2008年10月06日 (月) | 編集 |
1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

吉高由里子は「あしたの、喜多善男」「太陽と海の教室」で見せた、あの甘ったれなセリフ回しを殆ど引っ込めて、その中でその甘ったるい感じを上手く使ってましたね~。

処女作と2作目が超ベストセラーとなり、処女作では霧山文学賞(ドラマ内の架空の文学賞)も受賞した柏葉ミカ(吉高由里子)だったが、3作目の売り上げがガッツリと落ち込んだうえに、4作目を書けない女流作家に、出版社がフランシスコ・ザビエルみたいな頭をした中年編集者の薮田秀彦(温水洋一)を付け、ミカの無茶苦茶ぶりに翻弄されていくというような感じでした。

どうやら、今後はミカが薮田ことヤブを監禁するという展開になるみたいですが、そういう雰囲気といい芝居の感じといい、ミカの部屋という空間が殆どなので、舞台での芝居を観ているよう。しかも殆どが2人芝居みたいなんで、テンションが命みたいな感じですね。

いかにも深夜っぽい感じなんで、あまり集中して観る気はしないですが、とりあえず2~3話様子をみようと思います。

染まるよ
主題歌:染まるよ/チャットモンチー

トンスラ
トンスラ/都築浩

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
2008年10月14日 (火) | 編集 |
2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

早くも脱落っす_| ̄|○
やっぱこ~いうタイプのは私の好みじゃないっていうか、あまり琴線に触れないっていうか・・・。温水洋一吉高由里子の組み合わせってのは興味あるんですが、ど~も、何ちゅうか・・・。

舞台とドラマの中間みたいな感じで、悪く言えば中途半端、良く言えば実験的って言うんですかねぇ。まぁ、“書けない若い美人作家に監禁される中年編集者”っていうシチュエーションにもあまり興味は持てないんで。

暇があれば観るかもしれないですけど、書くほどには至らないという感じです。個人的には、舞台だったら良かったのになぁ~ってところでしょうか・・・。

染まるよ
主題歌:染まるよ/チャットモンチー

トンスラ
トンスラ/都築浩

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store


テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
ブログパーツ アクセスランキング ワキガ