レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO

ノン・ジャンル

PrisonBreak Season2(14話以降)~Season5のあらすじ、24 Season6のあらすじあります。メインはTVドラマ。他に映画・音楽などのエンターテインメントやTV観戦したボクシングの感想、その他の雑感です。

User Tag [木村拓哉 ]を含む記事一覧

う~ん、木村拓哉

今日は見たいTVも無く休みだったんで、一気に2本観てしまった。

●THE MYTH/神話
軽いSFな感じにファンタジーと少しの恋愛を描いてるんだけど、
う~ん、どーなんでしょーねー。
ジャッキー・チェンの見せ場はあるんだけど、やっぱ
演出や構成がイマイチですねぇ。

キム・ヒソン(kim hee seon 金喜善)は初めて見たけど、
こりゃかなり美人っすね。やっぱ韓国人は美人が多いッす。
この手のファンタジックストーリーは嫌いじゃないんだけど、
やっぱジャッキーに期待するものは違うんだよね。
まあ随分前から本人は、アクションから引退したいと
言ってるだけあって、キレがもう随分と無くなってきてるもんなぁ。
そりゃ普通の50代よりは全然いけるんだけどね。
でも、アクション引退してハリウッドで活躍できるかなぁ・・・。

ハウルの動く城
やっと観ました^^;
逆にこっちにはファンタジーを求めてたんだけど、
宮崎駿作品にしては、ちょっと期待外れかなぁ。
紅の豚以来、あんまり面白いとは思わなかった。
それにしてもキムタク、馬脚を露わしたというか、
ちょっとヤバイよなぁ。
ドラマ見てる分には、役柄を木村拓哉に近づけてるというか、
木村拓哉でやっているから、他の人が言うほど下手にも見えないし
不快に感じたことは無い。そういう役者だと思ってるし、
TV局側もそういうのを求めてるんだろうから。

でも今回は声優だし、木村拓哉では演じられないから、
ある意味ウデの見せ所なんだけど、これが下手で下手で・・・。
彼は違うキャラクターを演じることが出来ないんだろうな、きっと。
宮崎駿も失敗したと思ってるんだろうなぁ。
役者としては違う役柄に挑戦したものを見せて欲しいんだけど、
視聴率主義のTVじゃ無理だろうね。

かといって、これから公開される映画もおそらく、
よく言えば“キムタク色”で出来上がってるんでしょうね、きっと。
山田洋次監督も何を思ったことやら・・・・・。
キムタクも暫くは昔の田村正和のように同一カラーで
やっていくしかないね。
役者としてそれでいいのかどうかは、本人が決めることだし。
ま、ジャニーズにいる間は安泰かな。

あ、でも俺嫌いじゃ無いっすよ。寧ろ好きですよ、
木村拓哉という役者は。


バナー



関連記事

1月期のドラマ

俺が見そうな時間帯のドラマの発表が
漸く出揃いました。
その中で見るであろうドラマをPick Upします。

SUN
 TBS 21:00
華麗なる一族
  原作:山崎豊子
  脚本:橋本裕志
  出演:木村拓哉・鈴木京香・北大路欣也・原田美枝子・
     柳葉敏郎・西田敏行・武田鉄矢・津川雅彦 etc

他にも若手などの出演者を考えると、とても連ドラとは思えない
豪華な布陣。2クールやってもいいぐらいですね。
これは見るでしょうね、当然。
ただ、物語を考えると、やはり主役であるキムタクが不安。
これまでの延長線上のキャラでしか演じられないのは見えている訳で、
ある意味期待はずれではある。
ただ、視聴者は極端なキャラ変更のキムタクを求めていない筈なので
前にも言ったように、田村正和の様に、暫くはこのままでいいかも。


MON
 TBS 20:00
浅草ふくまる旅館
  脚本:横田写志ほか
  出演:西田敏行・賀来千賀子・辰巳琢郎 etc

これはダークホースで、普段は見ない時間帯。
西田敏行主演で人情物といえば、池中玄太80キロを
思い出さずにはいられないわけで、どうしても期待してしまう。
芝居は文句無く巧い訳なので、1~2話で様子を見て、
最後まで見るかどうかを決めますかね。


 フジ 21:00東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
  原作:リリー・フランキー
  脚本:???
  出演:速水もこみち・倍賞美津子・泉谷しげる etc

先日のSPドラマを見てしまっているので、どうなんでしょうね・・・。
しかも速水もこみちを主役にするってのは、ややヤバメかなと・・・。
ただ、これの映像化の順番を間違えているような気がする。
SPドラマ→連続TVドラマ→映画の順に公開となるんだが、
特に、映画化するんであれば、SPドラマ→連続TVドラマは
必要ないんじゃないかな。しかもSPドラマ→連続TVドラマまでの
空き間隔が短すぎるし。

当初、SPドラマは7月に放送予定だったけど、
元極楽とんぼ・山本圭一が不祥事を起こして延期なったとは言え、
それにしても短いんではないかと・・・。

しかもどう考えたって、連続TVドラマの方が丁寧に作れる訳だから
この間隔で作るなら、SPドラマor映画のどちらかを先にして
連続TVドラマを作るのがBestだと思う。
アンフェアとかみたいに「連ドラの続きは映画で」っていう手法なら別だけど。

そして何よりもヤバイと思うのが主演でしょうな。
もこみちにこの手の芝居が出来るとは考えにくいところ。
SPは大泉洋、映画はオダギリジョーだから普通に見られるが
速水もこみちではレベルが違いすぎる。
視聴率を稼ぎたいなら、尚更誤ったキャスティングだね。
完全に原作に依存している感が否めない。
見比べるなら、オカン役とオトン役がどう演じているかだろうなぁ。
これらの役はそれぞれ皆上手い役者さんを揃えてるからね。

因みにメインの役はこうなってる。

ボク
 SPドラマ 大泉洋
 連ドラ  速水もこみち
 映画   オダギリジョー

オカン
 SPドラマ 田中裕子
 連ドラ  倍賞美津子
 映画   樹木希林

オトン
 SPドラマ 蟹江敬三
 連ドラ  泉谷しげる
 映画   小林薫

あとは彼女役が誰かだね。SPでは広末涼子で映画では松たか子だから
ここでもキャスティングに失敗したらこのドラマはヤバイかも。
広末涼子は相変わらずブスなのでどうかとも思ったけど・・・。

とはいえ、リリー・フランキー氏は年代も同じで、しかも
優作さんの大ファンとあって共通点は多々あるし、
やはり"習慣"で月9は見ちゃうかなぁ・・・。


TUE
 フジ 21:00
今週、妻が浮気します
  原作:GoAhead & Co.
  出演:ユースケ・サンタマリア・石田ゆり子・ともさかりえ
     沢村一樹・江波杏子・西村雅彦

これの原作が話題になった頃、ネット上で全部読んだけど、
なかなかリアリティがあって(というか実話らしいけど)面白かった。
OK WAVE(当時はOK WEB)の掲示板でのやりとりなんだけど、
夫婦って何?というか、結婚って何?っていう印象が残ってる。
原作のまんまドラマ化されるとしたら、夫婦・結婚・恋愛について
あらためて考える人が多くなるかもね。
俺は決まった相手(彼女とかね)がいるなら、浮気は自分にも
相手にも許さないし、そうなるなら絶対に別れるけどね。
1度やったら、もう相手を信じる事なんてできないし、
まず、1度やった奴は2度3度とやるのはほぼ間違いないと思ってるから。
てなことで、このドラマもおそらく見るでしょうね。



 フジ 22:00秘密の花園」(仮)
  脚本:永田優子
  出演:釈由美子・堺雅人・池田鉄洋・要潤・寺島しのぶ・真矢みき etc

う~ん、ってなキャストですなぁ。この枠では、キー局ではなく
関西テレビ制作でこれまで面白いドラマを作ってるだけに、
キャストだけで一蹴するわけにはいかず・・・。
取りあえず1~2話で様子見ですね。


WED
 日本テレビ 22:00
ハケンの品格」(仮)
  脚本:中園ミホ
  出演:篠原涼子・加藤あい・小泉幸太郎・大泉洋 etc

ノッてる篠原涼子で、脚本からしてanegoの続編的な匂いがするけど、
この枠も中々面白いドラマを制作しているので、少しだけ期待。
まぁこれも1~2話を様子見かな。


THU
 TBS 22:00
きらきら研修医
  原作:織田うさこ
  脚本:荒井修子・徳永友一
  出演:小西真奈美・ウェンツ瑛士・生瀬勝久・加藤雅也・原田芳雄
     りょう etc

同名のブログが元になっているが、このブログ、読んでみると
中々面白い。よく見つけたよなぁ~~~。
医療業界とのしがらみ無しで描ければ面白くなるかもしれない。
ただ、小西真奈美は芝居が上手いのは解ってるが、弱い気がする・・・。
ホンさえよければ面白そうなので、3話くらいまで様子見かな・・・。


 フジ 22:00拝啓、父上様
  脚本:倉本聰
  出演:二宮和也・高島礼子・梅宮辰夫・高橋克実・岸本加世子・
     八千草薫・黒木メイサ etc

これ、出演者や舞台となる料亭というシチュエーションを考えると
どうみても「前略おふくろ様」の続編的な感がありますなぁ。
二宮和也は色々と評判がいいようだけど、当時のショーケンには
まず勝てない程度の芝居しか出来ないと思う。
とはいえ、倉本聰である。見ちゃうだろうなぁ~・・・。


FRI
 テレビ朝日 21:00
わるいやつら
  原作:松本清張
  脚本:神山由美子
  出演:米倉涼子・上川隆也 etc

米倉主演による、松本清張シリーズ第3弾。
前2作はまぁまぁ面白かったけど、見るとしても流し見かも・・・。


 テレビ朝日 23:15特命係長・只野仁」Season3
  原作:柳沢きみお
  脚本:尾崎将也ほか
  出演:高橋克典・永井大・桜井淳子・梅宮辰夫・蝦原友里
     三浦理恵子・田山涼成 etc

テレ朝はこれが一番面白いでしょう。馬鹿馬鹿しくて
リラックスして見られます。それにしても殆ど年齢の変わらない
高橋克典のアノ身体は羨ましい・・・。


SAT
 日本テレビ 21:00
演歌の女王
  脚本:遊川和彦
  出演:天海祐希・原田泰造・高畑淳子・酒井若菜・段田安則 etc

なるほど。女王の教室にあやかろうってな訳ですな。
脚本家は好きだし、天海祐希も安心して見られる女優なので
これは見るでしょうね。


え~っと、これら全部を1クール見るとすると、
1、2、・・・11本もあるのかぁ_| ̄|○
まぁいくつかは脱落するだろうけど、にしても多いか・・・。


バナー



演出もいい

僕の歩く道


これまでの“僕シリーズ”3部作の中で、草剛
1番のハマリ役じゃないでしょうかね。

草剛がいくら化けたとはいえ、芝居が特段上手いわけじゃない。
顔のつくりのせいか、元々表情に乏しい感じは否めない。
初主演作の「いいひと」以降、「TEAM」「フードファイト 」
「スタアの恋」「恋におちたら」と主演作はいいホンと
いいキャラクターに恵まれていた。
というよりも、演じる役のチョイスがうまかった。

SMAPの中では、一番いいチョイスをしているのではないかな。
中居正広は中味が薄いし、木村拓哉は役柄がほぼ同じ、
稲垣吾郎は滑舌が良くない、香取慎吾は西遊記以外は
個性にあった役をやれてない・・・。
なんて言いつつ、彼らSMAPは嫌いではなく、むしろ
好きなので、彼らのドラマはついつい見てしまいます(笑)

でも確実に、この「僕の歩く道」で役者の株を上げたのは
間違いないでしょうね。役者ならあの程度の役作り
おそらく殆どの役者が可能なはず。
ただ、役者本人が持っているキャラクターと一致してたからこそ
相乗効果で2倍にも3倍にも上手く見える。
役者・草剛本人もこの作品で、また一皮向けたよね~。

それにしても、自閉症という難しい題材を、しかも連ドラで、
草剛でっていう選択をした関西テレビは天晴れだ!
このドラマも最終回まで見逃せない。


バナー


関連記事

久々のキスイヤ!

キスイヤ

ヤラセだ何だと言われてる番組ですが、バカップルを笑ったり
見てると腹が立つ事が多いんだけど、ホントにいい話があって不覚
にもウルっときたする事があるので、このキスだけじゃイヤッ!
好きな番組の一つだった。
司会が島田紳助じゃなければ面白く無い番組でもある。

大体この手の番組には、かわいい子や美人はまず出て来ない。
出て来ても頭が悪い子が殆ど。男も情け無い連中が殆どなんだけど、
イマドキの若者の生態を知るにはいいかな、と。

で、1組目に今の彼女と結婚したいという男3人が登場。
まぁ見事に彼らの彼女は3人とも不細工なんだけど、不細工の上に
自分を省みずに勝手な事をぬかすわけですよ。

1人目の彼女。まあ高校生だから目移りは仕方ないと思うが、
「飽きた」って・・・。

2人目の彼女。大学生にもなって自分を省みず「私にはもっといい
人が現れる」だとか「いい人が現れるまで付き合う」だとか、
信じられない言葉を吐く。ヾ(・∀・;)オイオイ何でお前が上から
モノを言えるねん。何様や!?思われている内がハナだぜ。
そういう性格のバカ女にはいい人は現れませんよ。

3人目の彼女。高校時代から5年も付き合ってるので、結婚はしたい
というものの、隠し事がヒドイ。キャバ嬢をバイトでやっていたと
いうのはまだしも、半年のイギリス留学中にイギリス人の男を作り、
彼女は法曹界に行きたいにもかかわらず、浮気相手が早稲田にいた
ため、彼がいる大学の法学部に受かっていたのに落ちたと彼に告げ、
浮気相手が早稲田にいるという理由で、法曹界とは関係ない
早稲田の商学部に入学。

その早稲田、実は彼は推薦で早稲田への進学が決まっていたのに、
彼女が「自分だけいい大学に行くのはズルイ」と言ったため、彼は
早稲田へは行かず、彼女のレベルに合わせた大学へ進学した(情け
無い男や・・・)というのに・・・。更に今年の春にも同じ大学の
男と浮気

そして言い放ったセリフが「こういう私だと知った上で、私を
好きだというなら、私のことを選んでほしい」だと。
バカかこの女。この女もあくまでも自分は上だと思ってやがる。
当然、収録後に彼は付き合えないと言っていた。ところが・・・。

2人で話し合いのシーン。まず「ごめんね」と明るく笑って謝る
バカ女。そして「軽はずみでやったわけじゃない。事情があった」
などと言い、「精神的に辛かった。あんたに言われた言葉がショッ
クだった」と泣きはじめ、結果的に彼は彼女に謝り、今後浮気
しないという言葉をもらうと彼女を許し、付き合いを続けるらしい。
はぁ~、情け無い男だ。1度ならず3度も浮気した女は、絶対に
浮気をしまっせ。100%します。まだ隠している事だって有り得る。
かわいそうな彼氏ですねぇ・・・。っていうか、バカな彼でした。


最初のが長くなったけど2組目。
親友の彼女を好きになった男のその後。
彼は当時親友の彼女に告白するもフラれてしまい、その後は親友
とも疎遠になってしまった。
最初に登場したのは、その親友のカップル。その親友は彼女と
結婚して子供が生まれるらしいというところで、主役の登場。
なんと、親友の彼女なんてメじゃ無いくらいのかわいい女の子と
登場してきた。っていうか、その親友の彼女は全然かわいくないん
だけどね。近藤真彦の歌じゃないけど、まさに「ふられてBANZI」
って感じでした。今日登場した女の子でダントツでかわいかった。


3組目。自分の彼氏が自分の親友と浮気してるんじゃないかという
女性が登場。出演当時その親友が登場し、付き合ってると告白。
まぁ、彼は趣味が悪い。最初の彼女よりかわいい子ならともかく、
どっちも不細工やん(笑)しかも全くいい男でもない癖にかなりの
自信過剰なバカ彼氏。結局2人とも男と離れられずにいたらしい。
バカ3人はどうでもいいので次へ。


4組目。27歳、韓国人女性の日本語学校教師と19歳の男の子。
出てきたのは、その韓国人女性。一青窈に似てる感じ。
彼は今年の夏にアメリカ留学という事と、女性側はやはり国籍や
歳の差もあり一旦は別れる決意を話すものの、結局はヨリを戻す。
彼がアメリカに行った頃は電話やチャットを毎日のようにしていた
ものの、最近は面倒くさがっている様子。

そこに現れたのが、以前から彼女の事を想っており、彼女的には
“お兄さん”的な存在の韓国人で31歳の同業者。
これがまた人が良さそうな感じのいい人。それでも彼女は彼を
諦められず、アメリカへ飛んだ。
まぁ、19歳だからねぇ。遠距離恋愛は無理なんよ。しかもあの頭の
悪い喋りっぷりとルックスからしても、それは想像に難くない。

彼女が求婚されてる事を彼に告げても、彼は「それはダメ」とは
言うものの、「お前が好きだから」「俺がお前を幸せにする」と
いうセリフすら出てこなかった。彼女が彼に厳しい言葉を吐いても
彼女はその類の言葉を待っていたのは明らかなのに。

彼女が帰国後、韓国人の男性が彼女を呼び出すシーン。
彼は彼女にプロポーズをする。が、このシーンには「?」がつく。
お互い韓国人同士なのに、会話は何故か日本語。
だからヤラセとか言われちゃうんだよ。まぁ、スタッフから
「日本語でお願いします」と言われてたのは確実でしょうけど。
まぁそれはいいとして、彼女の回答はやっぱり「No」だった。
韓国人の彼を男として見られないんだそうだ。
彼も「彼女が決める事だから自分は何も出来ない」なんて
言ってたくらいだから、俺と一緒で“押し”が弱いんだよなぁ。
いや、俺より押しが弱いかな。いい人なんだけどねぇ。。。
彼女は19歳の彼と暫くは続ける決意をした模様。
先の不幸が見えるだけに何とも言えない感じでした。


最後の5組目。ソロモン諸島の“シンデレラ”という名の黒人の
21歳の女性と結婚したNPOに務める29歳の日本人男性の
夫婦が登場。
出会いは3年前で、しかも1ヶ月で結婚したらしい(*_*)
結婚後東京に来て老人ホームで働きながら、旦那の母と一緒に
暮らしてるらしいが、夫はソロモンで働いてるんだって。
彼女の好きな芸能人は木村拓哉っていってたんで、やっぱり
カッコいいのは世界共通なんですね。
ちょっと驚いたのは、結婚して2年ほどにもかかわらず、発音は
そこそこだけど、日常会話以上の日本語を話せるのと、旦那に
ひらがながメインだけど、一部にカタカナや漢字を交えて手紙を
書けていたこと。この女性、頭も性格もいい。


感動できそうなのは最後の5組目だけだったけど、イマイチ
感動まではいかなかったな。
でもこの番組は今後も続けていってほしいなぁ。
キスイヤの後番組の芸恋リアルは1~2度見たことがあるけど
つまらなさすぎる。是非ともキスイヤを復活させて欲しいもんだ。
出てくれるカップルを探すのは大変でしょうが、読売テレビさん、
お願いします。あ、ヤラセはやめてね(笑)


バナー


関連記事

笑顔が好きなのよ

アテンションプリーズ

2006年4月期のドラマだった上戸彩主演のスペシャル版。
っていうか、スペシャル作るくらい視聴率良かったっけ?
と思ったんで調べてみたら、平均視聴率16.4%、最高視聴率19.2%だった。
なぁ~んて、かくいう俺も観てたわけだけど(^^ゞ

でも、ストーリーが面白くて観てたんじゃなくて、上戸彩の笑顔を見たくて観ていた様なもん(*´∀`)
「元気ハツラツぅ?」な笑顔が好きなんだけどね。
今頃だけど、上戸彩って意外と巨乳なんですな(*^^*)
あ、別に俺はオッパイ星人じゃないっすけど。

1970年に紀比呂子主演でやっていた同名タイトルのTVは、再放送かリアルタイムか覚えて無いけど、観た記憶はある。
でも内容はさっぱり覚えてない(*_*)

どちらにしても、日本航空(JAL)がイメージアップを図るのに協力していたいたわけで、他にも「スチュワーデス物語」「トップスチュワーデス物語」「スチュワーデスの恋人」「スチュワーデス刑事」などもそうだ。

因みに全日空(ANA)はっていうと、木村拓哉が主演した「GOOD LUCK!!」以外に記憶がありませんが・・・。

で、この「アテンションプリーズ」は、主人公が成長する物語というベタな設定なんだけど、こういう青春モノって何故か観ちゃうんだよね。

上戸彩の同期役で、愛撫が先、、、いやいや相武紗季も出てるけど、出番が少なすぎでしたね。チト残念。

小泉孝太郎は本当に1歩ずつ階段を登ってるっていうか、今回のナンパな男でズッコケ(←え?表現が古い?)な役も「上手い!」って程じゃ無いけど、そこそここなせてるのが好感を持てますね。

ワンシーンだけだったけど、浅野和之はホントに上手い役者だよなぁ。
野田秀樹が主宰の夢の遊眠社の芝居は2回しか観た事が無いけど、その中でもあんまり印象に残って無かった。
ん~、脱帽する役者の一人ですね。

ところで、原田夏希演じるリサのドーラン、最初に登場してきた時と婚約パーティーのシーン以降は、色が薄くなってるよね???

バナー



関連記事

金かけてんなぁ~~

華麗なる一族

10月にクランクインしてるくらいだから、かなり丁寧に作られていますね。
確か最初は去年の10月スタート予定だったはずだけど、多分、「武士の一分」を最優先させたから、この時期になったと思われますが・・・。

ここ最近の日曜劇場枠では考えられないくらいの重厚な作品ですね。
まぁ山崎豊子の原作だからそりゃそうか。

でもその原作は、上巻・中巻・下巻に分かれてて、全部で1700ページに亘るくらいの超大作なのに、それを全10話で描こうとしているんだろうか。脚本家の腕がかなり問われそう・・・。

華麗なる一族〈上〉    華麗なる一族〈中〉    華麗なる一族〈下〉
華麗なる一族〈上〉     華麗なる一族〈中〉     華麗なる一族〈下〉

重厚さは作品だけじゃなくキャストもそうだ。
脇役とはいえ重要な役どころに主役をはれる役者陣を配置してる。

羅列すると、北大路欣也・鈴木京香・原田美枝子・武田鉄矢・西田敏行柳葉敏郎・笑福亭鶴瓶・仲村トオル・西村雅彦、その他にも津川雅彦・山本耕史がおり、ベテランバイプレーヤーである平泉成・矢島健一らを配しているくらい、まさに一部の隙も無いといっても過言ではない。

内容も勿論厚みがありそうなんだが、木村拓哉の貫禄不足がネックになるかもしれない。周りが凄すぎるせいか、ちゃんとした“大人”に見えないのである。

それと、彼が努力家で芝居に対しては真面目である事は知られているが、基本である「滑舌」がしっかりしていない。
これまでの役柄は、等身大のアンチャンだったから良かったが、この物語は1960年代後半である。勿論、当時の30歳代の全員が「滑舌」が良かったわけではないけど、その時代と大金持ちの万俵財閥の長男を表現するには、もう少し根を張った芝居をしてもらいたい。今回は北大路欣也に師事するといいと思う。期待していただけにチョット残念。
ガンバレ!キムタク!

もう一人残念だったのは、同じく万俵財閥で木村拓哉の妹役をやっている相武紗希だ。畏まる事を意識しすぎてるのか、セリフが棒読みだった。吹石一恵のほうが全然良かったもんね。

西田敏行が演じる衆議院議員・大川の役作りは、白い巨塔の財前又一に通じるモノがあるように感じたのは俺だけかな。

華麗なる一族の物語自体は面白そうだからリタイアする事は無いんで、いい展開である事を期待したいですね。

あー、そうだ。役者じゃないけど2点の失敗があったように思う。
1つは木村拓哉演じる鉄平の祖父の肖像画。戸籍上は祖父になってるが、どうやら本当の父親という事なんだろうから、モデルは木村拓哉に間違いないんだけど、あれじゃあ木村拓哉の似顔絵をイタズラで老けさせただけにしか見えない。何となく似てるだけでいいのに、そのままっていうのはどうよ?演出家がよくOKを出したよなぁ。

それともう一つは、“将軍”と名づけられた鯉。
そりゃ犬などの動物と違って、魚は思い通りに動かないのは解るけど、その鯉をアップにしたのは間違いだった。泳ぎが機械そのものじゃん。
鉄平の父が、鉄平を自分の子ではなく自分の父親の子であると確信する大事なシーンなのに、あれは興ざめする。何とかならんかったのかなぁ。

そういえば木村拓哉の主演ドラマって、ビューティフルライフ以降、なんで1月期か4月期に集中してるんだろ?ここ5~6年は7月期や10月期の連続ドラマが1本もないもんね。
夏は噂されてるニオイがキツクなるからか(笑)

バナー



関連記事

ふむぅ~

華麗なる一族

やっぱりこの役は木村拓哉にはハードルが高かったか・・・。
芝居は別に悪くは無いんだけど、やっぱり“見た目”が足を引っ張ってる気がする。こういう時は若く見えるってのはかわいそうだな・・・。

これまで華麗なる一族は、TVでは'74に加山雄三(当時37歳)、映画では同じく'74に仲代達矢(当時42歳)が万俵鉄平を演じてるので、見比べたくなった。原作を読んで無いから鉄平の年齢設定は判らないし、加山雄三仲代達矢が演じた年齢設定も判らないけど・・・。

華麗なる一族
映画・華麗なる一族('74年1月公開)

役者は役柄に見えてナンボ。勿論、芝居が下手では話にならないけど、木村拓哉はそれをクリアできてるだけに惜しいと思う。
撮影自体は昨年の8月にクランクイン、木村拓哉が参加したのは前にも書いたように10月。しばらくはその頃の芝居で進んでいくと思うんで、
あとは木村拓哉が芝居でこの役をどうするのか見守って行きたい。

で、話はさすが山崎豊子原作だけあって面白い。
華麗なる一族〈上〉    華麗なる一族〈中〉    華麗なる一族〈下〉
華麗なる一族〈上〉     華麗なる一族〈中〉     華麗なる一族〈下〉
鉄平の融資の件を100%呑まなかった親父の判断は、個人的感情も無くは無いだろうが、現状を考えれば経営者としては正しい判断だと思う。
ある意味、鉄平の方が甘えていた感がありますね。

ところで、鉄平は元カノ(稲森いずみ)に振られたと思ってたという解釈でいいんだろうか。鉄平の性格からすると、横槍が入ったと知った時点で、反発しそうだもんね。
横槍が入っていた事実を知ったからには、今後は妻(長谷川京子)との関係にも注目せざるを得なくなってきますね。

いやぁ~、それにしてもホントに贅沢なキャスティングっすねぇ。
主役連中がピンポイントでしか出てこないんだから。
セットもキャストもこれだけのものなんだから、TBS的には失敗できない作品になってるというプレッシャーも感じます。

やっぱり金持ちに生まれるってのは、今でも色々としがらみがあるもんなのですかねぇ。そんなところに生まれてみたかったなぁ~。
あ、でも、3P好きな親父を持ちたくは無いですけどね(笑)



バナー

関連記事

本人はどう思って観てるんだろう

3話

物語の重厚感にも、興味を惹く内容にも何も文句は無いですが、
主役の木村拓哉が足を引っ張ってる感は否めませんかね・・・。
10月から撮影されてるわけだから、おそらく3分の2は撮り終えてると思われるので今更修正というわけにもいかないだろうが、役の年齢にしては幼稚にしか見えない。

前にも書いたが、ジャニーズ事務所の連中の最大の欠点である“子供っぽさ”が木村拓哉も例外では無いという事なんでしょうね。
これまで、“何をやってもキムタク”と言われてしまっていたのを覆せるんじゃないかと期待してただけに残念ではある。
今回の鉄平役が、これまでのキムタク色という芝居じゃ無くそうとしてる感はあるんだけど、打破するまでには至ってないって感じ。
若く見えるルックスも邪魔してるし、滑舌がしっかりしていない(特に今回の第4話は酷かった)事が大きな原因じゃないかな。
俺は木村拓哉はもっとできる役者だと思ってるんだが・・・。

万俵家ではある意味アウトローな立場にある鉄平だけど、父を越えそうな凛とした感じがイマイチ出せていないのは何だろうか・・・。
銀平役の山本耕史も童顔ではあるけど、滑舌もしっかりしているしクールな感じは出ている。役作りの差か!?

今回からの登場となった山田優も、ルックスは好きなんだが、力不足過ぎて観ていて辛くなる。まぁそんなに出番は無いんだろうが・・・。

メインキャストの中で、北大路欣也は別格として、一際いい味を出しているのは何といっても鈴木京香でしょうね。文句ないです。

でもこれだけの大作を、何故TBSは1クールでの企画としたんだろう。
2クールやっても、いや、2クールやれるネタだと思うんだけどなぁ。
そりゃあ、木村拓哉のスケジュールを半年以上抑えるのは出来ないだろうけど、中途半端で何の意味があるのか判らないが、“TBS開局55周年記念特別企画”と銘打ってるのなら、それくらいはやってもいいんじゃないかと思うんだけどね。

まぁ何にしろ、ストーリーは面白いんで次回は楽しみなんだが、
キャストも演出も尻上がりで良くなって、しっかりと華麗なる一族になっていくことを期待したいです。



バナー


華麗なる一族
映画・華麗なる一族('74年1月公開)

華麗なる一族〈上〉    華麗なる一族〈中〉    華麗なる一族〈下〉
華麗なる一族〈上〉     華麗なる一族〈中〉     華麗なる一族〈下〉


関連記事

今日も呂律ってたね

4話

イマイチ台詞に重みが出てこない木村拓哉だが、物語自体にはさほど影響が出てないのは、さすが山崎豊子原作と言わざるを得ない。
ただ、木村拓哉も決して悪くは無い。ただ、周りに負けてるだけ。

さて物語は、阪神特殊鉄鋼がアメリカの会社と契約しチャンスを迎えていたものの、ライバルの帝国製鉄が通産省に根回しして、銑鉄を供給させないように手を打ってきた。

父の大介(北大路欣也)は、娘婿の美馬(仲村トオル)を使って、合併相手として狙っている三栄銀行と鉄平の妻・早苗(長谷川京子)の父であり衆議院議員で元・通産大臣の大川(西田敏行)のスキャンダルを手に入れた。親戚であり、次期総裁候補である大川を切り捨てる事に思い悩むが、大川が病気で倒れ、命が長くない事を知ると、不正の事実をマスコミにリークする決意をする。

また、その前に大川は病を押して鉄平の力になるべく通産省まで出向き、帝国製鉄の陰謀を解除させた。
そして大川のスキャンダルが新聞記事となり、その事を万俵家の恥だと言った高須相子(鈴木京香)に怒り心頭の鉄平。その記事を書かせた奴がもし目の前にいたら撃ち殺してやりたいと、大介の前でいう鉄平。
そして来週・・・。


そういえば、先週も今週もBGMでEAGLESDesperadoが使われてたけど、何故わざわざオリジナルを使わずに、この曲を使ってるんだろう。
まぁ、いい曲なんで文句はありませんけど・・・。

Desperado
Desperado/EAGLES



バナー


華麗なる一族
映画・華麗なる一族('74年1月公開)

華麗なる一族〈上〉    華麗なる一族〈中〉    華麗なる一族〈下〉
華麗なる一族〈上〉     華麗なる一族〈中〉     華麗なる一族〈下〉
関連記事

ちょうど真ん中

5話

結局、大川(西田敏行)は自分の不正をマスコミにリークした人物を知らないまま死んでしまうが、その後、鉄平(木村拓哉)は美馬中(仲村トオル)と大介(北大路欣也)の話を耳にしてしまった、美馬の妻であり実の妹でもある一子(吹石一恵)から、阪神銀行がリークしていた事を知らされショックを受ける。

鉄平は乱れた心のまま大介や美馬らとキジ撃ちに出かけるが、誤射で大介に怪我をさせる。大川のネタをリークした奴は近くにいたら撃ち殺したいと前回に言っていた事から、大介は狙い撃ちされたと疑うが、そんな訳はない。

サイドストーリーとして、芙佐子(稲森いずみ)と別れさせられた事や、高須相子(鈴木京香)の事も盛り込まれてるけど、これらを完結させるのに、あと5回で収拾がつくのかなぁ。

多分、最終回は何分かの延長か、下手したら2時間枠でやりそうだけど、それにしても回数が足りない気がする。

TwentyFourプリズンブレイクなど、面白ければ視聴者は2クールだろうが何だろうがついて来るんだから、いい加減“ドラマは1クール”という制度は止めて欲しいもんだ。1クールにしているのは、TV局側の自信の無さの顕れであることには間違いないよね。

来週から後半に入るから、ストーリーが加速していくと思うので、引き込まれるホンと芝居に期待したいところです。



バナー

関連記事

左サイドMenu

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

テレビドラマデータベース

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
31位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキングパーツ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

バロメーター

メールフォーム

ご意見があればお気軽に♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon検索

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

プロフィール

crescent

Author:crescent
小さい頃からTVっ子の
タダのおっちゃんです^^;

好きな役者
 日本:松田優作 萩原健一
    樹木希林 渡辺謙
    大竹しのぶ など多数
 海外:アル・パチーノ
    メル・ギブソン
    ロバート・デ・ニーロ
          など多数
好きな人たちは↓の記事に列挙してます。「ついでという訳ではないですが」

嫌いな役者
 好きじゃないのはいますが、
 基本的に嫌いなのはいない

好きなミュージシャン
 BON JOVI 長渕剛
 Southern All Stars
 浜田省吾
          など多数

好きな芸人
 明石家さんま 島田紳助
 上岡龍太郎 ダウンタウン
 ビートたけし 島田洋七
          など多数

好きなスポーツ選手
 辰吉丈一郎 清原和博
 イチロー 川島郭志

好きなペット・動物
 犬 海豚

好きなこと
 2度寝

好きなモノ
 煙草(Winston)
 ジンギスカン

嫌いなモノ
 自分の事が大嫌い!


右サイドメニュー

エアカウンターS

スリム軽量タイプの放射線測定器

エアカウンターS
エアカウンターS

スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!

緊急オンライン署名 「スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」 日本全国「お客様の声」

緊急災害募金

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

翻訳Leggero

時計








人気ページランキング


blogranKing.net

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー

ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析 ゲーム