エアカウンターS

スリム軽量タイプの放射線測定器

エアカウンターS
エアカウンターS

スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!

緊急オンライン署名 「スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」 日本全国「お客様の声」

緊急災害募金

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

翻訳Leggero

時計








人気ページランキング


blogranKing.net

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー




1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

テレビ東京を除く民放キー局全てで連ドラ主演、スペシャルドラマも含めれば、全ての民放での主演ドラマを果たしたってのはすごいですね。近年ではそんな役者いないんじゃないでしょうか?事務所の大きさと創価学会に感謝でしょうねぇ。

さて、それはさておき、法曹界ものは好きなのでよく見ますが、ProBonoプロボノ)って初めて聞きました。調べてみると、これは慣用的な短縮表現で、本来は“Pro bono publico”と言うそうです。これはラテン語で「公共のために」ということを意味するんだそうです。

劇中でも言ってましたが、公共奉仕活動を意味するそうで、“Pro Bono”と言う時には、法律家としての専門技術を、それを有償で得ることのできない貧困層に無償で提供することに特化して使われており、アメリカの弁護士連合会の規定にそれがあるようです。

堂本灯(上戸彩)は、おそらく何かのきっかけで弁護士を目指し、このPro Bonoで働く事を目指したんでしょうね。とにかく弱者を救うために。どんな職業でもそうですが、自分が目指した職業に就ければ気合は入りますよね~。でも、どこかで空回りはするわけで・・・。

プロボノ・セクションの室長(?)の杉崎忠志(北村一輝)が言ってた、世間の常識と法律の常識は違うというのは、目からうろこでしたね。それと、「法律は人が人の為に作った強力な武器で、唯一、堂々と人の命を奪う事ができる恐ろしい武器だ」というのにも。

新米弁護士の灯は、そんな恐ろしい武器をまだ使いこなせないから、DVを受けてる依頼人・享子(富田靖子)から離婚の相談を受けても「役立たず!」と言われ、娘の真希(石井萌々果)が夫の和彦(阪田マサノブ)から性的虐待を受けてる事も告げられてない。

そうこうしているうちに享子は和彦を刺してしまい、ただの離婚訴訟の依頼人から、殺人未遂犯になってしまう。こういうシリアスな展開っていいですね~。オチャラケも一切無く、次回を楽しみに観られそうです。

杉崎はおそらくかなり優秀な弁護士であり、志は灯と同じなんでしょうね。プロボノには杉崎の他にもう1人、倉木しおり(戸田菜穂)がいますが、彼女の立場がイマイチわかりませんねぇ。きっと杉崎と同じように腕もあるんでしょうが、どこかに傷がありそうですね。灯に協力する杉崎に「偽善者・・・」って言ってたのが気になります。

今回だけ続きがあって、あとは1話完結にするのか判りませんが、面白そうですね。なんてったって、原作は現役の弁護士ですからね。

上戸彩北村一輝は、TVでは「ひと夏のパパへ」以来の共演で、親子から先輩後輩の関係になったって感じですね。上戸彩の元気さが、これまでと違う方向に行ってて、それが上手く作用してる感じでした。

全然関係ないですが、私が“先生”と呼ぶのは、学校でお世話になった先生と医者くらいですかね。弁護士にお世話になったことはありませんが、きっと“弁護士さん”って呼ぶと思います。何が判らないって、政治家を“先生”と呼ぶ意味が全く判らない。そいつらに何も教えてもらってないし、クズだし(笑)

涙をとどけて                         ホカベン (1)
主題歌:涙をとどけて/トータス松本   ホカベン/中嶋博行・カワラニサイ


ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

テーマ : ホカベン    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2008_04_17


2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

加害者となってしまった享子(富田靖子)が灯(上戸彩)に隠していた夫の和彦(阪田マサノブ)の真希(石井萌々果)への性的虐待を、灯が真希を預かった事で本人から聞いた灯は、そりゃいてもたってもいられないでしょうね。

ただ、裁判となればそれが世間に知られる事になり、真希の将来を考えると供述できないという親心も判ります。俺は親じゃないけど・・・。

悩んだ灯に「武器(法律)を使え。使えば楽勝」だと言った杉崎(北村一輝)の言葉を受けて、担当弁護士を辞任すると灯が杉崎に言った時、杉崎と灯の呼吸が見えましたね。阿吽の呼吸というか、以心伝心というか、そんな感じでした。

どんな手段なのかと思ったら、“証人”として灯が証人台に立つとは思いませんでした。享子と真希を救うには、性的虐待を証言するしかないとはいえ、享子の意に反する事だから、実行するとは思いませんでした。

元の担当弁護士が証言台に立てるというのも“武器”なんでしょうが、それよりも、「戸籍法第107条」ってのがあるのは知りませんでしたね。




戸籍法 第15節 氏名の変更
第107条
やむを得ない事由によつて氏を変更しようとするときは、戸籍の筆頭に記載した者及びその配偶者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない。

2 外国人と婚姻をした者がその氏を配偶者の称している氏に変更しようとするときは、その者は、その婚姻の日から6箇月以内に限り、家庭裁判所の許可を得ないで、その旨を届け出ることができる。

3 前項の規定によつて氏を変更した者が離婚、婚姻の取消し又は配偶者の死亡の日以後にその氏を変更の際に称していた氏に変更しようとするときは、その者は、その日から3箇月以内に限り、家庭裁判所の許可を得ないで、その旨を届け出ることができる。4 第1項の規定は、父又は母が外国人である者(戸籍の筆頭に記載した者又はその配偶者を除く。)でその氏をその父又は母の称している氏に変更しようとするものに準用する。

第107条の2
正当な事由によつて名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない。


 

なるほど、こんな法律があったんですね。要は特別措置として、家裁から許可が下りれば氏名の変更は可能だという事ですね。それならそれで安心ではあります。

いや、でもさぁ、人の性癖には大概文句は付けないけど、幼児への性的虐待だけは許せんわ。こんなの合意もクソも無いからね。何でそういう精神構造になるんだろうね・・・。凡人の俺には全く理解できない世界ですわ。

 

夫役の阪田マサノブって、「エジソンの母」にも出てましたよね。懐かしい顔です。前田真之輔と「Z-BEAM」っていうコントのコンビを組んでましたよね。そこそこ面白かったんだけどなぁ。

 

さてそんなことよりも、もう1つ痛々しいのが、先週のこのドラマの視聴率ですよね。「CHANGE」は来月スタートなんで除外するとして、4月クールスタートのゴールデンのドラマとしては最低の8.8%という非常にヤバイ数字。内容はそんなに悪くないと思いますが、このまま5話6話といってしまうと、打ち切りもあり得ます。

 

今回の性的虐待もそうですが、来週は随分前から問題になってる“少年法”を取り上げるようです。法律はそう簡単に変わらないし、このドラマの趣旨の一つである「法律は人を救えない」というのも見所だと思うんだけどなぁ。今の時代、お笑いには勝てないんだろうか・・・。



涙をとどけて             ホカベン (1)
主題歌:涙をとどけて/トータス松本   原作:ホカベン/中嶋博行・カワラニサイ


ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

 


テーマ : ホカベン    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2008_04_24


3話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

そうは思いたくないけど、やはりどうしてもカネが問題になってくる。弁護士費用は勿論だが、家族の誰かが殺され、おかげでその家族は家も取られる羽目になり、それどころか生活も儘ならなくなる。

なのに、加害者が少年であるということだけで少年は法律に守られ、加害者側の弁護士がある程度の操作ができれば、保護観察処分で少年院にすら入らなくても良い事があるなんて、ホントに法律は被害者に冷たい。

昔から、少年法なんて無くても良いと思ってる。確かに彼等には将来があるでしょう。そのおかげで立派に更生できた人もいるでしょう。だが、「悪いことは悪い」と身をもって解らせなければいけないんじゃないかなぁ。

特に今は、近所のジジイが他人の子供を叱る事も無く、ましてや、学校でも先生は“愛のムチ”を奮う事ができない。そうやって、今のバカ親共に育った悪賢いガキ共は、少年法を笠に着てこれからも色々とやっていくでしょうね。

今回の事件の場合、確かに偶然に起きた出来事ではある。でも、加害者で18歳の川原徹(佐藤祐基)は殴りかかってる。殺意は無いにしても、それなりの事はやろうとした意志が見える。18歳なんてもう大人扱いでいいわけだし。

母親の友江(朝加真由美)もバカ親代表みたいなもんで、これまでにコトを起こしていた息子に“罪を償って来い”と言えない。親が子を守るのは解るが、その方法は間違ってる。

灯(上戸彩)も辛い所ですね。被害者の妻・千枝子(鈴木砂羽)は何とかイイ方向に救えたけど、加害者側の痛みも感じてしまいしたからね。そういう意味では辛い商売かもなぁ、弁護士って。ただ、灯みたいにやってくれる弁護士がどれだけいるのやら・・・。

さて、これまで灯に助け舟を出してきた杉崎(北村一輝)の過去が、少しずつ明らかになっていきそうですね。杉崎×しおり(戸田菜穂)×怜子(りょう)の関係も見えてくるようになるんでしょうか。楽しみです。

涙をとどけて             ホカベン (1)
主題歌:涙をとどけて/トータス松本   原作:ホカベン/中嶋博行・カワラニサイ


ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

 


テーマ : ホカベン    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2008_05_01


4話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

法学部の大学生で水商売をしてるミカ(入山法子)に惚れて、言われるがままに借金を重ねていた佐々木光治(黄川田将也)が相談に来て、過誤だの何だのと灯(上戸彩)に難癖をつけてきた彼を結局助けるハメになった灯でしたけど、正義感強すぎですねぇ。

とはいえ、確かに杉崎(北村一輝)が言うように“救う価値の無い人間もいる”“人は人を裏切る。1度裏切った奴は2度裏切る”ってのも解らないではないです。そういう人を何度でも助けてあげれば、正される人もいるとは思いますが、さすがにそこまでやるのは、俺も弁護士の仕事ではないような気がします。

勿論、そこまでやってあげて立ち直れば感謝されますけどね。でも、そこまで付き合ったら、弁護士だって仕事にならないし。あ~、そういえば、スッカラカンの佐々木は、どうやって相談料を払うんでしょう(笑)

ところで、内容とは別の話ですが、ヤバイですねぇ~。何がって、視聴率が。8.8%→ 9.3%→7.4%と、2ケタに届かないってのはヤバイっす。なんでかなぁ。このままだと打ち切りの可能性が高くなってきます。

DV、少年犯罪、多重債務と、かなりメジャーで問題になってるネタを取り上げているし、上戸彩の芝居だって、そう悪くは無いんですけどね。真面目で重いテーマより、軽くて楽しい裏の「爆笑レッドカーペット」の方が、ブームもあって持っていかれてるのかなぁ。

ここ最近、俺が面白いなぁと思うドラマの殆どが低視聴率に苦しんでるのは何でだろう。TV離れが進んでるとはいえ、一般視聴者とのギャップがあるのかなぁ。いやいや、長年TVドラマを観てきてる自分としては、見る目は持ってると自負してるんだけど・・・。

随分前から“短小軽薄”が良いと言われてるけど、ドラマも“ごくせん”のような中途半端に軽くて中途半端に良い話っていう方が気楽に観られるんでしょうかね。確かにTVは気楽に観られるのが利点ですけど・・・。頑張れ!ホカベン!

涙をとどけて         ホカベン (1)
主題歌:涙をとどけて/トータス松本   原作:ホカベン/中嶋博行・カワラニサイ


ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

テーマ : ホカベン    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2008_05_08


5話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

学校の行事での事故。これはあってはならないことだが、悲しいかなよく起こる。そこで問われてくるのは学校の管理責任。今回は臨海学校(時期外れだとは思うが・・・)で生徒の1人、布田武史(桜田通)が溺死した事が発端だった。

学校側の“逃げ”を描いていくのかと思ったけど、布田の父・康彦(山崎一)が言った「あの子は優しい子だった」というセリフを聞いて、「あ、イジメだ」と思った。案の定、怜子(りょう)の“依頼者を守るためには手段を選ばない”やり方に納得できない灯(上戸彩)はイジメを見つけちゃいましたね。

確かに怜子は“弁護士”としての仕事はキッチリやってると思う。特に顧問弁護士であれば当然でしょう。ただ、“遠泳を禁止した”と言ったことにするというのは、事実とは明らかに違う。そこらへんは、事故当日に誰かが録音してたわけでは無いから、どうにでもなるんでしょうね。

管理責任の記者会見での発言の捏造に加え、イジメ発覚を恐れる学校側を弁護していかなければならない灯はどうするんでしょう。杉崎(北村一輝)は康彦に学校を訴えるよう勧めてましたが、一体どうするつもりなんでしょうね。

そもそも“弱者を救いたい”という灯は、もしかして職業の選択を誤ったのかもしれないですね。法律は弱者を救ってくれないですし、どちらかと言えば、弁護士の仕事は怜子みたいのが正しいとされてるんだし・・・。自分の事務所を開いたら理想に近づけるかもしれないですが、絶対に食っていけなさそうですよね。

それにしても視聴率も相変わらず低くいですねぇ。今回は7.8%だったし。内容はいいのに数字が取れないとなると、“上戸彩では数字が取れない”ということになりかねませんねぇ。まぁ、実際そうなんでうけど・・・。

涙をとどけて         ホカベン (1)
主題歌:涙をとどけて/トータス松本   原作:ホカベン/中嶋博行・カワラニサイ


ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

テーマ : ホカベン    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2008_05_15


6話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

いや~、さすが俺です。甘いわ(笑)
布田武史(桜田通)が溺死したのは、いじめられての事じゃなく、いじめてた布田武史に対するいじめられてた生徒2人・三池(田辺季正)と矢沢(落合挟樹)等の報復殺人でしたねぇ。

それが発覚して、怜子(りょう)は示談で済ませようとするんだけど、百歩譲って、“弁護士の仕事”として目を瞑りましょう。ただ、殺人を犯した生徒たちへのあの説得は如何なものか。

とはいえ、灯(上戸彩)がやっている正義は、杉崎(北村一輝)が言うように誰も救われない。灯がやろうとしてる事は、世間一般に考えても正しいし、正論。

綺麗事を言わせて貰えば、先生が生徒をキチンと見られなかったという先生の能力不足、そして、やっぱりと思ったが、学校側の隠蔽体質。これらは公表して然るべきだし、認めなければいけない事だと思う。

いい子だと思っていた息子が、実はすごいイジメを行っていたという両親のショックは判るが、やはりそれも親は認めなければいけないと思う。イジメをする子には何らかの原因があるはずだから、それに気づけなかった事は、やっぱり親の責任だし。

ただ、やはり現実的に見ると、灯がやった正義によって、弁護士事務所・いじめっ子の両親・殺人を犯した生徒たち・学校・担任教師、全てが負の方向になってしまったのは間違い無い。勿論、将来的に見れば、それで良かったのかもしれないけど。

ただ、解せない事が1つ。いじめっ子の布田を何故、三池と矢沢は誘えたのか。あれだけの恐怖政治を敷いてるなら、泳ぎが苦手な布田が彼等の誘いに乗るとはイマイチ思い難いんだが・・・。

このドラマを観てる人達は、“法律は人を救わないんだな”って思うのと同時に、“優秀な弁護士を雇えば、隠蔽だろうが何だろうが、とにかく自分たちは守られる”と考える輩も増えるかもしれないですね。
まぁでも低視聴率だし(笑)

因みに、8.8%→9.3%→7.4%→6.3%→7.8%→8.4%と、1度も10%に届いてませんが、打ち切りは無しで、予定通り全10回の放送予定みたいです。

涙をとどけて         ホカベン (1)
主題歌:涙をとどけて/トータス松本   原作:ホカベン/中嶋博行・カワラニサイ


ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

テーマ : ホカベン    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2008_05_23


7話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

どっちかだと思った。松沢明美(片瀬那奈)が、戸塚源一(遠藤雄弥)を区議会議員の息子だと知ってて彼を誘って強姦をでっち上げたか、源一の計画的犯行か。面白くない見かただけど、前半で涙を流して反省してるシーンを観て、やや、源一の計画的犯行に傾いた。

そして、灯(上戸彩)と杉崎(北村一輝)が行っていた現場検証で"パンク"がきっかけだったというのを観て、ほぼ計画的犯行だろうと思い、源一の友人が灯の元に来た時に確信した。

となれば、強姦犯を弁護しなければならないという、おそらく女性としては一番キツイ弁護をどうやるのかが楽しみでした。

灯が弁護を引き受けるか否かの際に読んだ資料には、"自らの男性器を無理やり挿入し強姦した"とか"被害者の膣内が裂傷し"などの文字が並んでいただけに、灯にとっては試練だったでしょう。

裁判には灯の"教育係"の杉崎も弁護士側の席に着く。杉崎の過去も、今回明らかになりました。同じような強姦事件での裁判で、彼は加害者側の富田大介(大倉孝二)の弁護をし、被害者に示談を持ちかけて裁判に勝つ。

が、その後 、富田は訴えた被害者を脅し、それに恐怖を覚えた被害者が首吊り自殺をしてしまい、その現場に杉崎は出遭ってしまったというもの。

結局、今回の裁判では、加害者の非が明らかになったものの、その過程で被害者の過去も明らかにしてしまったり、裁判に勝つためにそれをネタにしたりして、何だか訴える方も訴えられる方も隠し事が明らかになるという、裁判の後味の悪さを感じました。

こういうのを見てしまうと、誰でも叩けば出る埃を持ってると思うんで、個人で個人を訴えるというのはかなり勇気が必要なんだなぁと思いました。感情的になった方が負けなんでしょうけど、そこをつつかれちゃうと、そうならざるを得ない事って往々にしてありそうですからね。

ところで、パラリーガル(法律専門事務職)のしおり(戸田菜穂)って、どこまで杉崎に関ってるんでしょうかね。今のところ、彼女の立場が一番の謎です。

ホカベンサントラ
ホカベン オリジナル・サウンドトラック/金子隆博

涙をとどけて         ホカベン (1)
主題歌:涙をとどけて/トータス松本   原作:ホカベン/中嶋博行・カワラニサイ


ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

テーマ : ホカベン    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2008_05_29


8話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

医療過誤については、おそらく弁護士側としては1番扱いたくない事案だと思う。藤木勇二(三上市朗)が言うように、よっぽどじゃない限り、病院側が負ける可能性が少ないだろうし、弁護士は医学の知識が必要になるから。

なので、今回の案件は少なくと2週に亘ってやるのかと思いきや、アッサリと片が付いちゃいました。医者になるのは大変だと思うけど、"親が医者だから"とか"勉強もできるし、給料がいいから"という理由で医者になるのだけは止めて欲しい。

医者が不足してるという話はよく聞きます。特に地方だとか、特定の科(小児科や麻酔、産婦人科)では足りて無いらしい。そういう意味では増えて欲しいとは思うけど、まずは根底に"助ける!"という思いがあってほしいですね。

昔は聖職と言われた医者や教師ですが、それはもう今は昔です。「人間だからミスはある」というのは判りますが、殊、医者に関してはミスは許されない職業だと思ってます。なので、ミスを懸念するのであれば、もっと万全な体制で臨んで欲しいところです。扱ってるのは"命"なんですから。それと、医学は日進月歩以上のスピードで進んでるはずですから、医者も常に勉強してもらいたいですよね。その分のギャランティは貰ってるはずなんですから。

え~、医者についてはさておき、灯(上戸彩)は今回、最初から杉崎(北村一輝)とコンビで動いていたんで、ある意味ラクに仕事が出来たんでは無いでしょうか。相変わらず暴走はしましたけど。

怜子(りょう)がプロボノを潰さないために振った今回の案件でしたが、リーダーの杉崎が7年前の事件の弁護で訴えられましたね。多分、あとのラスト2話をこの件で費やすんでしょう。面白くしてくれる事を期待します。

ところで、しおり(戸田菜穂)と怜子の関係って、何か描かれるんでしょうかねぇ。特にしおりが杉崎を慕ってる理由とかが知りたいんだけどなぁ・・・。

ホカベンサントラ
ホカベン オリジナル・サウンドトラック/金子隆博

涙をとどけて         ホカベン (1)
主題歌:涙をとどけて/トータス松本   原作:ホカベン/中嶋博行・カワラニサイ


ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

テーマ : ホカベン    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2008_06_05


9話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

現実にあり得るのかどうか判りませんが、レイプ事件の加害者側の弁護をした杉崎(北村一輝)が、被害者の母親から訴えられた。再犯の可能性もあった加害者・富田大介(大倉孝二)を弁護し執行猶予にしたことで、被害者・鈴木亜希子(中村麻美)が仕返しのため再び暴行され、それを苦に自殺したということで、母親・政恵(伊佐山ひろ子)から、損害賠償を求める訴訟を起こされた。

杉崎は弁護士を辞めてまでも甘んじてこの訴訟を受ける決意だ。その意図は、これが認められれば日本の裁判システムをひっくり返せるということ。教師だろうが警察官だろうが、普通に訴えたりできるらしい。

その辺の仕組みは俺も明るく無いので解らないけど、少なくとも悪い事ではなさそう。悪徳弁護士や悪徳警官、悪徳能無し政治家などなどを罪に問えるってのは良い事だとは思うんだけど・・・。それともう一つは、杉崎自身の"人として"のけじめをつけたいんでしょうね。

政恵についてる弁護士・不破憲一(勝村政信)は、個人プレイがたたって大手弁護士事務所から追い出されたらしいけど、どうなんでしょう。一応、正義を前面に押し出してたし、杉崎も灯(上戸彩)を彼のところに推薦した位だから、そんなに悪い奴ではなさそうだけど・・・。

森岡(大杉漣)はあの柔らかい物腰だけど保身に必死でしたね。腹黒い一面も見せてたし。さて、来週で終わりですが、灯と杉崎がどういう行動をするのか楽しみですね。

ホカベンサントラ
ホカベン オリジナル・サウンドトラック/金子隆博

涙をとどけて         ホカベン (1)
主題歌:涙をとどけて/トータス松本   原作:ホカベン/中嶋博行・カワラニサイ


ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

テーマ : ホカベン    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2008_06_12


最終話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

せっかく2週に亘って杉崎(北村一輝)への懲罰的損害賠償訴訟についての裁判をやったのに、イマイチ盛り上がった展開にならなくてチト残念。

不破(勝村政信)に変わってエムザを辞めてまで原告側の弁護に回った灯(上戸彩)だったのに、こういうドラマの醍醐味でもある裁判シーンが少なかった。

裁判に勝つための努力や、そのために起こる危険なども勿論必要なシーンだと思います。新人弁護士vs大手弁護士事務所という構図は、途中、怜子(りょう)が使った汚い手段があったものの、どうみても灯が優勢に見えてました。

キーとなる証人の富田(大倉孝二)も、あまりにもあっさりと証言台に立ってしまったし。灯の紆余曲折や冨田の苦悩も欲しかった所でした。

まぁ、それこれも低視聴率で時間枠拡大という訳には行かなかったんでしょうけど、でも考えてみれば、先週と今週で2時間枠。2時間ドラマと同じ位の内容になったはず。連ドラなので、複数回に亘って書くのとは少し違うでしょうが、前回と今回のホンを担当した秦建日子は、どこかでバランスを間違えたんじゃ無いでしょうかねぇ。

今の法律や弁護士のあり方を、一般庶民は勿論、弁護士達にも考えてもらうという意味で、ラストの判決を ハッキリさせなかったのはあれでよかったと思います。灯が勝ったとしたら今の弁護士たちを否定する事になるし、エムザが勝ったら当たり前すぎて面白くも無いし。

個人的には、エムザが勝って、灯は更に"正義の弁護士"として精進していくというところだと思ってます。正義の弁護士かぁ・・・。世の中にはどれだけそういう人達がいるんでしょうねぇ・・・。

題材としては良かったのに、どうして視聴率が低かったのか、低すぎたのかは解せなかったドラマでした。贔屓目無しで、上戸彩は頑張ってたと思うんだけどなぁ。何がいけなかったんでしょうかねぇ・・・。

まぁ、片瀬というキャラも全く必要ないキャラでしたし、金八の時にも全く印象に残っていなかった加藤成亮の芝居も下手すぎた。キャストのポジション的には良いところにいるのに、あんな芝居してちゃなぁ。役者をやらない方がいいよ。やっていきたいなら、もっと修行したほうがいい。

逆に、戸田菜穂は何で出番が少なかったんだろ。倉木というキャラはもっと使えたと思うんだけどなぁ・・・。何はともあれ、続編もSP版も期待できないだろうけど、上戸彩北村一輝のそれぞれの次を待ちます。

ホカベン (上戸彩、北村一輝、加藤成亮出演)
ホカベン DVD-BOX

ホカベンサントラ
ホカベン オリジナル・サウンドトラック/金子隆博

涙をとどけて         ホカベン (1)
主題歌:涙をとどけて/トータス松本   原作:ホカベン/中嶋博行・カワラニサイ


ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

テーマ : ホカベン    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2008_06_19



02  « 2020_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

テレビドラマデータベース

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
179位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
37位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキングパーツ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

バロメーター

メールフォーム

ご意見があればお気軽に♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon検索

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

プロフィール

crescent

Author:crescent
小さい頃からTVっ子の
タダのおっちゃんです^^;

好きな役者
 日本:松田優作 萩原健一
    樹木希林 渡辺謙
    大竹しのぶ など多数
 海外:アル・パチーノ
    メル・ギブソン
    ロバート・デ・ニーロ
          など多数
好きな人たちは↓の記事に列挙してます。「ついでという訳ではないですが」

嫌いな役者
 好きじゃないのはいますが、
 基本的に嫌いなのはいない

好きなミュージシャン
 BON JOVI 長渕剛
 Southern All Stars
 浜田省吾
          など多数

好きな芸人
 明石家さんま 島田紳助
 上岡龍太郎 ダウンタウン
 ビートたけし 島田洋七
          など多数

好きなスポーツ選手
 辰吉丈一郎 清原和博
 イチロー 川島郭志

好きなペット・動物
 犬 海豚

好きなこと
 2度寝

好きなモノ
 煙草(Winston)
 ジンギスカン

嫌いなモノ
 自分の事が大嫌い!




pagetop

ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析 ゲーム