。その表情から、チップが無くても、その状態が維持されていたかのようだ。そして鈴木は空港から外に出て、意を決した顔をしていた…。


というところで終了となりました。今回のパンドラのテーマは“愛国心”ってことなんでしょうね。いや、“日本批判”かもしれません。

今に始まったことではありませんが、政治家なんてロクなもんじゃないし、国民のことを考えてるとは思えないことが多すぎます。だけど、それなりに平和だったりするし、国民性を考えても、革命を起こすような民族ではない。それに苛立ってる井上由美子が、言いたかったことをドラマにしたのかな~なんて思いました。

どんな手段を使ってでも日本を変えたい者も、このままで進めたい者も、根底には少なくとも“日本が好きだ”という愛国心がある。それでも、方向性で食い違いが起こるのは致し方ないことなのは判ってますが、これを観て思ったのは、“あ~、その気がある奴は湯田についていくだろうなぁ”ということ。

湯田が言ってることは割りと的を射てると思ったし、国のリーダーが、クーデターを計画しないまでも、あ~いう力強い人物じゃないと、この国は堕ちていく一方だな~と感じました。

それはそれとして、この最終回は殆どエピローグのような感じで、緊張感があったのは最初の10分くらいだったのが残念でした。鈴木が車椅子状態なので、そんなんに動けないというのがマイナスだったのかもしれません。

また、前にも書いたかもしれませんが、主演は江口洋介のはずですが、殆どW主演という感じ。いや寧ろ、内野聖陽が主演だという印象です。彼の芝居の巧さ、特に表情での表現が抜群でした。やっぱり私生活でもある程度のはみ出し部分を持っていないと、役者としてはダメなのかもしれませんねぇ(笑)

さて、キリのいいPart3がこれで終了となりましたが、井上由美子氏は4を考えているんでしょうか。世の中の“負の部分”を思えばネタは転がってるとは思いますが、やるなら5までやるつもりで、且つ、面白い内容を期待したいです。これまでの続編的なものでもいいかもしれませんね。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

パンドラIII 革命前夜 DVD-BOX(4枚組)
パンドラⅢ 革命前夜 DVD-BOX(4枚組)

パンドラ コレクターズ・ボックス   パンドラII 飢餓列島 DVD
パンドラ コレクターズ・ボックス  パンドラ 飢餓列島 DVD-BOX

WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック
WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック

グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s
主題歌「The Good Life」収録アルバム:グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s/Tony Bennett

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

左サイドMenu

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

テレビドラマデータベース

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
116位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
29位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキングパーツ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

バロメーター

メールフォーム

ご意見があればお気軽に♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon検索

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

プロフィール

crescent

Author:crescent
小さい頃からTVっ子の
タダのおっちゃんです^^;

好きな役者
 日本:松田優作 萩原健一
    樹木希林 渡辺謙
    大竹しのぶ など多数
 海外:アル・パチーノ
    メル・ギブソン
    ロバート・デ・ニーロ
          など多数
好きな人たちは↓の記事に列挙してます。「ついでという訳ではないですが」

嫌いな役者
 好きじゃないのはいますが、
 基本的に嫌いなのはいない

好きなミュージシャン
 BON JOVI 長渕剛
 Southern All Stars
 浜田省吾
          など多数

好きな芸人
 明石家さんま 島田紳助
 上岡龍太郎 ダウンタウン
 ビートたけし 島田洋七
          など多数

好きなスポーツ選手
 辰吉丈一郎 清原和博
 イチロー 川島郭志

好きなペット・動物
 犬 海豚

好きなこと
 2度寝

好きなモノ
 煙草(Winston)
 ジンギスカン

嫌いなモノ
 自分の事が大嫌い!


右サイドメニュー

エアカウンターS

スリム軽量タイプの放射線測定器

エアカウンターS
エアカウンターS

スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!

緊急オンライン署名 「スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」 日本全国「お客様の声」

緊急災害募金

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

翻訳Leggero

時計








人気ページランキング


blogranKing.net

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー

ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析 ゲーム