レーシック-LASICアフィリエイトSEO対策無料掲示板SEO

ノン・ジャンル

PrisonBreak Season2(14話以降)~Season5のあらすじ、24 Season6のあらすじあります。メインはTVドラマ。他に映画・音楽などのエンターテインメントやTV観戦したボクシングの感想、その他の雑感です。

User Tag [山本耕史 ]を含む記事一覧

本人はどう思って観てるんだろう

3話

物語の重厚感にも、興味を惹く内容にも何も文句は無いですが、
主役の木村拓哉が足を引っ張ってる感は否めませんかね・・・。
10月から撮影されてるわけだから、おそらく3分の2は撮り終えてると思われるので今更修正というわけにもいかないだろうが、役の年齢にしては幼稚にしか見えない。

前にも書いたが、ジャニーズ事務所の連中の最大の欠点である“子供っぽさ”が木村拓哉も例外では無いという事なんでしょうね。
これまで、“何をやってもキムタク”と言われてしまっていたのを覆せるんじゃないかと期待してただけに残念ではある。
今回の鉄平役が、これまでのキムタク色という芝居じゃ無くそうとしてる感はあるんだけど、打破するまでには至ってないって感じ。
若く見えるルックスも邪魔してるし、滑舌がしっかりしていない(特に今回の第4話は酷かった)事が大きな原因じゃないかな。
俺は木村拓哉はもっとできる役者だと思ってるんだが・・・。

万俵家ではある意味アウトローな立場にある鉄平だけど、父を越えそうな凛とした感じがイマイチ出せていないのは何だろうか・・・。
銀平役の山本耕史も童顔ではあるけど、滑舌もしっかりしているしクールな感じは出ている。役作りの差か!?

今回からの登場となった山田優も、ルックスは好きなんだが、力不足過ぎて観ていて辛くなる。まぁそんなに出番は無いんだろうが・・・。

メインキャストの中で、北大路欣也は別格として、一際いい味を出しているのは何といっても鈴木京香でしょうね。文句ないです。

でもこれだけの大作を、何故TBSは1クールでの企画としたんだろう。
2クールやっても、いや、2クールやれるネタだと思うんだけどなぁ。
そりゃあ、木村拓哉のスケジュールを半年以上抑えるのは出来ないだろうけど、中途半端で何の意味があるのか判らないが、“TBS開局55周年記念特別企画”と銘打ってるのなら、それくらいはやってもいいんじゃないかと思うんだけどね。

まぁ何にしろ、ストーリーは面白いんで次回は楽しみなんだが、
キャストも演出も尻上がりで良くなって、しっかりと華麗なる一族になっていくことを期待したいです。



バナー


華麗なる一族
映画・華麗なる一族('74年1月公開)

華麗なる一族〈上〉    華麗なる一族〈中〉    華麗なる一族〈下〉
華麗なる一族〈上〉     華麗なる一族〈中〉     華麗なる一族〈下〉


関連記事

キタ――(゚∀゚)――!!

6話

まずはこちらをポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

さてさて後半に突入しましたが、大介(北大路欣也)のイジメがキツクなったというか、かなり非情になってきましたね。
そして昭和40年代からの定番、好き合った同士が、実は兄弟だった!ってやつ。こういう設定は果たしてこの時代に受け入れられるのか・・・。

でもそうなると鉄平(木村拓哉)は、祖父だと思っていた男が父で、父だと思っていた義父で、恋人(稲森いずみ)だと思っていた女は妹(だよね?)になるという、すんげぇ境遇にいるわけだ。

そういう境遇の中での正義感というか、誠実で仕事もやる、できるというヒーローというのは、木村拓哉には合っているのかもしれないけど、それは現代であればもっと良かったかもしれない。まぁ、いいターニングポイントのドラマになるんじゃないかな。

二子(相武紗季)と一之瀬(成宮寛貴)のカップルは、もう芝居になって無いね。学芸会レベルなんで、彼らのエピソードにはあんまりフォーカスしないほうがいいと思うんだけどなぁ。物語上しょうがないんだろうけどさ。観ててテンションが落ちます・・・。

来週から親子対決がヒートアップしそうで楽しみだし、銀平(山本耕史)が、どの程度鉄平の見方につくのかなど、物語は今後も楽しみです。

ランキングに参加しています。励みになるので愛の一票をお願いします♪


バナー

関連記事

裁判スタート

9話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

弁護士の倉石(萩原聖人)は阪神銀行の不正経理関与の証明として、借入表を証拠物件とし大介(北大路欣也)を追い詰める。が、大介はそれを逆手に取り、銭高(西村雅彦)の不手際を糾弾する。もう、悪代官にしか見えない北大路欣也。芝居の底が見えたか!?(笑)

鉄平(木村拓哉)は裁判の終わりに、第2回尋問の証人として銭高を指名し、それが認められる。焦る銭高。相変わらずの滑舌の悪さで長ゼリフを言う木村拓哉だけど、中々いい感じではある。

木村拓哉より茶髪が目立つけど、あまりバッシングされてない山本耕史が演じる銀平は、兄を助けたくて証人を申し出るが、鉄平は「お前には頼めない」と言い、この状態に置かれても家族の心配をしている優しい鉄平に、銀平は自分の力の無さに歯痒さを覚える。

そして第2回の公判が始まり、被告側の証人尋問が終わるが、原告側の証人である銭高はまだ出廷してこない。被告側の弁護士(浅野和之)は平定を要求したその時、ドアが開いた。

何度も自分の家に足を運び、数日前に鉄平と四々彦(成宮寛貴)の会話の中で、銭高の辛さを慮る鉄平の言葉をこっそりと聞いた銭高が意を決して出廷してきたのだ。そして不正経理の関与を認め、大介の指示である事を証言した。


原作には無い法廷での親子対決って、原作者の山崎豊子はOKしたんだろうか?まぁ、OKしてないとこのドラマは作られてないんだろうけどさ。それでよかったのかなぁ・・・。

で、来週の予告を観ると、鉄平は裁判に負けて自殺!?みたいな感じだったけど、どうなるんでしょ?90分枠で最終章を放送するようなので、いいドラマとして終われるような内容である事を期待します。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


関連記事

冤罪って多いんだろうなぁ

それでもボクはやってない

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

タイトル:それでもボクはやってない
出演:加瀬亮役所広司瀬戸朝香山本耕史・もたいまさこ
   光石研・尾美としのり・大森南朋小日向文世
製作:亀山千広
プロデューサー: 関口大輔・佐々木芳野・堀川慎太郎
エグゼクティブプロデューサー: 桝井省志
脚本:周防正行
音楽:周防義和
監督:周防正行

いや~、裁判での被疑者になんてなった事も無いから当たり前だけど、知らない事が結構あるんですね。映画だからフィクションなんだけど、監督の長きに亘る下調べが元になっているんだろうから、かなりリアルだと思って間違い無さそう。

殺人やら何やらでもそうだろうけど、この映画の題材である痴漢は、立証が難しいだけに冤罪は多そうだ。

今回の題材は痴漢だったけど、日本においての警察の取調べや裁判官が、いかに理不尽であるのかを問う映画だと思う。

最初に思ったのは取調べ。公判ではマイクを通して録音されているようだけど、警察での取調べでは刑事が2人いて、1人は書記にまわるのが基本のようだ。

実は、私は罪を犯したわけではないが、参考人として呼ばれたことがあり、取調室にも入ったことがある。そのことからだけの体験を言えば、取調室は絶対に密室にせずに、ドアを10cm程度必ず開けておくのが普通だそうです。外に声を聞かせたり見えるようにしておく事で、刑事による暴力などの監視のようです。まぁ、署内でグルになってしまえば何の意味も持ちませんけど。

そこで思ったのが、何故取り調べの時には録画なり録音なりをしないのかと言う事。

この映画でも弁護士が言ってましたが、調書は警察の都合の良いように書かれてしまう事が多々あるようです。訂正を求めても応じなかったり、言っている内容に相違が無くても、ニュアンスとして犯人にされてしまうような書き方をされるみたいです。

昔も今も警察の取調べのいい加減さはちょくちょく報道されるにも拘らず、何故録画や録音をしないんでしょうね。ハイテクの時代ですから、署内で偽造使用と思えばできそうですが、それでも被疑者の言い分を書くだけよりもマシだと思います。録画してあれば、刑事の態度や言葉遣いはハッキリとするでしょうから。

もう1つ驚いたのが、裁判官が変わる事があると言う事。裁判官も公務員だから飛ばされることもあると劇中で言ってましたが、それが事実であれば、何とも無責任な事か。

どこぞの会社で仕事を引き継ぐのとは訳が違う。他人の人生を決める事になる職なのに、上からの命令で放り出されるとは知らなかった。

そして、この映画では替わった裁判官の偏見に満ちた態度や質問には腹が立った。表面上は公平にやろうと繕ってるが、どう見ても犯人にしてやる的な意図が見え見えだった。

それは検事も同じ。なかなか久利生公平みたいな人はいなんでしょうねぇ。裁判官も検事も毎日何人もの嘘つき共と接見してるだろうから、いい加減疲れるかもしれない。でも、そこをキチンとやるのが仕事であって、やらないのはタダのサボりである。勿論、弁護士についても同じ事が言える。

「疑わしきは罰せず」というのが刑法の大原則であるにもかかわらず、刑事裁判に於いては、検事は被疑者を起訴した以上は有罪にしなければならないという責務を負うらしい。

そして裁判官は、上訴審で覆されるような判決を下してはならないという責務を負ってしまうがために、なかなか無罪の判決を下せないというプレッシャーもあるようだ。

2009年5月までに裁判員制度が日本でも導入されるが、果たしてこれが功を奏するのかどうかは今のところ判らない。もしかしてこれによって、アメリカのように司法取引も生まれる可能性もありますよね。

まぁとにかく、この映画は派手な事は無くても2時間23分という時間に充分耐え得る作品になってるので、監督の周防正行の手腕は、例えブランクがあっても衰えてないと思います。

それと、主演の加瀬亮の芝居が、すごくナチュラルで巧かった。全体的に芝居だと思ってしまうところはかなり少なかったので、こういうヒューマン系の役には秀でる役者だと思います。

この映画、お勧めです。

それでもボクはやってない スペシャル・エディション(2枚組)
それでもボクはやってない スペシャル・エディション(2枚組)

それでもボクはやってない スタンダード・エディション
それでもボクはやってない スタンダード・エディション

それでもボクはやってない―日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!
それでもボクはやってない―日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!/周防正行

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

関連記事

二兎を追うものは、ってね

6話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

まぁ、法倫(稲垣吾郎)としては、二兎を追いかけてるつもりは無いだろうが、少しは揺れてる所がありますよね。

何もかも正直に話す必要は無いかもしれないけど、それでも隠し事はイケナイよね。ただ、紗枝(桜井幸子)とのキスについては微妙っすね。合意じゃないし、むしろ奪われた感があるから、話すに話せないってのは解るけど。

毎回のように離婚だ離婚だと、ナレーションでも劇中でも言ってますが、基本的には愛し合ってる2人なんで、離婚は無いような気がしますよね。おそらく、法倫が大部分で妥協して落ち着くんじゃないかと見ますが・・・。

そういえば、猪木(古田新太)と小川(山本耕史)の怪しい感情がどうなるのかも、チト楽しみですね。気持ち悪いけど(笑)

そのまま
主題歌:そのまま/SMAP

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

そりゃいかんわな

8話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

やっぱり法倫(稲垣吾郎)は親権欲しさで関係を修復したんですねぇ。そりゃさ、律子(小雪)の普段の生活には問題があると思うけど、何もそこまで画策しなくたってねぇ。

臨月になるまでの間に、律子にも母性本能なんかが湧いてきたみたいだし、それを見て“よかったなぁ”とか思ってたはずなんだけどなぁ。

まぁ、それまでの律子を考えると子育てには向かない女かもしれないけどさ。だったらその時に決めればいじゃんね。姑息な事をするからコトが大きくなっちゃうわけで。

それよりも寧ろ、小川(山本耕史)の方が問題だよねぇ。他の女に取られるならまだしも、男にとられちゃう恵(酒井若菜)はかなり傷ついてると思うんですけど。

そのまま
主題歌:そのまま/SMAP

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

昔からあるにはありましたが

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

最近、やけにクイズ番組が増えたような気がするんですが、俺だけでしょうか?特に常識力や教養を問うような番組が多いですよね。まぁ、そのおかげで。スザンヌ里田まい木下優樹菜上地雄輔つるの剛士野久保直樹の“ヘキサゴン組”が売れてるわけですが・・・。

昔はどちらかというと雑学を問うような問題が多かった印象でしたが、ゆとり教育が見直されてる昨今、常識的な事をやるクイズ番組は好きで結構観ちゃいます。私がよく観るのは、「Qさま!!プレッシャーSTADY」、「クイズ!ヘキサゴンII」「クイズ雑学王」ですね。

特番で常識力を問うようなのがあればそれも見るようにしてます。何故かって言うと、昔学んだ事はやはり忘れていたりするので、それを補うつもりで。常識は常に憶えておきたいですからね。

今日あった「おとなの学力検定SP小学校教科書クイズ!!」も見ました。こういうクイズのスペシャルを見ると、意外な人がヾ(・∀・;)オイオイっていう学力の人がいますよね。今日で言えば、有田芳生がその人でした。立命館を卒業しているのに、小学生の問題ができないとは・・・。

それと改めてバカだと思ったのは安倍麻美ですね。頭も悪くてドブスで、これでもし料理も出来ないなんて事だったら、嫁には行けないだろうに。っていうか、料理はいいとしても、頭も悪くてドブスだとタレントとしてNGでしょ。まぁ、そのうち消えていくだろうからいいけど。

今のところ、学力だけで言えばロザンの宇治原史規が抜群の学力を持ってますよね。惜しくも漢字検定の1級には落ちちゃいましたが、それでも200点中132点を取って、合格ラインの160点まであと28点でしたからね。

あ、あと、バカがバレちゃったのが役者の山本耕史ですね。司会の島田紳助が「いい鉱脈を見つけた」って言ってた位でしたし、ホント酷かったもんなぁ。

きっとまだまだいるはず。でも、バカでもなんでも何か一つに秀でてればいいとは思うんですけどね。山本耕史は芝居が出来るし、有田芳生は他の事で沢山の知識を持ってるし。微妙なのはヘキサゴン組ですよね。人気のある今のうちに何かを身に付けないと。おバカキャラとルックスだけでは先が危ないですからね。

どう足掻いてもダメなのは、安倍麻美のような何一つ秀でてるモノがない連中。もう今更おバカキャラでは売り出せないでしょうからね。

あ、話がずれた。閑話休題。
とにかくクイズ番組は見られる時間があれば、先に挙げた番組以外も見たりもしますが、昔あった「カルトQ」「島田検定!! 国民的潜在能力テスト」「クイズ赤恥青恥」のようなのが復活してくれると嬉しいんですけどね。

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

甘い

2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

鈴木(三上博史)の成功によって、離れていた人物達がジワジワと近づき、渦巻いてきましたね。“愛してる”などと言って静かに忍び寄る小夜子(小西真奈美)、自分の立場を守るためと名誉が欲しい大田黒(國村隼)。

気持ちは判るんだけど、鈴木は少し周りに正直に喋りすぎのような気がする。小夜子は唯一の協力者だし、表面上はガッついてないから信用するのは判るけど、今後の展開まで正直に話さなくても良かったんじゃないかな。

その正直さと、彼のキャラ付けを示す細かい性格。例えば、小夜子が13656という検体数を13000とアバウトな言い方をした時に訂正、元妻・ひとみ(吉瀬美智子)が「7年前に再婚した」と言えば「いや8年だ」と、これも訂正。

であれば、あのPCはいただけない。百歩譲って、検体数をログインのパスワードにしてるのは許すとして、愛美(谷村美月)のデータが入ったフォルダにもパスワードをかけて、隠しファイルにしておく位の慎重さが欲しかった。

まぁ、弘法も筆の誤りとも言いますし、研究に没頭していて、そこまでの知識は無かったという苦しい解釈をしちゃいましょうか・・・(苦笑)

で、それを盗んだ小夜子もCDに焼くなんて・・・。USBメモリに保存しといた方がいいと思うんだけどなぁ。それとも、恋人で新聞記者の太刀川(山本耕史)に渡したのがCDで、自分では別に持ってるのかな。「私に何かあったら破棄して」って言ってたから、それは無いような気もしてるけど・・・。

鈴木の失敗は、愛美みたいな娘を治験患者としてしまった事ですね。あの状況からすればピッタリな娘だったから仕方が無いとは思う。ベッドに縛り付けておくわけにもいかないから、言い聞かせる事しか手は無かったと言えば無かったけどね。

鈴木の希望に群がる欲望たちが今後どういう動きを見せて、鈴木自身もその欲望に取り憑かれてしまうのか、的場(柳葉敏郎)はどういう動きをしていくのか、すんげぇ楽しみです。

いや~それにしても、三上博史の芝居の巧さには脱帽しますね。大人しく目立たない人物が、大田黒に治験結果を報告しに行った時のあの自信に満ちた態度。落差がキッチリと表現されてましたもんね。興奮した時や力が入った芝居をしてると、彼の額の真ん中の血管が浮き出てくるんですよね(笑)

このドラマの面白さに加えて、例え1シーンでも、吉瀬美智子を観られるのがありがたい。「Around40」にも出てますから、週に2度観られるわけで。美人だなぁ~。

パンドラ コレクターズ・ボックス
パンドラ コレクターズ・ボックス

WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック
WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック

グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s
主題歌「The Good Life」収録アルバム:グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s/Tony Bennett

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

動いてきた

3話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

どうしても名誉が欲しい大田黒(國村隼)は、偽装入院中の厚生労働大臣・深見甚一郎(小野武彦)に取り入り、愛美(谷村美月)が病院から消えた事を知った小夜子(小西真奈美)は、鈴木(三上博史)の味方をしてるフリをしつつ、大田黒と手を組みそうだ。

愛美に脅されて彼女を車で連れ回す朋田(平田満)は、怪我を負ったものの、治験内容を知る事に成功した。でも、その途中で愛美の容態が急変して小夜子に連絡。鈴木のデータを盗んだ小夜子だったけど、治験の途中でウィルスベクターに重要な変異が起こり、そのデータが記されてないと鈴木から聞かされていた彼女は鈴木に愛美の居所が判ったと連絡。

愛美を殺人事件の有力な容疑者として追っている的場(柳葉敏郎)は、鈴木と協力して捜査していたものの、小夜子からの連絡を受けた鈴木が、的場の車を奪って小夜子の元へ向かう。

深見は大田黒が言った「泥棒猫は鈴木だ」という事を信じておらず、泥棒猫は大田黒だと見破ってた。秘書の沼部(相島一之)もかなりキレ者のようだ。「中身を絶対に見ないで。私に何かあったら破棄して」なんて言われちゃうと見たくなるのが性ってもんで、やっぱり太刀川(山本耕史)は見ちゃいましたね。

それを見て太刀川は緑川(山本圭)を訪ねましたが、そこで、鈴木が彼の研究を引き継いでいたという事が明かされました。風邪のウィルスがベクター(運び込む役)となっているということも太刀川は知りましたが、そもそも風邪って特定のウィルスなんか無かったんじゃないんでしたっけ?風邪を完治させる薬ができたら、それこそノーベル賞モノだって聞いたことがあるし・・・。

まぁそれはそれとして、何だかあちらこちらで抗がん剤の“パンドラ”を巡って、慌ただしくなってきました。ただ、鈴木には今のところ味方がいない。それがどう出るのか、また、どうなっていくのか目が離せません。

大田黒が深見に頼んだ特許のくだりは、おそらく青色発光ダイオードの件を参考にしてるんでしょうね。そんな事などもストーリーに入ってたりするんで、ホント面白い。このホンを書くのに、どれだけの取材をして、どれだけの時間がかかったんだろうなぁ。アメリカで脚本家がストを起こす気持ちが判るような気がします。

ともあれ、ホンも役者も良いと、ドラマはものすごく面白くなるという典型ですね。来週が楽しみです。

パンドラ コレクターズ・ボックス
パンドラ コレクターズ・ボックス

WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック
WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック

グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s
主題歌「The Good Life」収録アルバム:グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s/Tony Bennett

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

なんだなんだ!?

5話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

どんどん複雑になっていきますね。ぶっちゃけ、アクションは無いけど、24-TwentyFour-PrisonBreakと肩を並べられるほど面白いです。大田黒(國村隼)、深見(小野武彦)、鈴木(三上博史)、小夜子(小西真奈美)らがそれぞれがそれぞれを利用しようと目論んでる上に、危機感を感じてる太刀川(山本耕史)と的場(柳葉敏郎)がタッグを組みそうだし。

更には、鈴木の治験を秘密裏に協力したばっかりに巻き込まれた朋田(平田満)が何かアクションを起こしそうな上、これまでもかな~りキツイ視線だった深見の秘書・沼部(相島一之)が、愛美(谷村美月)の顔を見た途端、彼女に見られないように顔を背けてましたねぇ。もしかすると沼部は愛美を買った事があるんじゃないでしょうか。

でもってその愛美は、守(山根和馬)と起こした殺人事件は誰かに頼まれたと言ってましたね。被害者は港東大学病院が引き起こした薬害事件に抗議するグループのリーダー格だった事を考えると、大田黒が依頼した可能性が高いっすよね。

緑川(山本圭)が鈴木を説得して大田黒の所に連れて行った時は、すっかり鈴木は騙されたとばかり思ってましたが、緑川が味方のままでホッとしました。ただ、その時に、やけに大田黒は冷静で落ち着いてると思ったら、深見に頼んで公安まで動かしてたんですねぇ。道理でって感じです。

的場は自らがガンに侵されていると言ってたので、この事件への意気込みも相当なもんでしょう。暴走するけど腕はある刑事でしょうから、太刀川と組めば情報なんかもかなり入ってくるんではないでしょうか。的場刑事、Aflacのガン保険には加入してないんでしょうか(笑)

パンドラ コレクターズ・ボックス
パンドラ コレクターズ・ボックス

WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック
WOWOW連続ドラマ「パンドラ」オリジナル・サウンドトラック

グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s
主題歌「The Good Life」収録アルバム:グレイテスト・ヒッツ・オブ・ザ・60’s/Tony Bennett

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store
関連記事

左サイドMenu

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

テレビドラマデータベース

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
31位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキングパーツ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

バロメーター

メールフォーム

ご意見があればお気軽に♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon検索

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

プロフィール

crescent

Author:crescent
小さい頃からTVっ子の
タダのおっちゃんです^^;

好きな役者
 日本:松田優作 萩原健一
    樹木希林 渡辺謙
    大竹しのぶ など多数
 海外:アル・パチーノ
    メル・ギブソン
    ロバート・デ・ニーロ
          など多数
好きな人たちは↓の記事に列挙してます。「ついでという訳ではないですが」

嫌いな役者
 好きじゃないのはいますが、
 基本的に嫌いなのはいない

好きなミュージシャン
 BON JOVI 長渕剛
 Southern All Stars
 浜田省吾
          など多数

好きな芸人
 明石家さんま 島田紳助
 上岡龍太郎 ダウンタウン
 ビートたけし 島田洋七
          など多数

好きなスポーツ選手
 辰吉丈一郎 清原和博
 イチロー 川島郭志

好きなペット・動物
 犬 海豚

好きなこと
 2度寝

好きなモノ
 煙草(Winston)
 ジンギスカン

嫌いなモノ
 自分の事が大嫌い!


右サイドメニュー

エアカウンターS

スリム軽量タイプの放射線測定器

エアカウンターS
エアカウンターS

スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!

緊急オンライン署名 「スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」 日本全国「お客様の声」

緊急災害募金

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

翻訳Leggero

時計








人気ページランキング


blogranKing.net

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー

ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析 ゲーム