エアカウンターS

スリム軽量タイプの放射線測定器

エアカウンターS
エアカウンターS

スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!

緊急オンライン署名 「スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」 日本全国「お客様の声」

緊急災害募金

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

翻訳Leggero

時計








人気ページランキング


blogranKing.net

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー




1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー


やっとドラマが始まりまして、俺が観るドラマで先陣を切ったのは、この「花嫁とパパ」。まぁ、王道っちゃあ王道なんだけど、この手は好きなので(^^ゞ

石原さとみはハマリキャラだから見やすいんだけど、それだけに新しい面を見られないのはチト残念かな。

時任三郎はこれまでの重い役とは違い、それを持ちつつも軽い感じのある役で、しかもそれがいい感じになっててイイですね。

小泉孝太郎は前クールの熱血で優しい役から一転して、クールな役柄。どう演じてくれるのかが楽しみです。それと、お坊ちゃまというか、有名人の息子役っていうのは合ってましたね。流石です。

白石美帆は、こういうキツイ感じの役柄が似合っちゃうのは何故なんですかね。地がそうなのかなぁ。

唯一、キャスティングの意味が解らないのが田口淳之介。まぁ事務所が事務所なので仕方ないけど、同じ事務所でも違う人材がいただろうに・・・。とにかく芝居がド素人レベルなんで話にならない。

まぁそれは仕方ないとして、父1人娘1人という家族構成になった理由を「愛子ちゃんが1歳の時に病気で亡くなったって言ってあるんでしょ?本当の事はいつ言うの?」というようなセリフと「俺は妻と約束した」というセリフだけで、母の存在が明らかになってないから、この辺りはドラマのキーポイントの1つになってるんでしょうね。

あとは宇崎愛子(石原さとみ)と父親の宇崎賢太郎(時任三郎)のやりとりや賢太郎の過保護ぶりをコメディで描いて、毎回ホロリとするようなセリフを入れつつ、周りの人が絡んできながら、母の話も盛り込むという展開になるんでしょうかね。まぜ、そんなドラマは好きなので、これはラストまで観ます。

ドラマの最後に流れる曲はカバー曲ですね。
オリジナルはこちらです。やっぱオリジナルの方がいいなぁ・・・。
主題歌のオリジナル曲。試聴も出来ます。
My Girl
My Girl/THE TEMPTATIONS

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store


テーマ : 花嫁とパパ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_04_11


2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

娘を持ってるわけじゃないんで、手塩にかけて育ててきた娘から「結婚する」と言われた時の気持ちは良く判らないけど、娘の幸せを願うんであれば・・・とは思うんだけどねぇ。

ただ、賢太郎(時任三郎)は愛子(石原さとみ)をちゃんと育ててきたと思うし、いいお父さんだと思う。三浦(田口淳之介)が言うように愛子を見れば判るもんね。

で、ちゃんと育ったって事は、親子間の愛情も交流もしっかりと築けてるって事だもんね。その関係があった上での喧嘩だったりするんで、違う見方をすればくだらないという事になるかもしれない。

まぁこのドラマはどっちが上手く親離れ子離れができるかっていうところを面白く描いていくんでしょうね。でもあの父親はできそうにないようには見えるけど(笑)

主題歌のオリジナル曲。試聴も出来ます。
My Girl
My Girl/THE TEMPTATIONS

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store


テーマ : 花嫁とパパ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_04_18


3話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

毎回賢太郎(時任三郎)が言うセリフに「パパはお前の事を思って~」というのがあるけど、これに関しては反撃する愛子(石原さとみ)の言い分が正しいわな。

今回はやけに母の事がセリフに出てきてたから、もうじき母に関するナゾが出てくるのかな。

さて、同僚の三浦(田口淳之介)は、イマドキのというよりも、俺ら世代でもこんな子には滅多にお目にかかれないくらいの男の子ですね。そういうキャラなら見た目としては田口のキャスティングはアリだけど、何せ芝居がド素人なので、それが生かされて無いのがこのドラマの致命傷ですね。浮いてるもんなぁ~~。共演者の浅野和之に鍛えて貰ったほうがいいんじゃないの?

上戸彩より1歳年下の石原さとみだけど、俺の中では石原さとみの方が芝居の巧さは少し上かな。スタイルはあんまり良くないけど・・・。

主題歌のオリジナル曲。試聴も出来ます。
My Girl
My Girl/THE TEMPTATIONS

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store


テーマ : 花嫁とパパ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_04_25


4話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

過保護で直球の賢太郎(時任三郎)と、素直で純で、これまた直球の三浦(田口淳之介)って、結構相性よさげじゃない?

賢太郎の許しを得るために、三浦は高熱を押してまで家に行き、それを達せずそのまま救急車で病院へ。翌日、見舞いに来た賢太郎にデートスケジュールを渡すかわいさ。

で、許しを得て無事に愛子(石原さとみ)と遊園地にデートに来たものの、賢太郎が同伴(笑)でもそれを“楽しい”と言える三浦はとってもいい子。

ただ、愛子にしてみればというか、女の子からしてみたらどうかなとは思いますが・・・。

でもって、一体何をしに行くのか、賢太郎は「三浦君の実家に挨拶に行ってきます」とのメモを残して車を走らせる。内心、三浦を認めつつある賢太郎だけど、何しに行ったのやら・・・。

賢太郎は優しい父だけど、彼の本質が解らないうちに会いたい父親ではないですねぇ。打ち解けちゃえばメチャメチャ仲良くなれそうなんですけどね。

主題歌のオリジナル曲。試聴も出来ます。
My Girl
My Girl/THE TEMPTATIONS

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store


テーマ : 花嫁とパパ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_05_02


5話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

先々週の10.3%から、なんとか10%を切らずに先週は12.5%まで視聴率を戻しての丁度真ん中の今回の第5話。賢太郎(時任三郎)は、仕事に関しても男の関しても態度を軟化させてきましたね。

これまでの賢太郎なら三浦(田口淳之介)が愛子(石原さとみ)の家で修行したいなんて事は絶対に許さなかったはずだし。それに社内のイジメに遭ってて仕事をさせてもらえず、会社を辞めようかと弱気になってる愛子に対して「お前の努力が足りないんじゃないのか?」なんて言ったりして。

それを聞いて努力できる愛子は、やはり賢太郎という良い父親に育てられたからこそ、明るく前向きに立ち直れるんですねぇ。三浦が言う通り良いお父さんです、はい。

次週は三浦の母親(あの声は田島令子だね)がキツ~イ感じででてきそうだから、ここでも賢太郎は“いい父親”を発揮しそうですね。ベタな展開ですが、来週も楽しみです。

話はズレますが、田島令子といえば俺が最初にその名前を知ったのは声優としてでした。「地上最強の美女バイオニック・ジェミー」(原題:TheBionicWoman)というアメリカのドラマでした。

バイオニック・ジェミーことリンゼイ・ワグナーです↓
LindsayWagner.jpg


このドラマは「600万ドルの男」(原題:TheSixMillionDollarMan)のスピンオフ作品として始まったんですが、これを見始めてから主演のリンゼイ・ワグナーLindsayWagner)の大ファンになり、その声がまたピッタリだったんで田島令子の名前を覚えました。

声優さんだとばっかり思ってたんですが、後々に調べて見るとバリバリの新劇出身(元・劇団)の女優さんだと言う事を知りました。確か優作さんと同い年で学年1つ上だったはず。だから今は58歳になってるのかな。

美人かどうかっていうと微妙ですが、声の感じからも割とキツメの役が多いですよね。でもさんま御殿なんかに出ると結構天然な人っぽいんで、それ路線の役を見てみたいです。

↓ほぼ現在の田島令子
田島令子


主題歌のオリジナル曲。試聴も出来ます。
My Girl
My Girl/THE TEMPTATIONS

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store


テーマ : 花嫁とパパ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_05_09


6話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

直接の賢太郎(時任三郎)の活躍(?)は無かったけど、“子離れをする”宣言によって愛子(石原さとみ)が寂しさを覚えるという、ある意味心理的な影響での活躍でしたね。

いい意味でも悪い意味でも、真っ直ぐな賢太郎に真っ直ぐに育てられた愛子としては、三浦(田口淳之介)がついた嘘を許せなかったんでしょうなぁ。

三浦と別れたと言う愛子に対して、子離れ宣言した賢太郎はどう動くのかとか、愛子はどうするのかってのが、今後の彼らの関係に影響してくるのかと思います。

で、母のネタは何処へ??

主題歌のオリジナル曲。試聴も出来ます。
My Girl
My Girl/THE TEMPTATIONS

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store


テーマ : 花嫁とパパ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_05_16


7話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

三浦(田口淳之介)は母・房江(田島令子)の気持ちは解ってなかったけど、愛子(石原さとみ)と賢太郎(時任三郎)の間柄は、何だかんだ言っても、親子の絆は太い。

房江はただの意地悪母さんかと思ってたけど、それなりの理解を示して行ったのも、賢太郎の娘を思いやる気持ちが解った事と、彼に育てられた愛子の素直さが解ったからだね。

来週は、白石美帆が嫉妬から来る復讐に燃えるみたいだから、好演してる小泉孝太郎に期待しましょ。でも、そうなるとコメディ色は少し減りそうかな。

あ、今回は愛子へ宛てた手紙が出てきましたね。でも封をされたままで、何故かそれを美奈子(和久井映見)が持ってたけど…。

主題歌のオリジナル曲。試聴も出来ます。
My Girl
My Girl/THE TEMPTATIONS

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store


テーマ : 花嫁とパパ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_05_22


8話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

三浦(田口淳之介)との関係がやっと落ち着いたかと思ったら、鳴海(小泉孝太郎)から「仕事のために別れてくれ」ときたもんだから、愛子(石原さとみ)も賢太郎(時任三郎)も大慌て。

鳴海の独立問題で槙原(白石美帆)の邪魔が入ったりでゴタゴタとするんだろうけど、 面白く展開していくのかなぁ。なんだかイマイチな感じになりそうな予感…。

あと4話しかないけど、いったい母親の事はいつになったら出てくるんだろう…。田口淳之介に存在感が無い分、キツイ役が巧い白石美帆に期待ですな。

主題歌のオリジナル曲。試聴も出来ます。
My Girl
My Girl/THE TEMPTATIONS

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store


テーマ : 花嫁とパパ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_05_30


9話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

考えてみればタイトルと少し離れてる展開ですよね。そして一番の疑問は、愛子(石原さとみ)と三浦(田口淳之介)の間柄。どうも“愛し合ってる”感が伝わってこない。特に愛子が三浦をどこまで深く愛しているのか。

だから今回のラスト近くの指輪の授受のシーンは、かなぁ~り嘘っぽかった。雰囲気やセリフは悪くなかったんだけど、彼らのお互いの愛情の度合いが判らないから、悪く言えばオママゴトにしか見えないのだ。

愛子の一生懸命さや一途さは、三浦よりも仕事や賢太郎(時任三郎)に向いてる印象が強い。これってホンが悪い?演出が悪い?役者が悪い?

そもそも愛子は三浦に絆される形で惹かれていってるわけだから、それが“好き→愛してる”への変化が無いし、三浦は愛子が好きっていうよりも、愛子と賢太郎の親子関係に憧れてる感じで、愛子個人への思い入れが少ないような気がする。

ライトな感じのドラマとはいえ、リアリティとまでは言わないが、“感じられる”ものがないと、せっかくのシーンも台無しになっちゃいますなぁ。

今回は白石美帆小泉孝太郎が予想通りの好演だったのが救いでしたね。

主題歌のオリジナル曲。試聴も出来ます。
My Girl
My Girl/THE TEMPTATIONS

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store


テーマ : 花嫁とパパ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_06_06


10話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

賢太郎(時任三郎)はすっかり賛成モードで、一番高い壁だと思ってたけど、ここにきてドドドっと障害になりそうな事が出てきちゃいましたねぇ。

三浦(田口淳之介)の父(大和田伸也)からの許しは、まだ得てないようだし、仕事ではかなりの頑張りを必要とされそうだし。

そして何よりも、父思いの愛子(石原さとみ)にとって、自分が産まれた事によって、“母”を亡くしたというよりも“父の1番大切な人”を亡くしたという自責の念に駆られてしまってる。

だから、静岡に嫁ぐ可能性を考えた時に賢太郎が寂しい思いをしてしまうという事もあって、これ以上はそんな思いをさせられないと考えて、結婚を自ら止めてしまうという可能性が出てきましたね。

ホントに優しくていい子に育ってるけど、あとは賢太郎が愛子に何て説くのかが楽しみです。

それにしても、愛子の母ってそういう理由だったのかぁ。ちょっと拍子抜けしちゃいましたねぇ。まぁ愛子の性格を考えれば言えなかったってのも解らないではないですけど・・・。

主題歌のオリジナル曲。試聴も出来ます。
My Girl
My Girl/THE TEMPTATIONS

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store


テーマ : 花嫁とパパ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_06_13


11話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

やっぱり愛子(石原さとみ)は、賢太郎(時任三郎)を一人にできないという理由で、三浦(田口淳之介)に指輪を返して婚約解消を告げてしまった。

それを知った賢太郎は幼い頃の愛子との思い出である、デュエットしたカセットテープを聴きながら涙する。ここで俺は子供なんていないのに、何故かウルッと・・・。

でもって賢太郎は、愛子の部署が暑気払いをしている会場である美奈子(和久井映見)のカフェに出向き、三浦と結婚するよう説得するが、愛子は「2度もお父さんを一人にはできない」と頑なに言い張り、言い合いの末に泣きながら店を飛び出してしまう。この親子のやり取りを見て、またしてもウルっと来てしまった。

内容自体はベタだし、よくあるシーンではあるんだけど、2人の芝居にやられた気がする。優劣をつけるつもりは無いけど、ここの芝居は石原さとみが勝ってたと思う。当然、そこまでのシーンは別撮りしてるんだけど、気持ちの流れが見て取れたし伝わってきてた。

そして翌日、賢太郎は妻の墓参り後、意を決して三浦の父(大和田伸也)が退院するという病院へ行き、愛子との結婚を許してくれと土下座をする。何故かここでもウルっときてしまった。

一方の愛子は、見かねた美奈子が持ってきた、愛子の母からの"愛子が嫁に行くときに渡して"と託された手紙を渡されて、それを読もうとしていた。で、続きは次週の最終回へ。

う~ん、結婚もしてなけりゃ、当然子供もいない俺が、何で賢太郎のシーンでウルっときてしまうのか自分でも解らない・・・。

でも、素直で良い子には、誰もが救いの手を伸ばすんですね。親は当たり前としても、傲慢キャラの鳴海(小泉孝太郎)も「何かあったんですか?」とまで心配するくらいだし。愛子は幸せ者です。

来週は延長無しの通常枠での最終回になりますが、やっぱりハッピーエンドで終わるんでしょうね。でも、このドラマにはそれが一番あってると思いますが、果たしてどうなるやら・・・。

主題歌のオリジナル曲。試聴も出来ます。
My Girl
My Girl/THE TEMPTATIONS

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store


テーマ : 花嫁とパパ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_06_19


最終回

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

結果的にはちゃんと"花嫁とパパ"にはなったけど、なんだか正味43分間にいっぱい詰め込みすぎちゃった感があって、入り込め切れなかったなぁ。

愛子(石原さとみ)と賢太郎(時任三郎)、愛子と三浦(田口淳之介)、愛子と鳴海(小泉孝太郎)、三浦とその父(大和田伸也)、鳴海とその父などなど、当然だけど、愛子と賢太郎以外は全体的に薄っぺらかったかな。

それから、母から愛子宛の手紙をナレーションじゃなく、愛子本人が賢太郎と美奈子(和久井映見)の前で読む形にしたのは、どうだったのかなぁ、と。演出的に微妙な所ですかね。

悪かったとも思えないけど、俺個人的には、こういう"泣かせ"のシーンはベタが好きなので、予め母の存在を映像として明かしておいて、愛子が読みつつ、母の声を被せる方が好きかな。勿論、その間の映像は賢太郎と母のシーンとか、母の死ぬ間際とか・・・。そういうフラッシュバックシーンに俺は弱いんで・・・。

ラストの賢太郎が歌うシーンも、何だか無理矢理な進行の気がしました。

このドラマ、父と子の話を3つも入れてしまった点は失敗だと思うけど、親子関係や親としての在り方を見せて、う~ん、何て言うのかなぁ、要は、親がシッカリしてりゃぁ子供は良い子に育ちますよということなんですよね。ただ、視聴率を見ると沢山の人には観てもらえてないようですけどね。ちょっと中途半端だったのと、タイトルと内容のズレが惜しかったなぁ。

石原さとみの代表作というドラマじゃないので、次回のドラマに期待したいところです。

主題歌のオリジナル曲。試聴も出来ます。
My Girl
My Girl/THE TEMPTATIONS

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store


テーマ : 花嫁とパパ    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2007_06_27



03  « 2020_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

テレビドラマデータベース

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
33位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキングパーツ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

バロメーター

メールフォーム

ご意見があればお気軽に♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon検索

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

プロフィール

crescent

Author:crescent
小さい頃からTVっ子の
タダのおっちゃんです^^;

好きな役者
 日本:松田優作 萩原健一
    樹木希林 渡辺謙
    大竹しのぶ など多数
 海外:アル・パチーノ
    メル・ギブソン
    ロバート・デ・ニーロ
          など多数
好きな人たちは↓の記事に列挙してます。「ついでという訳ではないですが」

嫌いな役者
 好きじゃないのはいますが、
 基本的に嫌いなのはいない

好きなミュージシャン
 BON JOVI 長渕剛
 Southern All Stars
 浜田省吾
          など多数

好きな芸人
 明石家さんま 島田紳助
 上岡龍太郎 ダウンタウン
 ビートたけし 島田洋七
          など多数

好きなスポーツ選手
 辰吉丈一郎 清原和博
 イチロー 川島郭志

好きなペット・動物
 犬 海豚

好きなこと
 2度寝

好きなモノ
 煙草(Winston)
 ジンギスカン

嫌いなモノ
 自分の事が大嫌い!




pagetop

ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析 ゲーム