レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO

ノン・ジャンル

PrisonBreak Season2(14話以降)~Season5のあらすじ、24 Season6のあらすじあります。メインはTVドラマ。他に映画・音楽などのエンターテインメントやTV観戦したボクシングの感想、その他の雑感です。

Category [Prison Break SeasonⅢ 第12話「Hell Or High Water」 ] 記事一覧

PrisonBreak Season3 /プリズンブレイク シーズン3 第12話「Hell Or High Water」(当然、ネタバレあり)

Prison Break          Prison Break
Prison Break: Season 4(Import)     サントラ Seasons 3 & 4

プリズン・ブレイク シーズン3 DVDコレクターズBOX (初回生産限定版)                 プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン DVDコレクターズBOX1 <初回生産限定版>
シーズン3 DVDコレクターズBOX         シーズン4 DVDコレクターズBOX 1

プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX          プリズン・ブレイク シーズン2 DVDコレクターズBOX
プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX     シーズン2 DVDコレクターズBOX


30秒しかないぞ!行け!

リンクが車で電柱ごとぶっ壊したおかげで、SONAの電気が消えて真っ暗になった。「30秒しかないぞ!行け!」とマイケルは前にいる3人に声をかけた。

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー


レチェロが出る。マイケルは「行け!行け!」とT-BAGに声をかける。T-BAGが地上へ。そしてベリックが続いて地上へ。次に出るマイケルの後ろからウィスラーが「よし!行け!」とマイケルに言うが、マイケルは「まだだ」と言って地上に出ようとしない。「もう時間が無いよ」と最後尾のマクグレディ。マイケルは時計を見ながら「俺を信じろ」と言う。
まだだ

先に出た3人は走っている。その時、予備発電機が作動し始め、SONAに明かりが戻った。走ってる3人は見つかってしまい「止まれ!」と言われ、一旦止まる。
3人が走る

「おい、どうしろってんだ?」とマホーンはマイケルに訊くが「もう少し待て」と言われる。
もう少し待て

止まっていた3人だが、賭けに出たのか、レチェロ1人が走り出す。Bang!Bang!サーチライトに照らされたレチェロは右胸上部を撃たれる。ベリックは完全にビビッており、T-BAGもどうしていいのか判らない状態。とりあえず2人はホールドアップ。銃声が聞こえたのでマホーンが「どうなったんだ?」と蓋の隙間から覗いていたマイケルに尋ねた。「奴等は捕まったよ」と答えるマイケル。3人は“くっそぉ、ダメなのかぁ”という顔をして半ば諦め顔。地上では例のブザーが鳴り響いている。
ホールドアップ

外が騒がしくなり、窓から表を見るスクレ。スクレを捕まえた軍人がスクレにかけていた手錠の片方を外し、キャビネットの取っ手に引っ掛けた。「おいおいおい」と言うスクレに「大人しくしてろ」と言って外に出て行った。
大人しくしてろ

ベリックとT-BAGは跪かされ両手を頭の後ろに組んでいる。軍人達の車がドンドン入り込んでくるのをマイケルは蓋の隙間から見ていた。マホーンは「マイケル、何がどうなってるんだ?」と訊くが無言。
跪かされる2人

スーザンは白いバンの中で部下と共に「脱獄発生」の旨を傍受している警察無線から聞き「やったみたいね」と言い、後ろに乗っていて両手首を縛られているLJとソフィアに向かって「みんな助かるわ」という。
みんな助かるわ

見つかった3人のところにジープや軍人達が集まってきた。隊長のソホが降りてきて、2人を立たせて車に乗せる。ベリックが「スコフィールドは・・・」と言いかけたところ「黙ってろ!」とT-BAG。そして「あいつが無事ならチャンスはまたあるかもしれん」と言いながら車に乗った。レチェロはかなり血を流しているが、軍人2人に支えられて車に乗った。
黙ってろベリック

「どうするんだ!?照明もついたし、脱獄もバレたぞ」と言うウィスラーを遮って「マイケル、何がしたいんだ?」とマホーンが言う。するとマイケルは「これが計画だ」と答えた。
これが計画だ

「これが計画?」というウィスラーだったが、マホーンは「もっと早くに作動すると知ってて30秒だと奴等に言ったのか?」と“さすがだな”みたいな表情で言う。マイケルは「計算違いしちゃったかな」とオトボケ。
ウィスラー「夜明けまで10分もない!」
マホーン「兵士が起きる!」
マクグレディ「人数の確認をするから戻らないと・・・」
とそれぞれが言うが、マイケルは「ここにいろ。そろそろだ」と言って、また外を覗く。
そろそろだ

バスから飛び降りたリンクは林の中を疾走。途中で止まり電話する。
電話するリンク

キャビネットの取っ手と繋がっているスクレの携帯のバイブした。ズボンの左ポケットから取り出して出ようとしたところに、軍人が戻ってきた。「何やってる?」と言われ「妻からだ。近所だからこの警報を聞いて・・・」と言い訳したが「電話は禁止だ」と言われ取り上げられてしまい、ポケットに入っている財布やら何やらも全て預ける事になってしまう。
妻から電話で・・・

リンクは相手が出たと思い「スクレ!」と言ったが、留守電になっていた。「スクレ!どこにいるんだ?お前が頼りなんだぞ!お前がないと俺たちはお終いだ。連絡をくれ!」と言って電話を切った。
スクレに伝言

「外が騒がしいけど何があったんだ?」と一応訊いて見るスクレ。「脱獄だよ」「逃げたのか?」「捕まえたよ。そのうちの1人は撃たれて重傷だ」と言われ、不安そうなスクレ。
脱獄犯は捕まえたよ

リンクの電話が鳴った。「スクレか!?」と訊くと相手はマクグレディの父のアルフォンソ・ガレゴだった。リンクは「言った場所に着きましたか?」と尋ねると「Yes」と答えた。「道路わきに車を停めてある。タイヤの所にキーを置いてあります。まだあるかどうか確認してください」「・・・あります」「よかった」「あなたも312号に来ますか?」「ええ、行きますよ。312号へ。では後程」と行ってリンクは再び走り出した。
アルフォンソ・ガレゴ

SONAではブザーが鳴り響いており、跪いてるベリックとT-BAGのところに大佐がやってきた。「どうやって外に出た?」と尋ねるが、2人は無言。するとソホがベリックの首を後ろから片手で絞め出した。苦しがるベリック。そして「トンネルだ!」と吐いてしまったベリックを“おい!”という顔で見るT-BAG。一旦ゲロっちゃえば、ベリックはゲロしまくりで「どこだ?」と聞かれりゃ「レチェロの部屋だ」と。「案内しろ」と言われりゃそのまま軍人を案内する。それにT-BAGも同行させられる。レチェロはかなりの失血だが、一切の手当ても施されていない。
ゲロったベリック

こうなってくると、まさにケツから火が点きそうになるマイケル達。ウィスラーが「まだか?」と急かすが、マイケルは「もうじきだ」と答え、外の様子を伺う。すぐ傍を軍人達が走り抜けたりもしている状況だ。
もうじきだ

ベリック達が地下まで下りて来て、暗証番号が必要なドアの前まで来た。大佐が「暗号は?」と訊くが誰も知らない。
ドアの暗号は?

焦るウィスラーは「正気か?」というが、マイケルはまだ辺りを伺っている。そして「いくぞ」とGoサインを出す。
正気か?

ソホは事が事なので、暗号部分を銃で撃って扉を開けて中に入ってきた。
ドアを拳銃で

マイケルは穴から顔をだし、辺りを見渡しながら、穴のすぐ傍に停めてあるジープに下に潜った。後ろが気になるマクグレディ。ウィスラーも脱出。ハシゴをかけた穴からは声が聞こえてくる。マホーンが出た。軍人達はハシゴの下までやってきた。焦るマクグレディ。軍人がハシゴを上りかけた時、マクグレディはトンネルから地上へ。ハシゴを上った軍人の目の前には、人は誰もいなかった。マイケル達は駐車して並んでるジープの下を転がりながら進んでいく。
マイケル脱出

「誰もいません」という報告を聞いたT-BAGは「あの野郎!騙しやがったな!」と今頃気づいて悔しがる。
騙しやがったな

マイケル達はまだ匍匐前進したり転がりながらジープの下を進んでいる。
匍匐前進

「誰もいません」というソホの再確認に、大佐は拳銃を握った手でベリックの顔を殴る。ベリックは「俺じゃない!スコフィールドだ。ウィスラーも マホーンもあのバスケットボール持ったガキも、列の中にいないはずだ」という。ソホが整列の状態を無線で確認すると、もうじき終わるという。整列が終わり連絡が入る。「4人いません」と。
整列~

まだSONAの外に出られていないマイケル達。「まだ囚人が逃げてる。所内全域を確保しろ」とのアナウンスが流れる。マイケルが潜り込んでいる車に軍人が来た。ビビるマイケル。だが軍人は気づかずにその場を離れた。気をつけながら、マイケルを先頭に目的の方向へ次々とダッシュ!
傍に軍人が・・・

トンネルの穴近くに戻ってきた大佐に、部下が「誰もいません。本当に脱獄囚いるんですか?」と報告。すると大佐は何かを見つけ「もうここには居ないだろ。見ろ、これを」と言って近づいて行った金網が破られていた。スクレが撒いたケスリヴォルの効果ですね。
ケスリヴォル効果

夜も明けて明るくなってきた。林の中を走っていくマイケル達。後を追ってくる軍人達。
林の中を逃げる

リンクが起こしたバス事件について、乗客への警察の聞き込みが始まっていた。「叫んだんです。バスから降りろって」「でかくて」「アメリカ人でした。英語だったから」とリンクについての証言がされた。「顔は思い出せるか?」「もちろん」という会話も。
警察の聞き込み

リンクは車で目的地に向かっている。マイケル達は相変わらず走り続けていたが、ウィスラーが躓いて転んでしまう。その拍子に足を捻ったらしい。だがここで立ち止まってるわけには行かない。「足手まといだ。おいてけ」というウィスラーだが「できるわけないだろ。海岸まで1/4マイルだ。茂みを使っていこう。アレックス、頼む」といって、マイケル先頭で再び走り出し、ウィスラーはマホーンの肩を借りて走る事に。
捻挫

林道に車を停めたリンク。マイケル達がビーチまで辿り着くとリンクが声をかけた。「すぐ追っ手がくる」というマイケル。「警察もだ」「揃えられたか?」「ああ」という会話にマクグレディが「何を?」と訊いてきた。彼を見たリンクはマイケルに「いつも迷子を拾って来るんだな」と苦笑い。「こっちだ」と言って、マイケル達を誘導するリンク。ビーチを少し走っていくとある場所で砂を掘り出す。そう、クーラーボックスを埋めたあの場所だ。
ビーチで落ち合えた

追ってはまだ林の中を走っている。
追うソホ

ストップウォッチを気にしながら、ウィスラーは「奴らが素直に交換すると思うなら間違いだ」という。「黙れ」というリンク。「俺を確保したら君達を殺す。ソフィアを蜂の巣にしたくない・・・。だから、交渉するよ。LJを確認してから俺が犠牲に・・・」と言った所で、リンクがキレる。「息子の名前を口にするな!」と。それをみていたマホーンは「今するべきなのは、日焼けよりも隠れることだろ」となだめる。追っ手が近づいてくる。
ソフィアを蜂の巣にしたくない

クーラーボックスまで掘り起こし、中を開けるとそこにあったのは小型の酸素ボンベだ。「刑務所周辺の道は封鎖されてる」と言いながらボンベを渡していくマイケル。「ボートじゃダメだったのか?」と訊くウィスラーに「奴等がここに来るころ、俺たちは離れていてもせいぜい10ヤードくらいだろ。それじゃ奴等の射撃訓練の的になるだけだ。だから消える必要があるんだよ」と説明した。「4人分しかないんだな?」というマホーンに「そいつは良かったぜ」というリンク。マイケルは「リンクと俺でシェアするよ」と言って、自分のボンベを渡した。「靴をクーラーボックスに入れろ」というリンクの電話が鳴った。スーザンからだ。「彼はいるわよね?電話に出して」と言い、ウィスラーの声を聞いたスーザンは「パナマ市内で20分後よ」と言った。電話を切ったリンクはビニール袋を出し携帯を入れる。それを見たウィスラーは「俺の本もそこに入れてくれ」と言ってポケットから本を出そうとするが、無い!ジープの下を転がっている時に落としてしまったのだ。「座標はもう分かったんだろ」というマイケルに「あの本にしかメモってないんだよ」という、ドジなウィスラーに呆れるマイケル。「連中は騙せるさ」というマホーン。「もういいから、早く潜れ」というリンクに「これも入れてくれないか」と、マホーンは息子の写真を出した。リンクは「くたばれ、マホーン」と言う。仕方なくポケットにしまう。皆が海に向かっていくが、マクグレディが動かない。マイケルが呼ぶと「僕、泳げないんだ」という。「気の毒だが、来るしかないだろ」というリンク。マイケルは「大丈夫だよ。俺と行こう。俺に捕まって、ボンベは10秒毎に交代だ。いくぞ」と言って、5人は海に入っていく。そして沖へ向かって進んで行き、深くなった所で、“消えた”。
中身はボンベ

程なくして軍人達がビーチに到着。しかしそこには当然誰もいない。双眼鏡で沖の方を見るが水平線が見えるだけ。
双眼鏡

マイケルたちは水中をぐんぐん進んでいく。
ぐんぐん進む

SONAでは囚人が整列している中、ベリックが軍人にいたぶられている。「スコフィールドはどこだ?」「知りません。何も聞いてません」と同じことの繰り返しをしている。「確認する唯一の方法が...これだ!」と言って渾身の一発を食らったベリックは、地面に倒れてしまう。
知りません。何も訊いてません

まだまだ水中を進むマイケルたち。
まだまだ進む

ビーチにいる軍人達。「半径5キロまで広げろ。東も西も沿岸の検問で全ての車を調べろ」とソホは命じる。大佐に現状を報告し、増員を要求すると、大佐はそれを約束。スクレが捕らえられてる部屋で交信をしていた大佐は、スクレを捕らえた軍人に「第四小隊を送れ」と命じて外に出た。スクレは軍人を呼びとめ「令状の件は認めて出頭するよ。だから見逃してくれよ」というが「終わるまでお前はこのままだ」と言って、軍人も外に出てしまった。落ち着かないスクレ。
大佐と軍人とスクレ

随分と沖へ出たであろうところで、全員が浮上。「あれだ」というリンクが指差した先には、大き目のブイのようなものがあった。そこに全員が泳いで行き、掴まれるところに掴まった。「やつはどこだ?」というリンク。周りを見渡しても360度水平線で何も見えない。「奴はどこだ?」と眼で辺りを見るリンク。「何の事だ?」と訊くウィスラーに「スクレとボートだ」と答えたリンク。なるほど、予定ではスクレがそこまで迎えに来るハズだったのか・・・。そのスクレはまだ解放されず・・・。
あれだ

マクグレディとウィスラーが掴まりつつも体力の消耗が激しいのか、沈みそうになる。それぞれをマイケルとマホーンが救い上げる。「目的地は遠い。スクレが来るまで待とう」と言うリンク。全員、海のド真ん中での頼りはブイだけだ。
スクレ待ち

パナマ市内にあるハーバーにアルフォンソがやってきた。312番にボートがあるのを見て係員に「312番にあるボートはなぜまだここに?もう出てしまったはずじゃあ?」と訊く。係員は「予約はあったんだけど、そいつが来ないんだよ」とややご立腹。茫然とするアルフォンソ。
ボートは出たんじゃ・・・

ソホが大佐に「行方はまだ判りません。海岸にはいないようです。ジャングルに戻ったのではないかと」と進捗報告。大佐は「ジャングルだと?増員の要請は海岸だったろ!」と怒られてるソホに、警察犬を連れてきた軍人の1人が彼を呼ぶ。クーラーボックスと中に入ってる靴が見つかった。ソホはすぐに「沿岸警備隊に連絡を」と大佐に告げた。
靴みっけ

どれくらい経ったのか、マイケルたちは依然としてブイに捕まっている。マクグレディが再び沈みかけるが、マイケルが助ける。「足が攣りそうだよ」というマクグレディ。「このままじゃ持たんな・・・」とリンク。「友達はどうしたんだ?マイケル」と声も弱々しくなってきたウィスラー。「スクレは俺達を捨てる男じゃない!奴は来る!必ず来る!」とマイケルは自分にも言い聞かせるかのように声を張る。
スクレは来る!

そのスクレは心配そうな顔をしながら「頼むよ。解放してくれよ」と頼むが、当然聞き入れてもらえない。
頼むよ解放して

待っているスーザンは何の連絡も無く、行方が解らないマイケルたちに不信感を抱き「気が変わったのかも・・・」と後ろに乗っているソフィアとLJに向かって言う。部下と彼等を残し、バンの横に停めてあったセダンに1人乗り発進させた。
気が変わったのかもね

マイケルたちの状況は変わらない。マホーンが「あれを見ろ!」と指差した方向にはボートが1台、ブイに向かってくる。「スクレ!スクレ!」とリンクが叫ぶ。が、「おかしい。ライトを点灯させるはずだ」というリンク。「答えないな、リンク」と警戒するマイケル。「沿岸警備隊だ。見つかったんだ」とビビるマクグレディ。ボートが近づいてくる。半分観念したかのようなマイケルたち。ボートがブイの近くでエンジンを切った。やがて操縦士の顔が見えると、マクグレディは「パパ!」と言った。そう、ボートでやってきたのはアルフォンソだった。安堵のマイケル。いや~、人には親切にしておくもんですなぁ。ウィスラーは「マイケル。お前のおかげだ。感謝するよ」という。全員は無事にボートに乗り込んだ。リンクは「どうやってここに?」とアルフォンソに尋ねた。「待ち合わせ場所にあなたが来なかったんで。南東から来ると言ってたからもしかしてと思って」と答えたアルフォンソ。マイケルは「スクレに何があったんだ?」と心配そうだ。「判らんが、とにかく行こう」とリンク。ボートはその場を後にして目的地へと向かった。まずは安心した5人。
まずは安心

SONAではまだベリックが殴られ続けてる。顔も血だらけで、一発浴びると完全に伸びてしまった。となると軍人はあとの2人を尋問するしかない。レチェロについては「あいつは死にかけだ」ということで、残ったT-BAGに矛先が向かう。T-BAGは立たされ、軍人にジープを駐車しているところに連れて行かれた。「さっさと歩け!」と背中を不意に押されたもんだから、うつ伏せに倒れてしまったT-BAG。その目の前には、ウィスラーが落とした図鑑があった。素早くそれをポケットにしまい、軍人達に立たされてどこかへ連行されていく。
図鑑見っけ

ハーバーに着いたマイケルたち。「後部座席に荷物があったので、あなたの車に積み替えたほうがいいのかなと」と、中々気が利くアルフォンソ。その荷物は着替えだった。「足首はどうだ?」とマホーンはウィスラーを気遣う。「ようし、着替えろ。ただ、濡れた服は残さないようにな」とリンク。そしてリンクはアルフォンソに礼を言い、ここでマクグレディ親子とはお別れ。マクグレディはマイケルに礼を言い、握手を交わした。
着替え

スーザンはセダンを運転中に電話すると、白いバンに乗ったリンクの電話が鳴る。「Yeah」「何処に行ってたの?」「トラブルがあってな。今、パナマのダウンタウンだ」とリンクが言うと「リンカーン、嘘はいけないわ」と言うスーザンの言葉を聞いてリンクがルームミラーを見ると、後ろにセダンが1台。「カンパニーだ」と言うリンク。「どうして見つかったんだ?」というウィスラー。スーザンは電話で「彼等は?」と部下に電話。部下は「前方にいます」と答える。リンクたちの車の後ろはスーザンではないようだ。もう1台のセダンがやってきて、リンクたちの前方を塞いだ。リンクは「摑まってろ!」と言ってその車をかわす。2台のセダンに追いかけられるマイケルたち。「奴等はマクグレディの親父と接触して、この車に発信機を付けたんじゃないのか?」とマホーン。「それか俺たちの中に・・・」と言うマイケル。ウィスラーが「いや、それなら海にいた時点で見つかってるはずだ」という。マイケルに「水が信号を遮断したんだろ。グレッチェンに渡されたストップウォッチをよこせ」と言われ、ウィスラーがそれを渡そうとした時にすぐにそれが発信機だと彼は気づいたらしく「俺は悪くない」と言いながらマイケルに渡す。速攻で捨てるマイケル。カーチェイスは続いている。「この車の利点を活かすか」と言うリンクは、横に並んだセダンにぶつけながら走らせる。セダンも対抗してくるがバンには敵わず、まずは1台を撃破。もう1台のセダンをやり過ごして反対方向へと走り出すバン。すぐにセダンが追って来る。リンクは「いくぞ~っ!」と言って木の策をぶち破ってそのまま走らせる。後を追って来るセダン。走らせていくとマホーンが「おい、この先は行き止まりじゃないか?」と言うと、リンクは「じゃあお前は来なくていい」と言って車を停めて降り、「こっちだ」と先頭を走る。その先には以前、スクレと一緒に来て借りたボロ小屋があり、全員そこに飛び込む。リンクはガラスを破り、追って来たセダンに向かって銃を撃ちまくる。弾は開いたセダンのドアのガラスに数発当たった。セダンには男2人が乗っており、1人は銃で、もう1人はマシンガンで対抗。
カンパニーだ

T-BAGはスクレがいる事務所の隣の部屋でリンチを受けていた。仕切られている窓からそれを見たスクレ。大佐がスクレのいる部屋に入ってきて、スクレを見張ってる軍人に「脱獄囚について全てを聞き出せ」と命じて外に出ようとする時にスクレを見て「こいつはなんでまだここにるんだ?」と軍人に尋ねる。「令状が出てる奴でして・・・」「殺人じゃないなら、さっさと解放しろ」と命じられ、すぐにスクレの手錠を外した。「持ち物は係に言え」と言われ、速攻で向かうスクレ。
やっと解放

ボロ小屋からは銃声がひっきりなしに聞こえている。そこにスーザンのセダンが到着。スーザンも銃撃に加わるが、すぐに異変を感じた。銃をおろして小屋に近づく。「何してるんですか!下がって!」と部下に言われるが「これだけ撃ってきてるのに、当たったのは車に3発だけ?」と言って小屋の扉を蹴破って中に入ってきた。そこにあったのは銃声音が流れているラジカセ。これも以前に録音したやつでしたね。狭い小屋の中を進むと裏に抜けられる扉をあけて「Son of a bitch!」と悔しがるスーザン。そこには道があった。
Son Of A Bitch

その頃マイケルたちはリンクの運転で白いボロセダンで逃走中。ウィスラーは「リンク、よくやったと思うけど、またすぐに危険になるぞ」というが「危険?そんなのはもうないよ。あとは交換するだけだ」と答えるリンク。「そんな簡単に行くか?」「簡単だろ。やつらに渡せばいい」「俺はどうでもいい。でもソフィアと君の息子が・・・。マイケル。お前もそう思うだろ?やつらがおとなしく・・・」とウィスラーが言いかけると、マイケルは「海岸でもう話したろ。お前の意見は却下だ」と冷静に答える。だがウィスラーは「お前らはとんでもない間違いを犯してる。みんな死ぬぞ」と言う。マイケルもリンクもマホーンも何も答えず、リンクは黙って車を走らせる。
お前のは却下

T-BAGは軍人に「パンツを脱げ」と言われ「看守にそんな趣味があるなら脱獄なんてしなかったぜ」なんて言ったもんだから、棍棒で腹を思いっきり殴られた。
棍棒で

スクレは持ち物を受け取っている。「携帯電話、財布、小銭・・・」と一つ一つ袋から取り出す係の軍人。「ボートレンタルの書類があったはず」とスクレが言うと「引き出しを見てみるよ」と言う。そこに何やら箱を持ち込んできた軍人がT-BAGのいる部屋へ。箱を開けるとそこには、両端を接触させると火花が散ってるものが。電気ショックみたいなものでしょうか。拷問用の器具には間違いないです。パンツを下ろされ、それを見たT-BAGはビビりながらも「俺の玉にはもう火が通ってるから、そんなのいらない・・・」と苦しいジョークを飛ばす。軍人は「口はよく回るが、肝心な事は一向に喋らない。試しに叫ばせてみようか」と言って、火花を散らせる。完全にビビッたT-BAGは「ま、待て待て待て。俺は何も知らないんだよ。ホントなんだよ」と後ずさり。背中が壁にぶつかり、ふと左側にある窓を見ると、隣の部屋で種類を受け取ってるスクレを発見。すかさず「あいつだ!あいつなら全てを知ってるぞ!」と叫んだ。やっと外に出られるところのスクレは軍人に呼び止められた。
彼は全てを知ってます!

マイケルたちの車は倉庫に到着。車から降りるリンク、マイケル、マホーン。ウィスラーはマホーンに「手を貸してくれ」という。捻った足が痛むらしい。「ここはどこだ?」と訊くマイケル。リンクは「交換場所だ。今度は俺たちの土俵でな。万が一の場合の逃げる場所もある」と建物の2階を指差す。そのリンクに「生きていられたらな」というウィスラー。「まだ言うか」と言うリンク。そこでリンクの電話が鳴る。スーザンからだ。「リンク?よく出来たマジックね。ホームアローンでも観たの?」「ホームアローンに騙されたわけだな」「息子の命が惜しければ・・・」「おいおいおい、偉そうな口を叩くな」「こっちにはLJがいて・・・」「こっちにはウィスラーがいる。立場は同じだろ?よく聞け。高速から5マイルの廃倉庫にいる。息子と一緒に20分以内に来い」「着いたら?」とスーザンが尋ねた所でリンクは電話を切った。「待つのか?」というマイケルに「ああ」と答えるリンク。「うまくいきそうか?」「・・・ああ。俺達やLJも助かるさ」「マクグレディもだといいな」というマイケル。
交換場所だ

そのマクグレディは、アルフォンソの運転するトラックに乗っていた。ボーっと外を見ているマクグレディだったが、父の「Oh,No」という言葉で前を見ると、検問があった。「パナマ中で検問してるんだ」という父。「どうしよう」とビビるマクグレディ。「引き返そうよパパ。SONAには戻りたくないよ!」というが、父は車を停める気配を見せない。
検問だ

スクレはT-BAGの巻き添えに遭い、拘束されていた。「奴が何て言ったか知らないけど、奴は囚人でただのカスだ。マイケルスコフィールドなんて知らない」と大佐に必死に訴える。そこに軍人が脱獄囚についてまとめた資料を持って来た。それを見た大佐は「マイケルスコフィールドを知らないって言ったな?」という。「はい」というスクレに「確かか?フェルナンド。じゃあ、これはなんだ?」と言って手配写真をスクレに見せた。ニヤリとする傍で見ていたT-BAG。
ニンマリT-BAG.

2階に移動したマイケルたち。マホーンはウィスラーを気遣い添え木を持って来た。落ち着かないマイケルを見て、リンクは「大人しく奴等が来るのを待っておけ」と言う。マイケルは「リンク、よくやったよ」「ああ。とにかくLJを」「時間の問題だ」という会話に、マホーンが「俺は部外者なので、ここでさよならだ」と言ってきた。マホーンが振り向いて歩いていこうとした所で「お前が俺達にやったことを忘れたのか?俺たちの父に何をしたのか」とリンクが言い、マホーンの背中に銃口を向ける。マホーンは「いや、忘れてない」と答える。「海岸で殺そうと思ったが、逃げてる最中だからやめたんだ。背後から父を殺したお前をせめて正面から殺してやる。こっちを向け・・・。こっちを向けよ」というシーンをウィスラーが見ている。マイケルは「リンク、今はそれ所じゃ・・・」と収めようとする。マホーンはリンクに向き直り「お前達の家族と俺の家族を選ばなければならず、俺は自分の家族を選んだ」と言った。リンクは「地獄に堕ちな」と言って撃鉄を起こした。引き金を引こうかというところでガラスの割れる音がした。
父の仇

マイケルとリンクがその方向の窓に行った隙にマホーンは逃げた。窓の下には添え木がある。ウィスラーが逃げだしたようだ。1階の屋根からトラックに積んであるコンテナに飛び降りるウィスラー。更に地上へ飛び降り、元気よく走ってる。リンクがそれに続くが、ウィスラーは道路に出て駐車していたピックアップトラックを奪って逃走。マイケルとリンクが追ってきたが間に合わなかった。茫然としつつ「どうする?」というマイケル。
元気に走るウィスラー

どうしようか、リンク



てなところで次週のシーズンファイナルへ。
何でしょうね。いい感じで面白くなってきてるじゃないですかぁ。なのに来週で終わりなんて・・・。でもどう考えても話の収拾はつきそうもないですよね。どうすんだろ・・・。

とりあえず、ボロ小屋と録音した銃声、ビーチに埋めたクーラーボックスについては判明したけど、まだまだネタになりそうなのはのこってますもん。まずはカンパニーの正体が判らないし、座標に何があるのか判明してない。今後のスクレとT-BAG。そしてT-BAGが図鑑を持ってることで何があるのか。それから、ソフィアがウィスラーのカバンから見つけたゼロハリバートンのアタッシュケース。いくつかは次回でどうにかなるんでしょうが、でもこれじゃあ、Season4を期待せざるを得ない。

しかし、ウィスラーの捻挫は芝居だったんでしょうかね。ラストのあの元気な走りっぷりをみるとそう思わざるを得ませんが、だとしたら何故ビーチに行く途中にそんな事を。自分を残していくわけが無いという読みで、早い段階から芝居をする事にしたのかなぁ。それでもよく泳げたもんですよね。誰もそこを突っ込んでないのは不思議でしたが(笑)

第13話(最終話)「The Art of the Deal」へGo!


ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

↑をポチッとしていただいた方は、逃げたマホーンは?検問で止められたマクグレディ親子は?ウィスラーは何処へ?スクレはどうなる?そしてマイケル達はどうする?ってな、気になることがテンコ盛りの次週のシーズンファイナル「The Art Of Deal」の予告へ↓↓↓



特別プロモはこちら↓↓↓


ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

左サイドMenu

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

テレビドラマデータベース

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
31位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキングパーツ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

バロメーター

メールフォーム

ご意見があればお気軽に♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon検索

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

プロフィール

crescent

Author:crescent
小さい頃からTVっ子の
タダのおっちゃんです^^;

好きな役者
 日本:松田優作 萩原健一
    樹木希林 渡辺謙
    大竹しのぶ など多数
 海外:アル・パチーノ
    メル・ギブソン
    ロバート・デ・ニーロ
          など多数
好きな人たちは↓の記事に列挙してます。「ついでという訳ではないですが」

嫌いな役者
 好きじゃないのはいますが、
 基本的に嫌いなのはいない

好きなミュージシャン
 BON JOVI 長渕剛
 Southern All Stars
 浜田省吾
          など多数

好きな芸人
 明石家さんま 島田紳助
 上岡龍太郎 ダウンタウン
 ビートたけし 島田洋七
          など多数

好きなスポーツ選手
 辰吉丈一郎 清原和博
 イチロー 川島郭志

好きなペット・動物
 犬 海豚

好きなこと
 2度寝

好きなモノ
 煙草(Winston)
 ジンギスカン

嫌いなモノ
 自分の事が大嫌い!


右サイドメニュー

エアカウンターS

スリム軽量タイプの放射線測定器

エアカウンターS
エアカウンターS

スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!

緊急オンライン署名 「スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」 日本全国「お客様の声」

緊急災害募金

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

翻訳Leggero

時計








人気ページランキング


blogranKing.net

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー

ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析 ゲーム