ノン・ジャンル

PrisonBreak Season2(14話以降)~Season5のあらすじ、24 Season6のあらすじあります。メインはTVドラマ。他に映画・音楽などのエンターテインメントやTV観戦したボクシングの感想、その他の雑感です。


            

User Tag [中原丈雄 ]を含む記事一覧


複雑そうだな

氷の華第1夜

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

途中から、吉岡(中原丈雄)を轢いたのは隆之(堺雅人)で、それを陰から見ていたのが関口真弓(中島ひろ子)で、口止め料として最初に800万、月々30万円を振り込んでいたんだろうと、恭子(米倉涼子)と同じ推理をしました。目的はやはり病院を自分のものにするため。

隆之が病院に着いてすぐに緊急手術があると聞き、その患者が吉岡であることを聞いた時の隆之の表情からすると、「誰もいなかったはずなのに、こんなに早く運ばれてくるなんて・・・」という思いなのか、轢いた時には誰だか判らなかったけど、手術時になって「えっ!?」となったのかは判らないですけど・・・。

とにかく、誰か目撃者がいたから早く運ばれてきたわけで、おそらく看護部長の悦子(前田美波里)あたりから真弓だと聞いて、突き止められたんだと思う。真弓なら車も知ってるだろうから、隆之はヤバイと思ったんでしょう。

で、誰が恭子を嵌めてるのか。変声機を使ってる声だから、隆之がやった可能性もありますね。もし本当に愛人がいるなら、多分、康子(高岡早紀)じゃないかな、と。今のところ何も動機とかは判りませんが、電話から聞こえてくるあの喋り方、高岡早紀っぽいんだよな~という、それだけ(笑)

まぁあとは、真弓と隆之が一緒にいるところを撮った写真が望遠レンズであるなら、康子は記者だし、カメラも持ってましたし。取材だっていえば自由に外に出られるんだしね。康子=谷和歌子なのかなぁ・・・。まさか悦子ってことは・・・無いよなぁ・・・。明日が楽しみですね。

氷の華
氷の華/天野節子

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

ん~、イマイチだったなぁ

氷の華第2夜

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

大体は予想通りだったものの、なんだか緊迫感が無かったなぁ。メインキャラクターの連中は、それぞれそれなりに悪い連中で、その中でも4人を殺した恭子(米倉涼子)が一番のワルっちゃワル。

隆之(堺雅人)が吉岡(中原丈雄)を轢いたのは偶然だったとして、手術直前に吉岡だと知った時、手術台に乗ってる吉岡を見る目からすると、もしかするとわざと生かせないような手術を施したのかなぁなんて事も思っちゃいました。違うのかな・・・。

ところで、隆之が恭子に不妊症だと告げたのは、吉岡を轢いた前なのかな?後なのかな?もしかしたら見逃してたのかもしれないけど、その辺が判らなかったなぁ。それによって今回の隆之と康子(高岡早紀)の計画がどうだったのかって事を考えてしまう・・・。

一番ガッカリしたのは、隆之と康子の山中湖でのシーン。これまでの経緯を2人が事細かに話してるってのは、もう完全に“説明ゼリフ”でしかなくて、面白くも何とも無かった。それまで2人が会わなかったとしても、電話ぐらいはしていただろうに。あ~いう見せ方されちゃうと、もうガッカリですわ。

それと、ラストのゆかり(葉月里緒奈)を殺したところ。どうやって殺したの?せっかく、真弓(中島ひろ子)と隆之たちを殺した経緯を描いてるのに、このシーンだけは何も無し。こういう尻切れな感じは好きじゃない。

戸田(舘ひろし)は、ゆかりが残した「瀬野恭子の罪と罰について」という手紙を元に、恭子を連行しに来たんだろうけど、その攻防は見たかったですよね。小説もこんな尻切れで、あのさっきのシーンも説明ゼリフな感じなのかなぁ・・・。

同じテレビ朝日の開局50周年記念番組なら、去年の「点と線」の方が断然面白かったなぁ。まぁ、作者の格が違うと言ってしまえばそれまでだけどさ。少なくとも今回のドラマに関しては、ホンも演出もイマイチだったって事かな。

氷の華
氷の華/天野節子

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

中々スリリング

2話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

この緊張感を毎回保っていけると、どんどん面白くなっていきそう。藤丸(三浦春馬)と音弥(佐藤健)が、折原マヤ(吉瀬美智子)の家に来た以降が特に良かったですね~。藤丸が残ってるのは判りましたけど、ややそれに感じつつも音弥と一緒に出かけたマヤ。

マヤの部屋で物色する藤丸でしたけど、てっきり監視カメラくらいは設置してあって、レストランに着いて「トイレに行く」と言ったマヤは、携帯でその様子を見るのかと思ってましたが、監視カメラは無かったみたいですね。そういう意味では、藤丸達もちょっと無用心かな。まぁ、まだ半信半疑の状態ではあっただろうから仕方ないといえば仕方ないけど。

音弥は良い協力者になりそうですね。ロシア正教のクリスマスを知っていたり度胸もあるしで、この2人で敵やTHIRD-iを出し抜いての活躍を観てみたい気がします。

「もう遅いけどな」と言ってた察庁警備局の局長の苑麻孝雄(中原丈雄)って、テロリスト側なんでしょうかね。しかも名前がエンマって・・・(笑)

予告を観ると、マヤはTHIRD-iに捕らえられるみたいですけど、そうなると今後彼女はずっとそのままなんでしょうか。それとも、THIRD-iの中にまだ裏切り者がいるんでしょうか。いそうな気がしますよね~。楽しみです。ん~、それにしても吉瀬美智子は美人だ・・・。

ブラッディ・マンデイ (三浦春馬、吉瀬美智子 出演)
ブラッディ・マンデイ DVD-BOX

unreal
主題歌「Over the rain」収録:unreal/flumpool

BLOODY MONDAY 6 (6) (少年マガジンコミックス)
原作:BLOODY MONDAY/恵広史・龍門諒

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

意外性はいいんだけど・・・

10話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

真子(徳永えり)がKですか!?ふ~ん。意外なところを突いてますけど、唐突な感じがしないでもないなぁ。だってねぇ、彼女、毎回出ていた印象もないし、“ん!?”ってな行動も一切無かったはずでしょ。しかもKの文字は一つもないし・・・。

原作でもそうなってるんでしょうけど、あまりにも彼女の事を描かなさすぎじゃないかなぁ。でもって、KがJ(成宮寛貴)より年下だとなると、彼女が年上の大人たちを従えるほどの何かを持ってないといけないですよね。納得のいく解明を次回の最終回に期待したいところです。

さて、警察庁警備局の局長・苑麻(中原丈雄)に「大臣のお孫さんは、テロリストのリーダーなのでしょうか」という問いに、政宗(竜雷太)は「ああ、そうだ」と答えました。そして、音弥(佐藤健)の母・美和子が政宗の娘で、美和子は2人の子供を産んでる。

1人は、神島紫門(嶋田久作)と間に出来たK、もう1人は、美和子が教団をやめた後に、政宗の秘書との間に生まれた音弥。つまり、音弥とJは異父兄弟という事になる。なので、政宗が苑麻の問いに「そうだ」と答えたのは、Jを指してるって事ですね。

となると、益々、真子が誰の子でどういう関係になるのか判りませんねぇ。血縁関係もそうですけど、テロを計画した経緯や思想などなど、まだまだ謎がいっぱいです。次回の通常枠での最終回できちんと収まるんでしょうかねぇ。不安と期待で来週を待ちますけど・・・。

ブラッディ・マンデイ (三浦春馬、吉瀬美智子 出演)
ブラッディ・マンデイ DVD-BOX

サントラ
ブラッディ・マンデイ サウンドトラック/井筒昭雄

unreal
主題歌「Over the rain」収録:unreal/flumpool

BLOODY MONDAY 6 (6) (少年マガジンコミックス)
原作:BLOODY MONDAY/恵広史・龍門諒

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

尻すぼみかなぁ~

最終話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

ガキのK(徳永えり)より、方程式を頭で考えられるJ(成宮寛貴)の方が上だったって事か。そういう意味も含めて、藤丸(三浦春馬)に対して負けを認めたJはカッコイイかも。もっと大きな確信犯的な悪の志と仲間を集めて、もう一度勝負しようってな感じにはならないんでしょうかね。

Kの呼び名は、Jの名前であるKANZAKIからKを取るとANZAIになるから、Kと呼ばれてた(呼ばせてた?)んですかね。イマイチその根拠は判りませんけど・・・。

藤丸がKに銃を向けられていた時、彼は死を覚悟していたんでしょうかね。それとも、THIRD-iが来ることが判ってて、Kが撃たれるであろう事を予測しての涙だったんでしょうか。その時は爆弾が爆発しない事も判ってなかったハズですし・・・。

で、結局、政宗(竜雷太)は孫であるJを護りたくて、マヤ(吉瀬美智子)を買収したんでしょうか。それとも最初からスパイとして潜り込ませてたんでしょうか。これも良く判りませんでした。

竜之介(田中哲司)は完全なアンダーカヴァーだったのは判りましたけど、だったらもう少し、苑麻(中原丈雄)とのコンタクトシーンなんかがあったりすれば、苑麻に対して“こいつも教団側か!?”とか思っちゃったりして面白くなったかも。

前半の感じだと、裏切り裏切られ、騙し騙されな感じで進んでいくと思ってたし、最終回はもっと大きな何かが出てくると思ってたんですが、ちょっと残念でした。続編は作れそうなんで、脚本を更にパワーアップして第2弾を期待したいです・・・。TBSと日本の脚本家じゃ無理かな(笑)

ブラッディ・マンデイ (三浦春馬、吉瀬美智子 出演)
ブラッディ・マンデイ DVD-BOX

サントラ
ブラッディ・マンデイ サウンドトラック/井筒昭雄

unreal
主題歌「Over the rain」収録:unreal/flumpool

BLOODY MONDAY 6 (6) (少年マガジンコミックス)
原作:BLOODY MONDAY/恵広史・龍門諒

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

必要悪

SP.jpg

まずはポチッとお願いします→fc2バナー ランキングバナー

去年の1月クールの連ドラで平均視聴率13.52%と、そのクールでは3位の成績だったとはいえ、イマイチな作品をスペシャルにするってのはどうなんだろと思ってましたけど、レギュラー放送よりはマシでしたね。

柚原(風間杜夫)がやろうとした事は、良く言えば必要悪。ただ、仲間の一人である瀬沼(風間俊介)が結局は金目当てだったってのが誤算でしたかね。

国民の事を考えずに、あ~いう金にまみれた政治家があんな目に遭っても同情はしないけど、結果的に良い方向に向かってしまったのは悔しい所でもあるし、実際にそうなりかねないんだろうなぁなんて思っちゃいました。世直しをしたい必要悪をやるなら、仲間は選ばなきゃいけませんね。それと、やるなら他の人は巻き込まないように、傷つけないようにしないとね。

そんな誤算の犯人を演じた風間俊介でしたけど、残念ながら狂気がイマイチ感じられず、残念でしたねぇ。ジャニーズでは芝居が上手い方だと思ってたんですけど、コノ手の役をあの程度にしか演じられないんじゃあ、先はキツそうな気もします。人気もさほど無いわけだし。チャンスだったのにねぇ・・・。

人質として玲子(米倉涼子)の友人の留美子(安めぐみ)が捕らえられましたけど、意味なかったですよねぇ。それによって玲子が取り乱すとか判断を誤るとかがあったわけじゃないですし。ただの顔見せでしたね。

それと、SPに昇格(になるのかな?)した片山(高橋克実)も、犯人が要求する厚労省大臣の四之宮(中原丈雄)に付いていて、四之宮の暴言に良い感情も持っていなかったから何処かで良い役目をするのかと思いましたけど、蔑ろでした(笑)

今回みたいな社会の悪をメインにしたストーリーってのは良かったんですけど、連ドラのレギュラー出演者を顔見せだけで終わらせたりするような展開だから、ホン屋さんは才能が無いって言われちゃうわけですよ。連ドラの失敗作の起死回生ってな事にはなりませんでしたね。まさか、また作るわけじゃないですよねぇ・・・。だったら、もっと面白くしないとね。

交渉人スペシャル ~THE NEGOTIATOR~ [DVD]
交渉人スペシャル ~THE NEGOTIATOR~ DVD

交渉人~THE NEGOTIATOR~ [DVD]
交渉人~THE NEGOTIATOR~ DVD-BOX

黄金魂
主題歌:黄金魂/湘南乃風

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー

onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

Hide Something For・・・

6話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

おそらく100%の確率で、誰にでも隠し事はある。後ろめたい事、相手を思っての事、恥ずかしい事などなど、パターンはそれぞれ。そこに隠し事があると判った時、大概の人はそれを知りたいと思う。それが自分に関わる事なら当然だと思う。今回はそんな中でも、家族間での隠し事がメインだった。

藍沢(山下智久)は母の死の真相を知りたく、父・誠次(リリー・フランキー)に会いに行くが、古かった柵が折れて落ちた事故だったと聞かされる。だけど、屋上には靴を揃えたシーンが挿入されている事から、視聴者には自殺だったことが判る。おそらく、藍沢自身もその現場は目にしてたんでしょうね。

祖母の絹江(島かおり)の病室に戻ってきて再確認しても、絹江は事故だったと言うもんだから、「嘘ばっかりだな!」と怒ってしまう藍沢だったけど、白石(新垣結衣)と共に担当していたガン患者と、その息子とのやりとりを見て気づかされた事がありましたね。

末期ガンの患者、内藤妙子(キムラ緑子)は、息子・芳雄(太賀)には受験の邪魔になるから言いたくないと言う。親子が真実を話す事を気遣った藍沢が、芳雄に本当の事を言うも、彼は気づいていた。母が隠したいというならそれを尊重する。

2人が面と向かってもお互いに事実を言い合うことなく、彼なりに励ました。言葉で真実を語らずとも、お互いが判り合って、お互いを思いやってるこのシーンは良かったですね。

そんなやりとりから、隠し事には理由がある気づかされた藍沢。そんな中、父が母からの最期の手紙を持ってくる。それは遺書みたいなもので、自殺の原因は藍沢にあった模様。

白石は変わってしまったと思っていた父・博文(中原丈雄)の病気を知り、「今のお父さんは医者じゃない」と罵ったことを後悔。最期まで医者でいようとしてる父が白石を循環器系に就かせたいのは、自分を手術してほしいからなんでしょうか。

緋山(戸田恵梨香)は頑張ったけど、脳死した息子を最期に抱いてやりたいという母親・野上直美(吉田羊)の希望をかなえるため、あと数時間で効かなくなる心臓を動かしている薬の投与を止め、完全に心臓が停止する前に挿管を外して希望を叶えてやった。が、この行為が医療過誤、つまり医療ミスだと訴えられそうな気配。

緋山が治療の過程を野上に話し、その最後に「12人の医師が携わり、合計、11時間のオペでした。全員、死力を尽くしたつもりです。結果・・・、負けました。・・・無力ですいません」と謝ったのは、潔くて良かったですね。これだけちゃんと説明してくれれば、納得せざるを得ません。

親と子の死に別れで、片方は親が、片方は子供が亡くなるというそれぞれのシーンでしたけど、やっぱりそういうシーンは泣けてきちゃいますよね。でも2組とも愛情がたっぷりでした。

隠し事=嘘となりがちですが、一概にそれを悪く言うことができないのは現実です。が、個人的には、やっぱり嘘はつかれたくないし、隠し事もされたくないです。本当の事で傷ついても、真実は知りたいなぁと思います。

ところで、2話でちょっとだけクローズアップされたっきり、藤川(浅利陽介)は今回も扱いは軽かったですねぇ。人気と事務所の大きさは大事なんですね、やっぱり(笑)

       

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

一番ショックだったかも

4話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

美樹(榮倉奈々)が唯一心の支えとしていた仲原(要潤)を、万里香()に寝取られた!と、美樹は思ったでしょうけど、あんな酩酊状態でヤれるわけがない。とはいえ、あの現場だけ見れば誰でもそう思うでしょうけどね。仲原自身は、美樹が傍にいてくれたんだと思ったと思うし。とりあえず、唯一の支えだった男がああなっちゃったのは、美樹にとっては一番のショックだったでしょうね。

万里香もヒマですよね~。ありゃずっと仲原をストーキングしていないと、あんなタイミングでああはならないでしょうから。あとは仲原にどう告げ、それを聞いた仲原がどうするか・・・。

それと、美樹の鞄に工藤(町田マリー)の財布を入れた映像を見せた田沢(長谷川純)を上手く脅したようですが、田沢はニヤリとしてましたから、何か奥の手を持ってそうですね。

桐野(藤木直人)も加わった坂東(中原丈雄)との最期の食事をした帰り、桐野が「お前、気をつけろよ」と美樹に言ってましたけど、それ以上は何も言いませんでしたね。言ってあげりゃいいのに。美樹に何か期待でもしてんでしょうかねぇ・・・。

坂東の「真実を公にしたところで、葵井商事の信用を失くすだけだ。派閥争いなどというお粗末な茶番劇を世間に知らしめて何になる。だったら俺が持って行くよ」というセリフは、坂東がいかに会社を愛していたかという事ですが、“持って行く”のではなく、“持って逝って”しまいました。

そんなに会社を愛しているのなら、死んではいけませんよね。愛するが故の行動なんでしょうが、桐野や仲原のように、他からも愛されてる上司なんでしょうから、人事で降格されても社に残るべきだったと思います。派閥争い=イジメという図式になるんでしょうが、やっぱり“金・地位・名誉”が絡むと、ロクな事が起きませんね。

それと、彼のセリフでもう一つ。「何処にいても、何をしていても、やるべきことをやり続けていると、見えてくるものがあるんだ。それはね、1人1人違うものなんだよ。でも大丈夫。見えた時には“これだったんだ!”って判るから」というセリフはちょっとグサッときました・・・。

さて、次回からどうやら反撃開始らしいですが、どうやって反撃するんでしょうか。やっぱり、真っ直ぐさで勝負って感じなんでしょうかね。これまでイジメられてた奴が反撃に出ると、イジメてた連中って割と脅威に思うらしいから、案外面白くなるかも。

今回、変なスポンサーCMの入れ方してましたよね。あと数分しかないのに“このあと、驚愕の展開!30秒後に~”とかってのを入れてたし。少しでも数字を上げようとする悪足掻きなんでしょうか。深夜枠のドラマなら、結構話題になったかもネタだと思いますが、やっぱりゴールデンでこのネタはキツイかな・・・。

 

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

Make Headway!

8話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

白石(新垣結衣)は仕事のために、父の博文(中原丈雄)を見舞うため休暇を取り消しました。電話で、帰れない事と今まで反抗してきたことや、病気に気づかなかったことを謝ってました。でも、父も同じ医者。医者への理解は十二分にあるし、自分もこれまで約束を守れた事がないという優しさを見せてくれました。それだけに、白石との「一日でも長く生きて欲しい」という約束に「この約束だけは、守りたいなぁ」と口にしたシーンは、ちょっぴりホロッとしちゃいました。

緋山(戸田恵梨香)医療過誤についての説明は、遺族に謝る緋山に橘(椎名桔平)は「お前だってバカじゃないんだ。問題を起こしたくなきゃ、サイン一つさせればそれで済んだんだ。させなかったのは、させなかった理由があるからなんじゃないのか?それを今、ここで話すべきだ」と言い、田所(児玉清)も「私も、そう、思います。あなたは、本当に、頭を下げなくてはいけないことをしたんですか?翼君に対して。カルテには、医療的処置は書いてあっても、患者や、ましてや患者の家族との心のやり取りは書いてない。それが、最も、大切な事なのにです。医者の謝るべき時はただ一つ。患者の為にならないことをしたときだけです」と助け舟を出しました。

それに勇気付けられたのか、経過説明と自分の思いを吐露しました。「DNRオーダーは!翼君を死なせるって書類なんです!直美さんは既に意思表示されていた。なのに!そんな書類にサインをさせろって言うんですか!?家族を死なせることに同意する書類に!?・・・翼君を救えなかった。だったらせめて・・・残された家族の悲しみに寄り添いたかった・・・私は・・・平気でそんなものにサインをさせる医者は、狂ってると思います」と。

とはいえ、田所の予想通り、緋山の心の傷は深かったようです。いつもなら難しい症例の巻jが来れば興味深々だったのに「もう・・・患者相手にするの怖いよ」と口走り、泣き崩れてましたからねぇ。フェロー卒業目前にして、怖くて現場にいられないという彼女は、一番のピンチですね。

藍沢耕作(山下智久)は、アナフィラキシーショックと思われる高校生たちをテキパキと処置をし、これまで暗い影を落としていた母の自殺についても、退院する絹江(島かおり)に「ばあちゃん。苦しかっただろう。・・・あんな事実、全部飲み込んで・・・生きてくれてたんだな。僕の為に。・・・毎年の母さんの墓参りも、あんなもの抱えて、手を合わせてたんだな。・・・これからは・・・俺にも半分背負わせてくれ、その荷物。・・・もう持てるよ」と言えるまでになってました。

冴島(比嘉愛未)を好きな藤川(浅利陽介)は、彼女を何とか立ち直らせようと必死ですね。でも、こういう人がいてくれるだけで嬉しいもんですよね。この2人、ひょっとするとひょっとしちゃうのかな。ま、それは無いか(笑)

さて、倒れていた田所が心配ですが、チーム総出での治療にあたるでしょうから、多分助かるとは思いますけど、予告を観ると難しそうな手術になりそうですね。フェローの中では、やはり緋山ですよねぇ。精神的な事は、そう簡単には克服できないでしょうから。

辛酸を舐めてきた橘や、同じような経験をした三井(りょう)がきっかけを作り、フェロー達が一丸となってフォローしてくれるといいんですが・・・。

       

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

As A Doctor

10話

まずはポチッとお願いします→fc2バナー 人気ブログランキングへ

田所(児玉清)を見舞うため、黒田(柳葉敏郎)が来院しましたね。もうメスを握れない黒田としては西条(杉本哲太)に託すしかなく、「頼むぞ」と声をかけましたが、西条の回答は「いつも通りだ」でした。一例の経験も無い西条ですが、要はベストを尽くすだけという意味なんでしょうね。

そんな西条も流石に焦るほど、田所のオペは難しいようです。超低体温循環停止法に切り替えたため、時間は20分しかない。看護師の1人が医局に来て、田所の出血がヒドイので橘(椎名桔平)の居所を聞きに来たのを聞いた黒田が、手術室前の窓から様子を覗いてる。

黒田が何かアドバイスをするのかとも思ってましたが、それもなく時間が経過。残り5分になり、医師の1人が西条に「やれそうですか?」と聞いた時、「やれそう?頭開けて心臓止めてるんだ。後戻りできない。やるしかないんです」と言った西条。そしてタイマーが00:00:00になった。

一方の橘を始めとしたフェロー達は、飛行機の墜落現場へ。その便には白石(新垣結衣)の父・博文(中原丈雄)が搭乗していたとうことで、現場に向かう医師から白石を外したが、「医者として行く」という彼女に橘は許可を出しました。

が、やはり現場に着けば何処かに父がいるはずだと気にならない訳が無く、集中力に欠けていて、患者への挿管すら上手くできず、替わった藍沢(山下智久)に「集中しろ」と言われてしまう始末。仕方がないとは思いますが、現場に向かう時、藍沢から「不安で手につかないようなら行くの止めろ。向こうは医者を待ってるんだ」と言われても来た訳ですから、集中力に欠ける医者に来られては、患者としてはいい迷惑ですよね。周りの医療スタッフにも迷惑が掛かるし。

同じく困った医者は、やはり緋山(戸田恵梨香)でした。診断は的確で間違いは無いけど、瀕死の患者を目の前にすると、どうしてもビビってしまう。大火傷を負った患者の妻に、呼吸を楽にする管を入れるか否かの判断を求めるためのインフォームド・コンセントを行った。

インフォームド・コンセント自体、悪い事ではないと思いますが、橘が言ったように、あの状況で家族に判断を求めても無理だと思うし、その判断をするのが救命救急医の仕事だと私も思います。でも緋山としては、やはりあの一件で間違った判断をするのが怖いようです。「逃げるな!緋山」という橘でしたが、まだまだ立ち直れないようですね。

そんな緋山には、更なる試練が待ってました。大火傷を負った患者は、見かねた橘が治療をしましたが、程なくして亡くなりました。それを告げた緋山を、まるで緋山を責めてるかのような目で見る患者の妻。この目はかなり刺さったと思われましたが、すぐに別の患者が自分の子供を診て欲しいと、緋山をその場に引っ張っていきました。

そこにいたのは子供。触診した緋山は、またまた不安に襲われたような顔をしていました。もう助からないような診断だったんでしょうか・・・。

藤川(浅利陽介)はトリアージも治療もテキパキとしてきましたね。列車事故で共に活動した救命士と再会するも、患者を助けに行ったはずの彼が、患者として運ばれてきました。「一緒に命を救ったんだ」と、冴島(比嘉愛未)に言ったように、彼には仲間意識を感じてる藤川としては、何とか助けたいところ。

藍沢はやっぱり冷静で、尚且つ周りを見ることも、仲間を気遣う事もできています。もう全然フェローっていう感じじゃないですね。そんな彼に、息子を置き去りにして逃げてきたという父親の患者と遭遇。自分も父に捨てられた事もあり、何か特別な感情を持って治療に当たりそうですね。

父が心配で仕様が無かった白石は、藍沢が気遣って渡してくれた“生存者身元確認情報”の紙を提出しないままでいました。理由は「180cm、肩に痣、足の指が巻き爪」の3つしか父についての特徴を知らないから。それを聞いた藍沢は「俺は何も知らない。自分の父親の事なんて。お前は3つも知ってる」と言いました。

何気ない良くあるセリフですが、考え方を切り替える事は大切だと改めて、視聴者も白石も思ったはず。“あと10分しかない”じゃなく、“あと10分もある”という考え方と同じですよね。

そんな白石でしたが、父・博文とは現場で再会。本当はその日に病院で一緒にランチする予定でしたから、とりあえずはホッとしたところでしょう。傷を負ってるとはいえ、博文は救命士達に指示を出して、救助を手伝っていました。

「怪我してるじゃない。何で体育館に行かなかったの」という白石に「すまない。でも、お父さん、医者だから」と言った博文は、やはり白石にとってはヒーローのままでしたし、自分が医者として現場に来たにも拘らず、その責務に集中できていなかった事を反省したでしょうね。

次回は30分の拡大枠で最終回を迎えますが、フェロー達がどうなっていくのか、黒田はまた何かを教えて行ってくれるのか、そして田所はどうなるのかなどなど、見所イッパイの最終回になりそうです。見逃せません!

       

blogram投票ボタン

ランキングに参加しています。
励みになるので愛の一票をお願いします♪



バナー


onlinestore
ノン・ジャンル Online Store

ご案内


最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

テレビドラマデータベース

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国内ドラマ
29位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキングパーツ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

バロメーター

メールフォーム

ご意見があればお気軽に♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon検索

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

プロフィール

crescent

Author:crescent
小さい頃からTVっ子の
タダのおっちゃんです^^;

好きな役者
 日本:松田優作 萩原健一
    樹木希林 渡辺謙
    大竹しのぶ など多数
 海外:アル・パチーノ
    メル・ギブソン
    ロバート・デ・ニーロ
          など多数
好きな人たちは↓の記事に列挙してます。「ついでという訳ではないですが」

嫌いな役者
 好きじゃないのはいますが、
 基本的に嫌いなのはいない

好きなミュージシャン
 BON JOVI 長渕剛
 Southern All Stars
 浜田省吾
          など多数

好きな芸人
 明石家さんま 島田紳助
 上岡龍太郎 ダウンタウン
 ビートたけし 島田洋七
          など多数

好きなスポーツ選手
 辰吉丈一郎 清原和博
 イチロー 川島郭志

好きなペット・動物
 犬 海豚

好きなこと
 2度寝

好きなモノ
 煙草(Winston)
 ジンギスカン

嫌いなモノ
 自分の事が大嫌い!


右サイドメニュー


エアカウンターS

スリム軽量タイプの放射線測定器

エアカウンターS
エアカウンターS

スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!

緊急オンライン署名 「スーパーマーケットさん、売っているお魚、放射能検査して!」 日本全国「お客様の声」

緊急災害募金

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

翻訳Leggero

時計








人気ページランキング


blogranKing.net

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログジャンキー

ブログパーツ アクセスランキング QLOOKアクセス解析 ゲーム