エアカウンターS

スリム軽量タイプの放射線測定器

エアカウンターS
エアカウンターS

スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!

緊急オンライン署名 「スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」 日本全国「お客様の声」

緊急災害募金

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

翻訳Leggero

時計








人気ページランキング


blogranKing.net

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー




プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイク [DVD]
プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイク

Prison Break          Prison Break
Prison Break: Season 4(Import)     サントラ Seasons 3 & 4

プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン DVDコレクターズBOX1 <初回生産限定版>            プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン DVDコレクターズBOX2 (初回生産限定版)
シーズン4 DVDコレクターズBOX 1      シーズン4 DVDコレクターズBOX2

               プリズン・ブレイク シーズン3 DVDコレクターズBOX (初回生産限定版)
               シーズン3 DVDコレクターズBOX

プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX          プリズン・ブレイク シーズン2 DVDコレクターズBOX
プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX       シーズン2 DVDコレクターズBOX

4話冒頭

マイケル達のアジトである倉庫の前。埠頭でサラが海を眺めている。

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

そこにマイケルが来る。サラは「ビデオから何か判った?」と尋ねる。「携帯のムービーだし、50フィートも離れてたからね。画質があまり良くないんだ。今プリント中だよ」と答えたマイケルは、埠頭を走るヨットを見て「あんなのに乗ったことある?」と尋ねた。「あるわ。その時はかなり飲んでたから殆ど覚えてないけど、とても楽しんだはず。あなたは?」「いや、ないよ。俺の育った所にはヨットはあまり多くなかったから」「私はずっと、船の上で暮らすように、海が目の前にある所で暮らしたかったわ」「海は君の庭じゃないか~(と、談笑)。・・・そのボートでは何かあった?※(What's wrong with the SS Minnow back there?)」「何も無かったわ。あなたはそのボートがそうなったみたいに、無人島で暮らしたいの?」「ああ。そうしたいよ。・・・出来るだけ長く君と2人でいたいから・・・」「・・・私も」と甘ぁい雰囲気になってきたところで、スクレが「なにか判ったみたいだぞ」とマイケルを呼びに来た。マイケルは立ち上がり、アジトに向かう前にボートを見て、サラに「いつか・・・」と言う。笑みで返すサラ。
マイケルとサラ

 ※この「What's wrong with the S.S. Minnow back there?」というセリフですが、
  Minnowは直訳すれば雑魚になります。が、多分、「S.S.Minnow」というのは、
  アメリカで1964年~1967年まで放送されてたテレビドラマ「Gilligan's Island
  (邦題:ギリガン君SOS)」で、主人公のギリガン達が乗っていたボートの事を
  指してると思われます。
  "S.S."は、Minnowがスチーム(Steam)によって動いていたという意味も
  含まれているそうで、"Steam Ship"とか、そういう感じの略だと思われます。
  まぁ、日本語的には"Minnow号"て感じですかね。
  このドラマはコメディだったようです。ギリガンが仲間達と航海に出たところ、
  嵐の為に遭難して無人島に漂着。そこを舞台に描かれているコメディドラマ
  だそうです。Wikiによると、オープニングのテーマ曲は、現在も多くの人々が
  そらで口ずさむことができるほど、アメリカの人々の心に浸透している歌
  らしいので、マイケルもサラもリアルタイムじゃないにしても、
  再放送とかで知っている可能性があるはずだと思い、
  それを踏まえて上記のような訳にしました。
  自信はないですけど・・・。

アジトに戻ってきたマイケルは何が判ったのかを確認すると、「車のナンバープレートが映ったカットがある」とリンクがホワイトボードにプリントしたものを貼った。ピンボケでハッキリとは判らないナンバー。だがマホーンはその横にあるステッカーのようなものを見つける。それが国旗であると判明し、外交官用のナンバープレートであることが判った。マイケルはローランドに拡大を依頼。ベリックは「俺がフォックスリバーで32人の仲間を束ねてた頃、何かが起きた時の6つのPってのがあった。それはPrior, Planning, Prevents,Piss-Poor, Performance(多分、"前もって、計画、予防、役立たず、行動"だと思うんですが・・・)だ」と言うが、スクレに「どうでもいい事言ってないで仕事しろよ」と言われるが、ベリックは「次のステップはカードを解読することだろ?それには作戦が必要じゃないか」と続けるも、「ドンが情報提供をしてくれる」とマイケルに遮られる。「ウィスラーと一緒にいる時に、奴から場所のことを何か聞いてないのか?」と、ベリックは今度はマホーンに訊く。「奴の鳥の本には無かったのか?」とマホーンが訊きかえす。「T-BAGが持ってるよ。奴がSONAから無事に脱出していたらの話だけどな」と、とにかく今の状況ではどうでもいい発言をするベリックに「カードが無いと、場所が判ったとしても意味がないんだよ」とマイケルは言う。そこでローランドから解析できたとの声。見てみると、それはトルコの国旗。マイケルは早速「トルコ領事館の場所を調べてくれ」と命じる。リンクはベリックに「あのなぁ、プログラムってのがあるんだ。これに取り組め」と言って準備にかかる。「領事の名前はエロル・タバック。領事館はダウンタウンにある」という報告がローランドからされた。「領事館に入ることは出来ないだろ?」というスクレに「そこから尾行はできる」と言って、マイケルも準備に取り掛かる。「私はここに残るわ。もう少しビデオを調べてみたいから」と申し出るサラに「OK」というマイケル。「・・・いつか、ね」というサラに「いつか」と言ってマイケルは準備に向かう。
トルコ領事だ

T-BAGは鏡に向かって、コール・ファイファーになりきるべく練習中。殆ど芝居の稽古をしているようなもんである。「お元気ですか?」「コールと呼んでください(Call me Cole, please)」「P-f-e-i-f-e..」など、スペルの説明に失敗したりして悔しがったり、GATEで演説するセリフも練習したりする。そして鳥の本にキスをしてから内ポケットに入れる。落ち着いたT-BAGは「P-f-e-i-f-f-e-r」と何度もスペルを繰り返していく。これらの練習中、ずっと鏡の中の自分と向き合ったまま、1度たりとも目を逸らさなかった。
コールファイファーだ

車で張り込んでるマイケルたち。運転席にリンク、助手席にマホーン、後部座席にマイケルとスクレ。マホーンに携帯コピー機を渡すマイケル。領事が車から降りてきた。車で近づいていくマイケルたち。ローランドから「コピー中」という電話がマイケルに入る。車から女性も降りてきた。「カミサンか?」「顔を確認したいな」という中、カミサンが領事にキスして離れたところでコピーが中断された。マイケルは「カードホルダーは奴じゃない。あの女の方だ」と確信する。ずっと領事館を見ていたリンクは、ボディーガードと目が合ってしまう。「見つかる前にさっさと移動しよう」とマホーンに促されて、車を発進させた。
目が合った

アジトではサラ、ローランド、ベリックが携帯ムービーを更に解析中。先程のベリックの演説が皆に相手にされてなったのを可哀想だと思ったのか、「俺たち、同じだよな」とベリックに話しかけた。「あんたが言ってたさっきの作戦とやら。もしあるなら、それを進めてここからさっさとおさらばしようぜ」とローランドは拳を前に出して、ベリックから拳を合わされるのを待ったけど、ベリックはそれを無視。ベリックはローランドを気に入ってないようだ。そこにサラの電話が鳴る。電話に出ると、相手はドンだった。ドンはその電話でブルース・ベネットが今朝、死体で見つかった事を伝えた。茫然として絶句するサラ。
仲間になれず

ジェネラルの所に、先程の領事のカミサンが部下に案内されてきた。ジェネラルは「リサ、入ってくれ」と迎え入れた。そして「今のKip(ラオスの通貨)のレートは10だ。15になったら知らせるから、その時はすぐに発ってもらう」と告げる。リサは「準備は出来てるからすぐにでも発てます」と答えた。「今夜は何かイベントがあるんだろ?体面を保つのは重要な事だ。怪しまれるような事はぜず、今夜は予定通りに行動しろ」というジェネラル指示に「わかりました」と返事。ジェネラルは「私は君のリーダーシップには、全く疑問を持っていない。だが・・・」と言いかけると「大丈夫です。私もそう(慎重にと)思ってますから。長くはかかりません」と言って、ジェネラルの頬にキスしてその場を去った。
チュ!

ジェネラルがいるビルからだろうか。リサがビルから出てきた。ビルの前にある広場には、リンク、マホーン、マイケル、スクレがいる。リサが出てきたのを確認すると、マイケルはスクレに携帯コピー機を渡した。スクレが立ち上がろうとすると、マホーンが彼を止める。ボディーガードたちを確認したのだ。マホーンが「男が3人見えるよな?女を三角形で囲ってるだろ。あいつらは個人的に契約してるやつらだ。カンパニーは重要な人物にだけああいうことをしてるんだ。あの女の近くには行けないな。今日はやめよう」という事にリンクは賛成する。目の前を通り過ぎていくリサとボディガードたちを目で追っていると、リンクがスーツを着たある男に視線が止まった。スーツの男は何かを探しているのか、キョロキョロとしているとリンクと目が合った。スーツの男はT-BAG!リンクの様子を見たマイケルは「どうした?」と聞き、リンクの視線の先を見た。リンクとマイケルはすぐに近づいていく。ゆっくりとあとずさりするT-BAG。すぐに踵を返して走り出す。追うマイケルとリンク。
T-BAG発見

走っている途中、T-BAGはビルの周りの花壇に鳥の本を投げた。何とか物陰に隠れる。そぉ~っと向こうを覗こうと顔を出した所で「Hi、テディ」とリンクが現れて、すぐに壁に叩きつける。リンクが「L.A.で何やってるんだ!」と訊くと「絵のキャリアでも積もうと思って」とオトボケ。T-BAGが恨みつらみを言うが、そんな事には構わず、本の在り処を尋ねるが、簡単に吐くわけがない。すると警備員らしき男が近づいてきたのをいいことに「どうする?俺を逃がすか、一緒に捕まるかだぞ」というT-BAGを仕方なく解放して、2人は逃げた。勿論、T-BAGも逃げる。そして花壇から鳥の本を拾い上げる。
鳥の本は?

ワイアットはサラの名前のスペルを部下らしき者に電話で伝え、35マイルの範囲内に網を張るよう告げる。その後すぐにジェネラルに電話してサラを追っていると現状を報告。「彼女はどうでもいい」と言われるが、ワイアットはサラを追えばマイケルに辿り着くと考えているようだ。「グレッチェンはどうした?」と聞かれ「彼女を生かしておくメリットは無いかと思いますが」という言葉を遮って「彼女はまだ何か隠してる。生かしてるなら喋らせろ。それと、他にお前にやってもらいたい事がある。カンパニーで昔雇っていた奴がシィラの事を調べようとしているようだ」とジェネラルは告げた。
サラを追ってます

アジトに戻ってきた4人。「T-BAGがこの街にいるんだって?」とベリックに聞かれ、「どこにいるかじゃなくて、何をしているか。あいつは俺たちにとっては大問題だ。サラは?」とマイケルが尋ねると、ボートだと答えるベリック。サラの元に行くマイケル。サラは、ブルースが死んだのは自分のせいだと責める。「それは違う。ベネットは君を助けることを選んだ。殺ったのはカンパニーだ。君じゃない」と慰めるマイケルだが、サラの悲しみと自責の念は深い・・・。
私のせいよ

GATEに着いたT-BAG。巨乳の受付嬢に練習通りにコール・ファイファーを演じる。ホワイトはもうじき戻ってくるので、近くのソファーで待つように言われて、そこに向かおうとすると、受付嬢は「Mr.ジン(Xing)から2回ほどメッセージがありました」とメモを渡された。ソファーに座り、座り鳥の本をパラパラとめくって行くと、渡されたメモに書かれてある"011-86-02-35-8745"という番号と同じ番号があった。"何だろう・・・"と考えるT-BAG。
同じ番号

ドンの携帯が鳴った。相手はマイケルだ。「いつベネットの死体を見つけた?」とマイケルが尋ねた。「今朝だ。自殺だったそうだが、そんな訳がない。重要なことを訊きたいんだが、彼は君たちの居場所を知っていたのか?」「判らない」「もし彼が知っていたとしたら、これはチャンスだ。カンパニーにとってもだけどな。だから今後は今まで以上に警戒しろ」「ケツを叩くのもいいが、俺たちがカードを解読する為に何をしなきゃいけないのかも理解してくれ。やることは2つあるかもしれない。彼の名前はセオドア・バグウェル。パナマで俺らといたやつだ。そいつは今ロサンゼルスにいてウィスラーの本を持ってる。マホーンが言うには、その本にはカードに関することが書かれてるらしい」「冗談を言ってるのか」「だといいがな」と言って電話を切ったマイケル。ドンはすぐにジャスパーに連絡。留守電だった為、すぐに電話しろとメッセージを残して電話を切った。
ドンと電話中

アジトではマホーンがリサのプロフィールをチェック。「名前はリサ・タバック。4年前に結婚してるが子供はいない。センサの幹部社員プロフィールでは兵站学者として記載されてる。個人的に資金を供給されたシンクタンクのオフィスがワシントンD.C.、ニューヨーク、シカゴ、L.A.にある」らしい。「彼女、車から降りてきたときにスーツケースを持っていたから、時間が無いかもしれない」とスクレ。「飛行機をチェックしよう」とマイケル。「もう行っちゃったかもな」とリンクが言うと「いや。それはない」とローランドが口を挟む。続けて「もし今日どっか行くとしたら夜間の航空便じゃないかな。このプレスリリースによると、彼女は街のチャリティーパーティーの出席を引き受けてる」という。マイケルは「よし、そこが女に近づける場所だ。で、それは彼女にとってどんなメリットが?」とローランドに訊くと「彼女はこのEagles and Angelsと呼ばれている団体の1番の寄付者だ」と答えたところで、団体名に引っかかったマホーン。「警察官が殉職するとそいつはEagleと呼ばれ、残された警官(相棒かな?)をAngleと呼ぶ。それは法の執行の協会の利益だ。だから、女に近づいたとしても、そこにはL.A.の警察官の半分はいるぞ」と、何ともしがたい状況になってしまった。
Eagles and Angels

ドンの携帯が鳴った。ジャスパーからだ。ジャスパーは電話が盗聴されているに違いないと脅え、協力したことを後悔していた。ドンは「今すぐそっちに向かう」と部屋から出る。だが、ワイアットは既にジャスパー宅の近くまで来ていた。
ジャスパー

リンクとスクレはアジトにある(?)オーディオスピーカーから磁石を取り出す。集めるリストがあるようで、皆それらを集める為に動いている。だが、1つだけ店でも入手できないものがあるらしく、それは盗んでくるらしい。「全部集めたら集合しよう」と一旦はバラける模様。そんな中、マイケルは落ち込んでるサラを気遣う。「大丈夫かい?」「ええ。でも時間が必要だわ」「OK・・・。なるべく早く戻るよ」と言い残して、マイケルもアジトを出て行く。
集めてます

T-BAGはホワイトとGATEで話している。ホワイトはすぐにサンフランシスコに行かねばならないから、戻ってきたら小切手を渡すと行って去っていった。社員が「あなたのオフィスにご案内します」とT-BAGを先導する。社員は「あなたが障害をお持ちだったなんて知りませんでしたよ。知ってたらあなたのオフィスに手を加えたのに」などと話す。「いやいや、ハンディキャップ(handicapped)じゃなくてhandicapableだと思ってますよ」と、知的っぽいセリフを吐くT-BAG。案内されたオフィスに満足そうなT-BAGに「名も知らないあなたが、ある日突然に天から舞い降りてきて、とんでもないセールスを記録した事に、私はまだ驚いてますよ」と社員が言うと「あなたも私のようにゲートを信じたら、そう遠くないですよ」などと、すっかりファイファーなセリフを吐く。社員がセキュリティーカードをT-BAGに渡し「リクエスト通り、オフィスを角部屋にしました」と言ってオフィスを出ていく。「??角部屋ぁ~??」と思いつつ、T-BAGはオフィスの部屋番号"122B"を確認。すぐさま鳥の本の中をチェック。部屋番号は、やはり書かれてあった。
122B.jpg

ブルースを思い出してるサラ。耐えられなくなったのか、バッグを肩に掛けて外出。ベリックの「何処に行くんだ?」というのも無視。行った場所は、昼間から酒を出している安っぽいバー。カウンターにいるのはオバサンだ。客は男が2人。サラはクラブソーダをオーダー。こんな場所に来てクラブソーダなんかをオーダーするもんだから、オバサンに「禁酒して何年?」と見破られる。サラは「3年と3ヶ月」と答える。「いいことだわ」というオバサン。すぐにサラは「今日は気分がよくないの」と愚痴っていく。「話してごらんなさい」というオバサンの誘導にクラブソーダを飲み干し、サラは「バーボン、ダブルで」とオーダーしてしまう。"いいのかね~"という顔をするオバサンだが、オーダーどおりにバーボンを提供する。2~3席離れていた男がこちらを見ながら「Cheers, honey」というが、サラにそんなのは聞こえてない。
オバサン

エレベーターから降りて、ジャスパーの部屋に着いたドン。だが、時既に遅し。頭から血を流してるジャスパーがいた。脈はもう無い。同じ頃、ドンが乗ってきたエレベーターで、ワイアットが降りていく。
ジャスパー死亡

スクレが走って、マイケルとリンクがいる金網の前にやってきた。リンクは金網を登り、上にある鉄柵へ。スクレが2つの磁石を投げ渡す。リンクが鉄柵沿いに歩いてる間、スクレは金網を切っていく。鉄柵から建物に伸びている1本の鉄骨を渡ると、そこには監視カメラが。その基板らしきものに2つの磁石を付ける。そのせいで警備室の画面が乱れてる間に、スクレとマイケルは切った金網から入り、リンクは上から降りてきて、ドアの前に立つ。そのドアの蝶番を手際よく外して中に侵入。ま~、手際が良い事。そして目的のものを見つけた。それはLAPDのバッジだ。バッジを手に入れたマイケルたちは制服警官となり、マイケル、マホーン、リンクの3人が、パーティーに潜入。周りは警官だらけだ。
侵入

とにかくリサに近づかねばならず、機会をうかがってる3人。マホーンは「Eagles&Angelesはカンパニーから献金を受けている」という情報を告げる。「5分でやるぞ」と言ったマイケルは、リサの席まで行き、テーブルの裏にコピー機を仕掛ける。戻る際、1人の警官に「どこの署なんだい?」と声をかけられ、一瞬ヒヤリ。「あの写真の1人と同じさ」と答え、何とか免れた。趣旨を知ってよかったって感じです。マイケルはサラに電話する。
コスプレ3人組

が、バイブにしてある上に、すっかりブルースの話しに夢中になってるサラは気づかない。さっきの男が「いよぉ~、ハニー」と近づいてきた。サラは追い払う。その男が去り際に、サラのバッグからクレジットカードを盗っていった。男が少し離れてそのカードを確認。なんと、名義はブルース・ベネットとなっている。ヤバそうな予感・・・。そんな事には気づいてないサラはオバサンとブルースの思い出話を続けた。幼い頃から、父の仕事が忙しくて一人ぼっちで寂しかったけど、ブルースがよく遊んでくれた。かけがえのない人だったのに、1ヶ月前に必要だったから彼に連絡したら、そのせいで彼は死んでしまったと泣き出す。バーボンのグラスを取り、飲もうとするサラの手を押さえたオバサン。"飲んじゃダメ"ってことなんでしょうか。サラは何度もグラスを口につけようとするが、飲まない。「あなたを助けるわ」と言って、オバサンはサラのグラスのバーボンを空けた。そして男は、サラから盗んだカードで支払いをする。
飲む?飲まない?

パーティではスピーチと共に黙祷が始まる。マホーンは元FBIなのでやり方は判ってるが、マイケルは知らないと見えて、隣のマホーンを手本にして真似た。一歩間違えればTKOのコントになるところ(笑)黙祷は帽子を取るので、リンクは顔を斜めに向けてバレないようにしている。マホーンは息子を、マイケルとリンクは父を思って黙祷した。リンクが上目で見たとき、リサのボディーガードの1人と目が合ってしまう。そう、領事とリサが一緒にいた時に目が合った奴だ。ボディーガードは怪しいと思い近づいてくる。それに気づいたリンクは「バレたみたいだ」と2人に言い、さりげなぁくその場を去っていく。黙祷が終わり、リサは自席に近づいた。マイケルはすかさずローランドに連絡。「OK。コピー中だ」との回答を貰って電話を切る。そこにジェネラルからリサに「Kipが15になった」との連絡が携帯に入る。只今45%までコピー中。だが、リサは「もう行かなくてはなりません」と周りの人に告げている。
行くぜ

リンクは会場の外に出て、ボディーガードをおびき出す。リサが席を離れてしまった為にコピーに失敗。リンクは外に出て、待機してるベリックに裏口に来るよう指示。裏口までもう少しという渡り廊下のようなところで、ボディガードに見つかった。「リンカン・バロウズだな」と銃を向けられ、リンクはホールドアップ。違うとシラを切るが、それは通じない。ボディーガードは仲間に無線連絡するが、仲間は気づかない。「警官を呼ばないのか?」というリンクの質問に「俺たちはカンパニーだ。警官は必要ない」と、リンクを後ろ向きにして壁に向かわせ「最後に言いたいことはあるか?」と言った所で、後ろからベリックがボディーガードをドライバーで刺した。怯んだ隙にリンクが反撃。刺したドライバーを抜いて、再度腹に刺して殺した。それをマイケルに連絡するが、マイケルは「その死体は見つかってもいい。マホーンを待っててくれ」と言って、コピー機回収に動いた。
ドライバー

拷問部屋のグレッチェン。そこにワイアットが入ってきた。かなり怯えてる感じだが、多分、芝居でしょう。ワイアットは「シィラを調べてる奴が、ウィスラーの他にもいるようだな。何か知ってんだろ?」と訊くが、「知らない」というグレッチェン。「シラを切るなら、もっとかわいがってやろうか」と言うワイアットの携帯が鳴る。出ると「ブルース・ベネットのクレジットカードがサンペドロのバーで使用されました」という報告が入った。そっちが優先と考えたワイアットは拷問部屋を出る。するとグレッチェンは、座らされている木の椅子の朽ちた部分にある釘を抜こうとしていた。
知らないわ

パーティ会場を出て行こうとするリサとボディーガードをマホーンが止めた。そしてボディーガードの耳元で「表で死体を発見しました。あなたの同僚の1人ではないかと思われます。私と来てください。あなたが指示するまで誰もここを動きませんから」と囁き、リサには「マザーズ(マイケルのこと)を付けますから、彼とお待ちください」と言い残し、ボディーガードを連れ出すことに成功。「急ぐのよ」というリサを「私と待っていただけるなんて光栄です」とマイケルは彼女を引きとめた。「何があったの?」と不審がるリサに「数分で済みます」というマイケル。再びコピー開始。どうやらこのコピー機にはレジューム機能は無いらしい。また最初からのコピーが始まった。間が持たないのか、リサはマイケルに「私はあなた達をとても尊敬してるの」と話し掛けた。マイケルが「外には悪い奴らが大勢いますから」と答えると、リサは「マザーズさん、・・・鼻血が出てるわよ」という。マイケルはそれを手で拭いた。そんなマイケルにリサはハンカチを差し出す。
2分

サラはバーのトイレで号泣中。自身を鏡で見ながら取り戻そうとしているのか、バッグの中から、マイケルに貰った折り紙のバラを見てマイケルの「One Day」が頭をよぎった。いつでもどこでも自分の事を想ってくれているマイケルに、酒を飲もうとした自分を責めているんでしょうか・・・。と、そこにバーに客が1人来る。ワイアットだ。彼はオバサンにサラの写真を見せて「彼女を探してる」と言う。
号泣中

ハンカチを貰ったマイケル。この時点でコピーは60%。「大丈夫?」とリサに言われて数秒後、マイケルの携帯に"Got It!"のメールが来た。そこへボディーガードが戻って来る。「気をつけて旅行にいってください」と言ってマイケルは立ち去る。
100%

オバサンはワイアットを只者じゃないと思ったのか、サラをかばって「見たこと無いわねぇ」とシラを切った。しかし、サラはまだトイレの中だ。サラが気を取り直してトイレのドアを開けて出てきた。出口のドアが2~3歩の所にあり、すぐに表に出られたサラ。だが、そのドアが閉まる音にワイアットは気づく。
表に出たサラ

アジトに戻ってきた4人。「お疲れさぁ~~~ん。やるね~~」と歓喜に近い声を上げるローランドに、リンクはコピー機を渡す。マイケルはサラの居所を尋ねるが「彼女を見張るのは俺の仕事じゃないよ」と、さっさとPCに向かった。ボディーガードを刺したベリックは「絶対誰かに見られてるよぉ」と弱気な発言をすると「心配するな。手は打っておいた」といつ来たのか、ドンがそう言った。
サラのお守りは仕事じゃない

「政治的な動機?」「はい。犯人はアルメニア人であるというタレコミがLAPDにあったようです。彼らがパーティーに潜り込んでいたんだろうと」と、ジェネラルに報告している部下。「で、リサは飛行機に乗ったんだな?」と確認するジェネラルに「はい」と答えた。"ならいいか"という感じの顔をするジェネラルだが、何か腑に落ちない表情。そんな彼がどこかの国の紙幣を手にしてそれを見ている。
どこの紙幣?

マイケルはドンに「どうした?」と訊く。ドンはジャスパーの事を話し始めた。「彼は情報提供者だった。彼がこっちに寝返って私を助けると決めるまで11年間、カンパニーで良く働いてたよ。彼は私たちが知りたがってる場所が分かったと言っていたのに・・・。私は・・・。今日、彼を死体で見つけたよ」と、これまでとは違う弱気なドン。「やつらは私たちに迫ってきてる。それなのに私は・・・。なす術がない。どのビルに侵入すればいいのかさえ判ってない」と更に弱気なドン。マイケルは「俺たちはやるしかないんだ。どんなことがあっても」と、これまでの立場が逆になった感じ。そしてドンは去り際に「何が起こっても、私は君のやり方が気に入ってるよ」と言って去って行った。
ジャスパー死んじゃったんだよ~

巨乳受付嬢がT-BAGのオフィスに「なにか必要なことはありますか?」とやってきた。「大丈夫だよ」と言って彼女が去って行った後、鳥の本をめくる。"XING"という文字も本の中に記されており、「お前の計画はなんだったんだ、ウィスラー」と呟く。
XING.jpg

所変わってニューヨーク。中国人らしき男2人が向かい合っているが、片方はボスっぽく、片方は部下っぽい。で、ボスっぽい男が部下っぽい男を"シャン・ジン"と呼んでる。XINGはどっち!?部下っぽい男はボスっぽい男に「シィラは持ってないんだな」と言われて、首を振ってたら、腹を刺されて死んだ。そしてそのボスっぽい男はその場にいた誰かに「私が必要なら、いつでもL.A.に行くぜ」と言い残して去っていった。あんた、誰?みたいな感じです。
中国人

アジトではカードをゲットできた人物の写真をボードに貼っていた。リンクが「リサの電話から何か吸い取れてないか?」とローランドに近づくと、ローランドはこれまでPC画面で開いていた幾つものウィンドウを慌てるように消して「判らない。カード以外からは何も吸い取れなかった」と答える。何か怪しい感じです。リンクは人を殺して落ち込んでるベリックに「さっきはありがとな」と礼を言った。マホーンがローランドに近づく。前回の事があるから一瞬ビビるローランドだが、「頼みがある。お前の助けが必要なんだ」と言われる。「みんなそうじゃないの?」と、ちょっと反抗気味なローランドだったが「息子を殺した奴を探してるんだ」というマホーンに「どうすればいい?」と助ける意志を見せた。マホーンは「FBIのデータベースに侵入して、奴のプロファイルを探して欲しい。奴はプロの殺し屋でアフリカ系のアメリカ人。身長は6フィート4インチで体重は220ポンドぐらいだ。これは見るだけだぞ」と言って似顔絵を見せる。それはもう、ワイアット以外の誰でもなかった。
Your Eyes Only

アジトに戻ろうとしてるのか、外を歩くサラ。バッグの中の携帯が鳴る。ん?何で?さっきまでバイブだったのに・・・。ま、いっか(笑)相手は勿論マイケルだ。心配してかけてきたのだ。「迎えに行くよ」というマイケルに「大丈夫よ、近くにいるから。・・・ねぇ、聞いて。今となっては、あなただけが私の望みなってしまった。そんな状況が私は怖いの。・・・ただ、あなたと一緒にいたい・・・」というサラ。「思った通りに行ってないことは分かってる。でも、今俺たちは一緒にいるじゃないか。君はここにいて、俺もここにいる。これは"One Day(いつか)"じゃない。今日だよ。早く帰ってきなよ。夕食を作って俺たちの時間を少し作ろう」という優しいマイケルに「すぐ戻るわ」と電話を切って家路につくサラ。その後ろにはワイアットがおり、サラの後をつけていく・・・。
もう、つけられてるよ

ってなところで次週へ~~~~~~~。


毎回必ずある、マイケルの頭痛や鼻血のシーン。やっぱ死んじゃうんでしょうか・・・。トゲトゲしかったマイケルとドンも良い雰囲気になってきたし、仲間たちもチームワークが出来てきた感じもするんですが、やはり、外様のローランドだけは違いますね。それどころか怪しい動きも今回はありました。どうなっていくことやら・・・。

という、物語を心配する前に、番組自体が心配になってきました。視聴率がかなり低いみたいでヤバそうです。シーズン5は無くてもいいから、キッチリとこのシーズン4を終わらせて欲しいですね。打ち切られませんように・・・(-人-)

第5話「Safe & Sound」へ Go!

てなわけで、↓には次回予告です。因みに、オフィシャルサイトににもSneak Peekがありますよ~ん。




ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store



テーマ : プリズン・ブレイク    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2008_09_19



02  « 2020_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

テレビドラマデータベース

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
179位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
37位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキングパーツ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

バロメーター

メールフォーム

ご意見があればお気軽に♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon検索

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

プロフィール

crescent

Author:crescent
小さい頃からTVっ子の
タダのおっちゃんです^^;

好きな役者
 日本:松田優作 萩原健一
    樹木希林 渡辺謙
    大竹しのぶ など多数
 海外:アル・パチーノ
    メル・ギブソン
    ロバート・デ・ニーロ
          など多数
好きな人たちは↓の記事に列挙してます。「ついでという訳ではないですが」

嫌いな役者
 好きじゃないのはいますが、
 基本的に嫌いなのはいない

好きなミュージシャン
 BON JOVI 長渕剛
 Southern All Stars
 浜田省吾
          など多数

好きな芸人
 明石家さんま 島田紳助
 上岡龍太郎 ダウンタウン
 ビートたけし 島田洋七
          など多数

好きなスポーツ選手
 辰吉丈一郎 清原和博
 イチロー 川島郭志

好きなペット・動物
 犬 海豚

好きなこと
 2度寝

好きなモノ
 煙草(Winston)
 ジンギスカン

嫌いなモノ
 自分の事が大嫌い!




pagetop

ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析 ゲーム