2007年04月12日 (木) | 編集 |
1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

金八先生が、また保健の先生と夫婦になったようなキャスティングで始まったこのドラマ。まぁこのドラマ枠だから滅多に奇をてらったような企画は無いし、スタッフも金八先生とほぼ同じだっていうから、ある程度安心して観られる。

その夫婦役である武田鉄矢高畑淳子、特に高畑淳子は近年バラエティ番組で出てるような殆ど地に近い役柄で、面白い。

彼らの子供達の役には、長女の夏萌(なつも)に山崎静代、次女の八夜子(ややこ)にたくませいこ、三女の若葉に本仮屋ユイカを配してるんだけど、やっぱり静ちゃんはなぁ・・・。

高鍋康介(武田鉄矢)の幼馴染で隣に住んでる中森修造に橋爪功がいるのは、ドラマを観る方としても心強いですね。

さて物語は、お見合い30連敗の記録を更新したばかりの夏萌だったが、今度は次女の八夜子が彼氏を康介に会わせる。しかしそれが康介と同い年の男(石倉三郎)だと判明し、妻の聡子(高畑淳子)が言う「顔が良くてお金持ち」にそぐわないため、どう話そうかと康介は悩む。

という感じで、次回以降進む模様。そのほか、三女の若葉は、嘗て夏萌が予選落ちした“ミスお茶っ子”に出たくも無いのに勤務先の客に無理矢理応募させられていたりというエピソードもあり、今の所は、家族の話なのか夫婦の話にまとまるのか、全く検討がつきません。

最後に、末っ子で長男のナレーション(途中途中のナレーションも全て彼が担当)で“夫婦道とは・・・”みたいなのが言われるけど、そんなのってあんまり要らないような気がする・・・。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年04月21日 (土) | 編集 |
結婚は大変だねぇ

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

長女(山崎静代)は器量が悪くてお見合い30連敗中、次女(たくませいこ)が連れてきた結婚したい彼氏は父(武田鉄矢)と同じ還暦の男(石倉三郎)。

このドラマは前期の「ふくまる旅館」に変わって、フツーにみられるホームドラマとして定着しちゃうかもね。これといった特別な事件は無くて、“あるある”的な事を描いていくドラマは、今や貴重だモンね。そのくせ「渡る世間は鬼ばかり」は見て無いんだけどね(笑)

三女役の本仮屋ユイカは、武田鉄也にしてみれば元教え子。お互いどんな気持ちで演じてるんでしょうね。その三女、どうやら彼女の結婚したい彼氏は、隣の住人であり父の同級生(橋爪功)の息子っぽいね。3人娘の結婚はどうなるやら・・・。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年04月26日 (木) | 編集 |
3話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

父(武田鉄矢)は娘に甘い、か。でもって、母親(高畑淳子)は厳しいのね(^^;まぁ、結婚したい男がルックスはともかく、母親の言う通り、娘(たくませいこ)の幸せを考えると還暦男(石倉三郎)とは結婚させたくは無いわな。

でも結局、自分の過去の事を言われて許さざるを得ないというか、気持ちが解ったというか、OKだしちゃいましたね。

でもって、今度はきっと父親が反対する番になるんでしょうねぇ。三女(本仮屋ユイカ)が隣の幼馴染の息子(佐藤銀平)と結婚するって言い出すんだろうから。

何か、観てはいるんだけど平凡であまり書く事が無いのが、このドラマのいいところかな。良い意味での息抜きドラマっす。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー



テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年05月03日 (木) | 編集 |
4話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

今回は諸事情により、まともに観て無いんです(^^ゞ画面は追ってたんですがセリフはあんまり聞いてなくて・・・。

ただ、八夜子(たくませいこ)の結婚を許した事と、今度は若葉(本仮屋ユイカ)の件がメインになるんだろう事くらいしか認識がありませんで・・・。

良い意味で、画面だけ追ってても次回には影響が無さそうなドラマであるのは助かりますね。

でも結局このドラマは、娘達の結婚を軸に夫婦の話が進んで行くんでしょうね。そういう意味では当初の期待とはちょっと違うかな。もっと色んな状況での夫婦間の問題を描いていくのかと思ってたんだよね。期待外れではないけど、変化は欲しいなぁ。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年05月11日 (金) | 編集 |
5話


まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー


老いらくの恋って程の年でも無いんだろうけど、小料理屋の女将に惚れる康介(武田鉄矢)と修造(橋爪功)って面白いね~。武田鉄矢はこの手の慌てふためく芝居は得意だし、橋爪功は楽勝でしょ。

でもって、その女将・佐山かおりを演じてるのが三原順子。いくらスタッフが金八先生とほぼ同じとはいえ、新旧の教え子と共演させなくてもねぇ・・・。でも、結婚詐欺師みたいな役だったのは、何だか寂しい気がします。

あと、佐藤B作の息子の佐藤銀平が演じる修造の息子・健太の役どころが、役者を目指してるっていう設定が何だかなぁ~って感じです。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年05月17日 (木) | 編集 |
6話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

段々と話の中心が、夏萌(山崎静代)を絡めつつも、若葉(本仮屋ユイカ)に移ってきましたね。かわいい子が中心になるのはいいんだけど、相手役の健太(佐藤銀平)が下手なんだよねぇ。

よくあの程度の芝居で、に残れたもんだ。やっぱり親の七光りって強いっすね。先輩の渡辺謙さんが泣きますよぉ~~。

今回は、台本どおりなのかアドリブなのか、夏萌が泣きながら父の康介(武田鉄矢)に抱きついた時の康介の「大きく包んでやれなくてゴメンな」というセリフには笑った。

本来は違う意味なんだけど、キッチリとダブルミーニングになってるし、そういうセリフを武田鉄矢に吐かせたら抜群ですね。

健太の元カノ役で来週も出る岩佐真悠子も、衣装だけは弾けてるんだけど、芝居ももう少しハジケちゃったほうが落差が出ていいと思うんだけどなぁ。限界か!?

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年05月25日 (金) | 編集 |
7話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

プロポーズして、しかも修造(橋爪功)の会社を継がずに旭川なんかで芝居をやっていく健太(佐藤銀平)とならのたれ死んでもいいとまで言ってる若葉(本仮屋ユイカ)に対して、別れようは無いわなぁ。

ありゃ康介(武田鉄矢)じゃなくても怒るっての。人を好きになる気持ちってのを全く解ってない健太なんだが、演じてる役者が下手なもんだから、武田鉄矢の芝居を台無しにしちゃいましたね。

殴られて倒れていたところで、武田鉄矢のテンションの高いセリフの後に、「叔父さんに俺の気持ちなんか解るもんかぁ~!」って、立ち上がってその場を足早に去っていくんだけどさぁ。

健太のセリフはベタベタなセリフだけど、それを結局学芸会にしちゃったからなぁ。要のシーンだったと思うんだけど、残念ですね。

他人の子供を叱ったりする大人がいなくなってから久しいですが、やはりああいう場面は鉄拳制裁が一番効くと思う。ただ、勘違いしないでほしいのは、殴った康介はちゃんと健太の事も修造の事も若葉の事も思いやってるってことですね。

今期のドラマでは、視聴率にあまり変動がなく13~14%台をキープしてるんで、観ている大人や親達は康介を見習ってほしいですね。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年05月31日 (木) | 編集 |
8話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

長い間一緒に暮らしてきた夫婦なのに、信頼できなる瞬間って、やっぱりかつての男の存在なのかなぁ。

康介(武田鉄矢)と聡子(高畑淳子)は4人も子供作って、育てて、家計が危ういわけでもなく、悩みといえば夏萌(山崎静代)が嫁げるかどうかってだけで、夫婦間には何ら問題はないのにね。

そこはやっぱり、男ってバカというか何というか…。ここまで築き上げてきた家庭や妻に対して自信が持てなくなるってのは情けないやらカワイイやら。

それにかつての聡子の元カレの沢口省吾(柴俊夫)も35年間にも亘って、別れた原因が心に引っかかってたってんだから、益々男ってのはなんて思っちゃいました。

その点、妻はシッカリとしてるね。自信を持って幸せだと言いきれてるし揺るがない。それを少しでも疑ってしまった康介は反省すべきですね。

今回のネタの“妻の浮気疑惑”を描くに当たって、タイトル通りの夫婦間に焦点を当ててストーリーを進めていったのは良かったですね。子供達のためにどうこうというのが無くてよかったし、夏萌の両親への愛情が良く判るセリフも良かったと思いますね。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年06月08日 (金) | 編集 |
9話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

何だかんだ言っても、高鍋家は幸せではないかいな。親思いの長女がいて、次女と三女は嫁ぎ先が決まって、末っ子の長男は全国模試で3位の成績を取れる位なんだしさ。

とはいえ、長女の夏萌(山崎静代)の嫁ぎ先が決まらないのは、親としてはやっぱり心配だよね。せっかく上手くいきそうな縁談も自ら断っちゃうし。

一方、その親の康介(武田鉄矢)は、お茶の品評会で3年連続の銀賞で、どうしても金賞を獲れない悩み(って程ではないと思うけど)があったりしてる。

そんなドタバタっぽいのを観ても、何だか幸せそうだなぁと思っちゃいますね。このドラマのコピー通り「ただごとドラマ」で、このドラマ枠に相応しいのかも。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

テーマ:夫婦道
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年06月14日 (木) | 編集 |
10話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

夏萌(山崎静代)の絵に惚れたんだろうけど、それが昂じてって言っていいのかわからんけど、夏萌にプロポーズした有名画家の冬島淳太郎(山崎銀之丞)。

現代美術の第一人者って設定だけど、まぁ服のセンスが無い事(笑)でも、演じてる山崎銀之丞には合ってる。

康介(武田鉄矢)の後を継ぐ事を決めていた夏萌の気持ちが揺れてる上に、康介は完全に反対。来週の最終回でどうなるのかな?何て思うけど、こういうドラマはハッピーエンドでしょうね。

それにしても、また金八先生からのゲスト。スタッフが同じだからって、ちょっと使いすぎな感じがするんですけど・・・。

あぁ~考えて見れば、若葉(本仮屋ユイカ)だけじゃなくて、修造(橋爪功)も金八組でしたね。今頃思い出しちゃいました。橋爪さん、すみません・・・。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

テーマ:夫婦道
ジャンル:テレビ・ラジオ
2007年06月21日 (木) | 編集 |
最終回

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

やっぱこういう終わり方じゃないと、ホームドラマじゃないよね。ハッピーエンドで、めでたしめでたし。

最初に康介(武田鉄矢)が冬島(山崎銀之丞)と夏萌(山崎静代)の結婚に反対していた理由は真っ当だと思ったけど、芸術家同士が接点を持つと理解が早いね。

美味しい手揉み茶を作るのも絵を描くのも、どっちも芸術だからね。康介が"世界の冬島"に「先生」と呼ばせてしまったしまったくらい、康介の手揉み茶は素晴らしかったんでしょうね。

それにしても、結局は三姉妹全員、父親が反対する相手とばかり結婚しちゃいましたね。そんなもんなんですかね。それにしても3人とも極端な相手でした。

でも玉の輿に乗ったのは、一番不細工な長女ってのがミソですね。まぁ、結婚はお互いがお互いをちゃんと想い合っていれば、どんなカップルでも幸せになれると思います。

・・・って、甘い?(笑)

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

テーマ:夫婦道
ジャンル:テレビ・ラジオ
ブログパーツ アクセスランキング ワキガ