レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO

ノン・ジャンル

PrisonBreak Season2(14話以降)~Season5のあらすじ、24 Season6のあらすじあります。メインはTVドラマ。他に映画・音楽などのエンターテインメントやTV観戦したボクシングの感想、その他の雑感です。

User Tag [笹野高史 ]を含む記事一覧

怖っ

3話

戸谷(上川隆也)を怖がりながらも離れられず、彼の言う通りに下見沢(北村一輝)と付き合うことにした豊美(米倉涼子)。
下見沢とデート中に戸谷は隆子(笛木優子)を連れて同じ店に来た。
隆子は豊美が戸谷を好きでも構わないと言うだけじゃなく、豊美に結婚宣言までする。

しかし二人っきりになり戸谷が隆子に迫っても拒否。隆子が諦めて風呂に入りたいと言い、戸谷に先に入るよう勧め、隆子はその場から逃げる。

後日、戸谷の妻(森口瑤子)が離婚するため病院を訪れた。
病院経営悪化に離婚の慰謝料。益々、金が必要な戸谷は愛人のチセ(余貴美子)が冗談半分で言った、チセの夫(笹野高史)殺しの話を具体化する。

離婚をエサにして、その計画に豊美を巻き込もうとするが豊美は拒否。
戸谷はチセと相談。病院に運ぶのではなく、新米看護師を連れてきて実行するというが、後日、チセは戸谷に内緒で豊美を呼び出し、その看護師はあんたに頼みたいと言う。戸谷が、豊美は医療ミスを犯したからこの仕事は断れないはずだと言っていたとチセは嘘をつく。

それが嘘だと判っても、他の女が共犯者になるのが許せず、
その計画に乗る事にした。そして、その計画殺人は実行される。

が、チセの夫は瀕死どころか意識レベルが上がっている。
豊美がインスリンを打たずにブドウ糖を打ったのだ。

いやぁ~、女って解らないどころか怖いっすねぇ~~~~。
でも、このあとどうすんだろ???



バナー


わるいやつら〈上〉 わるいやつら 下  新潮文庫 ま 1-9 わるいやつら
わるいやつら〈上〉    わるいやつら 〈下〉    わるいやつら '80年公開
関連記事

わるいやつらって

4話

豊美(米倉涼子)は含まれてないんだろうか・・・!?
最初の殺人にだけ手を貸した後は、殺人を阻止する方向だよね。
もしかして、“わるいやつら”に巻き込まれていくっていう展開なのかな。前回は戸谷(上川隆也)とチセ(余貴美子)の企みを、上手く裏をかいて、チセの旦那である春彦(笹野高史)の命を助けたし。

今回は、その春彦が糖尿病ということで入院してくる。あの2人、また殺る気か!?と心配する豊美。最初は個室に入院させろとうるさかったチセ。

相部屋での入院となり、隣のベッドには昨夜運ばれてきた刑事(金子昇)がいるし、少しは豊美も安心したのか・・・。

やがて刑事が退院しても個室に移らない春彦。チセはもう個室にはこだわっていないというので、さらに安心。

そんなところに下見沢(北村一輝)が豊美に会いたくて、深夜に尋ねてくる。就寝中だった豊美はドア越しに話しただけで彼を帰すが、彼の言いかけた言葉が気になりすぐに追いかけるが、その続きを聞くこともなく次の朝に出勤。

病院を目の前にすると、霊柩車が停まってる。そこに遺体が運ばれてるようで、遺族と思しき女性が戸谷に挨拶をしている。
遺体が車に納まり。助手席に乗り込む女性を見て豊美はギョッとする。
チセだ!豊美を見ているチセ。戸谷とも目が合うが、戸谷は無表情。
殺ったらしい・・・。

今の所、戸谷には協力的で豊美には紳士的な下見沢だけど、来週あたりから動きそう。こういう裏の顔を持った役は、北村一輝は抜群に上手いと思うんで、ストーリー自体に緊張感の無いこのドラマにいいカンフル剤となるといいんだが・・・。

あとは刑事役の金子昇。これだけのシーンのためだけに出演したとは思えないんだが・・・。



バナー

関連記事

ヤバイ

2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

2話目にして早くも脱落しそう・・・。
温故知新とはいうものの、リメイク作品には“Something”が必要だし、時代に合った作りが必要だと思う。

でも、このドラマにはそのどちらも感じられないし、主役2人もホンも全く魅力を感じない・・・。基本的にドラマは「次はどうなるの!?」ってのがないと成立しないと思うんだけど、そういったドキドキ感が無いんだよねぇ・・・。

主役2人がダメなら脇役で締めるっていう手もあるんだけど、その脇もねぇ・・・。いいのは笹野高史位だし・・・。案の定、2話目で早くも視聴率が10%を切った9.4%っていう数字が物語ってますね。建て直しは難しい、いや無理でしょうなぁ。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

関連記事

滅多に観ないけど観た

武士の一分

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

タイトル:武士の一分
出演:木村拓哉壇れい笹野高史・桃井かおり・緒方拳
製作:久松猛朗
プロデューサー:深澤宏・山本一郎
原作:藤沢周平 「盲目剣谺返し」(「隠し剣秋風抄」)
脚本:山田洋次・平松恵美子・山本一郎
音楽:冨田勲
監督:山田洋次

時代劇はまず観ないし、読まない。これを観てみようと思ったのは当然、山田洋次×木村拓哉ということに他ならないわけで。とはいえ、別に山田洋次作品をそんなに沢山観ているわけでもないし、寅さん映画も好きな映画じゃない。勿論、「たそがれ清兵衛」も観てない。

さて感想はというと、不思議と飽きずに観る事が出来た。内容はシンプルというかベタとういか、にもかかわらず何故か2時間耐えられた。

失明した主人公が、妻を騙して手篭めにした上司に復讐するために、元々剣術の腕には覚えがあったものの、師匠の元に稽古しに行き、極意のようなものを授かる。

ハリウッド映画やクンフー映画だと、その極意を取得する特訓シーンなんかを盛り込むんだろうけど、それはなかった。故に尚更淡々として進行していく。

なのに飽きなかったのは、画がキレイなのは勿論、音楽の使用も余計なところもなく、自然音が多かったのも良かった。そして役者も演出も良かったからんじゃないかなぁと思う。

笹野高史は、当て書きされたんじゃないかと思うくらいだし、壇れいの芝居も宝塚にいたというのは殆ど感じず、昔から映像でやってきた女優のようだった。

で、様々な人が問題にするのは主演の木村拓哉でしょうね。まず、方言を使っているせいなのか、華麗なる一族の時のようなセリフの噛みや滑舌の悪さは無かった。

でも、良くも悪くも木村拓哉のクセというのはあったけど、決して気にはならなかった。そして何よりも役者としての武器を封印しての芝居をやれていたと思ったこと。

盲目の役はそう簡単にできるものじゃない。一瞬の目の動きが、眼球の動きが「あ、こいつ見えてるじゃん」となる。ところが木村拓哉は瞬きも殆どせず、声のする方向に顔を向ける時も、日常生活やそれを芝居しようとすると、通常は、0コンマ何秒かもしれないが、目が先にその方向に向いてから顔が向く。でも木村拓哉はそうはなっていなかった。

彼の剣の捌きも迫力があった。また、芝居の中に時折“キムタク”が顔を出すが、俺は全く気にならなかった。

が、嫉妬ややっかみも含めて、この作品や木村拓哉の評価が低いのは、やはり木村拓哉にあると思う。

それは、華麗なる一族でもそうだったが、彼にはこれらのドラマに必要な重厚さを感じられない事。今風のアンチャンを演じさせたり、キムタクっぽさを持った役をやらせれば“二代目・田村正和”な感じで今後もやっていけるんだろうが、こういったドラマにはやはり物足りなさを感じざるを得ない。

まぁそれを“役者の資質”と言われてしまえば、彼は大根役者にカテゴライズされてしまうんでしょうけどね。

俺は、役者・木村拓哉は大根だとは思ってない。テクニックもそこそこ持ってるし、自分を持ってる。何よりもあの忙しさの中でこれまでのような作品を残せてるんだし。

秋にはHEROが公開になるが、まぁこれはTVの延長線だと思うのでキムタクなんだろうなぁ。

雰囲気はこれまで生きてきた経験値が自然と出てくるモノだと思うんで、木村拓哉にも頑張ってもらいたいと思う。

武士の一分 豪華版 (S)     HERO 全巻(1~6)セット
武士の一分 豪華版 (S)   HERO 全巻(1~6)セット

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

関連記事

豪華キャストで最終回

最終回

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

いやいや、なんとも贅沢なゲストでした。メインゲストに室井滋、その夫役に升毅、その他に松尾スズキ笹野高史。ね?豪華でしょ?何てったってド下手な役者が出ていないことが、何よりも豪華で贅沢なのですよ。

さてどんな最終回なのかなぁと思ってたら、全くそれを感じさせずフツーにやってましたね(笑)続編とかSPとかを考えてるんでしょうかね。他の連中はともかく、オダギリジョーだからなぁ。彼が首を立てに振るかどうか・・・。

映画化っていう感じの作品でもないし、せいぜいSP1本作って終わりってな感じじゃないでしょうかね。このドラマは気合入れて観るっていうより、何かダラ~っとゆる~い感じで観てるのが一番いいから、たまには作って欲しいですね。

因みにDVDは9月28日発売で、レンタルも同日だそうです。
帰ってきた時効警察 DVD-BOX
帰ってきた時効警察 DVD-BOX

時効警察 DVD-BOX
時効警察 DVD-BOX

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

関連記事

いやぁ~、流石だわ

7話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

といっても、伊東美咲でもなく深田恭子の事でもありません。そうです。恵美(伊東美咲)の父親役の笹野高史と、何だかんだと色んな連ドラに顔を出す佐藤二朗です。

今回の笹野高史は特に、恵美にお見合いをさせるべく、病室の前で用意してたセリフを読みながらの説得しようとする芝居には笑った。

佐藤二朗はあの顔とキャラを生かして、ある意味ワンパターンなキャラが多いけど、自分のポジションでの芝居だから難なくこなしててよかったですね。むしろ、前クールのわたしたちの教科書での芝居を評価したいかな。

で、そんな良い脇役を迎えながらも、相変わらず大して面白くも無い本筋。恵美がお見合いを承諾した時点で、胸が原因で断られるのも見えてたしね。

相手が男前じゃない不細工とかデブとかの方が良かったんじゃないかなぁ。その方が胸が無いことをより強調できたと思うけど。それじゃ、あまりに可哀想か・・・。

それにしても、赤座美代子は変わったなぁ。昔は艶っぽくてそそられたお姉さん女優の一人だったのになぁ。まぁ歳だからしょうがないけど、少なくとも1年以内に何かのドラマで観た時には、そう感じなかったんだけどなぁ。漁師の役っていうことで、メイクが違ったのかな。

時の描片~トキノカケラ~(DVD付)
主題歌:時の描片~トキノカケラ~(DVD付)/EXILE

山おんな壁おんな 1 (1)
原作:山おんな壁おんな 1 (1)/高倉あつこ

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

期待はしてなかったけど

1話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

う~ん、なぁ~んか微妙ですねぇ。画面のトーンは判るんですが、イマイチ緊張感が伝わってこないのはなんなんでしょう。陣内孝則は久々の硬派なやくで力が入ってるのか、“カッコつけてまぁ~す”的な芝居の感じがするし・・・。まぁ、まだ1話目だから、今後どのような展開になっていくのか判りませんが、つかみはOKという感じではありませんでしたね。

オリジナルで、しかもシリアスな刑事物ってことで秘かに期待してたんですけど、ドラマのテンポが良くないんでしょうか。宇佐木玲子(米倉涼子)がSIT(Special Investigation Team)にこだわる理由が伏線として残されてるし、連続殺人犯の真里谷恭介(城田優)との関係もそうですよね。

宇佐木はネゴシエイト術を独学で習得して、かなり優秀だと思われるところを今回は描いてたから、一課で孤立している中でその力をどう発揮していくのかってところが当面の興味ですかね。

桐沢(陣内孝則)に「お前は対外的なお飾りに過ぎない」と玲子は言われたけど、このドラマでは、玲子の友人役をやっている安めぐみこそ、お飾りのような気がします。彼女に見せ場は作られるんでしょうかね。

筧利夫高橋克実笹野高史伊武雅刀大杉漣と、いい役者を揃えてるので、宝の持ち腐れにならない事を祈りますが・・・。あ、脇にいい女優がいないんだ・・・。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

今回は少し緊張感があったかな

4話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

やっぱ爆弾っていうのは、少しは緊張感がでるもんですよね。でもなぁ、タイトルが「爆発まで9秒のトリック!?」って事だったけど、トリックじゃないよねぇ。ストーリーも途中までは良かったんだけどなぁ。

大体、玲子(米倉涼子)の行動が解せない。伊豆田(内倉憲二)が犯人であろうとあたりをつけたのはいいが、導線の殆どを切断してしまうというのはどういうことだろうか。本人がここにいるから爆発は無いと踏んだのか。

伊豆田は自分で作った爆弾だから解除の方法は判るけど、爆弾が偽物だという保証は全く無い。犯人の目的が処理班への挑戦で、その犯人が伊豆田だと判っても、あの行動はあまりにも早急すぎる。

伊豆田がこの犯罪を思いつくきっかけになった事故を事前に知っていたならともかく、そうじゃないはず。それこそあまりにも勝手で自己満足な行動だと思ったのは俺だけだろうか。

それとラストのあたりで、甘利(高岡蒼甫)が留美子(安めぐみ)に言っていた「もう少し教えてよ。宇佐木さんの過去を」というセリフ。え~っ?普通そんな訊き方するかなぁ。あまりにも“お芝居です”的なセリフで、ホン屋の感性を疑ってしまった。

さてそれとは別に、玲子が交渉班にこだわってる理由には桐沢(陣内孝則)、木崎(筧利夫)、長谷部(鈴木浩介)、墨田(笹野高史)らが、何か鍵を握っていそうですね。どういうオチを持ってくるのやら・・・。

黄金魂
主題歌:黄金魂/湘南乃風

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

暗号だらけ

5話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

まぁ、暗号って言うかナゾナゾみたいなもんですが。まず、美沙子(石原さとみ)が合コンで会った権藤正一郎(笹野高史)から言われた、お宝がのヒントの半分がこちら。

・信者に出来て僧侶に出来ない
・白米に出来て玄米に出来ない
・次女に出来て長女に出来ない
これプラス、テストと称されたところで、美沙子が見つけた壷に赤文字で書かれていた「白」と「木」。

そして正一郎の母・布由(草村礼子)からは
・口は入れるが鼻は入れない
・耳は入れるが目は入れない
・木は入れるが水は入れない
そこが開く時、中にあるものは?

これらは全て漢字のナゾナゾみたいなもんで、解いたのは真一(山本裕典)、明(木村了)、善雄(永山絢斗)の三人組。

前者はそれぞれの漢字を組み合わせると別の漢字になる。信+者=儲、白+米=粕、次+女=姿となり、後者は全て門構えの中に入る漢字。なので「開く時に中にある」のは、鳥居の記号。まぁ、それはすべて、強欲な連中を誘い出す罠みたいなもんだったけど。

正一郎の姉・弥生(山本陽子)が、強欲な花嫁候補を殺していったということでしたが、てことは、これまでも随分と殺してきたんでしょうかね。草村礼子は、いつも上品なお婆ちゃん役が多いのに、今回みたいなオドロオドロしい役は珍しいです。

“結婚すれば、宝のナゾは自ずと解けるようになっている”というオチは“子宝”っていうことで、チャンチャン♪ってな事でしたが、今回、結構ナゾナゾがテンコ盛りな感じで、観ていて楽しめました。毎回、思ってましたが、あの女子高生3人組って必要ないと思うんでけど。何の役にも立ってないし、いなくても十分ストーリーは成立してるし・・・。

MOON
主題歌:「Moon Crying」収録シングル:MOON/倖田來未

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

ただの潜入刑事(笑)

4話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

前回もその印象は薄かったけど、今回は全く交渉なしで、ただの潜入刑事と化してしまいました。嫌いじゃないから毎回観てる、っていうか、期待してみてるんだけど、ど~も毎回突っ込まざるを得ないよなぁ。

人質立て篭もり系の事件は、もっと面白く作れたような気がする。矢島学(平山浩行)が志村綾乃(南沢奈央)を伴って入ったレストランにいた客たちの、それぞれの過去や現状を1時間枠のドラマでは詰め込めないまでも、もう少し何かキャラ的な部分があってもよかったかな。

キャラという部分では、平山浩行が作っていた(作らされていた?)“ストーカーのちょっと変な男”の芝居は何だったんでしょうね。玲子(米倉涼子)に取り押さえられ、綾乃が気持ちを吐露したシーンではそのキャラが無くなっていた様な・・・。

矢島学が“爆弾を持った変な男”として演じていたのを平山浩行が演じたのかとも思ったんだけど、取調べでは“ちょっと変な男”キャラの片鱗が見えていた。奇をてらった芝居だけで、中味のない薄っぺらな芝居ならやらなきゃいいのに・・・。

それと、以前にも書いた記憶があるんですけど、綾乃が姉の雪乃(有坂来瞳)を刺したシーン。何で痛がらないのかなぁ。何も心の準備が無い時にどこかに体をぶつけたり針が刺さったり、どこかを切ってしまった時って、少なくとも「痛っ!」くらいの声が出たり顔が歪んだりするはず。

そりゃね、演出上、“はっ!”とした表情の方がドラマティックなんだけど、顔をさほど歪めるでもなく、痛いって言うわけでもなく、刺された所を触って手についた血を確認してから悲鳴を上げるってのは、もういいんじゃないの?優作さんの「なんじゃあ、こりゃあ!」とは芝居の流れが違うんだからさ。そういう演出をする演出家って才能ないよなぁ。

それと、墨田(笹野高史)の“ストックホルム症候群”の説明ゼリフ。一気にあそこで、そこまで説明しなきゃならんかね。ストックホルム症候群の説明は特に無くても良かったとは思うけど、説明するにしてももっとスマートなやり方ってあるでしょうに。

玲子が潜入した時だって、あれだけ堂々としたバイトのウェイトレスに不信感を抱かない矢島も不思議だったし、玲子ほどの腕があるなら、矢島の胸ポケットに入ってるリモコンを他の客に料理を運ぶ振りして、後ろから羽交い絞めにして取り上げるくらいはできそうなもんだけど・・・。

大体、ウェイターは何故逃げられたんでしょう・・・。まぁ、あれやこれやツッコんでもキリがないんですけど、ホン屋さんも演出家も、もうちょっと真面目に作って欲しいなぁ。とかいいつつ、次回も観ちゃうんだけどね(笑)

交渉人 THE NEGOTIATOR 2 (米倉涼子 主演) [DVD]
交渉人 THE NEGOTIATOR 2 DVD-BOX

My Style
主題歌:My Style/傳田真央

交渉人~THE NEGOTIATOR~ [DVD]
交渉人~THE NEGOTIATOR~ DVD-BOX

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

左サイドMenu

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

テレビドラマデータベース

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
31位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキングパーツ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

バロメーター

メールフォーム

ご意見があればお気軽に♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon検索

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

プロフィール

crescent

Author:crescent
小さい頃からTVっ子の
タダのおっちゃんです^^;

好きな役者
 日本:松田優作 萩原健一
    樹木希林 渡辺謙
    大竹しのぶ など多数
 海外:アル・パチーノ
    メル・ギブソン
    ロバート・デ・ニーロ
          など多数
好きな人たちは↓の記事に列挙してます。「ついでという訳ではないですが」

嫌いな役者
 好きじゃないのはいますが、
 基本的に嫌いなのはいない

好きなミュージシャン
 BON JOVI 長渕剛
 Southern All Stars
 浜田省吾
          など多数

好きな芸人
 明石家さんま 島田紳助
 上岡龍太郎 ダウンタウン
 ビートたけし 島田洋七
          など多数

好きなスポーツ選手
 辰吉丈一郎 清原和博
 イチロー 川島郭志

好きなペット・動物
 犬 海豚

好きなこと
 2度寝

好きなモノ
 煙草(Winston)
 ジンギスカン

嫌いなモノ
 自分の事が大嫌い!


右サイドメニュー

エアカウンターS

スリム軽量タイプの放射線測定器

エアカウンターS
エアカウンターS

スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!

緊急オンライン署名 「スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」 日本全国「お客様の声」

緊急災害募金

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

翻訳Leggero

時計








人気ページランキング


blogranKing.net

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー

ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析 ゲーム