レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO

ノン・ジャンル

PrisonBreak Season2(14話以降)~Season5のあらすじ、24 Season6のあらすじあります。メインはTVドラマ。他に映画・音楽などのエンターテインメントやTV観戦したボクシングの感想、その他の雑感です。

Category [連続ドラマ 2010年 7月クール 10年先も君に恋して(全6話) ] 記事一覧

こっちの方が面白そう

1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

もうじき結婚するんじゃないかってくらいに、上戸彩は働かされてますね。今年中だけで連ドラ3本、SPドラマ1本、しかも全て主演格ですから、かなり異常です。

さて、このドラマは現在放映中の「夏の恋は虹色に輝く」と同じ脚本家の大森美香のオリジナル作品ですが、こっちの方が面白そうな感じがします。まだ1話目ですけど…。

簡単に言えば、今から10年後に離婚することになった円山博(内野聖陽)・小野沢里花(上戸彩)夫妻の夫が、やり直したくて、出会った頃の10年前、つまり2010年にタイムスリップして来て、修復を図ろうとするもの。

2010年に戻ってきた博は、ボルサリーノハットにサングラスにトレンチコート。そして無精髭。その格好で里花を尾行したりするんで、すぐに尾行はバレて、ストーカー扱いされました。

博がどうやって修復をしたいのか判りませんが、まずは最初に出会うバスには乗らないでくれと頼み込み、里花は何とか乗らずに歩いていった。そのバスが近づいて来たとき、博には頭痛(?)が発生。なるほど。この物語では、過去の自分が近づくとそうなるようです。

でも、運命ってのはやっぱり運命のようで、結局は出会って意気投合して惹かれ合っちゃいます。その出会いのシーンでは、2010年の博が登場。この演じ分けが、さすが内野聖陽って感じでした。そんな芝居を観たくて、このドラマを観ようと思ったようなもんだし(笑)

因みに、博はエレベーター会社に勤務する理系の好青年で、休日は子供たちに科学実験を教えるボランティアをしている男。夢は宇宙までのエレベーターの実現。里花は老舗出版社の文芸編集者で、担当の恋愛小説家の日高(劇団ひとり)の他に、昔から大ファンだったエンターテイメント小説界の重鎮・濱田梓(渡辺えり)の担当も任されたばかり。

奥手の2010年の博が里花をデートに誘い、今度は里花から次のデートを申し込むほど惹かれあう2人を危惧する2020年の博。

そんな中、母校の大学院の研究室裏にいると、恩師の三田村教授(藤竜也)と再会。そこでの三田村の第一声が「何年から来ました?あなた、未来から来た円山博君でしょ!?」でした。ん?何だ?既に10年後にはタイムマシンが出来ているのを知ってるかのような口ぶり。

それ自体を開発したのが三田村なんでしょうか。でも、2020年の博が2010年に現れるなんて、2010年の三田村が知っていたなんてのもチト合点が行かないですね。映画「Back to the Future」みたいに、2020年の三田村が先に2010年に来ていて、それを知らせていたんでしょうか。

まぁそれは次回以降に明らかにしてくれるとは思います。それにしても、この三田村の役の藤竜也。昔のシブ~い感じではなく、全く違う芝居をしているのも良かったですね~。あの路線を続けて行けた筈なのに、やっぱり役者ですね。

さて、1番知りたいのは、まずは、なぜ離婚する事になったのかですよね。こういうタイムスリップものには、整合性が付かない事は承知なんで、イイ意味でファンタジーを楽しませてくれたらいいですね。

10年先も君に恋して オリジナル・サウンドトラック
10年先も君に恋して サウンドトラック/河野伸

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

で、どうやって?

2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

前回の行動からすると、会うタイミングをずらしたりして、何とか“修復”したいんだと思ってましたが、どうやら違うようですね。確か前回は「僕と里花(上戸彩)の人生をやり直すために来ました」と、未来の博(内野聖陽)が言ってました。この“やり直す”を“修復”と解釈しちゃったのは間違いなのかもしれません。博は別れさせたがってますもんね。

そして早くも里花と未来の博は直接話し、博は先々の事をどんどん言っていきますが、当然ですが、里花は信じない。でも、すぐ後の現在の博とのデートでの服装を見て、この“直接会談”で言われた服装とピッタリだったので、その事が気になっているようです。

直接会談の時に博が言ったキーポイントは、“自分は里花を不幸にしたが、里花も自分を不幸にした”ということですね。それぞれに何があったのか、何をしたのかが気になるところです。

里花から見た現在の博と未来の博との1番の違いは、博が随分と饒舌だったこと。博曰く、結婚して4年後に、エレベーターに使う新素材を発明して特許を取得。会社を興して金持ちになった上に、TVのコメンテーターとしても出演するようになったので、喋りが上手くなったとの事。

さて、三田村教授(藤竜也)に匿われた未来の博ですが、どうやら三田村がタイムマシーンを開発していたようなので、それを利用したか、参考にして自身で開発したかで過去の現代に戻ってきたようですね。ただ、10年後に三田村が生きているのかどうかは、まだ判明していませんが。

未来の博が何を助言しようと、所謂“運命”には逆らえないのか、里花は現代の博と付き合うことになりました。もしかすると、それぞれの人生をやり直させるために、今後に起こることを言う未来の博ですが、それによって結果的には2人が上手く行くという感じなんでしょうかね。やっぱり“運命”には逆らえないんだということなのかな。

あ、そうそう。このドラマでのタイムマシーンの設定として、現代にいられるのは、位置確定に月の引力を使ったとかで28日間。それ以降、現代人が未来から来た人間と会った現代人の記憶は無くなるらしいです。

10年先も君に恋して オリジナル・サウンドトラック
10年先も君に恋して サウンドトラック/河野伸

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

早く原因を知りたいです

3話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

どうやら未来の博(内野聖陽)を受け入れてきた里花(上戸彩)なので、未来から来た事も信じたようですね。本気で現代の博を好きなり、この幸せを壊したくないと思ったからこそ、未来の博に「今度、あたしと貴方が10年後、どうしてダメになったのか、ちゃんと話を聞かせて欲しい」という気持ちになったんでしょうね。

10年後の里花のシーンが、ちょいちょい挿入されるんですけど、そのシーンで里花は誰かと待ち合わせをしていました。場所はホテルのロビー。花束を持って現れたのは、日高(劇団ひとり)でしたねぇ。彼は現代で里花に恋してますから、10年後に里花が編集者を辞めていた時期にも、連絡を取っていたんでしょうか。

これは、博と結婚後に里花が浮気をしていたのか、博との結婚生活が上手く行かなくなってから会い始めたのか、その辺りはまだまだ謎です。未来の博から、ダメになった原因を聞かないと判りませんね。

ところで、未来の博は現代の博が近くに来ると、頭痛と吐き気がするはずですよね。里花と喫茶店にいた時、結構遠くに現代の博がいてもその状態になったのに、現代の博が三田村(藤竜也)の研究所に里花を連れて来た時は何とも無かったんでしょうか。

あの匿われてる場所、確か研究室から近くなかったでしたっけ?まぁ、里花が研究所に来た時にはそこにはいなかったという設定ならいいですけど。だったらあ~いうシーンのつながりは良くないよなぁ。

さて、次回から後半に入りますが、彼らがダメになった理由、次回で明かされるんでしょうかね。それとももう少し引っ張るのかな。オチをどの方向に持っていくのかも楽しみですね。

2010年7月クールのドラマ投票へGO!

10年先も君に恋して オリジナル・サウンドトラック
10年先も君に恋して サウンドトラック/河野伸

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

それが理由か

4話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

亀裂の入った理由が判明しましたね~。未来の博(内野聖陽)によると、結婚して2年目、博はデトロイトにある研究所から引き抜きがあり、海外転勤のために里花(上戸彩)に編集者の仕事を辞めてもらい、2人で渡米。

そのおかげで、博は新素材を開発して研究者として成功。暮らしは格段に良くなった。ところが里花は、輝いていくそんな博をやっかむようになった。自分にも夢があったのに、博との結婚のせいで、それが犠牲になったと言い放った。

未来の博は「俺が君を変えたんだ。金持ちになれば喜ぶと思ってた」と、少し反省の弁も述べてましたね。でもねぇ、こういう理由からすれば、悪いのは里花の方でしょう。夢を云々言うなら、渡米の時点で言えば良かった事なんだし。

夫を少しでも支えようという気持ちがあったから、仕事を辞めた訳だし。それでも編集者をやりたいなら、帰国後に何とかできたでしょうに。未経験者じゃないんだし、担当作家が賞を取ったりと、それなりの成果も上げてたんだから。

まぁそういうことなら、博が過去に戻ってきて、それぞれの人生をやり直そうとする気持ちは良く判りますね。確かに、結婚しない方がお互いのためだもんね。ただ、里花と結婚しなかったら、博が成功していたかどうかも判りませんよね。少なくとも博は里花のためを思って頑張ってきたんでしょうから。

里花に「あなた、まさか若い子と結婚したくて過去に?」と言われた時、「僕じゃないだろ!君が・・・」と言いかけただけで、未来の里花に男がいることは言いませんでしたね。そういう優しさをまだ持ってるのは、三田村(藤竜也)が言った通り、未来の博は今の里花に惚れてるんでしょうね。

過去の博を自宅から駅まで送らず、呼び出された未来の博の元に行った里花でしたが、どこかに向かう姿を過去の博に見られ、同僚から他の男の影がある事を聞いていた過去の博がそっちに向かい、鉢合わせ寸前となりましたよね。まぁ未来の博は、時空酔いと、過去の博が近づいてくる頭痛と吐き気で、フラつきながら走って行くわけですけど。

そこで過去の博に「今一体、誰と一緒にいたんだよ!」と言われ、里花の取った行動は、未来の博の方でした。なんで?もしかして、未来の博の方に魅かれ始めてたりするんでしょうか?未来の博と会ってる記憶が無くなるのは、ちょっと淋しいとも言ってたし、会話も弾んでたもんなぁ。

過去の博だって科学者の端くれなんだから、タイムスリップの話をしたって真っ向から否定はしないでしょう。だけど里花はそんな素振りも見せず、「ごめんなさい」と言って、未来の博を追っていきましたもんねぇ。

今の博を好きで、この人と絶対に幸せになりたいと思うなら、わざわざ未来の悪い事を教えに来てくれてるんだから、今の博にそれを話して、解決策だって練られると思うんですけどね。

未来は変えられる。どうにでも転がる。でも、どう転ぶのかは判らない。でも、悪い方向に転ぶ内の1つが判るんだったら、こんなに良い事は無いのにね。2人の博と里花が、今後どういう選択をするのか楽しみです。因みに、既に少しずつ過去が変わってるんだから、未来も少し変わってると思うので、それも描いてくれると面白いかも。って、全6話じゃそれは無理か(笑)

2010年7月クールのドラマ投票へGO!

10年先も君に恋して オリジナル・サウンドトラック
10年先も君に恋して サウンドトラック/河野伸

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

やっぱりハッピーエンドかな

5話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

仕事が忙しいわ、浮気疑惑を持たれるわで、里花(上戸彩)は現代の博(内野聖陽)に別れを告げられちゃいました。まぁ、説得するはずの“濱田梓(渡辺えり)の原稿と、博が海で溺れたらどっちを先に助けるか”の例え話がいただけないのは確かでしたが(笑)

その足で未来の博に文句を言いに三田村(藤竜也)の研究室に行き、未来の博に別れた事を告げた里花でしたが、ちょっと複雑な表情をしてましたね。里花は森松隼人(中山祐一朗)にも責任が少しある事と、「それより誰だか知らないけど、そのタイムマシンみたいなものを創った人が1番ヒドイ!」 と、その場にいた三田村たちの前で言ったのは、ちょっと笑っちゃいました。

このシーンで、里花が研究室で「隠れてないで、さっさと出てきなさいよ!」と大声言うもんだから、未来の博は、三田村と森松のいる研究室に現れました。この時、森松の反応はやや戸惑っていたようでしたが、博に10年後の体型を言われたりもしたし、オフで三田村に説明を受けたのかもしれませんが、多少の迷いはあるようでしたけど、未来の博の存在を受けて入れたように見えました。

であればやはり、フツーに現代の博に説明しても、現代の博は理解できると思うんですけどねぇ。三田村が現代の博にタイムマシンの話をしても、大して拒否反応は無かったし・・・。ま、いいや。

後日、現代の博が研究室に来た時、未来の博は匿われた場所にいました。現代の博に三田村はタイムマシンの話をし、その研究をしようと思ったのは、妻に会いたかったからだと告げました。研究に夢中で、妻の死に目にも会えなかった事を後悔しての事だと。

でも三田村は「でもね、最近になって感ずるよ。人類如何に英知を尽くしても、やっぱりね、過去は変えられない。・・・過去は変えられない!有り体に言えば、だからこそ時間は尊いんだ。時が尊いんだ。博君、でもね、未来はいくらでも変えられるよ。丸山君、未来はいくらでも変えられるよ」と、現代の博に向かって言ってましたが、匿われてる部屋にいる未来の博にも、通風孔を通して聞こえてる事を想定しての言葉だったと思われます。

その三田村の言葉を聞いて涙を溢した未来の博は、里花の弟の佑太(染谷将太)を使って、里花と現代の博の修復を図り、見事に成功させました。

さてこうなってくると、過去に来た未来の博の想いとは反対の方向に進んでいます。やっぱり当初に思った通り、未来の博が現れた事によって、破綻するはずの結婚生活が上手く行くというハッピーエンドに向かって行くんでしょうか。

現代の博と里花が仲直りする際に言っていた、「例え僕がお爺ちゃんになっても、きっと助ける」「ホントに?お爺ちゃんになっても?」「爺ちゃんになっても。君が婆ちゃんになっても」という会話がキーかもしれませんね。この言葉をお互いに憶えていて、お互いに想い続けられているかどうかってところでしょう。

この時点でも、おそらく10年後は変化していると思うので、博が未来に帰った時にどうなっているのかが楽しみですね。

全然関係ないですけど、内野聖陽が心配ですねぇ。不倫もまずいですが、飲酒運転は明らかなので、謹慎させられる可能性は高いですよね。となると、来年1月クールの「JIN-仁-」に出演できるのかどうか・・・。あの龍馬役に匹敵する別の役者を探すのは難しいと思うし。どうすんでしょうねぇ・・・。

2010年7月クールのドラマ投票へGO!

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

10年先も君に恋して DVD-BOX(仮)
10年先も君に恋して DVD-BOX

10年先も君に恋して オリジナル・サウンドトラック
10年先も君に恋して サウンドトラック/河野伸

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

これはやっぱりハッピーエンド!?

最終話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

結果的に未来の博(内野聖陽)のタイムスリップは無駄になったかに思いましたけど、過去に来た目的である“やり直す”という意味では、里花(上戸彩)への気持ちを改めて知る事になるというオマケ付きで達成された感じです。

博の気持ちもそうですが、大きな助けになったのは、やっぱり三田村(藤竜也)の数々の言葉でしょうね。今回も、現代の博に向かいながら、隠れ部屋にいるであろう未来の博にも言っていた、次のようなセリフがありました。

「いい事を教えましょう。里花さんと博君は、将来必ず喧嘩をします。必ず!それも、何度も何度もです。これはね、どの夫婦も皆同じなんだ。で、そのうちどちらか、心に余裕の無い方が、こう切り出すんです。離婚しましょう。もうこんな風なら別れた方がいい。だけどね、こういうの大抵の場合、まだ本当に別れたい訳じゃないんですよ。ただ、本気でどこまで自分が必要とされているか、確かめたいの。そう。不安で、確かめたいんですよ。ですから、心に余裕のある方が少し優しくする事。それと、ちょいとのユーモアですね。これがあれば、大抵の事は解決」

これによって現代の博は一層里花への想いを強め、部屋で聞いていた未来の博は、これまでも心の片隅にあったであろう、離婚を留まるという考えを強めたかもしれないですね。この時、未来の博は手紙を書いていましたね。現代の博に宛てて。

それを佑太(染谷将太)に預けようとしましたが、考え直して止めました。内容全文は明らかにはなりませんでしたが、博が未来へ帰る場所で燃やそうと(?)していたその手紙の一部分は映りましたね。“今の仕事を”“里花にとって”“彼女の夢であり、情熱であり”“彼女の言葉を鵜呑み”“仕事は続けさせたほうが”“解っているとは思うが”“天職だ”“生き甲斐というものを”“里花を大事に思う”という部分部分ではありましたけど、これだけでも、未来の博には離婚の意思が無い事が伺えます。未来の博も、現代の里花に「認めよう。俺は、もう一度、君に恋するために10年後からやってきたんだ」と告白しちゃってますしね。

未来に帰った博が離婚届に記入しようとしたところで、里花から日高(劇団ひとり)の個人マネージャーになる事を告げられました。博はてっきり浮気だと思っていたようなので一安心なんですが、「経済的にも心配無く離婚できる」と言われ、再びガックリ。

それでも博は、10年前の初デートの時の“君を宇宙エレベーターに乗せる”という約束を果たしてないから、離婚届を出すのはその後にしようと持ちかけるも、「いつになるか判らないし」と言われて却下された。

そして再び離婚届に記入しようとした時、博は1通の封筒を見つける。これがこのドラマの、ある意味のどんでん返しなんでしょうね。その封書は、10年前の里花が10年後の自分に宛てた手紙でした。佑太のベースのケースに入っていて佑太が送って来たそうで、封書の裏には“最後の最後の任務”と書かれてました。

「宇宙エレベーターまでは待てないけど、離婚届は明日にしない?今日はもう遅いし」と言う里花。「明日からは、出張だ」「じゃあ、出張から帰った時にでも」「その後もきっと、・・・忙しい。君もきっと、忙しくなるだろう」「じゃあ2人が忙しくなくなった時にでも」「二度と暇なんか出来ないかもしれない。そのうち、宇宙エレベーターも完成する」「だったら、エレベーターに乗った後にでも」「・・・もしあの、書類を出す前に、宇宙エレベーターに君を乗せる事ができたら、その時は離婚は止めにしないか?」「・・・その可能性はゼロに近いわね」「そんな事無いよ」「今考えてても仕方ないじゃない。明日からの事は、明日から考えましょ」ってな感じで、離婚届を出すのは先になったようです。

里花が里花に出した手紙の内容を、博には「秘密」と言って明かしませんでしたが、視聴者には明かされました。その手紙を書いたのは博と仲直りをした後で、シーンから推測すると、未来の博が帰る直前だったようです。

「10年後の私へ。貴方は今、何処で何をしていますか?どんな生活をしていますか?誰と一緒にいますか?10年前の今の私は、とても幸せです。何故なら、知ってると思うけど、大好きな人ができたから。優しいけど、ちょっと思い込みが激しくて、宇宙の事や物理の話をたくさん知っていて、靴下にいっつも穴が開いていて、年上だけど、笑顔がかわいい素敵な人。今、私には、10年先の未来も、彼の事が大好きだという自信があります。

10年先、博さんがどんな風に変わっていたとしても、私はやっぱり博さんの事が好きだと思う。彼の夢を応援しながら、私も諦めずに夢を追って行きたい。今のこの幸せな気持ちを、忘れたくない。あ~あ、こんな筈じゃなかった。私にはもっと素敵な未来があったはず。な~んて思う日も1度や2度や、もっともっと来るかもしれない。でも、どうか、前を見て。今の、この幸せな気持ちを忘れないで。自分の選んだ人生を、もう少しだけ信じて。そうすれば、未来は・・・未来はきっと・・・」というところで終わりました。

この手紙、佑太が未来の博と会っていた事を知っていた里花が、佑太に“10年後、自分が離婚しそうになるから送ってきて”とでも頼んでいたという解釈でいいんでしょうかね。未来の博が現代の博に残さなかった手紙とほぼ同じ内容。つまりは、2人とも宛先は自分だけど、相手への想いを書いたラブレターを書いていたという事ですよね。

ロマンティックにまとめた感じですかね~。手紙を書いてるときの里花は10年後にタイムマシーンがある事を知ってるんだから、その事を少しも書き記してなかったのはチョット腑に落ちない所ですが、ロマンティックにするならこれでもいいかな~(笑)

前回に三田村が言った“過去は変えられない。だからこそ時間は尊いんだ。時が尊いんだ。未来はいくらでも変えられるよ”というのは、言い尽くされた事かもしれませんが、改めてそう思うし、思いたいですよね。

博と里花は、博が過去に行った事によって修復されようとしてますが、現実はそうは行きません。だからこそ、その日その時、一瞬一瞬を大事にして、1秒先、1日先、1年先と、未来に繋げて行かなければならない。失敗もあるけど、それはやり直せないから、日々を大事にして生きて行きましょうという事ですよね。

そういう事を、このドラマでは恋愛→夫婦生活に特化して描いていたわけですけど、それだけじゃないって事だと思いました。ん~、それを考えると、俺は何て無駄な日々や時間を過ごしている事か・・・。過去に戻ってやり直したい事はイッパイあるしなぁ(笑)

2010年7月クールのドラマ投票へGO!

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪

 バナー blogram投票ボタン

10年先も君に恋して DVD-BOX(仮)
10年先も君に恋して DVD-BOX

10年先も君に恋して オリジナル・サウンドトラック
10年先も君に恋して サウンドトラック/河野伸

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

左サイドMenu

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

テレビドラマデータベース

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
116位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
29位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキングパーツ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

バロメーター

メールフォーム

ご意見があればお気軽に♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon検索

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

プロフィール

crescent

Author:crescent
小さい頃からTVっ子の
タダのおっちゃんです^^;

好きな役者
 日本:松田優作 萩原健一
    樹木希林 渡辺謙
    大竹しのぶ など多数
 海外:アル・パチーノ
    メル・ギブソン
    ロバート・デ・ニーロ
          など多数
好きな人たちは↓の記事に列挙してます。「ついでという訳ではないですが」

嫌いな役者
 好きじゃないのはいますが、
 基本的に嫌いなのはいない

好きなミュージシャン
 BON JOVI 長渕剛
 Southern All Stars
 浜田省吾
          など多数

好きな芸人
 明石家さんま 島田紳助
 上岡龍太郎 ダウンタウン
 ビートたけし 島田洋七
          など多数

好きなスポーツ選手
 辰吉丈一郎 清原和博
 イチロー 川島郭志

好きなペット・動物
 犬 海豚

好きなこと
 2度寝

好きなモノ
 煙草(Winston)
 ジンギスカン

嫌いなモノ
 自分の事が大嫌い!


右サイドメニュー

エアカウンターS

スリム軽量タイプの放射線測定器

エアカウンターS
エアカウンターS

スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!

緊急オンライン署名 「スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」 日本全国「お客様の声」

緊急災害募金

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

翻訳Leggero

時計








人気ページランキング


blogranKing.net

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー

ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析 ゲーム